PolyBase 接続構成 (Transact-SQL)PolyBase Connectivity Configuration (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse ○Parallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

PolyBase での Hadoop と Azure BLOB ストレージの接続に対するグローバル構成設定を表示または変更します。Displays or changes global configuration settings for PolyBase Hadoop and Azure blob storage connectivity.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
--List all of the configuration options  
sp_configure  
[;]  
  
--Configure Hadoop connectivity  
sp_configure [ @configname = ] 'hadoop connectivity',  
             [ @configvalue = ] { 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 }  
[;]  
  
RECONFIGURE  
[;]  

引数Arguments

[ @configname=** ] ' option_name '[ @configname=** ] 'option_name'
構成オプションの名前を指定します。Is the name of a configuration option. option_namevarchar(35) 、既定値は NULL です。option_name is varchar(35), with a default of NULL. 指定しない場合、オプションの完全な一覧が返されます。If not specified, the complete list of options is returned.

[ @configvalue=** ] ' value '[ @configvalue=** ] 'value'
新しい構成設定を指定します。Is the new configuration setting. value のデータ型は intで、既定値は NULL です。value is int, with a default of NULL. 最大値はオプションごとに異なります。The maximum value depends on the individual option.

'hadoop connectivity''hadoop connectivity'
PolyBase から Hadoop クラスターまたは Azure BLOB ストレージ (WASB) へのすべての接続に Hadoop データ ソースの種類を指定します。Specifies the type of Hadoop data source for all connections from PolyBase to Hadoop clusters or Azure blob storage (WASB). この設定は、外部テーブルに外部データ ソースを作成するために必要です。This setting is required in order to create an external data source for an external table. 詳細については、「 CREATE EXTERNAL DATA SOURCE (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see CREATE EXTERNAL DATA SOURCE (Transact-SQL),

Hadoop の接続設定とそれに対応してサポートされる Hadoop データ ソースがあります。These are the Hadoop connectivity settings and their corresponding supported Hadoop data sources. 一度に 1 つの設定だけを有効にすることができます。Only one setting can be in effect at a time. オプション 1、4、および 7 では、複数の種類の外部データ ソースを作成して、サーバー上のすべてのセッションで使用することができます。Options 1, 4, and 7 allow multiple types of external data sources to be created and used across all sessions on the server.

  • オプション 0:Hadoop 接続の無効化Option 0: Disable Hadoop connectivity

  • オプション 1:Windows Server 上の Hortonworks HDP 1.3Option 1: Hortonworks HDP 1.3 on Windows Server

  • オプション 1:Azure BLOB ストレージ (WASB[S])Option 1: Azure blob storage (WASB[S])

  • オプション 2:Linux 上の Hortonworks HDP 1.3Option 2: Hortonworks HDP 1.3 on Linux

  • オプション 3:Linux 上の Cloudera CDH 4.3Option 3: Cloudera CDH 4.3 on Linux

  • オプション 4:Windows Server 上の Hortonworks HDP 2.0Option 4: Hortonworks HDP 2.0 on Windows Server

  • オプション 4:Azure BLOB ストレージ (WASB[S])Option 4: Azure blob storage (WASB[S])

  • オプション 5:Linux 上の Hortonworks HDP 2.0Option 5: Hortonworks HDP 2.0 on Linux

  • オプション 6:Linux 上の Cloudera 5.1、5.2、5.3、5.4、5.5、5.9、5.10、5.11、5.12、5.13Option 6: Cloudera 5.1, 5.2, 5.3, 5.4, 5.5, 5.9, 5.10, 5.11, 5.12, and 5.13 on Linux

  • オプション 7:Linux 上の Hortonworks 2.1、2.2、2.3、2.4、2.5、2.6、3.0Option 7: Hortonworks 2.1, 2.2, 2.3, 2.4, 2.5, 2.6, 3.0 on Linux

  • オプション 7:Windows Server 上の Hortonworks 2.1、2.2、2.3Option 7: Hortonworks 2.1, 2.2, and 2.3 on Windows Server

  • オプション 7:Azure BLOB ストレージ (WASB[S])Option 7: Azure blob storage (WASB[S])

RECONFIGURERECONFIGURE
構成値 (config_value) と一致するように、実行値 (run_value) を更新します。Updates the run value (run_value) to match the configuration value (config_value). run_value と config_value の定義については、「 結果セット 」を参照してください。See Result Sets for definitions of run_value and config_value. sp_configure で設定されている新しい構成値は、実行値が RECONFIGURE ステートメントで設定されるまで有効になりません。The new configuration value that is set by sp_configure does not become effective until the run value is set by the RECONFIGURE statement.

RECONFIGURE を実行した後に、SQL Server サービスを停止して再起動する必要があります。After running RECONFIGURE, you must stop and restart the SQL Server service. SQL Server サービスを停止すると、追加された PolyBase エンジンとデータ移動サービスの 2 つが自動的に停止されることにご注意ください。Note that when stopping the SQL Server service, the two additional PolyBase Engine and Data Movement Service will automatically stop. SQL Server エンジン サービスを再起動した後に、これら 2 つのサービスをもう一度再起動します (自動的には起動されません)。After restarting the SQL Server engine service, re-start these two services again (they won't start automatically).

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または 1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

結果セットResult Sets

パラメーターなしで実行されると、 sp_configure は 5 つの列を含む結果セットを返します。When executed with no parameters, sp_configure returns a result set with five columns.

列名Column name データ型Data type [説明]Description
namename nvarchar(35)nvarchar(35) 構成オプションの名前。Name of the configuration option.
minimumminimum intint 構成オプションの最小値。Minimum value of the configuration option.
maximummaximum intint 構成オプションの最大値。Maximum value of the configuration option.
config_valueconfig_value intint sp_configureを使用して設定された値。Value that was set using sp_configure.
run_valuerun_value intint PolyBase が使用する現在の値。Current value in use by PolyBase. この値は、RECONFIGURE を実行すると設定されます。This value is set by running RECONFIGURE.

値が変更中のプロセスではない限り、 config_valuerun_value は、通常は同じ値です。The config_value and run_value are usually the same unless the value is in the process of being changed.

再構成が進行中である場合、この実行値を正確にするために、再起動が必要になる可能性があります。A restart might be required before this run value is accurate, if the reconfiguration is in progress.

全般的な解説General Remarks

SQL ServerSQL Serverでは、RECONFIGURE を実行した後に、'hadoop connectivity' の実行値を有効にするために、 SQL ServerSQL Serverを再起動する必要があります。In SQL ServerSQL Server, after running RECONFIGURE, for the run value of the 'hadoop connectivity' to take effect, you need to restart SQL ServerSQL Server.
Parallel Data WarehouseParallel Data Warehouseでは、RECONFIGURE を実行した後に、'hadoop connectivity' の実行値を有効にするために、 Parallel Data WarehouseParallel Data Warehouse 領域を再起動する必要があります。In Parallel Data WarehouseParallel Data Warehouse, after running RECONFIGURE, for the run value of the 'hadoop connectivity' to take effect, you need to restart the Parallel Data WarehouseParallel Data Warehouse region.

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

RECONFIGURE は、明示的または暗黙的なトランザクションでは使用できません。RECONFIGURE is not allowed in an explicit or implicit transaction.

アクセス許可Permissions

すべてのユーザーは、パラメーターなし、または パラメーターを使用して、 sp_configure @configname を実行することができます。All users can execute sp_configure with no parameters or the @configname parameter.

構成値を変更する、または RECONFIGURE を実行するには、 sysadmin 固定サーバー ロールに ALTER SETTINGS サーバー レベルの権限またはメンバーシップが必要です。Requires ALTER SETTINGS server-level permission or membership in the sysadmin fixed server role to change a configuration value or to run RECONFIGURE.

使用例Examples

A.A. すべての使用可能な構成設定を一覧表示するList all available configuration settings

次の例では、すべての構成オプションを一覧表示する方法を示します。The following example shows how to list all configuration options.

EXEC sp_configure;  

結果は、オプションの最小値と最大値が続くオプション名を返します。The result returns the option name followed by the minimum and maximum values for the option. config_value は、再構成が完了したときに、SQL (または PolyBase) が使用する値です。The config_value is the value that SQL, or PolyBase, will use when reconfiguration is complete. run_value は、現在使用されている値です。The run_value is the value that is currently being used. 値が変更中のプロセスではない限り、 config_valuerun_value は、通常は同じ値です。The config_value and run_value are usually the same unless the value is in the process of being changed.

B.B. 1 つの構成名の構成設定を一覧表示するList the configuration settings for one configuration name

EXEC sp_configure @configname='hadoop connectivity';  

C.C. Hadoop 接続を設定するSet Hadoop connectivity

この例では、PolyBase をオプション 7 に設定します。This example sets PolyBase to option 7. このオプションでは、PolyBase は、Linux と Windows Server、および Azure BLOB ストレージ上の Hortonworks 2.1、2.2、および 2.3 の外部テーブルを作成および使用できます。This option allows PolyBase to create and use external tables on Hortonworks 2.1, 2.2, and 2.3 on Linux and Windows Server, and Azure blob storage. たとえば、SQL は 30 個の外部テーブルを、Linux 上の Hortonworks 2.1 のデータを参照する 7 個、Linux 上の Hortonworks 2.2 の 4 個、Linux 上の Hortonworks 2.3 の 7 個、Azure BLOB ストレージを参照するその他の 12 個の外部テーブルとして所有することができます。For example, SQL could have 30 external tables with 7 of them referencing data on Hortonworks 2.1 on Linux, 4 on Hortonworks 2.2 on Linux, 7 on Hortonworks 2.3 on Linux, and the other 12 referencing Azure blob storage.

--Configure external tables to reference data on Hortonworks 2.1, 2.2, and 2.3 on Linux, and Azure blob storage  
  
sp_configure @configname = 'hadoop connectivity', @configvalue = 7;  
GO  
  
RECONFIGURE  
GO  

参照See Also

sp_configure (Transact-SQL) sp_configure (Transact-SQL)
CREATE EXTERNAL TABLE (Transact-SQL) CREATE EXTERNAL TABLE (Transact-SQL)
CREATE EXTERNAL FILE FORMAT (Transact-SQL) CREATE EXTERNAL FILE FORMAT (Transact-SQL)
CREATE EXTERNAL DATA SOURCE (Transact-SQL)CREATE EXTERNAL DATA SOURCE (Transact-SQL)