user options サーバー構成オプションの構成Configure the user options Server Configuration Option

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 または を使用して、 SQL Server 2017SQL Server 2017SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio user options Transact-SQLTransact-SQLサーバー構成オプションを構成する方法について説明します。This topic describes how to configure the user options server configuration option in SQL Server 2017SQL Server 2017 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL. user options オプションは、すべてのユーザーに対するグローバルな既定値を指定します。The user options option specifies global defaults for all users. ユーザーの作業セッション中に、一連の既定のクエリ処理オプションが設定されます。A list of default query processing options is established for the duration of a user's work session. user options オプションを使用すると、SET オプションの既定値を変更できます (サーバーの既定の設定が適切でない場合)。The user options option allows you to change the default values of the SET options (if the server's default settings are not appropriate).

各ユーザーは、SET ステートメントを使用してこれらの既定値をオーバーライドできます。A user can override these defaults by using the SET statement. 新しいログインについては user options を動的に構成できます。You can configure user options dynamically for new logins. user optionsの設定を変更した場合、新しい設定は新しいログイン セッションで使用され、現在のログイン セッションには影響しません。After you change the setting of user options, new login sessions use the new setting; current login sessions are not affected.

このトピックの内容In This Topic

はじめにBefore You Begin

推奨事項Recommendations

  • 次の表は、 user optionsの構成値と説明の一覧です。The following table lists and describes the configuration values for user options. すべての構成値が他の構成値と両立するわけではありません。Not all configuration values are compatible with each other. たとえば、ANSI_NULL_DFLT_ON と ANSI_NULL_DFLT_OFF を同時に設定することはできません。For example, ANSI_NULL_DFLT_ON and ANSI_NULL_DFLT_OFF cannot be set at the same time.

    [値]Value 構成Configuration [説明]Description
    11 DISABLE_DEF_CNST_CHKDISABLE_DEF_CNST_CHK 中間制約チェックまたは遅延制約チェックを制御します。Controls interim or deferred constraint checking.
    22 IMPLICIT_TRANSACTIONSIMPLICIT_TRANSACTIONS dblib ネットワーク ライブラリ接続の場合、ステートメントの実行時にトランザクションを暗黙的に開始するかどうかを制御します。For dblib network library connections, controls whether a transaction is started implicitly when a statement is executed. IMPLICIT_TRANSACTIONS の設定は、ODBC または OLEDB 接続には影響を与えません。The IMPLICIT_TRANSACTIONS setting has no effect on ODBC or OLEDB connections.
    44 CURSOR_CLOSE_ON_COMMITCURSOR_CLOSE_ON_COMMIT コミット実行後のカーソルの動作を制御します。Controls behavior of cursors after a commit operation has been performed.
    88 ANSI_WARNINGSANSI_WARNINGS 集計警告の切り詰めと NULL を制御します。Controls truncation and NULL in aggregate warnings.
    1616 ANSI_PADDINGANSI_PADDING 固定長変数の埋め込みを制御します。Controls padding of fixed-length variables.
    3232 ANSI_NULLSANSI_NULLS 等価演算を使用する場合に NULL 処理を制御します。Controls NULL handling when using equality operators.
    6464 ARITHABORTARITHABORT クエリ実行中にオーバーフローまたは 0 除算のエラーが発生した場合に、クエリを終了します。Terminates a query when an overflow or divide-by-zero error occurs during query execution.
    128128 ARITHIGNOREARITHIGNORE クエリ実行中にオーバーフローまたは 0 除算エラーが発生した場合に、NULL を返します。Returns NULL when an overflow or divide-by-zero error occurs during a query.
    256256 QUOTED_IDENTIFIERQUOTED_IDENTIFIER 式を評価するときに、単一引用符と二重引用符を区別します。Differentiates between single and double quotation marks when evaluating an expression.
    512512 NOCOUNTNOCOUNT 各ステートメントの最後に返される、何行処理されたかを示すメッセージを表示しないようにします。Turns off the message returned at the end of each statement that states how many rows were affected.
    10241024 ANSI_NULL_DFLT_ONANSI_NULL_DFLT_ON ANSI 互換の NULL 値の許可属性を使用するようにセッションの動作を変更します。Alters the session's behavior to use ANSI compatibility for nullability. 新しい列で、NULL 値を許可するかどうかが明示的に定義されていない場合は、NULL 値を許可するように定義されます。New columns defined without explicit nullability are defined to allow nulls.
    20482048 ANSI_NULL_DFLT_OFFANSI_NULL_DFLT_OFF ANSI 互換の NULL 値の許可属性を使用しないようにセッションの動作を変更します。Alters the session's behavior not to use ANSI compatibility for nullability. 新しい列で、NULL 値を許可するかどうかが明示的に定義されていない場合は、NULL 値が許可されません。New columns defined without explicit nullability do not allow nulls.
    40964096 CONCAT_NULL_YIELDS_NULLCONCAT_NULL_YIELDS_NULL NULL 値を文字列と連結した場合に、NULL を返します。Returns NULL when concatenating a NULL value with a string.
    81928192 NUMERIC_ROUNDABORTNUMERIC_ROUNDABORT 式の精度が低下した場合にエラーを生成します。Generates an error when a loss of precision occurs in an expression.
    1638416384 XACT_ABORTXACT_ABORT Transact-SQL ステートメントで実行時エラーが発生した場合、トランザクションをロールバックします。Rolls back a transaction if a Transact-SQL statement raises a run-time error.
  • user options のビット位置は、@@OPTIONS のビット位置と同じです。The bit positions in user options are identical to those in @@OPTIONS. 接続にはそれぞれの構成環境を表す @@OPTIONS 関数があります。Each connection has its own @@OPTIONS function, which represents the configuration environment. \ SQL ServerSQL Server のインスタンスにログインすると、ユーザーは user options の現在の値が @@OPTIONS に代入される既定の環境を受け取ります。When logging in to an instance of \ SQL ServerSQL Server, a user receives a default environment that assigns the current user options value to @@OPTIONS. user options について SET ステートメントを実行すると、そのセッションの @@OPTIONS 関数の対応する値に適用されます。Executing SET statements for user options affects the corresponding value in the session's @@OPTIONS function. この設定の変更後に作成された接続は、すべて新しい値を受け取ります。All connections created after this setting is changed receive the new value.

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。Execute permissions on sp_configure with no parameters or with only the first parameter are granted to all users by default. 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。To execute sp_configure with both parameters to change a configuration option or to run the RECONFIGURE statement, a user must be granted the ALTER SETTINGS server-level permission. ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。The ALTER SETTINGS permission is implicitly held by the sysadmin and serveradmin fixed server roles.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

user connections 構成オプションを構成するにはTo configure the user options configuration option

  1. オブジェクト エクスプローラーで、サーバーを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。In Object Explorer, right-click a server and select Properties.

  2. [接続] ノードをクリックします。Click the Connections node.

  3. [既定の接続オプション] ボックスで、1 つ以上の属性を選択し、すべての接続済みユーザーの既定のクエリ処理オプションを構成します。In the Default connection options box, select one or more attributes to configure the default query-processing options for all connected users.

    既定では、ユーザー オプションは構成されていません。By default, no user options are configured.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

user connections 構成オプションを構成するにはTo configure the user options configuration option

  1. データベース エンジンDatabase Engineに接続します。Connect to the データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。From the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute. 次の例は、 sp_configure を使用して、ANSI_WARNINGS サーバー オプションの設定を変更する user options を構成する方法を示しています。This example shows how to use sp_configure to configure the user options to change the setting for the ANSI_WARNINGS server option.

USE AdventureWorks2012 ;  
GO  
EXEC sp_configure 'user options', 8 ;  
GO  
RECONFIGURE ;  
GO  
  

補足情報: user options 構成オプションを構成した後Follow Up: After you configure the user options configuration option

新しい設定は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。The setting takes effect immediately without restarting the server.

参照See Also

RECONFIGURE (Transact-SQL) RECONFIGURE (Transact-SQL)
サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL) sp_configure (Transact-SQL)
SET ステートメント (Transact-SQL)SET Statements (Transact-SQL)