コマンド プロンプトからの SQL Server のインストール

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) - Windows のみ

SQL Server のセットアップを実行する前に、「 SQL Server のインストール計画」を参照してください。

SQL Server の新しいインスタンスをコマンド プロンプトでインストールすると、インストールする機能とその機能の構成を指定できます。 また、セットアップのユーザー インターフェイスに、サイレント モード、基本的な対話方式、または完全な対話方式を指定できます。

コマンド プロンプトからインストールするには、管理コマンド プロンプトを開き、SQL Server セットアップ メディア内の setup.exe がある場所に移動します。 実行しようとしている操作を達成するための、必須のパラメーターと省略可能なパラメーターと共に、setup.exe コマンドを実行します。

C:\SQLMedia\SQLServer2019> setup.exe /[Option] /[Option] = {value}

次の例では、Quiet モードで SQL Server データベース エンジン、SQL Server Analysis Services、SQL Server Integration Services、SQL Server ツールがインストールされます。

C:\SQLMedia\SQLServer2019> setup.exe /Q /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS /ACTION="install" /PID="AAAAA-BBBBB-CCCCC-DDDDD-EEEEE" /FEATURES=SQL,AS,IS,Tools
/INSTANCENAME=MSSQLSERVER /SQLSVCACCOUNT="MyDomain\MyAccount"
/SQLSVCPASSWORD="************" /SQLSYSADMINACCOUNTS="MyDomain\MyAccount "
/AGTSVCACCOUNT="MyDomain\MyAccount" /AGTSVCPASSWORD="************"
/ASSVCACCOUNT="MyDomain\MyAccount" /ASSVCPASSWORD="************"
/ISSVCAccount="MyDomain\MyAccount" /ISSVCPASSWORD="************"
/ASSYSADMINACCOUNTS="MyDomain\MyAccount"

コンソール内で使用可能なすべてのコマンドの一覧を表示するには、/help フラグを指定して実行可能ファイルを実行します。

C:\SQLMedia\SQLServer2019> setup.exe /help

この記事の残りの部分では、使用可能なパラメーターの詳細について説明します。

注意

コマンド プロンプトを使用してインストールする場合、SQL Server では、/Q パラメーターを使用した非表示モード、または /QS パラメーターを使用した簡易非表示モードがサポートされます。 /QS スイッチでは、進捗状況のみが表示され、入力はできません。また、該当する場合でもエラー メッセージは表示されません。 /QS パラメーターは、/Action=install を指定した場合にのみサポートされます。

どのインストール方法を使用するかにかかわらず、個人として、または組織を代表して、ソフトウェア ライセンス条項に同意するかどうかを確認する必要があります。ただし、ソフトウェアの使用に別の契約 (マイクロソフト ボリューム ライセンス契約や、ISV または OEM とのサード パーティ契約など) が適用される場合を除きます。

ライセンス条項は、セットアップのユーザー インターフェイスで確認し、同意することができます。 /Q または /QS パラメーターを使用した自動インストールでは、/IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS パラメーターを指定する必要があります。 ライセンス条項は、「 マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」で別途確認できます。

注意

ソフトウェアの入手方法 (マイクロソフトのボリューム ライセンスを通じて入手した場合など) によっては、ソフトウェアの使用に追加の条件が課されることがあります。

コマンド プロンプトによるインストールは、次のシナリオで使用されます。

  • コマンド プロンプトから構文とパラメーターを指定して、ローカル コンピューター上で SQL Server のインスタンスと共有コンポーネントのインストール、アップグレード、または削除を行う場合。
  • フェールオーバー クラスター インスタンスのインストール、アップグレード、または削除を行う場合。
  • SQL Server のあるエディションから SQL Serverの別のエディションにアップグレードする場合。
  • 構成ファイルに指定された構文とパラメーターを使用して、ローカル コンピューターに SQL Server のインスタンスをインストールする場合。 この方法を使用すると、インストール構成を複数のコンピューターにコピーしたり、フェールオーバー クラスターのインストールで複数のノードをインストールしたりすることができます。

Note

ローカル インストールの場合は、セットアップを管理者として実行する必要があります。 SQL Server をリモート共有からインストールする場合は、そのリモート共有に対する読み取り権限と実行権限を持つドメイン アカウントを使用する必要があります。 フェールオーバー クラスターのインストールの場合は、サービスとしてログインする権限、およびすべてのフェールオーバー クラスター ノード上のオペレーティング システムの一部として動作する権限を持つローカル管理者である必要があります。

セットアップ パラメーターの適切な使用法

正しい構文でインストール コマンドを作成するには、次のガイドラインに従ってください。

  • /PARAMETER (例: /INDICATEPROGRESS)
  • /PARAMETER=true/false (例: /SQLSVCINSTANTFILEINIT=True)
  • /PARAMETER=1/0 (ブール型の場合) (例: /TCPENABLED=1)
  • /PARAMETER="値" (すべての単一値パラメーター用)。 (例: /PID="PID" /SQLSVCSTARTUPTYPE="Automatic")
    • パスを必要とするパラメーターの場合、/INSTANCEDIR=c:\Path または /INSTANCEDIR="c:\Path" がサポートされています。
  • /PARAMETER="値 1" "値 2" "値 3" (すべての複数値パラメーター用)。 (例: /SQLSYSADMINACCOUNTS="Contoso\John" "Contoso\Mary")
    • 例外: /FEATURES。これは複数値を持つパラメーターですが、その書式はスペースのないコンマ区切りの /FEATURES=AS,RS,IS です。

重要

SQL Server をインストールするときに、INSTANCEDIR と SQLUSERDBDIR と同じディレクトリ パスを指定した場合、SQL Server エージェントとフルテキスト検索は、アクセス許可がないために開始されません。

Note

リレーショナル サーバーの値では、1 つまたは 2 つの円記号を追加して終了する形式のパスがサポートされています。

次のセクションでは、インストール、更新、修復のシナリオのためのコマンドライン インストール スクリプトを作成するパラメーターについて示します。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント用として挙げられているパラメーターは、そのコンポーネント専用です。 SQL Server エージェント パラメーターおよび SQL Server ブラウザー パラメーターは、 SQL Server データベース エンジンをインストールする場合に適用されます。

インストール パラメーター

次の表にあるパラメーターを使用して、インストール用のコマンドライン スクリプトを作成します。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server セットアップ コントロール /ACTION

必須
インストール ワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:インストール
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /SUPPRESSPRIVACYSTATEMENTNOTICE

自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
プライバシーに関する声明を非表示にします。 このフラグを使用すると、プライバシーに関する声明に同意したことになります。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS

自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
ライセンス条項への同意を確認するために必要です。
SQL Server Python セットアップ コントロール /IACCEPTPYTHONLICENSETERMS

Anaconda Python パッケージを含む自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
ライセンス条項への同意を確認するために必要です。
SQL Server R セットアップ コントロール /IACCEPTROPENLICENSETERMS

Microsoft R Open パッケージを含む自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
ライセンス条項への同意を確認するために必要です。
SQL Server セットアップ コントロール /ENU

省略可能
ローカライズされたオペレーティング システムに SQL Server の英語版をインストールする場合に、オペレーティング システムに対応する言語と英語の両方の言語パックがインストール メディアに含まれているときは、このパラメーターを使用します。
SQL Server セットアップ コントロール /UpdateEnabled

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを検出し、それらを含める必要があるかどうかを指定します。 有効値は True および False または 1 および 0 です。 既定では、SQL Server セットアップには検出された更新プログラムが含まれます。
SQL Server セットアップ コントロール /UpdateSource

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを取得する場所を指定します。 有効値は Microsoft Update を検索する "MU"、有効なフォルダー パス、相対パス (.\MyUpdates など)、または UNC 共有です。 既定では、SQL Server セットアップは Microsoft Update、または Windows Server Update Services を介して Windows Update Service を検索します。
SQL Server セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /ERRORREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) 以降には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「SQL Server 2016 以降を構成し、フィードバックを Microsoft に送信する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server のエラー報告が指定されます。

詳細については、「 Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明」を参照してください。

サポートされる値:

0 = 無効

1 = 有効
SQL Server セットアップ コントロール /FEATURES

- または -

/ROLE

必須
インストールするコンポーネントを指定します。

インストールする SQL Server コンポーネントを個別に指定するには、 /FEATURES を選びます。 詳細については、「 機能パラメーター 」を参照してください。

セットアップ ロールを指定するには、 /ROLE を選びます。 セットアップ ロールは、事前に定義された構成で SQL Server をインストールします。
SQL Server セットアップ コントロール /HELP、?

省略可能
インストール パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /INSTALLSHAREDDIR

省略可能
共有コンポーネント (64 ビット) の既定以外のインストール ディレクトリを指定します。

既定値は %Program Files%\Microsoft SQL Server です

%Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server に設定することはできません
SQL Server セットアップ コントロール /INSTALLSHAREDWOWDIR

省略可能
共有コンポーネント (32 ビット) の既定以外のインストール ディレクトリを指定します。 64 ビット システムのみでサポートされます。

既定値は %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server です

%Program Files%\Microsoft SQL Server に設定することはできません
SQL Server セットアップ コントロール /INSTANCEDIR

省略可能
インスタンス専用のコンポーネントについて既定以外のインストール ディレクトリを指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /INSTANCEID

省略可能
InstanceIDの既定値以外の値を指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
PolyBase /PBENGSVCACCOUNT

省略可能
エンジン サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICEです。
PolyBase /PBDMSSVCPASSWORD

省略可能
エンジン サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
PolyBase /PBENGSVCSTARTUPTYPE

省略可能
PolyBase エンジン サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
PolyBase /PBPORTRANGE

省略可能
PolyBase サービスのポート範囲 (6 ポート以上) を指定します。 例:

/PBPORTRANGE=16450-16460
PolyBase /PBSCALEOUT

省略可能
PolyBase スケールアウト計算グループの一部として SQL Server データベース エンジン インスタンスを使用するかどうかを指定します。 ヘッド ノードを含む PolyBase スケール アウト計算グループを構成する場合は、このオプションを使用します。 サポートされる値:TrueFalse
SQL Server セットアップ コントロール /PID

省略可能
SQL Server のエディション用のプロダクト キーを指定します。 このパラメーターが指定されていない場合、Evaluation が使用されます。
SQL Server セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。 /Q パラメーターによって /QS パラメーターの入力がオーバーライドされます。
SQL Server セットアップ コントロール /QS または /QUIETSIMPLE

省略可能
セットアップが UI を使用して実行され、UI を使用して進捗状況が表示されるように指定します。さらに、セットアップで入力ができないように、またはエラー メッセージが表示されないように指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /UIMODE

省略可能
セットアップ時に表示するダイアログ ボックスの数を最小限に抑えるかどうかを指定します。

/UIMode は、 /ACTION=INSTALL および UPGRADE の各パラメーターと共に使用する必要があります。 サポートされる値:

/UIMODE=Normal は、Express 以外のエディションの既定値で、選ばれた機能のセットアップ ダイアログ ボックスをすべて表示します。

/UIMODE=AutoAdvance は、Express エディションの既定値で、重要でないダイアログ ボックスをスキップします。



UIMODE は、他のパラメーターと組み合わせて使用するとオーバーライドされます。 たとえば、 /UIMODE=AutoAdvance/ADDCURRENTUSERASSQLADMIN=FALSE の両方を指定した場合、準備ダイアログ ボックスには現在のユーザーの情報が自動入力されません。

UIMode 設定を /Q または /QS の各パラメーターと共に使用することはできません。
SQL Server セットアップ コントロール /SQMREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server の機能の使用状況レポートが指定されます。

サポートされる値:

0 = 無効

1 = 有効
SQL Server セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
SQL Server エージェント /AGTSVCACCOUNT

必須
SQL Server エージェント サービスのアカウントを指定します。
SQL Server エージェント /AGTSVCPASSWORD

必須
SQL Server エージェント サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
SQL Server エージェント /AGTSVCSTARTUPTYPE

省略可能
SQL Server エージェント サービスの スタートアップ モードを指定します。

サポートされる値:

自動

Disabled

手動
Analysis Services /ASBACKUPDIR

省略可能
Analysis Services バックアップ ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Backup

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Backup
Analysis Services /ASCOLLATION

省略可能
Analysis Servicesの照合順序の設定を指定します。

既定値:Latin1_General_CI_AS
Analysis Services /ASCONFIGDIR

省略可能
Analysis Services 構成ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Config

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Config
Analysis Services /ASDATADIR

省略可能
Analysis Services データ ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Data

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Data
Analysis Services /ASLOGDIR

省略可能
Analysis Services ログ ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Log

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Log
Analysis Services /ASSERVERMODE

省略可能
Analysis Services インスタンスのサーバー モードを指定します。 有効な値は、MULTIDIMENSIONAL、POWERPIVOT、または TABULAR です。 ASSERVERMODE では、大文字と小文字が区別されます。 値はすべて大文字で指定する必要があります。 有効な値の詳細については、「 Analysis Services のインストール」をご覧ください。
Analysis Services /ASSVCACCOUNT

必須
Analysis Services サービスのアカウントを指定します。
Analysis Services /ASSVCPASSWORD

必須
Analysis Services サービスのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Analysis Services /ASSVCSTARTUPTYPE

省略可能
サービスの スタートアップ Analysis Services モードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動
Analysis Services /ASSYSADMINACCOUNTS

必須
Analysis Servicesの管理者資格情報を指定します。
Analysis Services /ASTEMPDIR

省略可能
Analysis Services 一時ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server \<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Temp

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Temp
Analysis Services /ASPROVIDERMSOLAP

省略可能
MSOLAP プロバイダーをインプロセスで実行できるかどうかを指定します。

既定値:1 = 有効
Analysis Services /FARMACCOUNT

SPI_AS_NewFarm の場合に必須
SharePoint の全体管理サービスとその他の重要なサービスをファームで実行するためのドメイン ユーザー アカウントを指定します。

このパラメーターは、/ROLE = SPI_AS_NEWFARM でインストールされた Analysis Services インスタンスにのみ使用されます。
Analysis Services /FARMPASSWORD

SPI_AS_NewFarm の場合に必須
ファーム アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Analysis Services /PASSPHRASE

SPI_AS_NewFarm の場合に必須
アプリケーション サーバーまたは Web フロントエンド サーバーを SharePoint ファームに追加するために使用されるパスフレーズを指定します。

このパラメーターは、/ROLE = SPI_AS_NEWFARM でインストールされた Analysis Services インスタンスにのみ使用されます。
Analysis Services /FARMADMINIPORT

SPI_AS_NewFarm の場合に必須
SharePoint の全体管理 Web アプリケーションに接続するために使用されるポートを指定します。

このパラメーターは、/ROLE = SPI_AS_NEWFARM でインストールされた Analysis Services インスタンスにのみ使用されます。
SQL Server Browser /BROWSERSVCSTARTUPTYPE

省略可能
SQL Server Browser サービスの スタートアップ モードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動
SQL Server データベース エンジン /ENABLERANU

省略可能
SQL Server Express のインストールの実行アカウント資格情報を有効にします。
SQL Server データベース エンジン /INSTALLSQLDATADIR

省略可能
SQL Server データ ファイルのデータ ディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\
SQL Server データベース エンジン /SAPWD

/SECURITYMODE=SQL の場合に必須
SQL Server SA アカウントのパスワードを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SECURITYMODE

省略可能
SQL Server のセキュリティ モードを指定します。

このパラメーターを指定しない場合、Windows 限定の認証モードがサポートされます。

サポートされる値:SQL
SQL Server データベース エンジン /SQLBACKUPDIR

省略可能
バックアップ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Backup
SQL Server データベース エンジン /SQLCOLLATION

省略可能
SQL Serverの照合順序の設定を指定します。

既定のインストール設定はオペレーティング システム (OS) ロケールによって決定されます。 サーバーレベルの照合順序はセットアップ中に変更するか、インストール前に OS ロケールを変更することで変更できます。 既定の照合順序は、特定のロケール別に関連付けられている中で最も古いバージョンに設定されます。 これは下位互換性によるものです。 そのため、これが常に推奨される照合順序になるとは限りません。 SQL Server の機能を活用するには、Windows 照合順序を使用するように既定のインストール設定を変更します。 たとえば、OS のロケールが英語 (米国) (コード ページ 1252) の場合、セットアップ中、既定の照合順序は SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS になります。これは Windows 照合順序でそれに最も近い Latin1_General_100_CI_AS_SC に変更できます。

詳細については、「照合順序と Unicode のサポート」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン /ADDCURRENTUSERASSQLADMIN

省略可能
現在のユーザーを SQL Server sysadmin 固定サーバー ロールに追加します。 /ADDCURRENTUSERASSQLADMIN パラメーターは、Express エディションをインストールする場合、または /Role=ALLFeatures_WithDefaults が指定されている場合に使用できます。 詳細については、後述の /ROLE をご覧ください。

/ADDCURRENTUSERASSQLADMIN の使用はオプションですが、/ADDCURRENTUSERASSQLADMIN または /SQLSYSADMINACCOUNTS のどちらかを指定する必要があります。 既定値:

のエディション: True SQL Server Express

他のすべてのエディション:False
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCACCOUNT

必須
SQL Server サービスの開始アカウントを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCPASSWORD

必須
SQLSVCACCOUNT のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCSTARTUPTYPE

省略可能
サービスの スタートアップ SQL Server モードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動
SQL Server データベース エンジン /SQLSYSADMINACCOUNTS

必須
sysadmin ロールのメンバーになるためにログインを準備するには、このパラメーターを使用します。

SQL Server 以外の SQL Server Express のエディションの場合、/SQLSYSADMINACCOUNTS は必須です。 SQL Server Express の各エディションの場合、/SQLSYSADMINACCOUNTS の使用はオプションですが、/SQLSYSADMINACCOUNTS または /ADDCURRENTUSERASSQLADMIN のいずれかを指定する必要があります。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBDIR

省略可能
tempdb データ ファイルのディレクトリを指定します。 複数のディレクトリを指定する場合、各ディレクトリを空白で区切ります。 複数のディレクトリが指定されている場合、tempdb データ ファイルはラウンド ロビン形式ですべてのディレクトリにまたがるようになります。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data (システム データ ディレクトリ)

注: このパラメーターは、RebuildDatabase シナリオにも追加されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGDIR

省略可能
tempdb のログ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data (システム データ ディレクトリ)

注:このパラメーターは、RebuildDatabase シナリオにも追加されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILECOUNT

省略可能
セットアップで追加する tempdb データ ファイルの数を指定します。 この値はコアの数まで増やすことができます。 既定値:

SQL Server Express の場合は 1

他のすべてのエディション: 8 またはコアの数のうち、小さい方の値

重要 tempdb のプライマリ データベース ファイルは引き続き tempdb.mdf になります。 その他の tempdb ファイルには、tempdb_mssql_#.ndf という名前が付けられます。# は、セットアップ中に作成されたその他の各 tempdb データベース ファイルの一意の番号を表します。 この名前付け規則は、各データベース ファイルを一意にすることを目的としています。 SQL Server のインスタンスをアンインストールすると、tempdb_mssql_#.ndf 名前付け規則を使用するファイルが削除されます。 ユーザー データベース ファイルには tempdb_mssql_*.ndf 名前付け規則を使用しないでください。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILESIZE

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) で導入されました。 各 tempdb データ ファイルの初期サイズを指定します。

既定値 = SQL Server Express の場合は 4 MB、その他のエディションの場合は 8 MB。

最小値 = (4 MB または 8 MB)。

最大値 = 1024 MB (SQL Server 2014 (12.x) の場合は 262,144 MB)。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILEGROWTH

省略可能
各 tempdb データ ファイルのファイル拡張増分値を MB 単位で指定します。 0 は、自動拡張がオフで、領域を追加できないことを示します。 最大 1024 のサイズまで指定できます。

既定値:64。 許容範囲: 最小値 = 0、最大値 = 1024
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGFILESIZE

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) で導入されました。 各 tempdb ログ ファイルの初期サイズを指定します。

既定値 = SQL Server Express の場合は 4 MB、その他のエディションの場合は 8 MB。

最小値 = (4 MB または 8 MB)。

最大値 = 1024 MB (SQL Server 2014 (12.x) の場合は 262,144 MB)。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGFILEGROWTH

省略可能
各 tempdb データ ファイルのファイル拡張増分値を MB 単位で指定します。 0 は、自動拡張がオフで、領域を追加できないことを示します。 最大 1024 のサイズまで指定できます。

既定値:64。 許容範囲: 最小値 = 0、最大値 = 1024
SQL Server データベース エンジン /SQLUSERDBDIR

省略可能
ユーザー データベースのデータ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCINSTANTFILEINIT

省略可能
SQL Server サービス アカウントのファイルの瞬時初期化を有効にします。 セキュリティとパフォーマンスに関する考慮事項については、「 データベースのファイルの瞬時初期化」をご覧ください。

既定値:"False"

省略可能な値:"True"
SQL Server データベース エンジン /SQLUSERDBLOGDIR

省略可能
ユーザー データベースのログ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data
SQL Server データベース エンジン /SQLMAXDOP=parameter

省略可能
無人 (サイレント) インストール時に省略した場合、MAXDOP は並列処理の最大限度のガイドラインに従います。
並列処理の最大限度を指定します。これにより、1 つのステートメントの実行中に 1 つのステートメントで使用できるプロセッサの数が決まります。 SQL Server 2019 (15.x) 以降でのみ使用できます。

既定値は、max degree of parallelism のガイドラインに従います。
SQL Server データベース エンジン /USESQLRECOMMENDEDMEMORYLIMITS

省略可能
無人 (サイレント) インストールで /USESQLRECOMMENDEDMEMORYLIMITS、/SQLMINMEMORY、/SQLMAXMEMORY を省略した場合、SQL Server データベース エンジン では SQL Server の既定のメモリ構成が使用されます。
スタンドアロン SQL Server インスタンスのサーバー メモリ構成ガイドラインと一致する計算された推奨値を SQL Server データベース エンジン で使用することを指定します。 SQL Server 2019 (15.x) 以降でのみ使用できます。

注: このパラメーターを /SQLMINMEMORY および /SQLMAXMEMORY と共に使用することはできません。
SQL Server データベース エンジン /SQLMINMEMORY

省略可能
無人 (サイレント) インストールで /USESQLRECOMMENDEDMEMORYLIMITS、/SQLMINMEMORY、/SQLMAXMEMORY を省略した場合、SQL Server データベース エンジン では SQL Server の既定のメモリ構成が使用されます。
Min Server Memory 構成を MB 単位で指定します。 SQL Server 2019 (15.x) 以降でのみ使用できます。

既定値:0。

注: このパラメーターを /USESQLRECOMMENDEDMEMORYLIMITS と共に使用することはできません。
SQL Server データベース エンジン /SQLMAXMEMORY

省略可能
無人 (サイレント) インストールで /USESQLRECOMMENDEDMEMORYLIMITS、/SQLMINMEMORY、/SQLMAXMEMORY を省略した場合、SQL Server データベース エンジン では SQL Server の既定のメモリ構成が使用されます。
Max Server Memory 構成を MB 単位で指定します。 SQL Server 2019 (15.x) 以降でのみ使用できます。

既定値: スタンドアロン SQL Server インスタンスのサーバー メモリ構成ガイドラインと一致する計算された推奨値。

注: このパラメーターを /USESQLRECOMMENDEDMEMORYLIMITS と共に使用することはできません。
FILESTREAM /FILESTREAMLEVEL

省略可能
FILESTREAM 機能のアクセス レベルを指定します。 サポートされる値:

0 = [このインスタンスに対する FILESTREAM サポートを無効にする] (既定値)

1 = [Transact-SQL アクセスに対して FILESTREAM を有効にする]

2 = [Transact-SQL アクセスおよびファイル I/O ストリーム アクセスに対して FILESTREAM を有効にする] (クラスター シナリオに対しては無効です)

3 = [リモート クライアントに FILESTREAM データへのストリーム アクセスを許可する]
FILESTREAM /FILESTREAMSHARENAME

省略可能

FILESTREAMLEVEL が 1 より大きい場合は必須。
FILESTREAM データを格納する Windows 共有の名前を指定します。
SQL Server フルテキスト /FTSVCACCOUNT

省略可能
フルテキスト フィルター ランチャー サービスのアカウントを指定します。

このパラメーターは、Windows Server 2008 以降では無視されます。 ServiceSID は、SQL Server と Full-text Filter Daemon 間の通信を確立するのに使用されます。 この値を指定しない場合、フルテキスト フィルター ランチャー サービスが無効になります。 サービス アカウントを変更し、フルテキスト機能を有効にするには、SQL Server コントロール マネージャーを使用する必要があります。

既定値:ローカル サービス アカウント
SQL Server フルテキスト /FTSVCPASSWORD

省略可能
フルテキスト フィルター ランチャー サービスのパスワードを指定します。

このパラメーターは、Windows Server 2008 以降では無視されます。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Integration Services /ISSVCACCOUNT

必須
Integration Servicesのアカウントを指定します。

既定値:NT AUTHORITY\NETWORK SERVICE
Integration Services /ISSVCPASSWORD

必須
Integration Services のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Integration Services /ISSVCStartupType

省略可能
サービスの スタートアップ Integration Services モードを指定します。
SQL Server のネットワーク構成 /NPENABLED

省略可能
SQL Server サービスの名前付きパイプ プロトコルの状態を指定します。 サポートされる値:

0 = [名前付きパイプ プロトコルを無効にする]

1 = [名前付きパイプ プロトコルを有効にする]
SQL Server のネットワーク構成 /TCPENABLED

省略可能
SQL Server サービスの TCP プロトコルの状態を指定します。 サポートされる値:

0 = [TCP プロトコルを無効にする]

1 = [TCP プロトコルを有効にする]
Reporting Services /RSINSTALLMODE

省略可能
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Servicesのインストール モードを指定します。 サポートされる値:

SharePointFilesOnlyMode

DefaultNativeMode

FilesOnlyMode



注:インストールに SQL Serverデータベース エンジンが含まれている場合、既定の RSINSTALLMODE は DefaultNativeMode になります。

インストールに SQL Serverデータベース エンジンが含まれていない場合、既定の RSINSTALLMODE は FilesOnlyMode になります。

DefaultNativeMode を選択しても、インストールに SQL Serverデータベース エンジンが含まれていない場合、RSINSTALLMODE は自動的に FilesOnlyMode に変更されます。
Reporting Services /RSSVCACCOUNT

必須
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Servicesの開始アカウントを指定します。
Reporting Services /RSSVCPASSWORD

必須
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Services サービスの開始アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Reporting Services /RSSVCStartupType

省略可能
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 スタートアップ Reporting Servicesモードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動
Python/Machine Learning Services (データベース内) /MPYCACHEDIRECTORY 将来利用するために予約されています。 インターネットに接続されていないコンピューター上にインストール用の Python .CAB ファイルを格納するには %TEMP% を使用します。
R/Machine Learning Services (データベース内) /MRCACHEDIRECTORY このパラメーターを使用して、SQL Server Machine Learning Services または Machine Learning Server (スタンドアロン) で Microsoft R Open、SQL Server 2016 R Services、SQL Server 2016 R Server (スタンドアロン)、または R の機能をサポートするためのキャッシュ ディレクトリを指定します。 通常、この設定を使用するのは、インターネット アクセスを使用していないコンピューターでコマンド ラインから R コンポーネントをインストールする場合です。
Java/言語拡張機能 /SQL_INST_JAVA,
/SQLJAVADIR = "パス"

省略可能
SQL Server 2019 以降、言語拡張機能と共に Java をインストールすることを指定します。 /SQLJAVADIR パラメーターなしで /SQL_INST_JAVA を指定した場合は、インストール メディアで提供されている Zulu Open JRE をインストールすることが想定されます。

/SQLJAVADIR のパスを指定すると、既にインストールされている JRE または JDK を使用することができます。
Azure Arc エージェント拡張機能 /FEATURES=ARC

省略可能
インスタンスを Azure Arc に接続します。SQL Server 2022 (プレビュー) 以降。
Azure Arc エージェント拡張機能 /AZURESUBSCRIPTIONID

省略可能
SQL Server インスタンス リソースが作成される Azure サブスクリプション。 SQL Server 2022 (プレビュー) 以降。
Azure Arc エージェント拡張機能 /AZURERESOURCEGROUP

省略可能
SQL Server インスタンス リソースが作成される Azure リソース グループ。 SQL Server 2022 (プレビュー) 以降。
Azure Arc エージェント拡張機能 /AZUREREGION

省略可能
SQL Server インスタンス リソースが作成される Azure リージョン。 SQL Server 2022 (プレビュー) 以降。
Azure Arc エージェント拡張機能 /AZURETENANTID

省略可能
サービス プリンシパルが存在する Azure テナント ID。 SQL Server 2022 (プレビュー) 以降。
Azure Arc エージェント拡張機能 /AZURESERVICEPRINCIPAL

省略可能
特定のテナント ID、サブスクリプション、およびリソース グループに対して認証するサービス プリンシパル。 SQL Server 2022 (プレビュー) 以降。
Azure Arc エージェント拡張機能 /AZURESERVICEPRINCIPALSECRET

省略可能
サービス プリンシパル シークレット。 SQL Server 2022 (プレビュー) 以降。
Azure Arc エージェント拡張機能 /AZUREARCPROXY

省略可能
Azure Arc への接続に使用するプロキシ サーバーの名前。SQL Server 2022 (プレビュー) 以降。

構文例:

SQL Server データベース エンジン、レプリケーション、フルテキスト検索の各コンポーネントが配置された新しいスタンドアロン インスタンスをインストールし、 SQL Server データベース エンジンのファイルの瞬時初期化を有効にするには、次の構文を使用します。

setup.exe /q /ACTION=Install /FEATURES=SQL /INSTANCENAME=MSSQLSERVER /SQLSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /SQLSVCPASSWORD="<StrongPassword>" /SQLSYSADMINACCOUNTS="<DomainName\UserName>" /AGTSVCACCOUNT="NT AUTHORITY\Network Service" /SQLSVCINSTANTFILEINIT="True" /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS  

デプロイ - Azure Arc への接続

SQL Server 2022 (プレビュー) 以降では、SQL Server をインストールするときに、SQL Server 拡張機能を含む Azure Arc エージェントをインストールできます。 SQL Server 拡張機能を含む Azure Arc エージェントをインストールすると、Azure Arc のインスタンスを自動的に有効化できます。これにより、SQL Server インスタンスが Azure のリソースとして登録され、その他の Azure 管理サービスをアタッチできるようになります。

次の例では、Azure Arc に接続されている SQL Server インスタンスをデプロイします。この例を実行する前に、山かっこ内の情報 (< ... > ) を自分の情報で置き換えます。

setup.exe /qs /ACTION=Install /FEATURES=SQLEngine,ARC /INSTANCENAME=<instance name> /SQLSYSADMINACCOUNTS="<sysadmin account>" /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS /ONBOARDSQLTOARC /AZURESUBSCRIPTIONID="<Azure subscription>" /AZURETENANTID="<00000000-0000-0000-0000-000000000000" /AZURERESOURCEGROUP="<resource group name>" /AZURESERVICEPRINCIPAL="<service principal>" /AZURESERVICEPRINCIPALSECRET="<secret>" /AZUREREGION=<Azure region>

次の例では、Azure Arc エージェントと SQL Server 拡張機能をインストールし、既存の SQL Server インスタンスと、インストールされるその他の SQL Server インスタンスを管理します。

setup.exe /qs /ACTION=Install /FEATURES=ARC  /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS /AZURESUBSCRIPTIONID="<Azure subscription>" /AZURETENANTID="<00000000-0000-0000-0000-000000000000" /AZURERESOURCEGROUP="<resource group name>" /AZURESERVICEPRINCIPAL="<service principal>" /AZURESERVICEPRINCIPALSECRET="<secret>" /AZUREREGION=<Azure region> 

次の例では、Azure Arc エージェントの SQL Server 拡張機能を設定から削除する方法を示しています。

注意

このコマンドでは、SQL Server 拡張機能が物理的にアンインストールされません。 代わりに、この機能が設定で選択されていないとしてマークされます。 このインスタンスの Azure リソースを削除するには、Azure portal に移動して削除します。

setup.exe /qs /ACTION=Uninstall /FEATURES=ARC  /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS 

Azure Arc への接続の詳細については、次を参照してください。

SysPrep パラメーター

SQL Server SysPrep の詳細については、次を参照してください

SysPrep を使用して SQL Server 2016 (13.x) をインストールする

イメージの準備パラメーター

次の表に示すパラメーターは、SQL Server のインスタンスを準備する (構成は行わない) ためのコマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server セットアップ コントロール /ACTION

必須
インストール ワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:PrepareImage
SQL Server セットアップ コントロール /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS

自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
ライセンス条項への同意を確認するために必要です。
SQL Server セットアップ コントロール /ENU

省略可能
ローカライズされたオペレーティング システムに SQL Server の英語版をインストールする場合に、オペレーティング システムに対応する言語と英語の両方の言語パックがインストール メディアに含まれているときは、このパラメーターを使用します。
SQL Server セットアップ コントロール /UpdateEnabled

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを検出し、それらを含める必要があるかどうかを指定します。 有効値は True および False または 1 および 0 です。 既定では、SQL Server セットアップには検出された更新プログラムが含まれます。
SQL Server セットアップ コントロール /UpdateSource

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを取得する場所を指定します。 有効値は Microsoft Update を検索する "MU"、有効なフォルダー パス、相対パス (.\MyUpdates など)、または UNC 共有です。 既定では、SQL Server セットアップは Microsoft Update、または Windows Server Update Services を介して Windows Update Service を検索します。
SQL Server セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /FEATURES

必須
インストールする コンポーネント を指定します。

サポートされる値: SQLEngine、Replication、FullText、DQ、AS、AS_SPI、RS、RS_SHP、RS_SHPWFE、DQC、Conn、IS、BC、SDK、DREPLAY_CTLR、DREPLAY_CLT、SNAC_SDK、SQLODBC、SQLODBC_SDK、LocalDB、MDS、POLYBASE
SQL Server セットアップ コントロール /HELP、?

省略可能
インストール パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /INSTALLSHAREDDIR

省略可能
共有コンポーネント (64 ビット) の既定以外のインストール ディレクトリを指定します。

既定値は %Program Files%\Microsoft SQL Server です

%Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server に設定することはできません
SQL Server セットアップ コントロール /INSTANCEDIR

省略可能
インスタンス専用のコンポーネントについて既定以外のインストール ディレクトリを指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /INSTANCEID

SQL Server 2012 (11.x)SP1 CU2 (2013 年 1 月) 以前が必要

インスタンス機能には SQL Server 2012 (11.x) SP1 CU2 が必要
準備中のインスタンスのインスタンス ID を指定します。
PolyBase /PBENGSVCACCOUNT

省略可能
エンジン サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICEです。
PolyBase /PBDMSSVCPASSWORD

省略可能
エンジン サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
PolyBase /PBENGSVCSTARTUPTYPE

省略可能
PolyBase エンジン サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
PolyBase /PBPORTRANGE

省略可能
PolyBase サービスのポート範囲 (6 ポート以上) を指定します。 例:

/PBPORTRANGE=16450-16460
PolyBase /PBSCALEOUT

省略可能
PolyBase スケールアウト計算グループの一部として SQL Server データベース エンジン インスタンスを使用するかどうかを指定します。 サポートされる値:TrueFalse
SQL Server セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。 /Q パラメーターによって /QS パラメーターの入力がオーバーライドされます。
SQL Server セットアップ コントロール /QS または /QUIETSIMPLE

省略可能
セットアップが UI を使用して実行され、UI を使用して進捗状況が表示されるように指定します。さらに、セットアップで入力ができないように、またはエラー メッセージが表示されないように指定します。
サンプル構文:

SQL Server データベース エンジン、レプリケーション、フルテキスト検索の各コンポーネントおよび Reporting Servicesが配置された新しいスタンドアロン インスタンスを準備するには

setup.exe /q /ACTION=PrepareImage /FEATURES=SQL,RS /InstanceID =<MYINST> /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS  

イメージの完了パラメーター

次の表に示すパラメーターは、準備された SQL Server のインスタンスを完了および構成するためのコマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。

SQL Server コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server セットアップ コントロール /ACTION

必須
インストール ワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:CompleteImage
SQL Server セットアップ コントロール /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS

自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
ライセンス条項への同意を確認するために必要です。
SQL Server セットアップ コントロール /ENU

省略可能
ローカライズされたオペレーティング システムに SQL Server の英語版をインストールする場合に、オペレーティング システムに対応する言語と英語の両方の言語パックがインストール メディアに含まれているときは、このパラメーターを使用します。
SQL Server セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /ERRORREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server のエラー報告が指定されます。

詳細については、「 Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明」を参照してください。 サポートされる値:

1 = 有効

0 = 無効
SQL Server セットアップ コントロール /HELP、?

省略可能
インストール パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /INSTANCEID

SQL Server 2012 (11.x)SP1 CU2 (2013 年 1 月) 以前が必要

SQL Server 2012 (11.x) SP1 CU2 は省略可
イメージの準備手順で指定されたインスタンス ID を使用します。

サポートされる値:準備されたインスタンスのインスタンス ID。
SQL Server セットアップ コントロール /INSTANCENAME

SQL Server 2012 (11.x)SP1 CU2 (2013 年 1 月) 以前が必要

SQL Server 2012 (11.x) SP1 CU2 は省略可
完了させるインスタンスの SQL Server インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
PolyBase /PBENGSVCACCOUNT

省略可能
エンジン サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICEです。
PolyBase /PBDMSSVCPASSWORD

省略可能
エンジン サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
PolyBase /PBENGSVCSTARTUPTYPE

省略可能
PolyBase エンジン サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
PolyBase /PBPORTRANGE

省略可能
PolyBase サービスのポート範囲 (6 ポート以上) を指定します。 例:

/PBPORTRANGE=16450-16460
PolyBase /PBSCALEOUT

省略可能
PolyBase スケールアウト計算グループの一部として SQL Server データベース エンジン インスタンスを使用するかどうかを指定します。 サポートされる値:TrueFalse
SQL Server セットアップ コントロール /PID

省略可能
SQL Server のエディション用のプロダクト キーを指定します。 このパラメーターが指定されていない場合、Evaluation が使用されます。

注: SQL Server Express、SQL Server Express with Tools、または SQL Server Express with Advanced Services をインストールする場合、PID は事前に定義されます。
SQL Server セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。 /Q パラメーターによって /QS パラメーターの入力がオーバーライドされます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /QS または /QUIETSIMPLE

省略可能
セットアップが UI を使用して実行され、UI を使用して進捗状況が表示されるように指定します。さらに、セットアップで入力ができないように、またはエラー メッセージが表示されないように指定します。
SQL Server セットアップ コントロール /SQMREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server の機能の使用状況レポートが指定されます。

サポートされる値:

0 = 無効

1 = 有効
SQL Server セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
SQL Server エージェント /AGTSVCACCOUNT

必須
SQL Server エージェント サービスのアカウントを指定します。
SQL Server エージェント /AGTSVCPASSWORD

必須
SQL Server エージェント サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
SQL Server エージェント /AGTSVCSTARTUPTYPE

省略可能
SQL Server エージェント サービスの スタートアップ モードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動
SQL Server Browser /BROWSERSVCSTARTUPTYPE

省略可能
SQL Server Browser サービスの スタートアップ モードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動
SQL Server データベース エンジン /ENABLERANU

省略可能
SQL Server Express のインストールの実行アカウント資格情報を有効にします。
SQL Server データベース エンジン /INSTALLSQLDATADIR

省略可能
SQL Server データ ファイルのデータ ディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\
SQL Server データベース エンジン /SAPWD

/SECURITYMODE=SQL の場合に必須
SQL Server SA アカウントのパスワードを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SECURITYMODE

省略可能
SQL Server のセキュリティ モードを指定します。

このパラメーターを指定しない場合、Windows 限定の認証モードがサポートされます。

サポートされる値:SQL
SQL Server データベース エンジン /SQLBACKUPDIR

省略可能
バックアップ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:

<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Backup
SQL Server データベース エンジン /SQLCOLLATION

省略可能
SQL Serverの照合順序の設定を指定します。

既定値は、Windows オペレーティング システムのロケールに基づいています。 詳細については、「 セットアップでの照合順序の設定」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCACCOUNT

必須
SQL Server サービスの開始アカウントを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCPASSWORD

必須
SQLSVCACCOUNT のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCSTARTUPTYPE

省略可能
サービスの スタートアップ SQL Server モードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動
SQL Server データベース エンジン /SQLSYSADMINACCOUNTS

必須
sysadmin ロールのメンバーになるためにログインを準備するには、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBDIR

省略可能
tempdb データ ファイルのディレクトリを指定します。 複数のディレクトリを指定する場合、各ディレクトリを空白で区切ります。 複数のディレクトリが指定されている場合、tempdb データ ファイルはラウンド ロビン形式ですべてのディレクトリにまたがるようになります。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data (システム データ ディレクトリ)

注:このパラメーターは、RebuildDatabase シナリオにも追加されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGDIR

省略可能
tempdb のログ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data (システム データ ディレクトリ)

注:このパラメーターは、RebuildDatabase シナリオにも追加されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILESIZE

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) で導入されました。 各 tempdb データ ファイルの初期サイズを指定します。

既定値 = SQL Server Express の場合は 4 MB、その他のエディションの場合は 8 MB。

最小値 = (4 MB または 8 MB)。

最大値 = 1024 MB (SQL Server 2014 (12.x) の場合は 262,144 MB)。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILEGROWTH

省略可能
各 tempdb データ ファイルのファイル拡張増分値を MB 単位で指定します。 0 は、自動拡張がオフで、領域を追加できないことを示します。 最大 1024 のサイズまで指定できます。

既定値:64

許容範囲: 最小値 = 0、最大値 = 1024
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGFILESIZE

省略可能
tempdb ログ ファイルの初期サイズを MB 単位で指定します。 最大 1024 のサイズまで指定できます。

既定値:

SQL Server Express の場合は 4

他のすべてのエディションでは 8

許容範囲: 最小値 = 既定値 (4 または 8)、最大値 = 1024
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGFILEGROWTH

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) で導入されました。 各 tempdb ログ ファイルの初期サイズを指定します。

既定値 = SQL Server Express の場合は 4 MB、その他のエディションの場合は 8 MB。

最小値 = (4 MB または 8 MB)。

最大値 = 1024 MB (SQL Server 2014 (12.x) の場合は 262,144 MB)。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILECOUNT

省略可能
セットアップで追加する tempdb データ ファイルの数を指定します。 この値はコアの数まで増やすことができます。 既定値:

SQL Server Express の場合は 1

他のすべてのエディション: 8 またはコアの数のうち、小さい方の値

重要: tempdb のプライマリ データベース ファイルは引き続き tempdb.mdf になります。 その他の tempdb ファイルには、tempdb_mssql_#.ndf という名前が付けられます。# は、セットアップ中に作成されたその他の各 tempdb データベース ファイルの一意の番号を表します。 この名前付け規則は、各データベース ファイルを一意にすることを目的としています。 SQL Server のインスタンスをアンインストールすると、tempdb_mssql_#.ndf 名前付け規則を使用するファイルが削除されます。 ユーザー データベース ファイルには tempdb_mssql_*.ndf 名前付け規則を使用しないでください。

警告: このパラメーターの構成では SQL Server Express はサポートされていません。 セットアップでインストールされる tempdb データ ファイルは 1 つだけです。
SQL Server データベース エンジン /SQLUSERDBDIR

省略可能
ユーザー データベースのデータ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data
SQL Server データベース エンジン /SQLUSERDBLOGDIR

省略可能
ユーザー データベースのログ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data
FILESTREAM /FILESTREAMLEVEL

省略可能
FILESTREAM 機能のアクセス レベルを指定します。 サポートされる値:

0 = [このインスタンスに対する FILESTREAM サポートを無効にする] (既定値)

1 = [Transact-SQL アクセスに対して FILESTREAM を有効にする]

2 = [Transact-SQL アクセスおよびファイル I/O ストリーム アクセスに対して FILESTREAM を有効にする] (クラスター シナリオに対しては無効です)

3 = [リモート クライアントに FILESTREAM データへのストリーム アクセスを許可する]
FILESTREAM /FILESTREAMSHARENAME

省略可能

FILESTREAMLEVEL が 1 より大きい場合は必須。
FILESTREAM データを格納する Windows 共有の名前を指定します。
SQL Server フルテキスト /FTSVCACCOUNT

省略可能
フルテキスト フィルター ランチャー サービスのアカウントを指定します。

このパラメーターは、Windows Server 2008 以降では無視されます。 ServiceSID は、SQL Server と Full-text Filter Daemon 間の通信を確立するのに使用されます。 この値を指定しない場合、フルテキスト フィルター ランチャー サービスが無効になります。 サービス アカウントを変更し、フルテキスト機能を有効にするには、SQL Server コントロール マネージャーを使用する必要があります。

既定値:ローカル サービス アカウント
SQL Server フルテキスト /FTSVCPASSWORD

省略可能
フルテキスト フィルター ランチャー サービスのパスワードを指定します。

このパラメーターは、Windows Server 2008 以降では無視されます。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
SQL Server のネットワーク構成 /NPENABLED

省略可能
SQL Server サービスの名前付きパイプ プロトコルの状態を指定します。 サポートされる値:

0 = [名前付きパイプ プロトコルを無効にする]

1 = [名前付きパイプ プロトコルを有効にする]
SQL Server のネットワーク構成 /TCPENABLED

省略可能
SQL Server サービスの TCP プロトコルの状態を指定します。 サポートされる値:

0 = [TCP プロトコルを無効にする]

1 = [TCP プロトコルを有効にする]
Reporting Services /RSINSTALLMODE

省略可能
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Servicesのインストール モードを指定します。
Reporting Services /RSSVCACCOUNT

必須
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Servicesの開始アカウントを指定します。
Reporting Services /RSSVCPASSWORD

必須
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Services サービスの開始アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Reporting Services /RSSVCStartupType

省略可能
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 スタートアップ Reporting Servicesモードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動
サンプル構文:

SQL Server データベース エンジン、レプリケーション、フルテキスト検索の各コンポーネントが配置された、準備済みのスタンドアロン インスタンスを完了するには

setup.exe /q /ACTION=CompleteImage /INSTANCENAME=MYNEWINST /INSTANCEID=<MYINST> /SQLSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /SQLSVCPASSWORD="<StrongPassword>" /SQLSYSADMINACCOUNTS="<DomainName\UserName>" /AGTSVCACCOUNT="NT AUTHORITY\Network Service" /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS  

アップグレード パラメーター

次の表に示すパラメーターは、アップグレード用のコマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ACTION

必須
インストール ワークフローを示すために必要です。 サポートされる値:

アップグレード

EditionUpgrade



EditionUpgrade は、 SQL Server の既存のエディションを別のエディションにアップグレードするときに使用します。 サポートされるバージョンとエディションのアップグレードについては、「 Supported Version and Edition Upgrades」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS

自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
ライセンス条項への同意を確認するために必要です。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ENU

省略可能
ローカライズされたオペレーティング システムに SQL Server の英語版をインストールする場合に、オペレーティング システムに対応する言語と英語の両方の言語パックがインストール メディアに含まれているときは、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UpdateEnabled

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを検出し、それらを含める必要があるかどうかを指定します。 有効値は True および False または 1 および 0 です。 既定では、SQL Server セットアップには検出された更新プログラムが含まれます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UpdateSource

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを取得する場所を指定します。 有効値は Microsoft Update を検索する "MU"、有効なフォルダー パス、相対パス (.\MyUpdates など)、または UNC 共有です。 既定では、SQL Server セットアップは Microsoft Update または Windows Server Update Services を介して Windows Update Service を検索します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ERRORREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server のエラー報告が指定されます。

詳細については、「 Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明」を参照してください。 サポートされる値:

1 = 有効

0 = 無効
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HELP、?

省略可能
パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール / INSTANCEDIR

省略可能
共有コンポーネントの既定以外のインストール ディレクトリを指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCEID

SQL Server 2008 以降からアップグレードする場合は必須です。

次をアップグレードする場合はオプション: SQL Server 2005 (9.x)
InstanceIDの既定値以外の値を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server データベース エンジン インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /PID

省略可能
SQL Server のエディション用のプロダクト キーを指定します。 このパラメーターが指定されていない場合、Evaluation が使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /Q

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UIMODE

省略可能
セットアップ時に表示するダイアログ ボックスの数を最小限に抑えるかどうかを指定します。
/UIMode は、 /ACTION=INSTALL および UPGRADE の各パラメーターと共に使用する必要があります。 サポートされる値:

/UIMODE=Normal は、Express 以外のエディションの既定値で、選ばれた機能のセットアップ ダイアログ ボックスをすべて表示します。

/UIMODE=AutoAdvance は、Express エディションの既定値で、重要でないダイアログ ボックスをスキップします。

UIMode 設定は、 /Q パラメーターまたは /QS パラメーターと共に使用することはできません。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /SQMREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server の機能の使用状況レポートが指定されます。

サポートされる値:

1 = 有効

0 = 無効
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
SQL Server Browser Service /BROWSERSVCSTARTUPTYPE

省略可能
SQL Server Browser サービスの スタートアップ モードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動
SQL Server フルテキスト /FTUPGRADEOPTION

省略可能
フルテキスト カタログのアップグレード オプションを指定します。 サポートされる値:

REBUILD

RESET

IMPORT
Integration Services /ISSVCACCOUNT

必須
Integration Servicesのアカウントを指定します。

既定値:NT AUTHORITY\NETWORK SERVICE
Integration Services /ISSVCPASSWORD

必須
Integration Services のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Integration Services /ISSVCStartupType

省略可能
サービスの スタートアップ Integration Services モードを指定します。
Reporting Services /RSUPGRADEDATABASEACCOUNT

省略可能
プロパティは、2008 R2 以前のバージョンの SharePoint モードのレポート サーバーをアップグレードする場合にのみ使用されます。 SQL Server 2012 (11.x) Reporting Services で変更された古い SharePoint モード アーキテクチャを使用するレポート サーバーに対しては、追加のアップグレード操作が実行されます。 このオプションがコマンドライン インストールに含まれていない場合、古いレポート サーバー インスタンス用の既定のサービス アカウントが使用されます。 このプロパティが使用されている場合は、 /RSUPGRADEPASSWORD プロパティを使用してアカウントのパスワードを指定します。
Reporting Services /RSUPGRADEPASSWORD

省略可能
既存のレポート サーバー サービス アカウントのパスワード。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Reporting Services /ALLOWUPGRADEFORSSRSSHAREPOINTMODE SharePoint 共有サービス アーキテクチャに基づく SharePoint モードのインストールをアップグレードする場合、このスイッチが必要です。 スイッチは、非共有サービス バージョンの Reporting Servicesをアップグレードする場合には必要ありません。
サンプル構文:

既存のインスタンスまたはフェールオーバー クラスター ノードを SQL Server データベース エンジン の以前のバージョンからアップグレードするためのサンプル構文は次のとおりです。

setup.exe /q /ACTION=upgrade /INSTANCEID = <INSTANCEID>/INSTANCENAME=MSSQLSERVER /RSUPGRADEDATABASEACCOUNT="<Provide a SQL Server logon account that can connect to the report server during upgrade>" /RSUPGRADEPASSWORD="<Provide a password for the report server upgrade account>" /ISSVCAccount="NT Authority\Network Service" /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS  

修復パラメーター

次の表に示すパラメーターは、修復用のコマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ACTION

必須
修復ワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:修復
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ENU

省略可能
ローカライズされたオペレーティング システムに SQL Server データベース エンジン の英語版をインストールする場合に、オペレーティング システムに対応する言語と英語の両方の言語パックがインストール メディアに含まれているときは、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FEATURES

必須
修復する コンポーネント を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server データベース エンジン インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
PolyBase /PBENGSVCACCOUNT

省略可能
エンジン サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICEです。
PolyBase /PBDMSSVCPASSWORD

省略可能
エンジン サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
PolyBase /PBENGSVCSTARTUPTYPE

省略可能
PolyBase エンジン サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
PolyBase /PBPORTRANGE

省略可能
PolyBase サービスのポート範囲 (6 ポート以上) を指定します。 例:

/PBPORTRANGE=16450-16460
PolyBase /PBSCALEOUT

省略可能
PolyBase スケールアウト計算グループの一部として SQL Server データベース エンジン インスタンスを使用するかどうかを指定します。 サポートされる値:TrueFalse
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
サンプル構文:

インスタンスと共有コンポーネントを修復します。

setup.exe /q /ACTION=Repair /INSTANCENAME=<instancename>  

再構築システム データベース パラメーター

次の表に示すパラメーターは、master、model、msdb、および tempdb の各システム データベースを再構築するコマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。 詳細については、「 システム データベースの再構築」を参照してください。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ACTION

必須
データベースの再構築に関するワークフローを示すのに必要です。

サポートされる値:Rebuilddatabase
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server データベース エンジン インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLCOLLATION

省略可能
新しいサーバー レベルの照合順序を指定します。

既定値は、Windows オペレーティング システムのロケールに基づいています。 詳細については、「 セットアップでの照合順序の設定」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン /SAPWD

インスタンスのインストール中に /SECURITYMODE=SQL が指定された場合に必須。
SQL Server SA アカウントのパスワードを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SQLSYSADMINACCOUNTS

必須
sysadmin ロールのメンバーになるためにログインを準備するには、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBDIR

省略可能
tempdb データ ファイルのディレクトリを指定します。 複数のディレクトリを指定する場合、各ディレクトリを空白で区切ります。 複数のディレクトリが指定されている場合、tempdb データ ファイルはラウンド ロビン形式ですべてのディレクトリにまたがるようになります。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data (システム データ ディレクトリ)

注:このパラメーターは、RebuildDatabase シナリオにも追加されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGDIR

省略可能
tempdb のログ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data (システム データ ディレクトリ)

注: このパラメーターは、RebuildDatabase シナリオにも追加されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILECOUNT

省略可能
セットアップで追加する tempdb データ ファイルの数を指定します。 この値はコアの数まで増やすことができます。 既定値:

SQL Server Express の場合は 1

他のすべてのエディション: 8 またはコアの数のうち、小さい方の値

重要: tempdb のプライマリ データベース ファイルは引き続き tempdb.mdf になります。 その他の tempdb ファイルには、tempdb_mssql_#.ndf という名前が付けられます。# は、セットアップ中に作成されたその他の各 tempdb データベース ファイルの一意の番号を表します。 この名前付け規則は、各データベース ファイルを一意にすることを目的としています。 SQL Server のインスタンスをアンインストールすると、tempdb_mssql_#.ndf 名前付け規則を使用するファイルが削除されます。 ユーザー データベース ファイルには tempdb_mssql_*.ndf 名前付け規則を使用しないでください。

警告: このパラメーターの構成では SQL Server Express はサポートされていません。 セットアップでインストールされる tempdb データ ファイルは 1 つだけです。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILESIZE

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) で導入されました。 各 tempdb データ ファイルの初期サイズを指定します。

既定値 = SQL Server Express の場合は 4 MB、その他のエディションの場合は 8 MB。

最小値 = (4 MB または 8 MB)。

最大値 = 1024 MB (SQL Server 2014 (12.x) の場合は 262,144 MB)。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILEGROWTH

省略可能
各 tempdb データ ファイルのファイル拡張増分値を MB 単位で指定します。 0 は、自動拡張がオフで、領域を追加できないことを示します。 最大 1024 のサイズまで指定できます。

既定値:64

許容範囲: 最小値 = 0、最大値 = 1024
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGFILESIZE

省略可能
tempdb ログ ファイルの初期サイズを MB 単位で指定します。 最大 1024 のサイズまで指定できます。 既定値:

SQL Server Express の場合は 4

他のすべてのエディションでは 8

許容範囲: 最小値 = 既定値 (4 または 8)、最大値 = 1024
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGFILEGROWTH

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) で導入されました。 各 tempdb ログ ファイルの初期サイズを指定します。

既定値 = SQL Server Express の場合は 4 MB、その他のエディションの場合は 8 MB。

最小値 = (4 MB または 8 MB)。

最大値 = 1024 MB (SQL Server 2014 (12.x) の場合は 262,144 MB)。

アンインストール パラメーター

次の表に示すパラメーターは、アンインストール用のコマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ACTION

必須
アンインストール ワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:アンインストール
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FEATURES

必須
アンインストールする コンポーネント を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HELP、H、?

省略可能
パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server データベース エンジン インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
サンプル構文:

SQL Server の既存のインスタンスをアンインストールする場合。

setup.exe /Action=Uninstall /FEATURES=SQL,AS,RS,IS,Tools /INSTANCENAME=MSSQLSERVER  

名前付きインスタンスを削除する場合は、この記事で前に示した例の "MSSQLSERVER" の代わりにインスタンス名を指定します。

フェールオーバー クラスター パラメーター

SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスター インスタンスをインストールする前に、次の記事を確認してください。

次のフェールオーバー クラスターのインストール スクリプトをテストし、必要に応じて変更してください。

フェールオーバー クラスターの統合インストール パラメーター

次の表に示すパラメーターは、フェールオーバー クラスターのインストール用コマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。

統合インストールの詳細については、「Always On フェールオーバー クラスター インスタンス (SQL Server)」をご覧ください。

注意

インストール後にノードを追加するには、ノードの追加操作を使用します。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 詳細
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ACTION

必須
フェールオーバー クラスター インストール ワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:InstallFailoverCluster
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS

自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
ライセンス条項への同意を確認するために必要です。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ENU

省略可能
ローカライズされたオペレーティング システムに SQL Server の英語版をインストールする場合に、オペレーティング システムに対応する言語と英語の両方の言語パックがインストール メディアに含まれているときは、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FAILOVERCLUSTERGROUP

省略可能
SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスターに使用されるリソース グループの名前を指定します。 名前は、既存のクラスター グループの名前か新規のリソース グループの名前のどちらかになります。

既定値:

SQL Server (<InstanceName>)
PolyBase /PBENGSVCACCOUNT

省略可能
エンジン サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICEです。
PolyBase /PBDMSSVCPASSWORD

省略可能
エンジン サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
PolyBase /PBENGSVCSTARTUPTYPE

省略可能
PolyBase エンジン サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
PolyBase /PBPORTRANGE

省略可能
PolyBase サービスのポート範囲 (6 ポート以上) を指定します。 例:

/PBPORTRANGE=16450-16460
PolyBase /PBSCALEOUT

省略可能
PolyBase スケールアウト計算グループの一部として SQL Server データベース エンジン インスタンスを使用するかどうかを指定します。 サポートされる値:TrueFalse
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UpdateEnabled

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを検出し、それらを含める必要があるかどうかを指定します。 有効値は True および False または 1 および 0 です。 既定では、SQL Server セットアップには検出された更新プログラムが含まれます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UpdateSource

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを取得する場所を指定します。 有効値は Microsoft Update を検索する "MU"、有効なフォルダー パス、相対パス (.\MyUpdates など)、または UNC 共有です。 既定では、SQL Server セットアップは Microsoft Update または Windows Server Update Services を介して Windows Update Service を検索します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ERRORREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server のエラー報告が指定されます。

詳細については、「 Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明」を参照してください。 サポートされる値:

1 = 有効

0 = 無効
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FEATURES

必須
インストールする コンポーネント を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HELP、?

省略可能
パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTALLSHAREDDIR

省略可能
共有コンポーネント (64 ビット) の既定以外のインストール ディレクトリを指定します。

既定値は %Program Files%\Microsoft SQL Server です

%Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server に設定することはできません
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTALLSHAREDWOWDIR

省略可能
共有コンポーネント (32 ビット) の既定以外のインストール ディレクトリを指定します。 64 ビット システムのみでサポートされます。

既定値は %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server です

%Program Files%\Microsoft SQL Server に設定することはできません
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCEDIR

省略可能
インスタンス専用のコンポーネントについて既定以外のインストール ディレクトリを指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCEID

省略可能
InstanceIDの既定値以外の値を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server データベース エンジン インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /PID

省略可能
SQL Server のエディション用のプロダクト キーを指定します。 このパラメーターが指定されていない場合、Evaluation が使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。 /Q パラメーターによって /QS パラメーターの入力がオーバーライドされます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /QS または /QUIETSIMPLE

省略可能
セットアップが UI を使用して実行され、UI を使用して進捗状況が表示されるように指定します。さらに、セットアップで入力ができないように、またはエラー メッセージが表示されないように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /SQMREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server の機能の使用状況レポートが指定されます。

サポートされる値:

1 = 有効

0 = 無効
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FAILOVERCLUSTERDISKS

省略可能
SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスター リソース グループに含まれる共有ディスクの一覧を指定します。

既定値:最初のドライブは、すべてのデータベースに対して既定のドライブとして使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES

必須
エンコードされた IP アドレスを指定します。 エンコードはセミコロン (;) で区切り、<IP の種類>;<アドレス>;<ネットワーク名>;<サブネット マスク> という形式に従います。 サポートされている IP の種類には、DHCP、IPv4、および IPv6 があります。
フェールオーバー クラスターの IP アドレスを複数指定するには、間にスペースを入れます。 次の例を参照してください。

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=DEFAULT

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv4;DHCP;ClusterNetwork1

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv4;172.16.0.0;ClusterNetwork1;172.31.255.255

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv6;DHCP;ClusterNetwork1

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv6;2001:db8:23:1002:20f:1fff:feff:b3a3;ClusterNetwork1
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FAILOVERCLUSTERNETWORKNAME

必須
新しい SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスターのネットワーク名を指定します。 このネットワーク名は、ネットワーク上で新しい SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスター インスタンスを識別するために使用されます。
SQL Server エージェント /AGTSVCACCOUNT

必須
SQL Server エージェント サービスのアカウントを指定します。
SQL Server エージェント /AGTSVCPASSWORD

必須
SQL Server エージェント サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Analysis Services /ASBACKUPDIR

省略可能
Analysis Services バックアップ ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Backup

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Backup
Analysis Services /ASCOLLATION

省略可能
Analysis Servicesの照合順序の設定を指定します。

既定値:Latin1_General_CI_AS
Analysis Services /ASCONFIGDIR

省略可能
Analysis Services 構成ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Config

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Config
Analysis Services /ASDATADIR

省略可能
Analysis Services データ ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Data

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Data
Analysis Services /ASLOGDIR

省略可能
Analysis Services ログ ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Log

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Log
Analysis Services /ASSYSADMINACCOUNTS

必須
Analysis Servicesの管理者資格情報を指定します。
Analysis Services /ASTEMPDIR

省略可能
Analysis Services 一時ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Temp

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Temp
Analysis Services /ASPROVIDERMSOLAP

省略可能
MSOLAP プロバイダーをインプロセスで実行できるかどうかを指定します。

既定値:1 = 有効
Analysis Services /ASSERVERMODE

省略可能
Analysis Services インスタンスのサーバー モードを指定します。 クラスターのシナリオで有効な値は、MULTIDIMENSIONAL または TABULAR です。 ASSERVERMODE では、大文字と小文字が区別されます。 値はすべて大文字で指定する必要があります。 有効な値の詳細については、「表形式モードでの Analysis Services のインストール」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン /INSTALLSQLDATADIR

必須
SQL Server データ ファイルのデータ ディレクトリを指定します。

データ ディレクトリは、共有クラスター ディスク上に指定する必要があります。
SQL Server データベース エンジン /SAPWD

/SECURITYMODE=SQL の場合に必須
SQL Server SA アカウントのパスワードを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SECURITYMODE

省略可能
SQL Server のセキュリティ モードを指定します。

このパラメーターを指定しない場合、Windows 限定の認証モードがサポートされます。

サポートされる値:SQL
SQL Server データベース エンジン /SQLBACKUPDIR

省略可能
バックアップ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Backup
SQL Server データベース エンジン /SQLCOLLATION

省略可能
SQL Serverの照合順序の設定を指定します。

既定値は、Windows オペレーティング システムのロケールに基づいています。 詳細については、「 セットアップでの照合順序の設定」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCACCOUNT

必須
SQL Server サービスの開始アカウントを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCPASSWORD

必須
SQLSVCACCOUNT のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
SQL Server データベース エンジン /SQLSYSADMINACCOUNTS

必須
sysadminロールのメンバーになるためにログインを準備するには、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン /SQLUSERDBDIR

省略可能
ユーザー データベースのデータ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBDIR

省略可能
tempdb データ ファイルのディレクトリを指定します。 複数のディレクトリを指定する場合、各ディレクトリを空白で区切ります。 複数のディレクトリが指定されている場合、tempdb データ ファイルはラウンド ロビン形式ですべてのディレクトリにまたがるようになります。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data (システム データ ディレクトリ)

注:このパラメーターは、RebuildDatabase シナリオにも追加されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGDIR

省略可能
tempdb のログ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data (システム データ ディレクトリ)

注:このパラメーターは、RebuildDatabase シナリオにも追加されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILECOUNT

省略可能
セットアップで追加する tempdb データ ファイルの数を指定します。 この値はコアの数まで増やすことができます。 既定値:

SQL Server Express の場合は 1

他のすべてのエディション: 8 またはコアの数のうち、小さい方の値

重要: tempdb のプライマリ データベース ファイルは引き続き tempdb.mdf になります。 その他の tempdb ファイルには、tempdb_mssql_#.ndf という名前が付けられます。# は、セットアップ中に作成されたその他の各 tempdb データベース ファイルの一意の番号を表します。 この名前付け規則は、各データベース ファイルを一意にすることを目的としています。 SQL Server のインスタンスをアンインストールすると、tempdb_mssql_#.ndf 名前付け規則を使用するファイルが削除されます。 ユーザー データベース ファイルには tempdb_mssql_*.ndf 名前付け規則を使用しないでください。

警告: このパラメーターの構成では SQL Server Express はサポートされていません。 セットアップでインストールされる tempdb データ ファイルは 1 つだけです。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILESIZE

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) で導入されました。 各 tempdb データ ファイルの初期サイズを指定します。

既定値 = 8 MB。

最小値 = 8 MB。

最大値 = 1024 MB (SQL Server 2014 (12.x) の場合は 262,144 MB)。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILEGROWTH

省略可能
各 tempdb データ ファイルのファイル拡張増分値を MB 単位で指定します。 0 は、自動拡張がオフで、領域を追加できないことを示します。 最大 1024 のサイズまで指定できます。

既定値:64

許容範囲: 最小値 = 0、最大値 = 1024
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGFILESIZE

省略可能
tempdb ログ ファイルの初期サイズを MB 単位で指定します。 最大 1024 のサイズまで指定できます。
既定値:

SQL Server Express の場合は 4

他のすべてのエディションでは 8

許容範囲: 最小値 = 既定値 (4 または 8)、最大値 = 1024
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGFILEGROWTH

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) で導入されました。 各 tempdb ログ ファイルの初期サイズを指定します。

既定値 = SQL Server Express の場合は 4 MB、その他のエディションの場合は 8 MB。

最小値 = (4 MB または 8 MB)。

最大値 = 1024 MB (SQL Server 2014 (12.x) の場合は 262,144 MB)。
SQL Server データベース エンジン /SQLUSERDBLOGDIR

省略可能
ユーザー データベースのログ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data
FILESTREAM /FILESTREAMLEVEL

省略可能
FILESTREAM 機能のアクセス レベルを指定します。 サポートされる値:

0 = [このインスタンスに対する FILESTREAM サポートを無効にする] (既定値)

1 = [Transact-SQL アクセスに対して FILESTREAM を有効にする]

2 = [Transact-SQL アクセスおよびファイル I/O ストリーム アクセスに対して FILESTREAM を有効にする] (クラスター シナリオに対しては無効です)

3 = [リモート クライアントに FILESTREAM データへのストリーム アクセスを許可する]
FILESTREAM /FILESTREAMSHARENAME

省略可能

FILESTREAMLEVEL が 1 より大きい場合は必須。
FILESTREAM データを格納する Windows 共有の名前を指定します。
SQL Server フルテキスト /FTSVCACCOUNT

省略可能
フルテキスト フィルター ランチャー サービスのアカウントを指定します。

このパラメーターは、Windows Server 2008 以降では無視されます。 ServiceSID は、SQL Server と Full-text Filter Daemon 間の通信を確立するのに使用されます。

この値を指定しない場合、フルテキスト フィルター ランチャー サービスが無効になります。 サービス アカウントを変更し、フルテキスト機能を有効にするには、SQL Server コントロール マネージャーを使用する必要があります。

既定値:ローカル サービス アカウント
SQL Server フルテキスト /FTSVCPASSWORD

省略可能
フルテキスト フィルター ランチャー サービスのパスワードを指定します。

このパラメーターは、Windows Server 2008 以降では無視されます。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Integration Services /ISSVCACCOUNT

必須
Integration Servicesのアカウントを指定します。

既定値:NT AUTHORITY\NETWORK SERVICE
Integration Services /ISSVCPASSWORD

必須
Integration Services のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Integration Services /ISSVCStartupType

省略可能
サービスの スタートアップ Integration Services モードを指定します。
Reporting Services /RSINSTALLMODE

省略可能
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Servicesのインストール モードを指定します。
Reporting Services /RSSVCACCOUNT

必須
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Servicesの開始アカウントを指定します。
Reporting Services /RSSVCPASSWORD

必須
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Services サービスの開始アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Reporting Services /RSSVCStartupType

省略可能
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 スタートアップ Reporting Servicesモードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動

ドメイン グループの代わりに、サービス SID を使用することをお勧めします。

追加情報:

クラスター対応のコンポーネントは、 データベース エンジン と Analysis Services だけです。 他の機能はクラスターに対応していないので、フェールオーバーに対する可用性があまり高くありません。

サンプル構文:

SQL Server データベース エンジンおよび データベース エンジン が配置された単一ノードの Analysis Services フェールオーバー クラスター インスタンスを既定のインスタンスとしてインストールするには

setup.exe /q /ACTION=InstallFailoverCluster /InstanceName=MSSQLSERVER /INDICATEPROGRESS /ASSYSADMINACCOUNTS="<DomainName\UserName>" /ASDATADIR=<Drive>:\OLAP\Data /ASLOGDIR=<Drive>:\OLAP\Log /ASBACKUPDIR=<Drive>:\OLAP\Backup /ASCONFIGDIR=<Drive>:\OLAP\Config /ASTEMPDIR=<Drive>:\OLAP\Temp /FAILOVERCLUSTERDISKS="<Cluster Disk Resource Name - for example, 'Disk S:'" /FAILOVERCLUSTERNETWORKNAME="<Insert Network Name>" /FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES="IPv4;xx.xxx.xx.xx;Cluster Network;xxx.xxx.xxx.x" /FAILOVERCLUSTERGROUP="MSSQLSERVER" /Features=AS,SQL /ASSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /ASSVCPASSWORD="xxxxxxxxxxx" /AGTSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /AGTSVCPASSWORD="xxxxxxxxxxx" /INSTALLSQLDATADIR="<Drive>:\<Path>\MSSQLSERVER" /SQLCOLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CS_AS" /SQLSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /SQLSVCPASSWORD="xxxxxxxxxxx" /SQLSYSADMINACCOUNTS="<DomainName\UserName> /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS  

フェールオーバー クラスターの準備パラメーター

次の表に示すパラメーターは、フェールオーバー クラスターを準備するコマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。 ここでは、フェールオーバー クラスターのすべてのノードにフェールオーバー クラスター インスタンスを準備するのに必要な、クラスターの高度なインストールの最初の手順がわかります。 詳細については、「Always On フェールオーバー クラスター インスタンス (SQL Server)」を参照してください。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ACTION

必須
フェールオーバー クラスターの準備に関するワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:PrepareFailoverCluster
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS

自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
ライセンス条項への同意を確認するために必要です。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ENU

省略可能
ローカライズされたオペレーティング システムに SQL Server の英語版をインストールする場合に、オペレーティング システムに対応する言語と英語の両方の言語パックがインストール メディアに含まれているときは、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UpdateEnabled

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを検出し、それらを含める必要があるかどうかを指定します。 有効値は True および False または 1 および 0 です。 既定では、SQL Server セットアップには検出された更新プログラムが含まれます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UpdateSource

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを取得する場所を指定します。 有効値は Microsoft Update を検索する "MU"、有効なフォルダー パス、相対パス (.\MyUpdates など)、または UNC 共有です。 既定では、SQL Server セットアップは Microsoft Update、または Windows Server Update Services を介して Windows Update Service を検索します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ERRORREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server のエラー報告が指定されます。

詳細については、「 Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明」を参照してください。 サポートされる値:

0 = 無効

1 = 有効
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FEATURES

必須
インストールする コンポーネント を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HELP、?

省略可能
パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTALLSHAREDDIR

省略可能
共有コンポーネント (64 ビット) の既定以外のインストール ディレクトリを指定します。

既定値は %Program Files%\Microsoft SQL Server です

%Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server に設定することはできません
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTALLSHAREDWOWDIR

省略可能
共有コンポーネント (32 ビット) の既定以外のインストール ディレクトリを指定します。 64 ビット システムのみでサポートされます。

既定値は %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server です

%Program Files%\Microsoft SQL Server に設定することはできません
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCEDIR

省略可能
インスタンス専用のコンポーネントについて既定以外のインストール ディレクトリを指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCEID

省略可能
InstanceIDの既定値以外の値を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server データベース エンジン インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
PolyBase /PBENGSVCACCOUNT

省略可能
エンジン サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICEです。
PolyBase /PBDMSSVCPASSWORD

省略可能
エンジン サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
PolyBase /PBENGSVCSTARTUPTYPE

省略可能
PolyBase エンジン サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
PolyBase /PBPORTRANGE

省略可能
PolyBase サービスのポート範囲 (6 ポート以上) を指定します。 例:

/PBPORTRANGE=16450-16460
PolyBase /PBSCALEOUT

省略可能
PolyBase スケールアウト計算グループの一部として SQL Server データベース エンジン インスタンスを使用するかどうかを指定します。 サポートされる値:TrueFalse
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /PID

省略可能
SQL Server のエディション用のプロダクト キーを指定します。 このパラメーターが指定されていない場合、

Evaluation が使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。 /Q パラメーターによって /QS パラメーターの入力がオーバーライドされます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /QS または /QUIETSIMPLE

省略可能
セットアップが UI を使用して実行され、UI を使用して進捗状況が表示されるように指定します。さらに、セットアップで入力ができないように、またはエラー メッセージが表示されないように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /SQMREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server の機能の使用状況レポートが指定されます。

サポートされる値:

0 = 無効

1 = 有効
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
SQL Server エージェント /AGTSVCACCOUNT

必須
SQL Server エージェント サービスのアカウントを指定します。
SQL Server エージェント /AGTSVCPASSWORD

必須
SQL Server エージェント サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Analysis Services /ASSVCACCOUNT

必須
Analysis Services サービスのアカウントを指定します。
Analysis Services /ASSVCPASSWORD

必須
Analysis Services サービスのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCACCOUNT

必須
SQL Server サービスの開始アカウントを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCPASSWORD

必須
SQLSVCACCOUNT のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
FILESTREAM /FILESTREAMLEVEL

省略可能
FILESTREAM 機能のアクセス レベルを指定します。 サポートされる値:

0 = [このインスタンスに対する FILESTREAM サポートを無効にする] (既定値)

1 = [Transact-SQL アクセスに対して FILESTREAM を有効にする]

2 = [Transact-SQL アクセスおよびファイル I/O ストリーム アクセスに対して FILESTREAM を有効にする] (クラスター シナリオに対しては無効です)

3 = [リモート クライアントに FILESTREAM データへのストリーム アクセスを許可する]
FILESTREAM /FILESTREAMSHARENAME

省略可能

FILESTREAMLEVEL が 1 より大きい場合は必須
FILESTREAM データを格納する Windows 共有の名前を指定します。
SQL Server フルテキスト /FTSVCACCOUNT

省略可能
フルテキスト フィルター ランチャー サービスのアカウントを指定します。

このパラメーターは、Windows Server 2008 以降では無視されます。 ServiceSID は、SQL Server と Full-text Filter Daemon 間の通信を確立するのに使用されます。

この値を指定しない場合、フルテキスト フィルター ランチャー サービスが無効になります。 サービス アカウントを変更し、フルテキスト機能を有効にするには、SQL Server コントロール マネージャーを使用する必要があります。

既定値:ローカル サービス アカウント
SQL Server フルテキスト /FTSVCPASSWORD

省略可能
フルテキスト フィルター ランチャー サービスのパスワードを指定します。

このパラメーターは、Windows Server 2008 以降では無視されます。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Integration Services /ISSVCACCOUNT

必須
Integration Servicesのアカウントを指定します。

既定値:NT AUTHORITY\NETWORK SERVICE
Integration Services /ISSVCPASSWORD

必須
Integration Services のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Integration Services /ISSVCStartupType

省略可能
サービスの スタートアップ Integration Services モードを指定します。
Reporting Services /RSINSTALLMODE

ファイル専用モードのみで使用可
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Servicesのインストール モードを指定します。
Reporting Services /RSSVCACCOUNT

必須
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Servicesの開始アカウントを指定します。
Reporting Services /RSSVCPASSWORD

必須
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Services サービスの開始アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Reporting Services /RSSVCStartupType

省略可能
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 スタートアップ Reporting Servicesモードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動

ドメイン グループの代わりに、サービス SID を使用することをお勧めします。

サンプル構文:

データベース エンジン および Analysis Services用のフェールオーバー クラスターの高度なインストール シナリオで "準備" 手順を実行するには

既定のインスタンスを準備するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

setup.exe /q /ACTION=PrepareFailoverCluster /InstanceName=MSSQLSERVER /Features=AS,SQL /INDICATEPROGRESS /ASSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /ASSVCPASSWORD="xxxxxxxxxxx" /SQLSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /SQLSVCPASSWORD="xxxxxxxxxxx" /AGTSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /AGTSVCPASSWORD="xxxxxxxxxxx" /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS  

名前付きインスタンスを準備するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

setup.exe /q /ACTION=PrepareFailoverCluster /InstanceName="<Insert Instance name>" /Features=AS,SQL /INDICATEPROGRESS /ASSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /ASSVCPASSWORD="xxxxxxxxxxx" /SQLSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /SQLSVCPASSWORD="xxxxxxxxxxx" /AGTSVCACCOUNT="<DomainName\UserName>" /AGTSVCPASSWORD="xxxxxxxxxxx" /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS  

フェールオーバー クラスターの完了パラメーター

次の表に示すパラメーターは、フェールオーバー クラスターを完了するコマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。 ここでは、フェールオーバー クラスターの高度なインストール オプションについて、2 番目の手順がわかります。 すべてのフェールオーバー クラスター ノードで準備を実行した後、共有ディスクを所有するノードでこのコマンドを実行します。 詳細については、「Always On フェールオーバー クラスター インスタンス (SQL Server)」を参照してください。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ACTION

必須
フェールオーバー クラスターの完了に関するワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:CompleteFailoverCluster
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ENU

省略可能
ローカライズされたオペレーティング システムに SQL Server の英語版をインストールする場合に、オペレーティング システムに対応する言語と英語の両方の言語パックがインストール メディアに含まれているときは、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FAILOVERCLUSTERGROUP

省略可能
SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスターに使用されるリソース グループの名前を指定します。 名前は、既存のクラスター グループの名前か新規のリソース グループの名前のどちらかになります。

既定値:

SQL Server (<InstanceName>)
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ERRORREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server のエラー報告が指定されます。

詳細については、「 Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明」を参照してください。 サポートされる値:

1 = 有効

0 = 無効
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HELP、?

省略可能
パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server データベース エンジン インスタンス名を指定します。

詳細については、インスタンスの構成に関するページを参照してください
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /PID

省略可能
SQL Server のエディション用のプロダクト キーを指定します。 このパラメーターが指定されていない場合、Evaluation が使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。 /Q パラメーターによって /QS パラメーターの入力がオーバーライドされます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /QS または /QUIETSIMPLE

省略可能
セットアップが UI を使用して実行され、UI を使用して進捗状況が表示されるように指定します。さらに、セットアップで入力ができないように、またはエラー メッセージが表示されないように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /SQMREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server の機能の使用状況レポートが指定されます。

サポートされる値:

1 = 有効

0 = 無効
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FAILOVERCLUSTERDISKS

省略可能
SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスター リソース グループに含まれる共有ディスクの一覧を指定します。

既定値:

最初のドライブは、すべてのデータベースに対して既定のドライブとして使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES

必須
エンコードされた IP アドレスを指定します。 エンコードはセミコロン (;) で区切り、<IP の種類>;<アドレス>;<ネットワーク名>;<サブネット マスク> という形式に従います。 サポートされている IP の種類には、DHCP、IPv4、および IPv6 があります。
フェールオーバー クラスターの IP アドレスを複数指定するには、間にスペースを入れます。 次の例を参照してください。

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=DEFAULT

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv4;DHCP;ClusterNetwork1

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv4;172.16.0.0;ClusterNetwork1;172.31.255.255

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv6;DHCP;ClusterNetwork1

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv6;2001:db8:23:1002:20f:1fff:feff:b3a3;ClusterNetwork1
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FAILOVERCLUSTERNETWORKNAME

必須
新しい SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスターのネットワーク名を指定します。 このネットワーク名は、ネットワーク上で新しい SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスター インスタンスを識別するために使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIRMIPDEPENDENCYCHANGE マルチサブネット フェールオーバー クラスターについて、IP アドレス リソースの依存関係を OR に設定することを示します。 詳細については、「新しい SQL Server フェールオーバー クラスターの作成 (セットアップ)」をご覧ください。 サポートされる値:

0 = False (既定値)

1 = True
Analysis Services /ASBACKUPDIR

省略可能
Analysis Services バックアップ ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Backup

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Backup
Analysis Services /ASCOLLATION

省略可能
Analysis Servicesの照合順序の設定を指定します。

既定値:Latin1_General_CI_AS
Analysis Services /ASCONFIGDIR

省略可能
Analysis Services 構成ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Config

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Config
Analysis Services /ASDATADIR

省略可能
Analysis Services データ ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Data

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Data
Analysis Services /ASLOGDIR

省略可能
Analysis Services ログ ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Log

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Log
Analysis Services /ASSERVERMODE

省略可能
Analysis Services インスタンスのサーバー モードを指定します。 クラスターのシナリオで有効な値は、MULTIDIMENSIONAL または TABULAR です。 ASSERVERMODE では、大文字と小文字が区別されます。 値はすべて大文字で指定する必要があります。 有効な値の詳細については、「表形式モードでの Analysis Services のインストール」を参照してください。
Analysis Services /ASSYSADMINACCOUNTS

必須
Analysis Servicesの管理者資格情報を指定します。
Analysis Services /ASTEMPDIR

省略可能
Analysis Services 一時ファイルのディレクトリを指定します。 既定値:

64 ビットの WOW モード: %Program Files(x86)%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Temp

他のすべてのインストール: %Program Files%\Microsoft SQL Server\<INSTANCEDIR>\<ASInstanceID>\OLAP\Temp
Analysis Services /ASPROVIDERMSOLAP

省略可能
MSOLAP プロバイダーをインプロセスで実行できるかどうかを指定します。

既定値:1 = 有効
SQL Server データベース エンジン /INSTALLSQLDATADIR

必須
SQL Server データ ファイルのデータ ディレクトリを指定します。

データ ディレクトリは、共有クラスター ディスク上に指定する必要があります。
SQL Server データベース エンジン /SAPWD

/SECURITYMODE=SQL の場合に必須
SQL Server SA アカウントのパスワードを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SECURITYMODE

省略可能
SQL Server のセキュリティ モードを指定します。

このパラメーターを指定しない場合、Windows 限定の認証モードがサポートされます。

サポートされる値:SQL
SQL Server データベース エンジン /SQLBACKUPDIR

省略可能
バックアップ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Backup
SQL Server データベース エンジン /SQLCOLLATION

省略可能
SQL Serverの照合順序の設定を指定します。

既定値は、Windows オペレーティング システムのロケールに基づいています。 詳細については、「 セットアップでの照合順序の設定」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン /SQLSYSADMINACCOUNTS

必須
sysadmin ロールのメンバーになるためにログインを準備するには、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン /SQLUSERDBDIR

省略可能
ユーザー データベースのデータ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data
SQL Server データベース エンジン /SQLUSERDBLOGDIR

省略可能
ユーザー データベースのログ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data
Reporting Services /RSINSTALLMODE

ファイル専用モードのみで使用可
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Servicesのインストール モードを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBDIR

省略可能
tempdb データ ファイルのディレクトリを指定します。 複数のディレクトリを指定する場合、各ディレクトリを空白で区切ります。 複数のディレクトリが指定されている場合、tempdb データ ファイルはラウンド ロビン形式ですべてのディレクトリにまたがるようになります。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data (システム データ ディレクトリ)

注:このパラメーターは、RebuildDatabase シナリオにも追加されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGDIR

省略可能
tempdb のログ ファイルのディレクトリを指定します。

既定値:<InstallSQLDataDir>\<SQLInstanceID>\MSSQL\Data (システム データ ディレクトリ)

注:このパラメーターは、RebuildDatabase シナリオにも追加されます。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILECOUNT

省略可能
セットアップで追加する tempdb データ ファイルの数を指定します。 この値はコアの数まで増やすことができます。 既定値:

SQL Server Express の場合は 1

他のすべてのエディション: 8 またはコアの数のうち、小さい方の値

重要: tempdb のプライマリ データベース ファイルは引き続き tempdb.mdf になります。 その他の tempdb ファイルには、tempdb_mssql_#.ndf という名前が付けられます。# は、セットアップ中に作成されたその他の各 tempdb データベース ファイルの一意の番号を表します。 この名前付け規則は、各データベース ファイルを一意にすることを目的としています。 SQL Server のインスタンスをアンインストールすると、tempdb_mssql_#.ndf 名前付け規則を使用するファイルが削除されます。 ユーザー データベース ファイルには tempdb_mssql_*.ndf 名前付け規則を使用しないでください。

警告: このパラメーターの構成では SQL Server Express はサポートされていません。 セットアップでインストールされる tempdb データ ファイルは 1 つだけです。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILESIZE

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) で導入されました。 各 tempdb データ ファイルの初期サイズを指定します。

既定値 = 8 MB。

最小値 = 8 MB。

最大値 = 1024 MB (SQL Server 2014 (12.x) の場合は 262,144 MB)。
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBFILEGROWTH

省略可能
各 tempdb データ ファイルのファイル拡張増分値を MB 単位で指定します。 0 は、自動拡張がオフで、領域を追加できないことを示します。 最大 1024 のサイズまで指定できます。

既定値:64

許容範囲: 最小値 = 0、最大値 = 1024
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGFILESIZE

省略可能
tempdb ログ ファイルの初期サイズを MB 単位で指定します。 最大 1024 のサイズまで指定できます。
既定値:

SQL Server Express の場合は 4

他のすべてのエディションでは 8

許容範囲: 最小値 = 既定値 (4 または 8)、最大値 = 1024
SQL Server データベース エンジン /SQLTEMPDBLOGFILEGROWTH

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) で導入されました。 各 tempdb ログ ファイルの初期サイズを指定します。

既定値 = SQL Server Express の場合は 4 MB、その他のエディションの場合は 8 MB。

最小値 = (4 MB または 8 MB)。

最大値 = 1024 MB (SQL Server 2014 (12.x) の場合は 262,144 MB)。
サンプル構文:

データベース エンジン および Analysis Services用のフェールオーバー クラスターの高度なインストール シナリオで "完了" 手順を実行するには、 フェールオーバー クラスター内のアクティブなノードにするコンピューター上で次のコマンドを実行して、ノードを使用できるようにします。 また、 Analysis Services フェールオーバー クラスター内の共有ディスクを所有するノードで "CompleteFailoverCluster" アクションを実行する必要があります。

既定のインスタンスについてフェールオーバー クラスターのインストールを完了するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

setup.exe /q /ACTION=CompleteFailoverCluster /InstanceName=MSSQLSERVER /INDICATEPROGRESS /ASSYSADMINACCOUNTS="<DomainName\Username>" /ASDATADIR=<Drive>:\OLAP\Data /ASLOGDIR=<Drive>:\OLAP\Log /ASBACKUPDIR=<Drive>:\OLAP\Backup /ASCONFIGDIR=<Drive>:\OLAP\Config /ASTEMPDIR=<Drive>:\OLAP\Temp /FAILOVERCLUSTERDISKS="<Cluster Disk Resource Name - for example, 'Disk S:'>:" /FAILOVERCLUSTERNETWORKNAME="<Insert FOI Network Name>" /FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES="IPv4;xx.xxx.xx.xx;Cluster Network;xxx.xxx.xxx.x" /FAILOVERCLUSTERGROUP="MSSQLSERVER" /INSTALLSQLDATADIR="<Drive>:\<Path>\MSSQLSERVER" /SQLCOLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CS_AS" /SQLSYSADMINACCOUNTS="<DomainName\UserName>"  

名前付きインスタンスに対してフェールオーバー クラスターのインストールを完了するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

setup.exe /q /ACTION=CompleteFailoverCluster /InstanceName="<Insert Instance Name>" /INDICATEPROGRESS /ASSYSADMINACCOUNTS="<DomainName\UserName>" /ASDATADIR=<Drive>:\KATMAI\Data /ASLOGDIR=<drive>:\KATMAI\Log /ASBACKUPDIR=<Drive>:\KATMAI\Backup /ASCONFIGDIR=<Drive>:\KATMAI\Config /ASTEMPDIR=<Drive>:\KATMAI\Temp /FAILOVERCLUSTERDISKS="<Cluster Disk Resource Name - for example, 'Disk S:'>" /FAILOVERCLUSTERNETWORKNAME="CompNamedFOI" /FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES="IPv4;xx.xxx.xx.xx;ClusterNetwork1;xxx.xxx.xxx.x" /FAILOVERCLUSTERGROUP="<Insert New Group Name>" /INSTALLSQLDATADIR="<Drive>:\<Path>\MSSQLSERVER_KATMAI" /SQLCOLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CS_AS" /SQLSYSADMINACCOUNTS="<DomainName\Username>"  

フェールオーバー クラスターのアップグレード パラメーター

次の表に示すパラメーターは、フェールオーバー クラスターのアップグレード用コマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。 詳細については、SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスター インスタンスのアップグレード (セットアップ) に関する記事および「Always On フェールオーバー クラスター インスタンス (SQL Server)」をご覧ください。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ACTION

必須
インストール ワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:アップグレード
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS

自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
ライセンス条項への同意を確認するために必要です。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ENU

省略可能
ローカライズされたオペレーティング システムに SQL Server の英語版をインストールする場合に、オペレーティング システムに対応する言語と英語の両方の言語パックがインストール メディアに含まれているときは、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UpdateEnabled

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを検出し、それらを含める必要があるかどうかを指定します。 有効値は True および False または 1 および 0 です。 既定では、SQL Server セットアップには検出された更新プログラムが含まれます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UpdateSource

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを取得する場所を指定します。 有効値は Microsoft Update を検索する "MU"、有効なフォルダー パス、相対パス (.\MyUpdates など)、または UNC 共有です。 既定では、SQL Server セットアップは Microsoft Update、または Windows Server Update Services を介して Windows Update Service を検索します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ERRORREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。

エラーのフィードバックを Microsoft に送信する方法を管理するには、「フィードバックをマイクロソフトに送信するように SQL Server 2016 (13.x) を構成する方法」を参照してください。

以前のバージョンでは、これにより SQL Server のエラー報告が指定されます。

詳細については、「 Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明」を参照してください。 サポートされる値:

0 = 無効

1 = 有効
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HELP、?

省略可能
パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール / INSTANCEDIR

省略可能
共有コンポーネントの既定以外のインストール ディレクトリを指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCEID

SQL Server 2008 以降からアップグレードする場合に必須

次をアップグレードする場合はオプション: SQL Server 2005 (9.x)
InstanceIDの既定値以外の値を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server データベース エンジン インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /PID

省略可能
SQL Server のエディション用のプロダクト キーを指定します。 このパラメーターが指定されていない場合、Evaluation が使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /SQMREPORTING

省略可能
SQL Server 2016 (13.x) には影響しません。 以前のバージョンでは、これにより SQL Server の機能の使用状況レポートが指定されます。

サポートされる値:

0 = 無効

1 = 有効
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FAILOVERCLUSTERROLLOWNERSHIP アップデート中の フェールオーバーの動作 を指定します。
SQL Server Browser Service /BROWSERSVCSTARTUPTYPE

省略可能
SQL Server Browser サービスの スタートアップ モードを指定します。 サポートされる値:

自動

Disabled

手動
SQL Server フルテキスト /FTUPGRADEOPTION

省略可能
フルテキスト カタログのアップグレード オプションを指定します。 サポートされる値:

REBUILD

RESET

IMPORT
Integration Services /ISSVCACCOUNT

必須
Integration Servicesのアカウントを指定します。

既定値:NT AUTHORITY\NETWORK SERVICE
Integration Services /ISSVCPASSWORD

必須
Integration Services のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Integration Services /ISSVCStartupType

省略可能
サービスの スタートアップ Integration Services モードを指定します。
Reporting Services /RSUPGRADEDATABASEACCOUNT

省略可能
プロパティは、2008 R2 以前のバージョンの SharePoint モードのレポート サーバーをアップグレードする場合にのみ使用されます。 SQL Server 2012 (11.x) Reporting Services で変更された古い SharePoint モード アーキテクチャを使用するレポート サーバーに対しては、追加のアップグレード操作が実行されます。 このオプションがコマンドライン インストールに含まれていない場合、古いレポート サーバー インスタンス用の既定のサービス アカウントが使用されます。 このプロパティが使用されている場合は、 /RSUPGRADEPASSWORD プロパティを使用してアカウントのパスワードを指定します。
Reporting Services /RSUPGRADEPASSWORD

省略可能
既存のレポート サーバー サービス アカウントのパスワード。

ノード追加パラメーター

次の表に示すパラメーターは、ノード追加用のコマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ACTION

必須
AddNode ワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:AddNode
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS

自動インストールのために /Q パラメーターまたは /QS パラメーターを指定した場合にのみ必須です。
ライセンス条項への同意を確認するために必要です。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ENU

省略可能
ローカライズされたオペレーティング システムに SQL Server の英語版をインストールする場合に、オペレーティング システムに対応する言語と英語の両方の言語パックがインストール メディアに含まれているときは、このパラメーターを使用します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UpdateEnabled

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを検出し、それらを含める必要があるかどうかを指定します。 有効値は True および False または 1 および 0 です。 既定では、SQL Server セットアップには検出された更新プログラムが含まれます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /UpdateSource

省略可能
SQL Server セットアップが製品の更新プログラムを取得する場所を指定します。 有効値は Microsoft Update を検索する "MU"、有効なフォルダー パス、相対パス (.\MyUpdates など)、または UNC 共有です。 既定では、SQL Server セットアップは Microsoft Update、または Windows Server Update Services を介して Windows Update Service を検索します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HELP、?

省略可能
パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server データベース エンジン インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
PolyBase /PBENGSVCACCOUNT

省略可能
エンジン サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICEです。
PolyBase /PBDMSSVCPASSWORD

省略可能
エンジン サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
PolyBase /PBENGSVCSTARTUPTYPE

省略可能
PolyBase エンジン サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
PolyBase /PBPORTRANGE

省略可能
PolyBase サービスのポート範囲 (6 ポート以上) を指定します。 例:

/PBPORTRANGE=16450-16460
PolyBase /PBSCALEOUT

省略可能
PolyBase スケールアウト計算グループの一部として SQL Server データベース エンジン インスタンスを使用するかどうかを指定します。 サポートされる値:TrueFalse
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /PID

省略可能
SQL Server のエディション用のプロダクト キーを指定します。 このパラメーターが指定されていない場合、Evaluation が使用されます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。 /Q パラメーターによって /QS パラメーターの入力がオーバーライドされます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /QS または /QUIETSIMPLE

省略可能
セットアップが UI を使用して実行され、UI を使用して進捗状況が表示されるように指定します。さらに、セットアップで入力ができないように、またはエラー メッセージが表示されないように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES

必須
エンコードされた IP アドレスを指定します。 エンコードはセミコロン (;) で区切り、<IP の種類>;<アドレス>;<ネットワーク名>;<サブネット マスク> という形式に従います。 サポートされている IP の種類には、DHCP、IPv4、および IPv6 があります。
フェールオーバー クラスターの IP アドレスを複数指定するには、間にスペースを入れます。 次の例を参照してください。

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=DEFAULT

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv4;DHCP;ClusterNetwork1

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv4;172.16.0.0;ClusterNetwork1;172.31.255.255

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv6;DHCP;ClusterNetwork1

FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES=IPv6;2001:db8:23:1002:20f:1fff:feff:b3a3;ClusterNetwork1



詳細については、SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスターでのノードの追加または削除 (セットアップ) に関する記事をご覧ください。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIRMIPDEPENDENCYCHANGE

必須
マルチサブネット フェールオーバー クラスターについて、IP アドレス リソースの依存関係を OR に設定することを示します。 詳細については、SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスターでのノードの追加または削除 (セットアップ) に関する記事をご覧ください。 サポートされる値:

0 = False (既定値)

1 = True
SQL Server エージェント /AGTSVCACCOUNT

必須
SQL Server エージェント サービスのアカウントを指定します。
SQL Server エージェント /AGTSVCPASSWORD

必須
SQL Server エージェント サービス アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Analysis Services /ASSVCACCOUNT

必須
Analysis Services サービスのアカウントを指定します。
Analysis Services /ASSVCPASSWORD

必須
Analysis Services サービスのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCACCOUNT

必須
SQL Server サービスの開始アカウントを指定します。
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCPASSWORD

必須
SQLSVCACCOUNT のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Integration Services /ISSVCPASSWORD

必須
Integration Services のパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
Reporting Services /RSINSTALLMODE

ファイル専用モードのみで使用可
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Servicesのインストール モードを指定します。
Reporting Services /RSSVCPASSWORD

必須
SQL Server 2017 以降では適用できなくなりました。 Reporting Services サービスの開始アカウントのパスワードを指定します。 管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントの使用時、このパラメーターは省略できます。
追加情報:

クラスター対応のコンポーネントは、 データベース エンジン と Analysis Services だけです。 他の機能はクラスターに対応していないので、フェールオーバーに対する可用性があまり高くありません。

サンプル構文:

データベース エンジン および Analysis Servicesが配置された既存のフェールオーバー クラスター インスタンスにノードを追加するには

setup.exe /q /ACTION=AddNode /INSTANCENAME="<Insert Instance Name>" /SQLSVCACCOUNT="<SQL account that is used on other nodes>" /SQLSVCPASSWORD="<password for SQL account>" /AGTSVCACCOUNT="<SQL Server Agent account that is used on other nodes>", /AGTSVCPASSWORD="<SQL Server Agent account password>" /ASSVCACCOUNT="<AS account that is used on other nodes>" /ASSVCPASSWORD="<password for AS account>" /INDICATEPROGRESS /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS /FAILOVERCLUSTERIPADDRESSES="IPv4;xx.xxx.xx.xx;ClusterNetwork1;xxx.xxx.xxx.x" /CONFIRMIPDEPENDENCYCHANGE=0  

ノード削除パラメーター

次の表に示すパラメーターは、ノード削除用のコマンド ライン スクリプトを作成する場合に使用します。 フェールオーバー クラスターをアンインストールするには、各フェールオーバー クラスター ノードで RemoveNode を実行する必要があります。 詳細については、「Always On フェールオーバー クラスター インスタンス (SQL Server)」を参照してください。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント パラメーター 説明
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /ACTION

必須
RemoveNode ワークフローを示すために必要です。

サポートされる値:RemoveNode
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIGURATIONFILE

省略可能
使用する ConfigurationFile を指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HELP、?

省略可能
パラメーターの使用方法を表示します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INDICATEPROGRESS

省略可能
詳細なセットアップ ログ ファイルがコンソールにパイプされるように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /INSTANCENAME

必須
SQL Server データベース エンジン インスタンス名を指定します。

詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /Q または /QUIET

省略可能
セットアップが、ユーザー インターフェイスなしで、非表示モードで実行されるように指定します。 このパラメーターは、自動インストールに使用されます。 /Q パラメーターによって /QS パラメーターの入力がオーバーライドされます。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /QS または /QUIETSIMPLE

省略可能
セットアップが UI を使用して実行され、UI を使用して進捗状況が表示されるように指定します。さらに、セットアップで入力ができないように、またはエラー メッセージが表示されないように指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /HIDECONSOLE

省略可能
コンソール ウィンドウを非表示にするか閉じる場合に指定します。
SQL Server データベース エンジン セットアップ コントロール /CONFIRMIPDEPENDENCYCHANGE

必須
マルチサブネット フェールオーバー クラスターについて、IP アドレス リソースの依存関係を OR から AND に設定することを示します。 詳細については、SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスターでのノードの追加または削除 (セットアップ) に関する記事をご覧ください。 サポートされる値:

0 = False (既定値)

1 = True
サンプル構文:

データベース エンジン および Analysis Servicesが配置された既存のフェールオーバー クラスター インスタンスからノードを削除するには

setup.exe /q /ACTION=RemoveNode /INSTANCENAME="<Insert Instance Name>" [/INDICATEPROGRESS] /CONFIRMIPDEPENDENCYCHANGE=0  

サービス アカウント パラメーター

ビルトイン アカウント、ローカル アカウント、またはドメイン アカウントを使用して、SQL Server サービスを構成できます。

Note

管理されたサービス アカウント、仮想アカウント、またはビルトイン アカウントを使用する場合、対応するパスワード パラメーターを指定しないでください。 これらのサービス アカウントの詳細については、「Windows サービス アカウントとアクセス許可の構成」の「 Windows 7 と Windows Server 2008 R2 で利用可能な新しいアカウントの種類」セクションをご覧ください。

サービス アカウント構成の詳細については、「Windows サービス アカウントとアクセス許可の構成」をご覧ください。

SQL Server データベース エンジン コンポーネント アカウント パラメーター パスワード パラメーター スタートアップの種類
SQL Server エージェント /AGTSVCACCOUNT /AGTSVCPASSWORD /AGTSVCSTARTUPTYPE
Analysis Services /ASSVCACCOUNT /ASSVCPASSWORD /ASSVCSTARTUPTYPE
SQL Server データベース エンジン /SQLSVCACCOUNT /SQLSVCPASSWORD /SQLSVCSTARTUPTYPE
Integration Services /ISSVCACCOUNT /ISSVCPASSWORD /ISSVCStartupType
Reporting Services /RSSVCACCOUNT /RSSVCPASSWORD /RSSVCStartupType

注意

Reporting Services の機能は SQL Server 2017 から削除されました。 SQL Server Reporting Services のアカウント パラメーターは、SQL Server 2017 より前のバージョンにのみ適用されます。

機能パラメーター

特定の機能をインストールするには、/FEATURES パラメーターを使用して、以下の表の親機能の値または機能の値を指定します。 SQL Server の各エディションでサポートされる機能の一覧については、「SQL Server 2016 (13.x) の各エディションとサポートされている機能」、「SQL Server 2017 (14.x) の各エディションとサポートされている機能」、または「SQL Server 2019 (15.x) の各エディションとサポートされている機能」を参照してください。

親機能パラメーター 機能パラメーター 説明
SQL SQL Server データベース エンジン、レプリケーション、フルテキスト、および Data Quality サーバーをインストールします。
SQLEngine SQL Server データベース エンジンのみをインストールします。
レプリケーション SQL Server データベース エンジンと共にレプリケーション コンポーネントをインストールします。
FullText SQL Server データベース エンジンと共にフルテキスト コンポーネントをインストールします。
DQ Data Quality サーバー のインストールを完了するために必要なファイルをコピーします。 SQL Server のインストールが完了したら、DQSInstaller.exe ファイルを実行して、 Data Quality サーバー のインストールを完了させる必要があります。 詳細については、「 Data Quality Server のインストールを完了するための DQSInstaller.exe の実行」をご覧ください。 このパラメーターでは、 SQL Server データベース エンジンもインストールされます。
PolyBase PolyBase コンポーネントをインストールします。
PolyBaseCore SQL Server 2019 以降では、Oracle、Teradata、SQL Server、その他のリレーショナル データと非リレーショナル データで標準 T-SQL ステートメントを使った十分に統合されたクエリを可能にする Polybase テクノロジをインストールするには、PolyBase と併用してください。
PolyBaseJava SQL Server 2019 以降では、HDFS データで標準 T-SQL ステートメントを使った十分に統合されたクエリを可能にする PolyBase Java Connector をインストールするには、PolyBase と併用してください。
AdvancedAnalytics SQL Server Machine Learning Services または SQL Server 2016 R Services (データベース内) をインストールします。
SQL_INST_MR SQL Server Machine Learning Services (2017 以降) および SQL Server 2016 R Services (データベース内) に該当します。 R Open と専用の R パッケージをインストールするには、AdvancedAnalytics と併用してください。
SQL_INST_MPY SQL Server Machine Learning Services (2017 以降) に該当します。 Anaconda と専用の Python パッケージをインストールするには、AdvancedAnalytics と併用してください。
SQL_INST_JAVA SQL Server Java 言語拡張 (2019 以降) に該当します。 標準 T-SQL ステートメントを使った Java との統合を可能にする拡張機能をインストールするには、AdvancedAnalytics と併用してください。
AS すべての Analysis Services コンポーネントをインストールします。
RS すべての Reporting Services コンポーネントをインストールします。 SQL Server 2017 以降で削除されました。
RS_SHP SharePoint 用の Reporting Services コンポーネントをインストールします。 SQL Server 2017 以降で削除されました。
RS_SHPWFE SharePoint 製品用の Reporting Services アドインをインストールします。 SQL Server 2017 以降で削除されました。
DQC Data Quality クライアント がインストールされます。
IS すべての Integration Services コンポーネントをインストールします。
IS_Master Integration Services Scale Out のスケール アウト マスターが含まれています。
IS_Worker Integration Services Scale Out のスケール アウト ワーカーが含まれています。
MDS マスター データ サービス がインストールされます。
SQL_SHARED_MPY SQL Server 2017 Machine Learning Server (スタンドアロン) の Python パッケージをインストールします。
SQL_SHARED_MR SQL Server 2016 R Server (スタンドアロン) または SQL Server Machine Learning Server (スタンドアロン) の R パッケージをインストールします。
Tools* クライアント ツールおよび SQL Server オンライン ブック コンポーネントをインストールします。
BC 旧バージョンとの互換性コンポーネントをインストールします。
Conn 接続コンポーネントをインストールします。
DREPLAY_CTLR 分散再生コントローラーをインストールします。
DREPLAY_CLT 分散再生クライアントをインストールします。
SNAC_SDK Microsoft SQL Server Native Client 用 SDK をインストールします。
SDK ソフトウェア開発キットをインストールします。
LocalDB** LocalDB (プログラムの開発者を対象とした SQL Server Express の実行モード) をインストールします。

* SQL Server Management Studio (SSMS) は、現在、SQL Server のインストーラーとは別のスタンドアロン インストーラー内にあります。 詳細については、SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロードに関するページを参照してください。

機能パラメーターの例:

パラメーターおよび値 説明
/FEATURES=SQLEngine レプリケーションおよびフルテキストなしの データベース エンジン をインストールします。
/FEATURES=SQLEngine,FullText データベース エンジン とフルテキストをインストールします。
/FEATURES=SQL,Tools 完全な データベース エンジン およびすべてのツールをインストールします。
/FEATURES=BOL ヘルプ コンテンツを表示および管理するための SQL Server オンライン ブック コンポーネントをインストールします。
/FEATURES=SQLEngine,PolyBase PolyBase エンジンをインストールします。

ロール パラメーター

セットアップ ロール パラメーター (/Role パラメーター) は、あらかじめ構成された機能の選択内容をインストールするために使用されます。 SSAS ロールでは、既存の SharePoint ファーム、または新しい未構成のファームのどちらかに SSAS インスタンスがインストールされます。 これらのシナリオをサポートするために、2 つのセットアップ ロールが用意されています。 インストールするために選択できるセットアップ ロールは一度に 1 つだけです。 セットアップ ロールを選択すると、そのロールに所属する機能とコンポーネントがセットアップによってインストールされます。 ロールに指定されている機能とコンポーネントは変更できません。 機能ロール パラメーターの使用方法の詳細については、「 コマンド プロンプトからの Power Pivot のインストール」をご覧ください。

AllFeatures_WithDefaults ロールは、 SQL Server Express のエディションの既定の動作であり、このロールを指定した場合は、ユーザーに対して表示されるダイアログ ボックスの数が減少します。 このロールは、 SQL Server Express以外の SQL Server エディションをインストールするときに、コマンド ラインから指定できます。

Role 説明 インストールされる機能
SPI_AS_ExistingFarm Analysis Services を Power Pivot 名前付きインスタンスとして、既存の SharePoint Server 2010 ファームまたはスタンドアロン サーバーにインストールします。 メモリ内のデータの格納と処理用にあらかじめ構成された、Analysis Services 計算エンジン。

Power Pivot ソリューション パッケージ

Power Pivot for Excel のインストーラー プログラム

SQL Server オンライン ブック
SPI_AS_NewFarm Analysis Services および データベース エンジン を Power Pivot の名前付きインスタンスとして、新しい未構成の Office SharePoint Server 2010 ファームまたはスタンドアロン サーバーにインストールします。 SQL Server セットアップは、機能ロールのインストール時にファームを構成します。 メモリ内のデータの格納と処理用にあらかじめ構成された、Analysis Services 計算エンジン。

Power Pivot ソリューション パッケージ

SQL Server オンライン ブック

データベース エンジン

構成ツール (Configuration Tools)

SQL Server Management Studio
AllFeatures_WithDefaults 現在のエディションで使用できるすべての機能をインストールします。

現在のユーザーを SQL Server sysadmin 固定サーバー ロールに追加します。

Windows Server 2008 以降を使用していて、そのオペレーティング システムがドメイン コントローラーでない場合、 データベース エンジンと Reporting Services は既定で NTAUTHORITY\NETWORK SERVICE アカウントを使用し、 Integration Services は既定で NTAUTHORITY\NETWORK SERVICE アカウントを使用します。

このロールは、 SQL Server Expressのエディションで、既定で有効になっています。 その他のエディションの場合、このロールは有効になっていませんが、UI またはコマンドライン パラメーターを使用して指定できます。
SQL Server Expressのエディションの場合は、そのエディションで使用できる機能のみがインストールされます。 その他のエディションの場合は、SQL Server のすべての機能がインストールされます。

AllFeatures_WithDefaults パラメーターは、AllFeatures_WithDefaults パラメーターの設定をオーバーライドする他のパラメーターと組み合わせることができます。 たとえば、 AllFeatures_WithDefaults パラメーターと /Features=RS パラメーターを組み合わせて使用すると、すべての機能をインストールするコマンドがオーバーライドされ Reporting Servicesのみがインストールされますが、 AllFeatures_WithDefaults パラメーターを適用することで、 Reporting Servicesに対して既定のサービス アカウントが使用されます。

AllFeatures_WithDefaults パラメーターを /ADDCURRENTUSERASSQLADMIN=FALSE と共に使用すると、準備ダイアログには現在のユーザーに関する情報が自動入力されません。 SQL Server エージェントのサービス アカウントとパスワードを指定するには、 /AGTSVCACCOUNT/AGTSVCPASSWORD を追加します。

/FAILOVERCLUSTERROLLOWNERSHIP パラメーターを使用したフェールオーバーの動作の制御

SQL Server データベース エンジン フェールオーバー クラスターをアップグレードするには、フェールオーバー クラスター ノードのパッシブ ノードから開始して、1 ノードごとにセットアップを実行する必要があります。 フェールオーバー クラスター インスタンスのノード総数と、アップグレード済みのノードの数との違いに応じて、セットアップがアップグレード済みのノードにフェールオーバーする時期が決まります。 ノード総数の半数以上がアップグレード済みの場合、既定のセットアップにより、アップグレード済みのノードにフェールオーバーが発生します。

アップグレード プロセス中にクラスター ノードのフェールオーバーの動作を制御するには、コマンド プロンプトでアップグレード操作を実行して /FAILOVERCLUSTERROLLOWNERSHIP パラメーターを使用し、アップグレード操作によってノードがオフラインになる前にフェールオーバーの動作を制御します。 このパラメーターの使用方法は次のとおりです。

  • /FAILOVERCLUSTERROLLOWNERSHIP=0 を指定すると、クラスターの所有権 (グループの移動) がアップグレード済みのノードに移動しないため、このノードはアップグレード終了時に SQL Server クラスターの実行可能な所有者の一覧に追加されません。

  • /FAILOVERCLUSTERROLLOWNERSHIP=1 を指定すると、クラスターの所有権 (グループの移動) がアップグレードされたノードに移動するため、このノードはアップグレード終了時に SQL Server クラスターの実行可能な所有者の一覧に追加されます。

  • /FAILOVERCLUSTERROLLOWNERSHIP=2 は既定の設定です。 これは、このパラメーターが指定されていない場合に使用されます。 この設定は、SQL Server セットアップによってクラスターの所有権 (グループの移動) が必要に応じて管理されることを示しています。

インスタンス ID (InstanceID) の構成

インスタンス ID (/InstanceID) パラメーターは、インスタンス コンポーネントのインストール先と、インスタンスのレジストリ パスを指定するために使用されます。 INSTANCEID の値は文字列で、一意である必要があります。

  • SQL インスタンス ID: MSSQLxx.<INSTANCEID>

  • AS インスタンス ID: MSASxx.<INSTANCEID>

  • RS インスタンス ID: MSRSxx.<INSTANCEID>

インスタンス対応のコンポーネントは次の場所に格納されます。

%Program Files%\Microsoft SQL Server\<SQLInstanceID>

%Program Files%\Microsoft SQL Server\<ASInstanceID>

%Program Files%\Microsoft SQL Server\<RSInstanceID>

Note

INSTANCEID をコマンド ラインで指定しない場合、既定のセットアップでは、<INSTANCEID> の代わりに <INSTANCENAME> が使用されます。

参照