SysPrep を使用した SQL Server のインストールに関する注意点

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) - Windows のみ

SQL Server Sysprep を使用すると、コンピューター上で SQL Server のスタンドアロン インスタンスを準備し、後で構成を完了できます。 SQL Server Sysprep では、2 段階のプロセスで SQL Serverのスタンドアロン インスタンスを構成します。 手順は次のとおりです。

  • イメージの準備

    この手順では、製品バイナリのインストール後に、準備中の SQL Server インスタンスのコンピューター、ネットワーク、およびアカウントに固有の情報を構成せずに、インストール処理が停止します。

  • イメージの完了

    この手順では、 SQL Serverの準備済みインスタンスの構成を完了できます。 ここでは、コンピューター、ネットワーク、およびアカウントに固有の情報を入力できます。

SysPrep を使用して SQL Server をインストールする方法の詳細については、「SysPrep を使用して SQL Server をインストールする」を参照してください。

SQL Server SysPrep の一般的な使用方法

SQL Server SysPrep 機能は、次のいずれかの方法で使用できます。

  • イメージの準備手順を使用して、同じコンピューター上に 1 つ以上の未構成の SQL Server インスタンスを準備できます。 同じコンピューターでイメージの完了手順を使用することで、これらの準備済みインスタンスを構成できます。

  • 準備済みインスタンスの SQL Server セットアップ構成ファイルをキャプチャし、そのファイルを使用して、複数のコンピューター上で後で構成する追加の未構成の SQL Server インスタンスを準備することができます。

  • Windows System Preparation ツール ("Windows SysPrep" ともいいます) と組み合わせると、ソース コンピューター上で未構成の準備済み SQL Server インスタンスを格納したオペレーティング システムのイメージを作成できます。 これにより、オペレーティング システム イメージを複数のコンピューター上に配置できます。 オペレーティング システムの構成が完了したら、 SQL Server セットアップのイメージの完了手順を使用して、準備済みインスタンスを構成できます。

    Windows オペレーティング システムのイメージを準備するには、Windows SysPrep ツールを使用します。 このツールは、組織全体に配置するためにオペレーティング システムのカスタマイズされたイメージをキャプチャする場合に使用されます。 SysPrep とその使用方法の詳細については、Sysprep に関するページを参照してください。

インストール メディアに関する注意点

完全バージョンの SQL Serverを使用している場合は、次のことを考慮してください。

  • SQL ServerExpress Edition 以外のエディション:

    • イメージの準備手順では、 SQL Server Evaluation Edition を使用して製品バイナリがインストールされます。 インスタンスが完了すると、 SQL Server のエディションはイメージの完了手順で入力した製品 ID に応じて決定されます。

    • Evaluation Edition の製品 ID を入力すると、準備済みインスタンスの完了から 180 日で期限が切れるように評価期間が設定されます。

  • SQL ServerExpress Edition:

    • SQL Server Express Edition のインスタンスを準備するには、Express のインストール メディアを使用します。

    • SQL Server Express Edition の準備済みインスタンスには、製品 ID を指定できません。

サポートされる SQL Server のインストール

SQL Server の SysPrep では、ツールを含むすべての機能がサポートされます。

SQL Server またはそれ以前のバージョンをサイド バイ サイドでインストールするために、複数のインスタンスを準備できます。 これらのインスタンスの機能は、SysPrep をサポートしている必要があります。

SQL Server Native Client は、イメージの準備手順の終了時に自動的にインストールされ、完了します。

SQL Server Browser と SQL Server Writer は、 SQL Serverインスタンスを準備すると自動的に準備され、 イメージの完了手順で SQL Server インスタンスを完了させると完了します。

SQL Server でサポートされるエディションについては、「SQL Server 2017 の各エディションとサポートされている機能」および SQL Server 2019 に関するページを参照してください。

準備済み SQL Serverインスタンスの構成時に、エディションをアップグレードできます。 このオプションは SQL Server Express Edition ではサポートされていません。

SQL Server 2014 (12.x)以降では、 SQL Server の SysPrep はコマンド ラインからの SQL Server フェールオーバー クラスターのインストールをサポートしています。

SQL Server SysPrep の制限事項

準備済みインスタンスの修復はサポートされていません。 イメージの準備手順またはイメージの完了手順でセットアップが失敗した場合は、アンインストールを実行する必要があります。

イメージの準備

イメージの準備手順では、 SQL Server 製品と機能がインストールされますが、インストールの構成は行われません。

インストールする SQL Server の機能と SQL Server 製品のインストール ファイルのインストール場所は、この手順で指定できます。 SQL Server のインスタンスを準備するには、 [インストール センター][詳細設定] ページにある [SysPrep 配置のスタンドアロン インスタンスのイメージの準備] を使用するか、コマンド プロンプトを使用します。

  • 同じコンピューター上で、後で完了できる SQL Server の複数のインスタンスを準備できます。

  • SQL Serverの既存の準備済みインスタンスに対して、SysPrep を使用したインストールでサポートされている機能を追加または削除できます。

インスタンスの準備が終了すると、 [スタート] メニューのショートカットから準備済み SQL Serverインスタンスの構成を完了できるようになります。

イメージの完了

次のいずれかの方法を使用して、 SQL Server の準備済みインスタンスを完了できます。

  • [スタート] メニューのショートカットを使用します。

  • [インストール センター][詳細設定] ページにある [準備済みスタンドアロン インスタンスのイメージの完了] をクリックします。

参照

SQL Server のインストール計画