SQL Server のサービス開始アカウントの変更 (SQL Server 構成マネージャー)Change the Service Startup Account for SQL Server (SQL Server Configuration Manager)

このトピックでは、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用して、 SQL ServerSQL Server サービスのスタートアップ オプションの変更や、 SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine, SQL ServerSQL Server エージェント、 SQL ServerSQL Server Browser、 SQL ServerSQL Server Analysis ServicesAnalysis Services、および SQL ServerSQL Server Integration ServicesIntegration Servicesで使用されるサービス アカウントの変更を行う方法について説明します。This topic describes how to Use the SQL ServerSQL Server Configuration Manager to change the start up options of SQL ServerSQL Server services and to change the service accounts that are used by the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine, SQL ServerSQL Server Agent, SQL ServerSQL Server Browser, SQL ServerSQL Server Analysis ServicesAnalysis Services, and SQL ServerSQL Server Integration ServicesIntegration Services. SQL Server 2014SQL Server 2014 で、 SQL Server Management StudioSQL Server Management StudioTransact-SQLTransact-SQL、または PowerShell を使用します。in SQL Server 2014SQL Server 2014 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, Transact-SQLTransact-SQL, or PowerShell. 適切なサービス アカウントの選択方法の詳細については、「 Windows サービス アカウントと権限の構成」を参照してください。For more information about how to select an appropriate service account, see Configure Windows Service Accounts and Permissions.

重要

データベース エンジンDatabase Engine および SQL ServerSQL Server エージェントのサービス開始アカウントを変更する場合、変更を有効にするために SQL ServerSQL Server サービス ( データベース エンジンDatabase Engine) を再起動する必要があります。When you change the service startup account for the データベース エンジンDatabase Engine and SQL ServerSQL Server Agent, the SQL ServerSQL Server service (the データベース エンジンDatabase Engine) must be restarted for the change to take effect. サービスを再起動すると、サービスが正常に再起動するまでは、その SQL ServerSQL Server インスタンスに関連付けられているすべてのデータベースが使用できなくなります。When the service is restarted, all databases associated with that instance of SQL ServerSQL Server will be unavailable until the service successfully restarts. SQL ServerSQL Server または SQL ServerSQL Server エージェントのサービス開始アカウントを変更する必要がある場合は、定期的なメンテナンスのときや、日常の運用を妨げることなくデータベースをオフラインにできるときに実行してください。If you have to change the service startup account of SQL ServerSQL Server or SQL ServerSQL Server Agent, make sure that you do so during regularly scheduled maintenance or when the databases can be taken offline without interrupting daily operations.

はじめにBefore You Begin

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

  • クラスター化されたサーバーClustered servers

    SQL ServerSQL Server または SQL ServerSQL Server エージェントで使用されているサービス アカウントを変更する場合は、 SQL ServerSQL Server クラスターのアクティブなノードから実行する必要があります。Changing the service account that is used by SQL ServerSQL Server or SQL ServerSQL Server Agent must be performed from the active node of the SQL ServerSQL Server cluster.

    ドメイン グループを使用した既定以外の構成の Windows Server 2008 で実行している場合、 SQL ServerSQL Server または SQL ServerSQL Server エージェントで使用されているサービス アカウントを変更する場合は、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャーで、リソース グループをオフラインにして SQL ServerSQL Server を停止する必要があります。When running on Windows Server 2008 (in a non-default configuration using Domain groups), changing the service account that is used by SQL ServerSQL Server or SQL ServerSQL Server Agent requires SQL ServerSQL Server Configuration Manager to stop SQL ServerSQL Server by taking the resource groups offline.

  • SKU アップグレード (SQL Server ExpressSQL Server Express から Express 以外の SKU へのアップグレード)SKU Upgrade (SQL Server ExpressSQL Server Express to non-Express SKU)

    SQL Server ExpressSQL Server Express のインストール中に、 SQL ServerSQL Server エージェント サービスは、ネットワーク サービス アカウントを使用するように構成されますが、無効になっています。During SQL Server ExpressSQL Server Express installation, the SQL ServerSQL Server Agent service is configured to use the Network Service account but disabled. SQL ServerSQL Server 構成マネージャーでは、SQL ServerSQL Server エージェント サービスに割り当てられたアカウントを変更できますが、このサービスを有効にしたり開始したりすることはできません。Configuration Manager can change the account assigned for the SQL ServerSQL Server Agent service but the service cannot be enabled or started. SQL Server ExpressSQL Server Express から Express 以外に SKU をアップグレードした後、 SQL ServerSQL Server エージェント サービスが自動的に有効になることはありませんが、必要に応じて有効にすることができます。サービスを有効にするには、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用して、サービス開始モードを手動または自動に変更します。After SKU upgrade from SQL Server ExpressSQL Server Express to non-Express, the SQL ServerSQL Server Agent service is not automatically enabled, but can be enabled when needed by using the SQL ServerSQL Server Configuration Manager and changing the service start mode to Manual or Automatic.

SQL Server 構成マネージャーの使用Using SQL Server Configuration Manager

SQL Server のサービス開始アカウントを変更するにはTo change the SQL Server service startup account

  1. [スタート] メニューで、 [すべてのプログラム] 、[ Microsoft SQL Server 2014Microsoft SQL Server 2014]、 [構成ツール] の順にポイントして、 [SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。On the Start menu, point to All Programs, point to Microsoft SQL Server 2014Microsoft SQL Server 2014, point to Configuration Tools, and then click SQL Server Configuration Manager.

    注意

    SQL ServerSQL Server 構成マネージャーは MicrosoftMicrosoft 管理コンソール プログラムのスナップインであり、スタンドアロン プログラムではないため、新しいバージョンの Windows では、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャーはアプリケーションとして表示されません。Because SQL ServerSQL Server Configuration Manager is a snap-in for the MicrosoftMicrosoft Management Console program and not a stand-alone program, SQL ServerSQL Server Configuration Manager does not appear as an application in newer versions of Windows.

    • Windows 10:Windows 10:
      開くにはSQL ServerSQL ServerConfiguration Manager で、スタート ページ、SQLServerManager12.msc を入力 (のSQL Server 2014SQL Server 2014)。To open SQL ServerSQL Server Configuration Manager, on the Start Page, type SQLServerManager12.msc (for SQL Server 2014SQL Server 2014). 以前のバージョンの SQL ServerSQL Server の場合は、12 をより小さい数値に置き換えます。For previous versions of SQL ServerSQL Server replace 12 with a smaller number. SQLServerManager12.msc をクリックすると、Configuration Manager が開きます。Clicking SQLServerManager12.msc opens the Configuration Manager. スタート ページやタスク バーに構成マネージャーをピン留めする SQLServerManager12.msc を右クリックし、ファイルの場所を開くします。To pin the Configuration Manager to the Start Page or Task Bar, right-click SQLServerManager12.msc, and then click Open file location. Windows エクスプ ローラーで SQLServerManager12.msc を右クリックし、をクリックし、スタートにピン留めまたはタスクバーにピン留めします。In the Windows File Explorer, right-click SQLServerManager12.msc, and then click Pin to Start or Pin to taskbar.
    • Windows 8:Windows 8:
      開くにはSQL ServerSQL ServerConfiguration Manager で、検索チャームのアプリ、型SQLServerManager<バージョン > .msc などSQLServerManager12.msc、キーを押しますとEnterします。To open SQL ServerSQL Server Configuration Manager, in the Search charm, under Apps, type SQLServerManager<version>.msc such as SQLServerManager12.msc, and then press Enter.
  2. SQL ServerSQL Server 構成マネージャーで、 [SQL Server のサービス] をクリックします。In SQL ServerSQL Server Configuration Manager, click SQL Server Services.

  3. 詳細ペインで、サービス開始アカウントを変更する SQL ServerSQL Server インスタンス名を右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。In the details pane, right-click the name of the SQL ServerSQL Server instance for which you want to change the service startup account, and then click Properties.

  4. [SQL Server <instancename> のプロパティ] ダイアログ ボックスで、 [ログオン] タブをクリックし、 [次のアカウントでログオン] でアカウントの種類を選択します。In the SQL Server <instancename> Properties dialog box, click the Log On tab, and select a Log on as account type.

  5. 新しいサービス開始アカウントを選択したら、 [OK] をクリックします。After selecting the new service startup account, click OK.

    メッセージ ボックスに SQL ServerSQL Server サービスを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。A message box asks whether you want to restart the SQL ServerSQL Server service.

  6. [はい] をクリックして SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを閉じます。Click Yes, and then close SQL ServerSQL Server Configuration Manager.

参照See Also

データベース エンジン、SQL Server エージェント、SQL Server Browser サービスの開始、停止、一時停止、再開、および再起動 Start, Stop, Pause, Resume, Restart the Database Engine, SQL Server Agent, or SQL Server Browser Service
SQL Server ツールでサーバーの状態を表示できるようにする WMI の構成Configure WMI to Show Server Status in SQL Server Tools