データベース ミラーリング セッションの手動フェールオーバー (SQL Server Management Studio)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

ミラー化されたデータベースが同期されている場合 (つまり、データベースが SYNCHRONIZED 状態である場合)、データベース所有者はミラー サーバーに対して手動フェールオーバーを開始できます。

手動フェールオーバー中、フェールオーバーが発生するデータベースに対するプリンシパル サーバーとミラー サーバーのロールが切り替わります。 その結果、ミラー データベースがプリンシパル データベースになり、プリンシパル データベースがミラー データベースになります。 次の表は、 SQLDBENGINE0_1SQLDBENGINE0_2という 2 つのミラーリング パートナーを例にとって、そのロールが手動フェールオーバーによってどのように切り替わるかを示しています。

サーバー フェールオーバー前 フェールオーバー後
SQLDBENGINE0_1 PRINCIPAL MIRROR
SQLDBENGINE0_2 MIRROR PRINCIPAL

その他のデータベース ミラーリング セッションに対するサーバーのロールは影響を受けません。 詳細については、「データベース ミラーリング セッション中のロールの切り替え (SQL Server)」を参照してください。

データベース ミラーリングを手動でフェールオーバーするには

  1. プリンシパル サーバー インスタンスに接続し、 [オブジェクト エクスプローラー] ペインでサーバー名をクリックして、サーバー ツリーを展開します。

  2. [データベース] を展開し、フェールオーバー先のデータベースをクリックします。

  3. データベースを右クリックして [タスク] を選択し、 [ミラー] をクリックします。 [データベースのプロパティ] ダイアログ ボックスの [ミラーリング] ページが開きます。

  4. [フェールオーバー] をクリックします。

    確認のメッセージが表示されます。 Windows 認証を使用してミラー サーバーに接続しようとすると、プリンシパル サーバーが開始されます。 Windows 認証が機能しない場合は、プリンシパル サーバーに [サーバーへの接続] ダイアログ ボックスが表示されます。 ミラー サーバーで [認証] を使用SQL Server、[認証] ボックスSQL Server [認証] を選択します。 [ログイン] テキスト ボックスで、ミラー サーバー上で接続するログイン アカウントを指定し、 [パスワード] テキスト ボックスで、そのアカウントのパスワードを指定します。

    フェールオーバーに成功すると、 [データベースのプロパティ] ダイアログ ボックスが閉じます。 その結果、ミラー データベースがプリンシパル データベースになり、プリンシパル データベースがミラー データベースになります。

    フェールオーバーに失敗すると、エラー メッセージが表示され、ダイアログ ボックスが開いたままになります。

    重要

    [ミラーリング] ページを開いた後でプロパティを変更した場合、それらの変更内容は保存されません。

    ダイアログ ボックスが自動的に閉じられます。

参照

[データベースのプロパティ] ([ミラーリング] ページ)
データベース ミラーリング (SQL Server)
データベース ミラーリング セッションを手動でフェールオーバーする方法 (Transact-SQL)
データベース ミラーリング セッションの一時停止または再開 (SQL Server)
データベース ミラーリングの削除 (SQL Server)