backup compression default サーバー構成オプションの表示または構成View or Configure the backup compression default Server Configuration Option

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 または SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) を使用して、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio backup compression default Transact-SQLTransact-SQLサーバー構成オプションを確認または構成する方法について説明します。This topic describes how to view or configure the backup compression default server configuration option in SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL. backup compression default オプションは、圧縮されたバックアップを既定で作成するかどうかを決定します。The backup compression default option determines whether the server instance creates compressed backups by default. SQL ServerSQL Server をインストールした場合、 backup compression default オプションはオフになっています。When SQL ServerSQL Server is installed, the backup compression default option is off.

このトピックの内容In This Topic

はじめにBefore You Begin

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

推奨事項Recommendations

  • 個別のバックアップを作成する場合、ログ配布構成を構成する場合、またはメンテナンス プランを作成する場合は、サーバー レベルの既定値をオーバーライドできます。When you are creating an individual backup, configuring a log shipping configuration, or creating a maintenance plan, you can override the server-level default.

  • バックアップの圧縮は、ディスク バックアップ デバイスとテープ バックアップ デバイスの両方でサポートされています。Backup compression is supported for both disk backup devices and tape backup devices.

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。Execute permissions on sp_configure with no parameters or with only the first parameter are granted to all users by default. 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。To execute sp_configure with both parameters to change a configuration option or to run the RECONFIGURE statement, a user must be granted the ALTER SETTINGS server-level permission. ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。The ALTER SETTINGS permission is implicitly held by the sysadmin and serveradmin fixed server roles.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

backup compression default オプションを表示および構成するにはTo view or configure the backup compression default option

  1. オブジェクト エクスプローラーで、サーバーを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。In Object Explorer, right-click a server and select Properties.

  2. [データベースの設定] ノードをクリックします。Click the Database settings node.

  3. [バックアップと復元][バックアップを圧縮する] に、 backup compression default オプションの現在の設定が表示されます。Under Backup and restore, Compress backup shows the current setting of the backup compression default option. この設定によって、バックアップの圧縮についてのサーバー レベルの既定値が次のように決定されます。This setting determines the server-level default for compressing backups, as follows:

    • [バックアップを圧縮する] チェック ボックスがオフの場合、既定では新しいバックアップは圧縮されません。If the Compress backup box is blank, new backups are uncompressed by default.

    • [バックアップを圧縮する] チェック ボックスがオンの場合、既定で新しいバックアップが圧縮されます。If the Compress backup box is checked, new backups are compressed by default.

    sysadmin 固定サーバー ロールまたは serveradmin 固定サーバー ロールのメンバーである場合は、 [バックアップを圧縮する] チェック ボックスをクリックして既定の設定を変更することもできます。If you are a member of the sysadmin or serveradmin fixed server role, you can also change the default setting by clicking the Compress backup box.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

backup compression default オプションを表示するにはTo view the backup compression default option

  1. データベース エンジンDatabase Engineに接続します。Connect to the データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。From the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute. この例では、 sys.configurations カタログ ビューをクエリして、 backup compression defaultの値を判定しています。This example queries the sys.configurations catalog view to determine the value for backup compression default. 値 0 はバックアップの圧縮がオフであることを示し、値 1 はバックアップの圧縮が有効であることを示します。A value of 0 means that backup compression is off, and a value of 1 means that backup compression is enabled.

SELECT value   
FROM sys.configurations   
WHERE name = 'backup compression default' ;  
GO  

backup compression default オプションを構成するにはTo configure the backup compression default option

  1. データベース エンジンDatabase Engineに接続します。Connect to the データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。From the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute. この例では、 sp_configure を使用して、圧縮されたバックアップが既定で作成されるようにサーバー インスタンスを構成する方法を示します。This example shows how to use sp_configure to configure the server instance to create compressed backups by default.

EXEC sp_configure 'backup compression default', 1 ;  
RECONFIGURE;  
GO 

詳細については、「 サーバー構成オプション (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Server Configuration Options (SQL Server).

補足情報: backup compression default オプションを構成した後Follow Up: After you configure the backup compression default option

新しい設定は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。The setting takes effect immediately without restarting the server.

参照See Also

BACKUP (Transact-SQL) BACKUP (Transact-SQL)
サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
RECONFIGURE (Transact-SQL) RECONFIGURE (Transact-SQL)
sp_configure (Transact-SQL) sp_configure (Transact-SQL)
バックアップの概要 (SQL Server)Backup Overview (SQL Server)