NUMA ノードへの TCP/IP ポートのマッピング (SQL Server)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このトピックでは、SQL Server 構成マネージャーを使用して、tcp/ip ポートを NUMA (non-uniform memory access) ノードにマップする方法について説明します。 起動時に、データベースエンジンによってノード情報がエラーログに書き込まれます。

使用するノードのノード番号を調べるには、エラー ログまたは sys.dm_os_schedulers ビューからノード情報を読み取ります。 1 つのノードまたは複数のノードに対して TCP/IP アドレスとポートを設定するには、ポート番号の後に、ノード ID ビットマップ (関係マスク) を角かっこで囲んで追加します。 ノードは、10 進数形式または 16 進数形式で指定できます。 ビットマップを作成するには、ノードに対して右から左に、76543210 のように 0 から番号を付けます。 使用するノードには 1、使用しないノードには 0 を指定して、ノード リストのバイナリ表記を作成します。 たとえば、0 番、2 番、および 5 番の NUMA ノードを使用するには、00100101 と指定します。

NUMA node number                            76543210
Mask for 0, 2, and 5 counting from right    00100101

バイナリ表記 (00100101) を 10 進数 [37]または 16 進数 [0x25]に変換します。 すべてのノードでリッスンするには、ノード識別子を指定しません。

ポートが複数の NUMA ノードにマップされている場合、SQL Server はノード間の負荷分散を試行せずに、ラウンドロビン方式でノードに接続を割り当てます。

Note

SQL Server で各 IP アドレスの複数の tcp ポートをリッスンできるようにするには、「複数の tcp ポートでリッスンするようにデータベースエンジンを構成する」を参照してください。

SQL Server 構成マネージャーの使用

NUMA ノードに TCP/IP ポートをマッピングするには

  1. SQL Server 構成マネージャーで、[ SQL Server ネットワークの構成] を展開し、[インスタンス名 プロトコル] をクリックします。

  2. 詳細ペインで、 [TCP/IP] をダブルクリックします。

  3. [IP アドレス] タブで、構成する IP アドレスに対応するセクションの [TCP ポート] ボックスで、ポート番号の後に NUMA ノード識別子を角かっこで囲んで追加します。 たとえば、TCP ポート 1500 とノード 0 番、2 番、および 5 番の場合、 1500[37] または 1500[0x25] を使用します。

参照

ソフト NUMA (SQL Server)