データベース エンジン サービスのスタートアップ オプションDatabase Engine Service Startup Options

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

スタートアップ オプションは、起動時に必要な特定のファイルの場所およびサーバー全体の状態を指定します。Startup options designate certain file locations needed during startup, and specify some server wide conditions. 通常は、スタートアップ オプションを指定する必要はありません。 データベース エンジンDatabase Engine のトラブルシューティングを行う場合や、特殊な問題が発生し、スタートアップ オプションの使用を SQL ServerSQL Server カスタマー サポートから指示された場合のみ指定します。Most users do not need to specify startup options unless you are troubleshooting the データベース エンジンDatabase Engine or you have an unusual problem and are directed to use a startup option by SQL ServerSQL Server Customer Support.

警告

スタートアップ オプションを不適切に使用すると、サーバー パフォーマンスの低下を招くことや、 SQL ServerSQL Server が起動しなくなることがあります。Improper use of startup options can affect server performance and can prevent SQL ServerSQL Server from starting.

スタートアップに関する将来の問題を防ぐため、Linux 上の SQL Server は "mssql" ユーザーで起動してください。Start SQL Server on Linux with the "mssql" user to prevent future startup issues. 例: sudo -u mssql /opt/mssql/bin/sqlservr [STARTUP OPTIONS]Example: sudo -u mssql /opt/mssql/bin/sqlservr [STARTUP OPTIONS]

スタートアップ オプションについてAbout Startup Options

SQL ServerSQL Serverをインストールすると、セットアップが MicrosoftMicrosoft Windows のレジストリに既定のスタートアップ オプションを書き込みます。When you install SQL ServerSQL Server, Setup writes a set of default startup options in the MicrosoftMicrosoft Windows registry. これらのスタートアップ オプションを使用して、代替の master データベース ファイル、master データベース ログ ファイル、またはエラー ログ ファイルを指定することができます。You can use these startup options to specify an alternate master database file, master database log file, or error log file. データベース エンジンDatabase Engine が必要なファイルを見つけることができない場合、 SQL ServerSQL Server は起動しません。If the データベース エンジンDatabase Engine cannot locate the necessary files, SQL ServerSQL Server will not start.

スタートアップ オプションは、SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用して設定できます。Startup options can be set by using SQL ServerSQL Server Configuration Manager. 詳しくは、「サーバーのスタートアップ オプションの構成 (SQL Server 構成マネージャー)」を参照してください。For information, see Configure Server Startup Options (SQL Server Configuration Manager).

スタートアップ オプションの一覧List of Startup Options

既定のスタートアップ オプションDefault startup options

オプションOptions [説明]Description
-d master_file_path-d master_file_path master データベース ファイルの完全修飾パス (通常は、C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.n\MSSQL\Data\master.mdf)。Is the fully qualified path for the master database file (typically, C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.n\MSSQL\Data\master.mdf). このオプションを省略すると、レジストリ内にあるパラメーターが使用されます。If you do not provide this option, the existing registry parameters are used.
-e error_log_path-e error_log_path エラー ログ ファイルの完全修飾パス (通常は、C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.n\MSSQL\LOG\ERRORLOG) です。Is the fully qualified path for the error log file (typically, C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.n\MSSQL\LOG\ERRORLOG). このオプションを省略すると、レジストリ内にあるパラメーターが使用されます。If you do not provide this option, the existing registry parameters are used.
-l master_log_path-l master_log_path master データベース ログ ファイルの完全修飾パス (通常は、C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.n\MSSQL\Data\mastlog.ldf)。Is the fully qualified path for the master database log file (typically C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.n\MSSQL\Data\mastlog.ldf). このオプションを指定しない場合は、レジストリ内にあるパラメーターが使用されます。If you do not specify this option, the existing registry parameters are used.

他のスタートアップ オプションOther startup options

オプションOptions [説明]Description
-c-c コマンド プロンプトから SQL ServerSQL Server を起動する場合に、起動時間を短縮します。Shortens startup time when starting SQL ServerSQL Server from the command prompt. 通常、 SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine は、サービス コントロール マネージャーを呼び出すことにより、サービスとして起動します。Typically, the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine starts as a service by calling the Service Control Manager. SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine は、コマンド プロンプトから起動した場合はサービスとして起動しないため、 -c を使用してこの手順を省略します。Because the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine does not start as a service when starting from the command prompt, use -c to skip this step.
-f-f SQL ServerSQL Server のインスタンスを最小構成で起動します。Starts an instance of SQL ServerSQL Server with minimal configuration. 設定値によりサーバーが起動できないとき (たとえば使用できるメモリが不足している場合) などに便利です。This is useful if the setting of a configuration value (for example, over-committing memory) has prevented the server from starting. SQL ServerSQL Server を最小構成モードで起動すると、 SQL ServerSQL Server がシングル ユーザー モードになります。Starting SQL ServerSQL Server in minimal configuration mode places SQL ServerSQL Server in single-user mode. 詳細については、後の -m の説明を参照してください。For more information, see the description for -m that follows.
-kDecimalNumber-kDecimalNumber このスタートアップ パラメーターでは、1 秒あたりのチェックポイント I/O の数を制限します。ここで、DecimalNumber は MB/秒で表したチェックポイント速度です。This startup parameter limits the number of checkpoint I/O requests per second, where the DecimalNumber represents the checkpoint speed in MB per second. この値を変更すると、バックアップの実行速度に影響したり、回復プロセスをすべて行うことになったりするため、注意して進めてください。Changing this value can impact the speed of taking backups, or going through the recovery process so proceed with caution. このスタートアップ パラメーターの詳細については、-k パラメーターを導入した場合のホット フィックスを参照してください。For more information about this startup parameter, please see hot fix where the -k parameter was introduced.
-m-m SQL ServerSQL Server のインスタンスをシングル ユーザー モードで起動します。Starts an instance of SQL ServerSQL Server in single-user mode. SQL ServerSQL Server のインスタンスをシングル ユーザー モードで起動する場合、接続できるユーザーは 1 ユーザーのみで、CHECKPOINT プロセスは起動されません。When you start an instance of SQL ServerSQL Server in single-user mode, only a single user can connect, and the CHECKPOINT process is not started. CHECKPOINT は、完了したトランザクションがディスク キャッシュからデータベース デバイスに定期的に書き込まれることを保証する機能です。CHECKPOINT guarantees that completed transactions are regularly written from the disk cache to the database device. 一般的に、システム データベースを修復する必要がある問題が発生したときに、このオプションを使用します。sp_configure allow updates オプションが有効になります。(Typically, this option is used if you experience problems with system databases that should be repaired.) Enables the sp_configure allow updates option. 既定では、allow updates は無効になっています。By default, allow updates is disabled. SQL ServerSQL Server をシングル ユーザー モードで起動すると、コンピューターのローカル Administrators グループのメンバーはすべて、固定サーバー ロール sysadmin のメンバーとして SQL ServerSQL Server のインスタンスに接続できるようになります。Starting SQL ServerSQL Server in single-user mode enables any member of the computer's local Administrators group to connect to the instance of SQL ServerSQL Server as a member of the sysadmin fixed server role. 詳細については、「 システム管理者がロックアウトされた場合の SQL Server への接続」を参照してください。シングル ユーザー モードの詳細については、「 シングル ユーザー モードでの SQL Server の起動」を参照してください。For more information, see Connect to SQL Server When System Administrators Are Locked Out. For more information about single-user mode, see Start SQL Server in Single-User Mode.
-mClient アプリケーション名-mClient Application Name 接続を特定のクライアント アプリケーションに限定します。Limits the connections to a specified client application. たとえば、 -mSQLCMD を使用すると、接続が、SQLCMD クライアント プログラムとして識別される必要がある単一の接続に限定されます。For example, -mSQLCMD limits connections to a single connection and that connection must identify itself as the SQLCMD client program. このオプションは、 SQL ServerSQL Server をシングル ユーザー モードで起動するときに、その唯一の接続を不明なクライアント アプリケーションによって使用されていた場合に使用します。Use this option when you are starting SQL ServerSQL Server in single-user mode and an unknown client application is taking the only available connection. "Microsoft SQL Server Management Studio - Query" を使用し、SSMS クエリ エディターと接続します。Use "Microsoft SQL Server Management Studio - Query" to connect with the SSMS Query Editor. SSMS クエリ エディター オプションは、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャーで構成できません。ツールで拒否されるダッシュ文字が含まれているためです。The SSMS Query Editor option cannot be configured by using SQL ServerSQL Server Configuration Manager because it includes the dash character which is rejected by the tool.

クライアント アプリケーション名では大文字と小文字が区別されます。Client Application Name is case sensitive. アプリケーション名にスペースや特殊文字が含まれる場合、二重引用符が必要です。Double quotes are required if the application name contains spaces or special characters.

コマンドラインから起動した場合の例:Examples when starting from the command line:

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL13.MSSQLSERVER\MSSQL\Binn\sqlservr -s MSSQLSERVER -m"Microsoft SQL Server Management Studio - Query"

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL13.MSSQLSERVER\MSSQL\Binn\sqlservr -s MSSQLSERVER -mSQLCMD

セキュリティに関する注意: このオプションをセキュリティ機能として使用しないでください。Security Note: Do not use this option as a security feature. クライアント アプリケーションの名前はクライアント アプリケーションによって接続文字列の一部として指定されるため、本当の名前が指定されるとは限りません。The client application provides the client application name, and can provide a false name as part of the connection string.
-n-n SQL ServerSQL Server イベントを記録する際に、Windows アプリケーション ログを使用しません。Does not use the Windows application log to record SQL ServerSQL Server events. -n を使用して SQL ServerSQL Server のインスタンスを起動する場合は、 -e スタートアップ オプションも使用することをお勧めします。If you start an instance of SQL ServerSQL Server with -n, we recommend that you also use the -e startup option. このオプションを指定しないと、 SQL ServerSQL Server のイベントはログに記録されません。Otherwise, SQL ServerSQL Server events are not logged.
-s-s SQL ServerSQL Serverの名前付きインスタンスの起動を可能にします。Allows you to start a named instance of SQL ServerSQL Server. -s パラメーターが設定されていない場合は、既定のインスタンスが起動されます。Without the -s parameter set, the default instance will try to start. sqlservr.exeを開始する前に、コマンド プロンプトで、インスタンスの適切な BINN ディレクトリに移動する必要があります。You must switch to the appropriate BINN directory for the instance at a command prompt before starting sqlservr.exe. たとえば、Instance1 がバイナリ用に \mssql$Instance1 を使用する場合、ユーザーは \mssql$Instance1\binn ディレクトリで sqlservr.exe -s instance1 を起動する必要があります。For example, if Instance1 were to use \mssql$Instance1 for its binaries, the user must be in the \mssql$Instance1\binn directory to start sqlservr.exe -s instance1.
-T trace#-T trace# 指定された、有効なトレース フラグ (trace# ) を使用して SQL ServerSQL Server のインスタンスを起動します。Indicates that an instance of SQL ServerSQL Server should be started with a specified trace flag (trace#) in effect. トレース フラグを使用してサーバーが起動すると、標準的な動作とは異なります。Trace flags are used to start the server with nonstandard behavior. 詳細については、「トレース フラグ (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see Trace Flags (Transact-SQL).

重要: -T オプションを指定してトレース フラグを指定するときは、大文字の "T" を使用してトレース フラグ番号を渡してください。Important: When specifying a trace flag with the -T option, use an uppercase "T" to pass the trace flag number. SQL ServerSQL Serverは小文字の "t" を受け付けますが、これは SQL ServerSQL Server のサポート エンジニアのみが必要とする他の内部トレース フラグを設定するためのものです。A lowercase "t" is accepted by SQL ServerSQL Server, but this sets other internal trace flags that are required only by SQL ServerSQL Server support engineers. コントロール パネルの起動ウィンドウで指定されているパラメーターは使用されません。(Parameters specified in the Control Panel startup window are not read.)
-x-x 次の監視機能を無効にします。Disables the following monitoring features:
- SQL ServerSQL Server パフォーマンス モニター カウンター- SQL ServerSQL Server performance monitor counters
- CPU 時間とキャッシュ ヒット率統計の管理- Keeping CPU time and cache-hit ratio statistics
- DBCC SQLPERF コマンドに関する情報の収集- Collecting information for the DBCC SQLPERF command
- 一部の動的管理ビューに関する情報の収集- Collecting information for some dynamic management views
- 拡張イベントの多数のイベント ポイント- Many extended-events event points

警告: -x スタートアップ オプションを使用すると、SQL ServerSQL Server に関するパフォーマンスや機能の問題を診断するために使用できる情報が大幅に減少されます。Warning: When you use the -x startup option, the information that is available for you to diagnose performance and functional problems with SQL ServerSQL Server is greatly reduced.
-E-E ファイル グループ内の各ファイルに割り当てられるエクステントの数を増やします。Increases the number of extents that are allocated for each file in a filegroup. このオプションは、インデックス スキャンまたはデータ スキャンを実行するユーザーの数が限られているデータ ウェアハウス アプリケーションで役立つ場合があります。This option may be helpful for data warehouse applications that have a limited number of users running index or data scans. パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があるため、他のアプリケーションでは使用しないでください。It should not be used in other applications because it might adversely affect performance. このオプションは、32 ビット リリースの SQL ServerSQL Serverではサポートされていません。This option is not supported in 32-bit releases of SQL ServerSQL Server.

トラブルシューティングでのスタートアップ オプションの使用Using Startup Options for Troubleshooting

シングル ユーザー モードや最小構成モードなど、一部のスタートアップ オプションは、主にトラブルシューティングの際に使用されます。Some startup options, such as single-user mode and minimal configuration mode, are principally used during troubleshooting. トラブルシューティングのために -m オプションや -f オプションを使用してサーバーを起動する場合は、sqlservr.exe を手動で起動するときに、コマンド ラインから起動すると最も容易に起動できます。Starting the server for troubleshooting with the -m or -f options is easiest at the command line, while manually starting sqlservr.exe.

注意

net start を使用して SQL ServerSQL Server を起動する場合、スタートアップ オプションではハイフン (-) の代わりにスラッシュ (/) を使用します。When SQL ServerSQL Server is started by using net start, startup options use a slash (/) instead of a hyphen (-).

通常の操作でのスタートアップ オプションの使用Using Startup Options During Normal Operations

スタートアップ オプションの一部は、 SQL ServerSQL Serverを起動するたびに使用することが考えられます。You may want to use some startup options every time you start SQL ServerSQL Server. このようなオプション (トレース フラグを使用した起動など) は、SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用して、起動時のパラメーターを構成すると最も容易に設定できます。These options, such as starting with a trace flag, are most easily done by configuring the startup parameters by using SQL ServerSQL Server Configuration Manager. これらのツールは、スタートアップ オプションをレジストリ キーとして保存するため、常にこれらのスタートアップ オプションを使用して SQL ServerSQL Server を起動できます。These tool saves the startup options as registry keys, enabling SQL ServerSQL Server to always start with the startup options.

互換性サポートCompatibility Support

以前のリリースから削除されたオプションについては、sqlservr アプリケーションのページを参照してください。For options that have been removed from previous releases, see sqlservr Application.

scan for startup procs サーバー構成オプションの構成Configure the scan for startup procs Server Configuration Option
データベース エンジン、SQL Server エージェント、SQL Server Browser サービスの開始、停止、一時停止、再開、再起動 サーバーのスタートアップ オプションの構成 (SQL Server 構成マネージャー)Start, Stop, Pause, Resume, Restart the Database Engine, SQL Server Agent, or SQL Server Browser Service Configure Server Startup Options (SQL Server Configuration Manager)

参照See Also

CHECKPOINT (Transact-SQL) CHECKPOINT (Transact-SQL)
sqlservr アプリケーションsqlservr Application