SQL Server 2019 (15.x) データベース エンジンの非推奨の機能

適用対象: はいSQL Server 2019 (15.x)

SQL Server 2019 (15.x) では、以前のリリースで非推奨となったもの以外の機能は非推奨にされません。

非推奨のガイドライン

機能に非推奨の印が付いている場合、それは次のことを意味します。

  • その機能は保守管理状態にあり、それ以外では利用されていません。 新機能との相互運用性への対応に関連するものを含め、新しい変更は行われません。
  • Microsoft は、アップグレードを容易にする目的で、今後のリリースから非推奨機能を外さないように努めます。 ただし、その機能によって将来の技術革新が制限されてしまう場合に、永久的にそれを中止、つまり、SQL Server から外すことを選択することがまれにあります。
  • 新規の開発作業では、非推奨の機能を使用しないでください。 既存のアプリケーションについては、これらの機能を現在使用しているアプリケーションをできるだけ早く修正するように計画してください。

非推奨の機能の使用は、SQL Server Deprecated Features オブジェクトのパフォーマンス カウンター、またはdeprecation_announcementdeprecation_final_support の拡張イベントを使用して監視できます。 詳細については、「 SQL Server オブジェクトの使用」を参照してください。

非推奨の機能のクエリ

これらのカウンターの値は、次のステートメントを実行して入手することもできます。

SELECT * FROM sys.dm_os_performance_counters
WHERE object_name = 'SQLServer:Deprecated Features';

関連項目