データベース ミラーリングの削除 (SQL Server)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

データベース所有者は、いずれのパートナーでもデータベース ミラーリング セッションをいつでも手動で停止できます。

ミラーリングの削除による影響

ミラーリングが削除されると、次のような動作が発生します。

  • パートナー間および各パートナーとミラーリング監視サーバー間にリレーションシップがある場合、それらのリレーションシップが完全に解除されます。

    セッションが停止した時点でパートナーどうしが通信している場合、そのリレーションシップは両方のコンピューターですぐに解除されます。 パートナーどうしが通信していない場合、つまり停止時点でデータベースが DISCONNECTED 状態である場合は、ミラーリング停止処理を実行した側のパートナーではリレーションシップがすぐに解除されます。もう一方のパートナーは、再接続を試行したときに、データベース ミラーリング セッションが停止していることがわかります。

  • セッションの一時停止の場合と異なり、ミラーリング セッションについての情報は削除されます。 ミラーリングは、プリンシパル データベースとミラー データベースの両方から削除されます。 sys.databases では、mirroring_state 列およびその他すべてのミラー化に関する列が NULL に設定されます。 詳細については、「sys.database_mirroring (Transact-SQL)」を参照してください

  • 各パートナー サーバー インスタンスには、データベースの個別のコピーが保持されます。

  • ミラー データベースは復元中の状態になります ( sys.databasesstate列を参照)。これは、ミラー データベースが RESTORE WITH NORECOVERY を使用して作成されているためです。 この時点で、古いミラー データベースを削除するか、WITH RECOVERY を使用して復元できます。 データベースを復元すると、古いプリンシパル データベースから分岐が行われます。これは、復旧によって新しい復旧分岐が開始されるためです。

Note

セッション停止後もミラー化を続行するには、新しいデータベース ミラーリング セッションを確立する必要があります。 ミラー化の停止後にログ バックアップを作成する場合は、ミラー化を再開する前にミラー データベースにそのログ バックアップを適用する必要があります。

関連タスク

データベース ミラーリングを削除するには

データベース ミラーリングを開始するには

参照

ALTER DATABASE データベース ミラーリング (Transact-SQL)
データベース ミラーリング (SQL Server)
データベース ミラーリングの一時停止と再開 (SQL Server)
sys.databases (Transact-SQL)