backup compression default サーバー構成オプションの表示または構成

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このトピックでは、SQL Server Management Studio または Transact-SQL を使用して、SQL Server で backup compression default サーバー構成オプションを表示または構成する方法について説明します。 backup compression default オプションは、圧縮されたバックアップを既定で作成するかどうかを決定します。 SQL Server をインストールした場合、 backup compression default オプションはオフになっています。

このトピックの内容

はじめに

制限事項と制約事項

推奨事項

  • 個別のバックアップを作成する場合、ログ配布構成を構成する場合、またはメンテナンス プランを作成する場合は、サーバー レベルの既定値をオーバーライドできます。

  • バックアップの圧縮は、ディスク バックアップ デバイスとテープ バックアップ デバイスの両方でサポートされています。

セキュリティ

アクセス許可

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。 ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。

SQL Server Management Studio を使用する

backup compression default オプションを表示および構成するには

  1. オブジェクト エクスプローラーで、サーバーを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

  2. [データベースの設定] ノードをクリックします。

  3. [バックアップと復元][バックアップを圧縮する] に、 backup compression default オプションの現在の設定が表示されます。 この設定によって、バックアップの圧縮についてのサーバー レベルの既定値が次のように決定されます。

    • [バックアップを圧縮する] チェック ボックスがオフの場合、既定では新しいバックアップは圧縮されません。

    • [バックアップを圧縮する] チェック ボックスがオンの場合、既定で新しいバックアップが圧縮されます。

    sysadmin 固定サーバー ロールまたは serveradmin 固定サーバー ロールのメンバーである場合は、 [バックアップを圧縮する] チェック ボックスをクリックして既定の設定を変更することもできます。

Transact-SQL の使用

backup compression default オプションを表示するには

  1. データベース エンジンに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。 この例では、 sys.configurations カタログ ビューをクエリして、 backup compression defaultの値を判定しています。 値 0 はバックアップの圧縮がオフであることを示し、値 1 はバックアップの圧縮が有効であることを示します。

SELECT value   
FROM sys.configurations   
WHERE name = 'backup compression default' ;  
GO  

backup compression default オプションを構成するには

  1. データベース エンジンに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。 この例では、 sp_configure を使用して、圧縮されたバックアップが既定で作成されるようにサーバー インスタンスを構成する方法を示します。

EXEC sp_configure 'backup compression default', 1 ;  
RECONFIGURE;  
GO 

詳細については、「サーバー構成オプション (SQL Server)」を参照してください。

補足情報: backup compression default オプションを構成した後

新しい設定は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。

参照

BACKUP (Transact-SQL)
サーバー構成オプション (SQL Server)
RECONFIGURE (Transact-SQL)
sp_configure (Transact-SQL)
Backup Overview (SQL Server)