xp_cmdshell サーバー構成オプションxp_cmdshell Server Configuration Option

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

xp_cmdshell オプションは、 SQL ServerSQL Server xp_cmdshell 拡張ストアド プロシージャをシステムで実行できるかどうかをシステム管理者が制御できるようにする、 のサーバー構成オプションです。The xp_cmdshell option is a SQL ServerSQL Server server configuration option that enables system administrators to control whether the xp_cmdshell extended stored procedure can be executed on a system. 新規インストールの場合、xp_cmdshell オプションは既定で無効になっています。By default, the xp_cmdshell option is disabled on new installations. このオプションを有効にする前に、このオプションを使用した場合に関連する潜在的なセキュリティの影響を考慮することが重要です。Before enabling this option, it is important to consider the potential security implications associated with the use of this option. 通常、このオプションは無効のままにする必要があるため、新しく開発するコードではこのオプションを使用しないでください。Newly-developed code should not use this option as it should generally be left disabled. 一部のレガシ アプリケーションでは、このオプションを有効にする必要があります。このオプションを使用しないように変更できない場合は、ポリシー ベースの管理を使用するか、次のコード例に示すように sp_configure システム ストアド プロシージャを実行して有効にすることができます。Some legacy applications require it to be enabled, and if they cannot be modified to avoid the use of this option, it can be enabled by using the Policy-Based Management or by running the sp_configure system stored procedure as shown in the following code example:

-- To allow advanced options to be changed.  
EXEC sp_configure 'show advanced options', 1;  
GO  
-- To update the currently configured value for advanced options.  
RECONFIGURE;  
GO  
-- To enable the feature.  
EXEC sp_configure 'xp_cmdshell', 1;  
GO  
-- To update the currently configured value for this feature.  
RECONFIGURE;  
GO  

参照See Also

サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
ポリシー ベースの管理を使用したサーバーの管理Administer Servers by Using Policy-Based Management