ミラーリング パフォーマンス基準の警告しきい値および警告の使用 (SQL Server)Use Warning Thresholds and Alerts on Mirroring Performance Metrics (SQL Server)

このトピックでは、データベース ミラーリング用に警告しきい値を構成および管理できる SQL ServerSQL Server イベントについて説明します。This topic contains information about the SQL ServerSQL Server events for which warning thresholds can be configured and managed for database mirroring. データベース ミラーリング モニター、または sp_dbmmonitorchangealertsp_dbmmonitorhelpalert、および sp_dbmmonitordropalert の各ストアド プロシージャを使用できます。You can use the Database Mirroring Monitor or the sp_dbmmonitorchangealert, sp_dbmmonitorhelpalert, and sp_dbmmonitordropalert stored procedures. また、データベース ミラーリング イベントの警告の構成についても説明します。This topic also contains information about configuring alerts on database mirroring events.

ミラー化されたデータベースに対する監視が確立された後、システム管理者は、複数の主要なパフォーマンス基準に警告しきい値を設定できます。After monitoring is established for a mirrored database, a system administrator can configure warning thresholds on several key performance metrics. また、管理者は、これらの基準や他のデータベース ミラーリング イベントに基づいて警告を構成することもできます。Also, an administrator can configure alerts on these and other database mirroring events.

このトピックの内容In This Topic:

パフォーマンス基準と警告しきい値 Performance Metrics and Warning Thresholds

次の表では、警告を構成できるパフォーマンス基準、対応する警告しきい値、および対応するデータベース ミラーリング モニターのラベルについて説明します。The following table lists the performance metrics for which warnings can be configured, describes the corresponding warning threshold, and lists the corresponding Database Mirroring Monitor label.

パフォーマンス基準Performance metric 警告しきい値Warning threshold データベース ミラーリング モデルのラベルDatabase Mirroring Monitor label
未送信のログUnsent log 未送信のログのサイズ (KB) を指定します。このサイズを超えると、プリンシパル サーバー インスタンスで警告が生成されます。Specifies how many kilobytes (KB) of unsent log generate a warning on the principal server instance. この警告は、サイズの観点からデータ損失の可能性を測定するのに役立ち、特に、高パフォーマンス モードに関連しています。This warning helps measure the potential for data loss in terms of KB and is especially relevant for high-performance mode. パートナーとの通信が切断されたためにミラーリングが一時停止または中断している場合は、高安全モードにも関係します。However, the warning is also relevant for high-safety mode when mirroring is paused or suspended because the partners become disconnected. [未送信のログがしきい値を超えた場合に警告する]Warn if the unsent log exceeds the threshold
未復元のログUnrestored log 未復元のログのサイズ (KB) を指定します。このサイズを超えると、ミラー サーバー インスタンスで警告が生成されます。Specifies how many KB of unrestored log generate a warning on the mirror server instance. この警告を使用すると、フェールオーバー時間を判断できます。This warning helps measure failover time. フェールオーバー時間 の大部分は、以前のミラー サーバーの再実行キューに残っているログをロールフォワードする場合に必要となる時間です。この時間にわずかな時間を加えます。Failover time consists mainly of the time that the former mirror server requires to roll forward any log remaining in its redo queue, plus a short additional time.

注: 自動フェールオーバーの場合、システムがエラーを通知するまでの時間は、フェールオーバー時間に関係ありません。Note: For an automatic failover, the time for the system to notice the error is independent of the failover time.

詳しくは、「 役割の交代中に発生するサービスの中断時間の算出 (データベース ミラーリング)という処理により、一般的にプリンシパルとミラーの役割を相互交換できます。For more information, see Estimate the Interruption of Service During Role Switching (Database Mirroring).
[復元されていないログがしきい値を超えた場合に警告する]Warn if the unrestored log exceeds the threshold
最も古い未送信のトランザクションOldest unsent transaction 送信キュー内にトランザクションを累積できる時間 (分単位) を指定します。この時間を経過すると、プリンシパル サーバー インスタンスで警告が生成されます。Specifies the number of minutes worth of transactions that can accumulate in the send queue before a warning is generated on the principal server instance. この警告は、時間の観点からデータ損失の可能性を測定するのに役立ち、特に、高パフォーマンス モードに関連しています。This warning helps measure the potential for data loss in terms of time and is especially relevant for high-performance mode. パートナーとの通信が切断されたためにミラーリングが一時停止または中断している場合は、高安全モードにも関係します。However, the warning is also relevant for high-safety mode when mirroring is paused or suspended because the partners become disconnected. [最も古い未送信のトランザクションの経過期間がしきい値を超えた場合に警告する]Warn if the age of the oldest unsent transaction exceeds the threshold
ミラー コミットのオーバーヘッドMirror commit overhead 許容可能な、トランザクションあたりの平均遅延時間 (ミリ秒単位) を指定します。この時間を経過すると、プリンシパル サーバーで警告が生成されます。Specifies the number of milliseconds of average delay per transaction that are tolerated before a warning is generated on the principal server. この遅延時間は、ミラー サーバー インスタンスによってトランザクションのログ レコードが再実行キューに書き込まれるのをプリンシパル サーバー インスタンスが待機している間、発生したオーバーヘッドの量になります。This delay is the amount of overhead incurred while the principal server instance waits for the mirror server instance to write the transaction's log record into the redo queue. この値は高安全モードにのみ関係します。This value is relevant only in high-safety mode. [ミラー コミットのオーバーヘッドがしきい値を超えた場合に警告する]Warn if the mirror commit overhead exceeds the threshold

これらのパフォーマンス基準のいずれでも、システム管理者は、ミラー化されたデータベースでしきい値を指定できます。For any one of these performance metrics, a system administrator can specify a threshold on a mirrored database. 詳細については、このトピックの「 警告しきい値の設定と管理」を参照してください。For more information, see Setting Up and Managing Warning Thresholds, later in this topic.

警告しきい値の設定と管理 Setting Up and Managing Warning Thresholds

システム管理者は、主要なミラーリング パフォーマンス基準に 1 つ以上の警告しきい値を設定できます。A system administrator can configure one or more warning thresholds for the key mirroring performance metrics. 両方のパートナーの特定の警告に対してしきい値を設定し、データベースがフェールオーバーする場合に警告が保持されるようにすることをお勧めします。We recommend setting a threshold for a given warning on both partners to make sure that the warning persists if the database fails over. 各パートナーで適切なしきい値は、そのパートナーのシステムのパフォーマンス機能によって異なります。The appropriate threshold on each partner depends on the performance capabilities of that partner's system.

警告しきい値は、次のいずれかを使用して設定および管理できます。Warning thresholds can be configured and managed by using either of the following:

  • データベース ミラーリング モニター (Database Mirroring Monitor)Database Mirroring Monitor

    データベース ミラーリング モニターでは、管理者は、 [警告] タブ ページをクリックして、プリンシパル サーバー インスタンスとミラー サーバー インスタンスの両方で選択したデータベースの警告の現在の構成を同時に確認できます。In Database Mirroring Monitor, the administrator can view the current configuration of warnings for a selected database at both the principal and mirror server instances at the same time by selecting the Warnings tabbed page. そのページから、 [警告しきい値の設定] ダイアログ ボックスを開き、1 つ以上の警告しきい値を有効にして設定できます。From there, the administrator can open the Set Warning Thresholds dialog box to enable and configure one or more warning thresholds.

    データベース ミラーリング モニターのインターフェイスの概要については、「 Database Mirroring Monitor Overview」を参照してください。For an introduction to the Database Mirroring Monitor interface, see Database Mirroring Monitor Overview. データベース ミラーリング モニターの起動方法については、「 データベース ミラーリング モニターの起動 (SQL Server Management Studio)」を参照してください。For information about launching Database Mirroring Monitor, see Start Database Mirroring Monitor (SQL Server Management Studio).

  • システム ストアド プロシージャSystem stored procedures

    次のシステム ストアド プロシージャを使用すると、管理者は、一度に 1 つのパートナーのミラー化されたデータベースで警告しきい値を設定および管理できます。The following set of system stored procedures enable an administrator to set up and manage warning thresholds on mirrored databases of one partner at a time.

    手順Procedure 説明Description
    sp_dbmmonitorchangealert (Transact-SQL)sp_dbmmonitorchangealert (Transact-SQL) 指定したミラーリングのパフォーマンス基準に対する警告しきい値を追加または変更します。Adds or changes warning threshold for a specified mirroring performance metric.
    sp_dbmmonitorhelpalert (Transact-SQL)sp_dbmmonitorhelpalert (Transact-SQL) データベース ミラーリング監視の主要なパフォーマンス基準の 1 つまたはすべてについて、警告しきい値に関する情報を返します。Returns information about warning thresholds on one or all of several key database mirroring monitor performance metrics.
    sp_dbmmonitordropalert (Transact-SQL)sp_dbmmonitordropalert (Transact-SQL) 指定したパフォーマンス基準に対する警告を削除します。Drops the warning for a specified performance metric.

Windows イベント ログに送信されるパフォーマンスしきい値イベントPerformance-Threshold Events Sent to the Windows Event Log

パフォーマンス基準に警告しきい値を定義する場合、状態テーブルを更新すると、最新の値がそのしきい値に対して評価されます。If warning thresholdis defined for a performance metric, when the status table is updated, the latest value is evaluated against the threshold. しきい値に達している場合は、更新用のプロシージャ sp_dbmmonitorupdateによって、基準に対する情報イベント ( パフォーマンスしきい値イベント) が生成され、そのイベントが MicrosoftMicrosoft Windows イベント ログに書き込まれます。If the threshold has been reached, the update procedure, sp_dbmmonitorupdate, generates an informational event—a performance-threshold event— for the metric and writes the event to the MicrosoftMicrosoft Windows event log. 次の表は、パフォーマンスしきい値イベントのイベント ID を示しています。The following table lists the event IDs of the performance-threshold events.

パフォーマンス基準Performance metric イベント IDEvent ID
未送信のログUnsent log 3204232042
未復元のログUnrestored log 3204332043
最も古い未送信のトランザクションOldest unsent transaction 3204032040
ミラー コミットのオーバーヘッドMirror commit overhead 3204432044

注意

管理者は、これらのイベントの 1 つ以上で警告を定義できます。An administrator can define alerts on any one or more of these events. 詳細については、このトピックの「 ミラー化されたデータベースに対する警告の使用」を参照してください。For more information, see Using Alerts for a Mirrored Database, later in this

トピックtopic.

ミラー化されたデータベースに対する警告の使用 Using Alerts for a Mirrored Database

ミラー化されたデータベースを監視する際に重要なのは、重大なデータベース ミラーリング イベントに対して警告を構成することです。An important part of monitoring a mirrored database is configuring alerts on significant database mirro events. SQL ServerSQL Server では、次のようなデータベース ミラーリング イベントが生成されます。 generates the following types of database mirroring events:

  • パフォーマンスしきい値イベントPerformance threshold events

    詳細については、このトピックの「Windows イベント ログに送信されるパフォーマンスしきい値イベント」を参照してください。For more information, see "Performance-Threshold Events Sent to the Windows Event Log" earlier in this topic.

  • 状態変更イベントState-change events

    データベース ミラーリング セッションの内部状態に変更が生じたときに生成される Windows Management Instrumentation (WMI) イベントです。These are Windows Management Instrumentation (WMI) events that are generated when changes occur in the internal state of a database mirroring session.

    注意

    詳細については、「 WMI Provider for Server Events の概念」を参照してください。For more information, see WMI Provider for Server Events Concepts.

    システム管理者は、 SQL ServerSQL Server エージェントまたは他のアプリケーション ( MicrosoftMicrosoft Operations Manager など) を使用して、これらのイベントに対して警告を構成できます。A system administrator can configure alerts on these by using SQL ServerSQL Server Agent or other applications, such as MicrosoftMicrosoft Operations Manager.

    データベース ミラーリング イベントで警告を定義する場合は、両方のパートナー サーバー インスタンスで警告しきい値と警告を定義することをお勧めします。When you define alerts on database mirroring events, we recommend that you define warning thresholds and alerts at both partner server instances. 個々のイベントはプリンシパル サーバーまたはミラー サーバーのいずれかで生成されますが、各パートナーは常にどちらの役割も実行できます。Individual events are generated at either the principal server or the mirror server, but each partner can perform either role at any time. フェールオーバー後に警告が動作を続行するには、両方のパートナーで警告を定義する必要があります。To make sure that an alert continues to operate after a failover, the alert must be defined at both partners.

    詳細については、 SQL Server Web サイトにあるデータベース ミラーリング イベントの警告に関するホワイト ペーパーを参照してください。For more information, see the white paper about alerting on database mirroring events at this SQL Server Web site. このホワイト ペーパーには、 SQL ServerSQL Server エージェントを使用した警告の構成方法、データベース ミラーリングの WMI イベント、およびサンプル スクリプトに関する情報が記載されています。This white paper contains information about how to configure alerts using SQL ServerSQL Server Agent, the database mirroring WMI events, and sample scripts.

重要

すべてのミラーリング セッションでは、状態変更イベントに対する警告を送信するようにデータベースを構成することを強くお勧めします。For all mirroring sessions, we strongly recommend that you configure the database to send an alert on any state-change events. 状態変更は手動による構成の変更結果として予測される場合を除いて、データを損傷する可能性があります。Unless a state change is expected as the result of a manual configuration change, something has occurred that could compromise your data. データを保護するには、予測されていない状態変更の原因を特定して解決します。To help protect your data, identify and fix the cause of an unexpected state change.

SQL Server Management Studio を使用して警告を作成するにはTo create an alert using SQL Server Management Studio

参照See Also

データベース ミラーリング (SQL Server) Database Mirroring (SQL Server)
データベース ミラーリングの監視 (SQL Server)Monitoring Database Mirroring (SQL Server)