インストール ウィザードからの SQL Server 2014 のインストール (セットアップ)Install SQL Server 2014 from the Installation Wizard (Setup)

ここでは、 SQL Server 2014SQL Server 2014 セットアップ インストール ウィザードを使用して SQL ServerSQL Server の新しいインスタンスをインストールする手順について詳しく説明します。This topic provides a step-by-step procedure for installing a new instance of SQL Server 2014SQL Server 2014 using the SQL ServerSQL Server setup installation wizard. SQL ServerSQL Server インストール ウィザードでは、1 つの機能ツリーを使用してすべての SQL ServerSQL Server コンポーネントをインストールできるため、それらを個別にインストールする必要はありません。The SQL ServerSQL Server Installation Wizard provides a single feature tree for installation of all SQL ServerSQL Server components so that you do not have to install them individually. インストール可能なさまざまなコンポーネントの詳細については、次を参照してください。 for SQL Server 2014 インストールします。For more information on various components that can be installed, see Installation for SQL Server 2014. インストールする方法について、SQL ServerSQL Serverコンポーネントは個別を参照してくださいSQL Server 2014 のインストールします。For more information about how to install the SQL ServerSQL Server components individually, see Install SQL Server 2014.

SQL ServerSQL Serverをインストールする他の方法については、次のトピックに記載されています。These additional topics document other ways to install SQL ServerSQL Server:

前提条件Prerequisites

SQL ServerSQL Serverをインストールする前に、「 SQL サーバーのインストール計画」のトピックを参照してください。Before you install SQL ServerSQL Server, review topics in Planning a SQL Server Installation.

注意

ローカル インストールの場合は、セットアップを管理者として実行する必要があります。For local installations, you must run Setup as an administrator. SQL ServerSQL Server をリモート共有からインストールする場合は、そのリモート共有に対する読み取り権限と実行権限を持つドメイン アカウントを使用する必要があります。If you install SQL ServerSQL Server from a remote share, you must use a domain account that has read and execute permissions on the remote share.

インストール方法: SQL Server 2014SQL Server 2014To install SQL Server 2014SQL Server 2014

  1. SQL ServerSQL Server のインストール メディアを挿入します。Insert the SQL ServerSQL Server installation media. ルート フォルダーの Setup.exe をダブルクリックします。From the root folder, double-click Setup.exe. ネットワーク共有からインストールするには、ネットワーク共有上のルート フォルダーに移動し、Setup.exe をダブルクリックします。To install from a network share, locate the root folder on the share, and then double-click Setup.exe.

  2. インストール ウィザードで SQL ServerSQL Server インストール センターが実行されます。The Installation Wizard runs the SQL ServerSQL Server Installation Center. SQL ServerSQL Server の新しいインストールを作成するには、左側のナビゲーション領域の [インストール] をクリックし、 SQL ServerSQL Server [の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します] をクリックします。To create a new installation of SQL ServerSQL Server, click Installation in the left-hand navigation area, and then click New SQL ServerSQL Server stand-alone installation or add features to an existing installation.

  3. [プロダクト キー] ページで、オプションを選択して、SQL ServerSQL Server の無償のエディション、または PID キーを持つ製品版のどちらをインストールするかを指定します。On the Product Key page, select an option to indicate whether you are installing a free edition of SQL ServerSQL Server, or a production version of the product that has a PID key. 詳細については、次を参照してください。エディションと SQL Server 2014 のコンポーネントのします。For more information, see Editions and Components of SQL Server 2014.

    続行するには、 [次へ] をクリックします。To continue, click Next.

  4. [ライセンス条項] ページで使用許諾契約書を確認し、同意する場合は [ライセンス条項に同意する] チェック ボックスをオンにして、 [次へ] をクリックします。On the License Terms page, review the license agreement and, if you agree, select the I accept the license terms check box, and then click Next. SQL ServerSQL Serverの機能向上に役立てるため、機能の使用状況オプションを有効にしてレポートを MicrosoftMicrosoftに送信することもできます。To help improve SQL ServerSQL Server, you can also enable the feature usage option and send reports to MicrosoftMicrosoft.

  5. [グローバル ルール] ウィンドウ内で、ルール エラーが存在していない場合は、セットアップ手順は自動的に [製品の更新プログラム] ページに進みます。In the Global Rules window, the setup procedure will automatically advance to the Product Updates window if there are no rule errors.

  6. [ MicrosoftMicrosoft Update] ページは、コントロール パネルの [すべてのコントロール パネル項目] で [Windows Update]、[設定の変更] の順にクリックし、[ MicrosoftMicrosoft Update] のチェック ボックスがオフになっている場合、次に表示されます。The MicrosoftMicrosoft Update page will appear next if the MicrosoftMicrosoft Update check box in Control Panel\All Control Panel Items\Windows Update\Change settings is not checked. [ MicrosoftMicrosoft Update] ページでチェック マークを付けると、Windows Update を調べるときに最新の更新プログラムが含まれるようにコンピューターの設定が変更されます。Putting a check in the MicrosoftMicrosoft Update page will change the computer settings to include the latest updates when you scan for Windows Update.

  7. [製品の更新プログラム] ページに、使用できる最新の SQL ServerSQL Server 製品の更新プログラムが表示されます。On the Product Updates page, the latest available SQL ServerSQL Server product updates are displayed. 製品の更新プログラムが検出されない場合、 SQL ServerSQL Server セットアップではこのページは表示されず、 [セットアップ ファイルのインストール] ページに自動的に移動します。If no product updates are discovered, SQL ServerSQL Server Setup does not display this page and auto advances to the Install Setup Files page.

  8. [セットアップ ファイルのインストール] ページのセットアップには、セットアップ ファイルのダウンロード、抽出、およびインストールの進行状況が表示されます。On the Install Setup files page, Setup provides the progress of downloading, extracting, and installing the Setup files. SQL ServerSQL Server セットアップの更新プログラムが検出され、含まれるように指定されている場合は、その更新プログラムもインストールされます。If an update for SQL ServerSQL Server Setup is found, and is specified to be included, that update will also be installed.

  9. [セットアップ ロール] ページで、 SQL ServerSQL Server 機能のインストールをクリックし、 [次へ] をクリックして [機能の選択] ページに進みます。On the Setup Role page, select SQL ServerSQL Server Feature Installation, and then click Next to continue to the Feature Selection page.

  10. [機能の選択] ページで、インストールするコンポーネントを選択します。On the Feature Selection page, select the components for your installation. 機能名を選択すると、 [機能の説明] ペインに各コンポーネント グループの説明が表示されます。A description for each component group appears in the Feature description pane after you select the feature name. チェック ボックスはいくつでもオンにできます。You can select any combination of check boxes. 詳細については、次を参照してください。エディションと SQL Server 2014 のコンポーネント機能は、SQL Server 2014 の各エディションでサポートされているします。For more information, see Editions and Components of SQL Server 2014 and Features Supported by the Editions of SQL Server 2014.

    選択した機能の必須コンポーネントが、 [選択した機能に必要なコンポーネント] ペインに表示されます。The prerequisites for the selected features are displayed in the Prerequisites for selected features pane. SQL ServerSQL Server セットアップでは、この手順の後半で説明するインストール手順の間に、まだインストールされていない必須コンポーネントをインストールします。Setup will install the prerequisite that are not already installed during the installation step described later in this procedure.

    [機能の選択] ページの下部にあるフィールドを使用して、共有コンポーネントのカスタム ディレクトリを指定することもできます。You can also specify a custom directory for shared components by using the field at the bottom of the Feature Selection page. 共有コンポーネントのインストール パスを変更するには、ダイアログ ボックスの下部にあるフィールドのパスを更新するか、 [参照] をクリックしてインストール ディレクトリに移動します。To change the installation path for shared components, either update the path in the field at the bottom of the dialog box, or click Browse to move to an installation directory. 既定のインストール パスは C:\プログラム ファイル\Microsoft SQL Server\120C:\Program Files\Microsoft SQL Server\120\です。The default installation path is C:\プログラム ファイル\Microsoft SQL Server\120C:\Program Files\Microsoft SQL Server\120\.

    共有コンポーネントには絶対パスを指定する必要があります。The path specified for the shared components must be an absolute path. フォルダーを圧縮または暗号化しないでください。The folder must not be compressed or encrypted. マップされたドライブはサポートされていません。Mapped drives are not supported.

    SQL ServerSQL Server を 64 ビット オペレーティング システムにインストールしている場合は、次のオプションが表示されます。If you are installing SQL ServerSQL Server on a 64-bit operating system, you will see the following options:

    1. 共有機能ディレクトリShared feature directory

    2. 共有機能ディレクトリ (x86)Shared feature directory (x86)

    前の各オプションには異なるパスを指定する必要があります。The path specified for each of the above options must be different.

  11. すべてのルールに合格した場合は、[機能ルール] ウィンドウは自動的に進行します。The Feature Rules window will automatically advance if all rules pass.

  12. [インスタンスの構成] ページで、既定のインスタンスまたは名前付きインスタンスをインストールするかどうかを指定します。On the Instance Configuration page, specify whether to install a default instance or a named instance. 詳細については、「 Instance Configuration」を参照してください。For more information, see Instance Configuration.

    [インスタンス ID] : 既定では、インスタンス名がインスタンス ID として使用されます。Instance ID - By default, the instance name is used as the Instance ID. これは、 SQL ServerSQL Serverのインスタンスのインストール ディレクトリとレジストリ キーを識別するために使用されます。This is used to identify installation directories and registry keys for your instance of SQL ServerSQL Server. これは、既定のインスタンスの場合も名前付きインスタンスの場合も同様です。This is the case for default instances and named instances. 既定のインスタンスの場合、インスタンス名とインスタンス ID は、MSSQLSERVER になります。For a default instance, the instance name and instance ID would be MSSQLSERVER. 既定以外のインスタンス ID を使用するには、 [インスタンス ID] ボックスで異なる値を指定します。To use a non-default instance ID, specify a different value for Instance ID text box.

    注意

    SQL Server 2014SQL Server 2014の標準的なスタンドアロン インスタンスでは、既定のインスタンスの場合も名前付きインスタンスの場合も、 [インスタンス ID] の値として既定値以外は使用しません。Typical stand-alone instances of SQL Server 2014SQL Server 2014, whether default or named instances, do not use a non-default value for the Instance ID.

    すべての SQL ServerSQL Server Service Pack とアップグレードは SQL ServerSQL Serverのインスタンスの各コンポーネントに適用されます。All SQL ServerSQL Server service packs and upgrades will apply to every component of an instance of SQL ServerSQL Server.

    [インストール済みのインスタンス] : セットアップを実行中のコンピューター上にある SQL ServerSQL Server のインスタンスがグリッドに表示されます。Installed instances - The grid shows instances of SQL ServerSQL Server that are on the computer where Setup is running. 既定のインスタンスが既にコンピューターにインストールされている場合、 SQL Server 2014SQL Server 2014の名前付きインスタンスをインストールする必要があります。If a default instance is already installed on the computer, you must install a named instance of SQL Server 2014SQL Server 2014.

    インストールの残りの部分のワーク フローは、インストールするように指定した機能に応じて異なります。The Work flow for the rest of the installation depends on the features that you have specified for your installation. 選択した機能によっては、表示されないページもあります。You might not see all the pages, depending on your selections.

  13. [サーバーの構成 - サービス アカウント] ページを使用して、SQL ServerSQL Server サービスのログイン アカウントを指定します。Use the Server Configuration - Service Accounts page to specify login accounts for SQL ServerSQL Server services. このページで構成する実際のサービスは、インストール時に選択した機能によって異なります。The actual services that are configured on this page depend on the features that you selected to install.

    すべての SQL ServerSQL Server サービスに同じログイン アカウントを割り当てることも、各サービス アカウントを個々に構成することもできます。You can assign the same login account to all SQL ServerSQL Server services, or you can configure each service account individually. サービスを自動的に開始するか、手動で開始するか、または無効にするかを指定することもできます。You can also specify whether services start automatically, are started manually, or are disabled. MicrosoftMicrosoft では、各サービスに最小の権限を与えるためにはサービス アカウントを個別に構成することをお勧めします。サービス アカウントを個別に構成すると、 SQL ServerSQL Server サービスには、サービスでのタスクの実行に必要な最小権限が付与されます。recommends that you configure service accounts individually to provide least privileges for each service, where SQL ServerSQL Server services are granted the minimum permissions they have to have to complete their tasks. 詳細については、「 サーバー構成 - サービス アカウント 」および「 Windows サービス アカウントと権限の構成」を参照してください。For more information, see Server Configuration - Service Accounts and Configure Windows Service Accounts and Permissions.

    SQL ServerSQL Serverのこのインスタンスに含まれるすべてのサービス アカウントに同じログオン アカウントを指定する場合は、ページの下部にあるフィールドに資格情報を指定します。To specify the same logon account for all service accounts in this instance of SQL ServerSQL Server, provide credentials in the fields at the bottom of the page.

    重要

    空白のパスワードは使用しないでください。Do not use a blank password. 強力なパスワードを使用してください。Use a strong password.

    [サーバーの構成 - 照合順序] ページを使用して、データベース エンジンDatabase Engine および Analysis ServicesAnalysis Services に既定以外の照合順序を指定します。Use the Server Configuration - Collation page to specify non-default collations for the データベース エンジンDatabase Engine and Analysis ServicesAnalysis Services. 詳細については、「 サーバー構成 - 照会順序」を参照してください。For more information, see Server Configuration - Collation.

  14. データベース エンジンDatabase Engine [の構成 - サーバーの構成] ページを使用して、次の項目を指定します。Use the データベース エンジンDatabase Engine Configuration - Server Configuration page to specify the following:

    • [セキュリティ モード] - SQL ServerSQL Serverのインスタンス用に Windows 認証または混合モード認証を選択します。Security Mode - Select Windows Authentication or Mixed Mode Authentication for your instance of SQL ServerSQL Server. 混合モード認証を選択した場合は、組み込みの SQL ServerSQL Server システム管理者アカウントの強力なパスワードを入力する必要があります。If you select Mixed Mode Authentication, you must provide a strong password for the built-in SQL ServerSQL Server system administrator account.

      デバイスが SQL ServerSQL Serverとの接続を正常に確立した後のセキュリティ メカニズムは Windows 認証モード、混合モードのどちらの場合も同じです。After a device establishes a successful connection to SQL ServerSQL Server, the security mechanism is the same for both Windows Authentication and Mixed Mode. 詳細については、次を参照してください。データベース エンジンの構成 - アカウントのプロビジョニングします。For more information, see Database Engine Configuration - Account Provisioning.

    • SQL ServerSQL Server [管理者] - SQL ServerSQL Serverのインスタンスの 1 人以上のシステム管理者を指定する必要があります。Administrators - You must specify at least one system administrator for the instance of SQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Server セットアップを実行しているアカウントを追加するには、 [現在のユーザーの追加] をクリックします。To add the account under which SQL ServerSQL Server Setup is running, click Add Current User. システム管理者の一覧に対してアカウントを追加または削除するには、 [追加] または [削除] をクリックし、 SQL ServerSQL Serverのインスタンスについて管理者特権を持っているユーザー、グループ、またはコンピューターの一覧を編集します。To add or remove accounts from the list of system administrators, click Add or Remove, and then edit the list of users, groups, or computers that will have administrator privileges for the instance of SQL ServerSQL Server.

    データベース エンジンDatabase Engine [の構成 - データ ディレクトリ] ページを使用して、既定以外のインストール ディレクトリを指定します。Use the データベース エンジンDatabase Engine Configuration - Data Directories page to specify non-default installation directories. 既定のディレクトリにインストールする場合は、 [次へ] をクリックします。To install to default directories, click Next.

    重要

    既定以外のインストール ディレクトリを指定する場合は、インストール フォルダーがこの SQL ServerSQL Serverインスタンスに対して一意であることを確認します。If you specify non-default installation directories, ensure that the installation folders are unique to this instance of SQL ServerSQL Server. このダイアログ ボックスのディレクトリは、 SQL ServerSQL Serverの他のインスタンスのディレクトリと共有できません。None of the directories in this dialog box should be shared with directories from other instances of SQL ServerSQL Server. さらに、データ ディレクトリをドライブまたはマウント ポイントのルート フォルダーにして SQL Server をインストールすると、失敗します。Further, installing SQL Server with the Data Directories on the root folder of a drive or a mount point will fail. 詳細についてを参照してくださいマウントされたボリュームの SQL Server のサポート。For more information, please review SQL Server support for mounted volumes.

    詳細については、「 データベース エンジンの構成 - データ ディレクトリ」を参照してください。For more information, see Database Engine Configuration - Data Directories.

    データベース エンジンDatabase Engine [の構成 - FILESTREAM] ページを使用して、 SQL ServerSQL Serverインスタンスに対する FILESTREAM を有効にします。Use the データベース エンジンDatabase Engine Configuration - FILESTREAM page to enable FILESTREAM for your instance of SQL ServerSQL Server. 詳細については、「 データベース エンジンの構成 - Filestream」を参照してください。For more information, see Database Engine Configuration - Filestream.

  15. [Analysis ServicesAnalysis Services の構成 - アカウントの準備] ページを使用して、サーバー モードと Analysis ServicesAnalysis Services の管理者権限を持つユーザーまたはアカウントを指定します。Use the Analysis ServicesAnalysis Services Configuration - Account Provisioning page to specify the server mode and the users or accounts that will have administrator permissions for Analysis ServicesAnalysis Services. サーバー モードによって、サーバーで使用されるメモリとストレージ サブシステムが決まります。Server mode determines which memory and storage subsystems are used on the server. サーバー モードによって、実行されるソリューションの種類も異なります。Different solution types run in different server modes. サーバーで多次元キューブ データベースを実行する場合は、既定の [多次元データおよびデータ マイニング] サーバー モード オプションを選択します。If you plan to run multidimensional cube databases on the server, choose the default option, Multidimensional and Data Mining server mode. 管理者権限に関しては、 Analysis ServicesAnalysis Servicesのシステム管理者を少なくとも 1 人指定する必要があります。Regarding administrator permissions, you must specify at least one system administrator for Analysis ServicesAnalysis Services. SQL Server セットアップを実行しているアカウントを追加するには、 [現在のユーザーの追加] をクリックします。To add the account under which SQL Server Setup is running, click Add Current User. システム管理者の一覧に対してアカウントを追加または削除するには、 [追加] または [削除] をクリックし、 Analysis ServicesAnalysis Servicesの管理者権限を持つユーザー、グループ、またはコンピューターの一覧を編集します。To add or remove accounts from the list of system administrators, click Add or Remove, and then edit the list of users, groups, or computers that will have administrator privileges for Analysis ServicesAnalysis Services. サーバー モードと管理者権限の詳細については、「 Analysis Services の構成 - アカウントの準備」を参照してください。For more information about server mode and administrator permissions, see Analysis Services Configuration - Account Provisioning.

    一覧の編集が完了したら、 [OK] をクリックします。When you are finished editing the list, click OK. 構成ダイアログ ボックスの管理者の一覧を確認します。Verify the list of administrators in the configuration dialog box. 一覧が完成したら、 [次へ] をクリックします。When the list is complete, click Next.

    Analysis ServicesAnalysis Services [の構成 - データ ディレクトリ] ページを使用して、既定以外のインストール ディレクトリを指定します。Use the Analysis ServicesAnalysis Services Configuration - Data Directories page to specify non-default installation directories. 既定のディレクトリにインストールする場合は、 [次へ] をクリックします。To install to default directories, click Next.

    重要

    既定以外のインストール ディレクトリを指定する場合は、インストール フォルダーがこの SQL ServerSQL Serverインスタンスに対して一意であることを確認します。If you specify non-default installation directories, ensure that the installation folders are unique to this instance of SQL ServerSQL Server. このダイアログ ボックスのディレクトリは、 SQL ServerSQL Serverの他のインスタンスのディレクトリと共有できません。None of the directories in this dialog box should be shared with directories from other instances of SQL ServerSQL Server. さらに、データ ディレクトリをドライブまたはマウント ポイントのルート フォルダーにして SQL Server をインストールすると、失敗します。Further, installing SQL Server with the Data Directories on the root folder of a drive or a mount point will fail. 詳細についてを参照してくださいマウントされたボリュームの SQL Server のサポート。For more information, please review SQL Server support for mounted volumes.

    詳細については、「 Analysis Service の構成 - データ ディレクトリ」を参照してください。For more information, see Analysis Services Configuration - Data Directories.

  16. 作成する Reporting ServicesReporting Services インストールの種類を指定するには、 Reporting ServicesReporting Services [の構成] ページを使用します。Use the Reporting ServicesReporting Services Configuration page to specify the kind of Reporting ServicesReporting Services installation to create. Reporting ServicesReporting Services 構成モードと用意されているオプションの詳細については、「Reporting Services 構成オプション (SSRS)」を参照してください。For more information about Reporting ServicesReporting Services configuration modes and the options we have, see Reporting Services Configuration Options (SSRS).

    オプションを選択したら、 [次へ] をクリックして続行します。After you choose an option, click Next to continue.

  17. [分散再生コントローラーの構成] ページを使用して、分散再生コントローラー サービスに対する管理権限を付与するユーザーを指定します。Use the Distributed Replay Controller Configuration page to specify the users you want to grant administrative permissions to for the Distributed Replay controller service. 管理権限を持つユーザーには、分散再生コントローラー サービスへの無制限のアクセス許可が与えられます。Users that have administrative permissions will have unlimited access to the Distributed Replay controller service.

    分散再生コントローラー サービスに対するアクセス許可を付与するユーザーを追加するには、 [現在のユーザーの追加] をクリックします。Click the Add Current User button to add the users to whom you want to grant access permissions for the Distributed Replay controller service. 分散再生コントローラー サービスのアクセス許可を追加するには、 [追加] をクリックします。Click the Add button to add access permissions for the Distributed Replay controller service. Distributed Replay Controller サービスからアクセス許可を削除するには、 [削除] をクリックします。Click the Remove button to remove access permissions from the Distributed Replay controller service.

    続行するには、 [次へ] をクリックします。To continue, click Next.

  18. [分散再生クライアントの構成] ページを使用して、分散再生クライアント サービスに対する管理権限を付与するユーザーを指定します。Use the Distributed Replay Client Configuration page to specify the users you want to grant administrative permissions to for the Distributed Replay client service. 管理権限を持つユーザーには、分散再生クライアント サービスへの無制限のアクセス許可が与えられます。Users that have administrative permissions will have unlimited access to the Distributed Replay client service.

    [コントローラー名] は、省略可能なパラメーターで、既定値は <blank> です。Controller Name is an optional parameter, and the default value is <blank>. 分散再生クライアント サービスと通信するクライアント コンピューターであるコントローラーの名前を入力します。Enter the name of the controller that the client computer will communicate with for the Distributed Replay client service. 次のことを考慮してください。Note the following:

    • コントローラーを既にセットアップしてある場合は、各クライアントを構成するときにコントローラーの名前を入力します。If you have already set up a controller, enter the name of the controller while configuring each client.

    • コントローラーをまだセットアップしていない場合は、コントローラー名を空白にしておくことができます。If you have not yet set up a controller, you can leave the controller name blank. ただし、コントローラー名を クライアント構成 ファイルに手動で入力する必要があります。However, you must manually enter the controller name in the client configuration file.

    分散再生クライアント サービス用の [作業ディレクトリ] を指定します。Specify the Working Directory for the Distributed Replay client service. 既定の作業ディレクトリは、<drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\WorkingDir\ です。The default working directory is <drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\WorkingDir\.

    分散再生クライアント サービス用の [結果ディレクトリ] を指定します。Specify the Result Directory for the Distributed Replay client service. 既定の結果ディレクトリは、<drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\ResultDir\ です。The default result directory is <drive letter>:\Program Files\MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server\DReplayClient\ResultDir\.

    続行するには、 [次へ] をクリックします。To continue, click Next.

  19. [インストールの準備完了] ページには、セットアップで指定したインストール オプションのツリー ビューが表示されます。The Ready to Install page shows a tree view of installation options that were specified during Setup. このページで、セットアップは製品の更新プログラム機能が有効/無効であるか、および最終バージョンの更新プログラムであるかどうかを示します。On this page, Setup indicates whether the Product Update feature is enabled or disabled and the final update version.

    続行するには、 [インストール] をクリックします。To continue, click Install. SQL ServerSQL Server セットアップは、選択した機能の必須コンポーネントを最初にインストールし、その後で機能をインストールします。Setup will first install the required prerequisites for the selected features followed by the feature installation.

  20. インストール中は、セットアップの進行に合わせてインストールの進行状況を監視できるように、[インストールの進行状況] ページに状態が表示されます。During installation, the Installation Progress page provides status so that you can monitor installation progress as Setup continues.

  21. インストールが終了すると、[完了] ページにインストールの概要ログ ファイルへのリンクと、その他の重要な注意事項が表示されます。After installation, the Complete page provides a link to the summary log file for the installation and other important notes. SQL ServerSQL Server のインストール プロセスを完了するには、 [閉じる] をクリックします。To complete the SQL ServerSQL Server installation process, click Close.

  22. コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されたら、再起動してください。If you are instructed to restart the computer, do so now. セットアップが完了した時点で、インストール ウィザードによるメッセージを確認することが重要です。It is important to read the message from the Installation Wizard when you have finished with Setup. 詳細については、「 SQL Server セットアップ ログ ファイルの表示と読み取り」を参照してください。For more information, see View and Read SQL Server Setup Log Files.

次の手順Next Steps

新しい SQL ServerSQL Server インストールを構成します。Configure your new SQL ServerSQL Server installation.

システムのセキュリティを向上させるため、 SQL ServerSQL Server では、主要なサービスと機能を個別にインストールし、有効化できるようになっています。To reduce the attackable surface area of a system, SQL ServerSQL Server selectively installs and enables key services and features. 詳細については、「 Surface Area Configuration」を参照してください。For more information, see Surface Area Configuration.

参照See Also

SQL Server のインストールの検証 Validate a SQL Server Installation
SQL Server 2014 のインストールを削除します。 Drop a SQL Server 2014 Installation
SQL Server セットアップ ログ ファイルの表示と読み取り View and Read SQL Server Setup Log Files
アップグレードする SQL Server 2014 のインストール ウィザードを使用して(セットアップ) Upgrade to SQL Server 2014 Using the Installation Wizard (Setup)
コマンド プロンプトからの SQL Server 2014 のインストールInstall SQL Server 2014 from the Command Prompt