lightweight pooling サーバー構成オプションlightweight pooling Server Configuration Option

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

lightweight pooling オプションは、SMP (symmetric multiprocessing) 環境で発生するコンテキストの過度の切り替えによるシステムのオーバーヘッドを削減する手段を提供する場合に使用します。Use the lightweight pooling option to provide a means of reducing the system overhead associated with the excessive context switching sometimes seen in symmetric multiprocessing (SMP) environments. コンテキストの過度の切り替えが発生した場合、簡易プーリングを使用してコンテキストの切り替えをインラインで行い、ユーザーまたはカーネルのリング遷移を削減することによって、スループットを向上できます。When excessive context switching is present, lightweight pooling can provide better throughput by performing the context switching inline, thus helping to reduce user/kernel ring transitions.

ファイバー モードは、UMS ワーカーのコンテキスト切り替えがパフォーマンスの重大なボトルネックになる状況を対象としています。Fiber mode is intended for certain situations in which the context switching of the UMS workers are the critical bottleneck in performance. この状況はまれであるため、一般的なシステムのパフォーマンスやスケーラビリティがファイバー モードで向上することはほとんどありません。Because this is rare, fiber mode rarely enhances performance or scalability on the typical system. また、 MicrosoftMicrosoft Windows Server 2003Windows Server 2003 ではコンテキストの切り替えが改良されているため、ファイバー モードの必要性はさらに少なくなっています。Improved context switching in MicrosoftMicrosoft Windows Server 2003Windows Server 2003 has also reduced the need for fiber mode. ルーチン処理にファイバー モード スケジューリングを使用することはお勧めしません。We do not recommend that you use fiber mode scheduling for routine operation. これは、コンテキストの切り替えがもたらす本来の利点が損なわれることでパフォーマンスが低下する場合があるためと、スレッド ローカル ストレージ (TLS) やスレッド所有オブジェクト (ミューテックス (Win32 カーネル オブジェクトの一種) など) を使用する SQL ServerSQL Server の一部のコンポーネントがファイバー モードでは正常に機能しない場合があるためです。This is because it can decrease performance by inhibiting the regular benefits of context switching, and because some components of SQL ServerSQL Server that use Thread Local Storage (TLS) or thread-owned objects, such as mutexes (a type of Win32 kernel object), cannot function correctly in fiber mode.

lightweight pooling を 1 に設定すると、 SQL ServerSQL Server はファイバー モード スケジューリングに切り替わります。Setting lightweight pooling to 1 causes SQL ServerSQL Server to switch to fiber mode scheduling. このオプションの既定値は 0 です。The default value for this option is 0.

lightweight pooling オプションは拡張オプションです。The lightweight pooling option is an advanced option. sp_configure システム ストアド プロシージャを使用して lightweight pooling の設定を変更するには、 show advanced options を 1 に設定する必要があります。If you are using the sp_configure system stored procedure to change the setting, you can change lightweight pooling only when show advanced options is set to 1. この設定は、サーバーを再起動した後に有効になります。The setting takes effect after the server is restarted.

注意

MicrosoftMicrosoft Windows 2000 および MicrosoftMicrosoft Windows XP では、簡易プーリングはサポートされていません。Lightweight pooling is not supported for MicrosoftMicrosoft Windows 2000 and MicrosoftMicrosoft Windows XP. Windows Server 2003Windows Server 2003 では、簡易プーリングが完全にサポートされています。provides full support for lightweight pooling.

注意

簡易プーリングでは、共通言語ランタイム (CLR) の実行はサポートされていません。Common language runtime (CLR) execution is not supported under lightweight pooling. "clr enabled" オプションまたは "lightweight pooling" オプションのいずれかを無効にしてください。Disable one of two options: "clr enabled" or "lightweight pooling". CLR に依存していてファイバー モードで正しく動作しない機能には、Hierarchy データ型、レプリケーション、およびポリシー ベースの管理があります。Features that rely upon CLR and that do not work properly in fiber mode include the hierarchy data type, replication, and Policy-Based Management.

参照See Also

clr enabled サーバー構成オプション clr enabled Server Configuration Option
サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL) sp_configure (Transact-SQL)
clr enabled サーバー構成オプションclr enabled Server Configuration Option