拡張イベント セッションの作成Create an Extended Events Session

拡張イベント セッションを作成するには、クエリ エディターを使用するか、オブジェクト エクスプローラーでセッションを作成します。You can create an Extended Events session by using the Query Editor, or you can create a session in Object Explorer. オブジェクト エクスプ ローラーでは、拡張イベントは、作成、変更、およびイベント セッション データのイベント セッションの作成プロセスをガイドするウィザードとより高度な構成オプションを提供する新しいセッション UI を表示する際、2 つのユーザー インターフェイスを提供します。In Object Explorer, Extended Events provides two user interfaces you can use to create, modify, and view event session data - a wizard that guides you through the event session creation process, and a New Session UI that provides more advanced configuration options. 拡張イベント セッションを作成して SQL Server のトレースを診断できます。これにより次のような問題を解決できます。You can create Extended Events sessions to diagnose SQL Server tracing, which enables you to resolve issues such as the following:

  • 最も高価なクエリを見つけるFind your most expensive queries

  • ラッチ競合の根本的な原因を見つけるFind root causes of latch contention

  • 他のクエリをブロックしているクエリを見つけるFind a query that is blocking other queries

  • クエリの再コンパイルにより、過剰な CPU 使用率をトラブルシューティングするTroubleshoot excessive CPU usage caused by query recompilation

  • デッドロックのトラブルシューティングTroubleshoot deadlocks

このセクションの内容In This Section

クエリ エディターを使用した拡張イベント セッションの作成Create an Extended Events Session Using Query Editor

ウィザードを使用して拡張イベント セッションの作成(オブジェクト エクスプ ローラー)Create an Extended Events Session Using the Wizard (Object Explorer)

[新しいセッション] ダイアログを使用した拡張イベント セッションの作成Create an Extended Events Session Using the New Session Dialog