SQL Server のスタンドアロン インスタンスをホストするコンピューターの名前変更Rename a Computer that Hosts a Stand-Alone Instance of SQL Server

適用対象: はいSQL Server (Windows only) いいえAzure SQL Database いいえAzure Synapse Analytics (SQL DW) いいえParallel Data Warehouse APPLIES TO: YesSQL Server (Windows only) NoAzure SQL Database NoAzure Synapse Analytics (SQL DW) NoParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Serverを実行するコンピューターの名前を変更した場合、変更後の名前は SQL ServerSQL Server の起動時に認識されます。When you change the name of the computer that is running SQL ServerSQL Server, the new name is recognized during SQL ServerSQL Server startup. コンピューター名を再設定するためにセットアップを再度実行する必要はありません。You do not have to run Setup again to reset the computer name. 代わりに次の手順を実行して、sys.servers に格納され、システム関数 @@SERVERNAME でレポートされるシステム メタデータを更新します。Instead, use the following steps to update system metadata that is stored in sys.servers and reported by the system function @@SERVERNAME. @@SERVERNAME を使用するか、sys.servers からサーバー名のクエリを実行するリモート接続およびリモート アプリケーションのコンピューター名の変更を反映するには、システム メタデータを更新します。Update system metadata to reflect computer name changes for remote connections and applications that use @@SERVERNAME, or that query the server name from sys.servers.

ここで示す手順を実行しても、 SQL ServerSQL Serverのインスタンスの名前を変更することはできません。The following steps cannot be used to rename an instance of SQL ServerSQL Server. 変更できるのは、インスタンス名のうち、コンピューター名に対応する部分のみです。They can be used only to rename the part of the instance name that corresponds to the computer name. たとえば、Instance1 という SQL ServerSQL Server のインスタンスをホストする MB1 というコンピューターを、MB2 のような別の名前に変更できます。For example, you can change a computer named MB1 that hosts an instance of SQL ServerSQL Server named Instance1 to another name, such as MB2. ただし、名前のインスタンスの部分 (Instance1) は変更されません。However, the instance part of the name, Instance1, will remain unchanged. この例では、 \\ComputerName\InstanceName が、 \\MB1\Instance1 から \\MB2\Instance1 に変更されます。In this example, the \\ComputerName\InstanceName would be changed from \\MB1\Instance1 to \\MB2\Instance1.

Before you beginBefore you begin

名前変更のプロセスを開始する前に、次の情報を確認します。Before you begin the renaming process, review the following information:

  • SQL ServerSQL Server のインスタンスが SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターに含まれている場合、コンピューターの名前変更のプロセスは、スタンドアロン インスタンスをホストするコンピューターとは異なります。When an instance of SQL ServerSQL Server is part of a SQL ServerSQL Server failover cluster, the computer renaming process differs from a computer that hosts a stand-alone instance.

  • SQL ServerSQL Server レプリケーションでログ配布を使用する場合を除き、レプリケーションに関連するコンピューターの名前は変更できません。does not support renaming computers that are involved in replication, except when you use log shipping with replication. プライマリ コンピューターが完全に存在しなくなった場合は、ログ配布のセカンダリ コンピューターの名前を変更できます。The secondary computer in log shipping can be renamed if the primary computer is permanently lost. 詳細については、ログ配布とレプリケーション (SQL Server) を参照してください。For more information, see Log Shipping and Replication (SQL Server).

  • Reporting ServicesReporting Services を使用するように構成されたコンピューターの名前を変更すると、コンピューター名の変更後、Reporting ServicesReporting Services を使用できないことがあります。When you rename a computer that is configured to use Reporting ServicesReporting Services, Reporting ServicesReporting Services might not be available after the computer name change. 詳細については、「 Server Web Service の名前の変更」を参照してください。For more information, see Rename a Report Server Computer.

  • データベース ミラーリングを使用する構成のコンピューターの名前を変更するときは、名前変更操作の前にデータベース ミラーリングを無効にする必要があります。When you rename a computer that is configured to use database mirroring, you must turn off database mirroring before the renaming operation. 次に、新しいコンピューター名でデータベース ミラーリングを再確立します。Then, re-establish database mirroring with the new computer name. データベース ミラーリングのメタデータは、新しいコンピューター名に自動的には更新されません。Metadata for database mirroring will not be updated automatically to reflect the new computer name. 次の手順を実行してシステム メタデータを更新します。Use the following steps to update system metadata.

  • コンピューター名へのハードコード参照を使用する Windows グループをとおして SQL ServerSQL Server に接続するユーザーは、 SQL ServerSQL Serverに接続できなくなることがあります。Users who connect to SQL ServerSQL Server through a Windows group that uses a hard-coded reference to the computer name might not be able to connect to SQL ServerSQL Server. この状況は、名前を変更した場合に、Windows グループで変更前のコンピューター名が指定されていると発生する可能性があります。This can occur after the rename if the Windows group specifies the old computer name. このような Windows グループが名前変更の後でも SQL ServerSQL Server 接続を確立できるようにするには、新しいコンピューター名を指定するように Windows グループを更新します。To ensure that such Windows groups have SQL ServerSQL Server connectivity following the renaming operation, update the Windows group to specify the new computer name.

SQL ServerSQL Server を再起動した後、新しいコンピューター名を使用して SQL ServerSQL Serverに接続できます。You can connect to SQL ServerSQL Server by using the new computer name after you have restarted SQL ServerSQL Server. @@SERVERNAME がローカル サーバー インスタンスの更新後の名前を返すことを確認するには、シナリオに応じて次のプロシージャを手動で実行する必要があります。To ensure that @@SERVERNAME returns the updated name of the local server instance, you should manually run the following procedure that applies to your scenario. 使用するプロシージャは、 SQL ServerSQL Serverの既定のインスタンスと名前付きインスタンスのどちらをホストするコンピューターを更新しているかによって決まります。The procedure you use depends on whether you are updating a computer that hosts a default or named instance of SQL ServerSQL Server.

SQL ServerSQL Server のスタンドアロン インスタンスをホストするコンピューターの名前を変更するRename a computer that hosts a stand-alone instance of SQL ServerSQL Server

  • SQL ServerSQL Serverの既定のインスタンスをホストする名前変更されたコンピューターの場合は、次のプロシージャを実行します。For a renamed computer that hosts a default instance of SQL ServerSQL Server, run the following procedures:

    sp_dropserver <old_name>;  
    GO  
    sp_addserver <new_name>, local;  
    GO  
    

    SQL ServerSQL Serverのインスタンスを再起動します。Restart the instance of SQL ServerSQL Server.

  • SQL ServerSQL Serverの名前付きインスタンスをホストする名前変更されたコンピューターの場合は、次のプロシージャを実行します。For a renamed computer that hosts a named instance of SQL ServerSQL Server, run the following procedures:

    sp_dropserver <old_name\instancename>;  
    GO  
    sp_addserver <new_name\instancename>, local;  
    GO  
    

    SQL ServerSQL Serverのインスタンスを再起動します。Restart the instance of SQL ServerSQL Server.

名前変更操作の後After the Renaming Operation

コンピューターの名前を変更した場合は、変更前のコンピューター名を使用している接続はすべて、変更後の名前で接続する必要があります。After a computer has been renamed, any connections that used the old computer name must connect by using the new name.

名前変更操作を確認するVerify renaming operation

  • @@SERVERNAME または sys.servers で情報を確認できます。Select information from either @@SERVERNAME or sys.servers. @@SERVERNAME 関数では新しい名前が返されます。sys.servers テーブルには新しい名前が表示されます。The @@SERVERNAME function will return the new name, and the sys.servers table will show the new name. 次は @@SERVERNAME の使用例です。The following example shows the use of @@SERVERNAME.

    SELECT @@SERVERNAME AS 'Server Name';  
    

その他の注意点Additional considerations

リモート ログイン - コンピューターでリモート ログインを行っている場合に、 sp_dropserver を実行すると次のようなエラーが発生することがあります:Remote Logins - If the computer has any remote logins, running sp_dropserver might generate an error similar to the following:

Server: Msg 15190, Level 16, State 1, Procedure sp_dropserver, Line 44 There are still remote logins for the server 'SERVER1'.

このエラーを解決するには、このサーバーに対するリモート ログインを削除する必要があります。To resolve the error, you must drop remote logins for this server.

リモート ログインを削除するDrop remote logins

  • 既定のインスタンスの場合は、次のプロシージャを実行します。For a default instance, run the following procedure:

    sp_dropremotelogin old_name;  
    GO  
    
  • 名前付きインスタンスの場合は、次のプロシージャを実行します。For a named instance, run the following procedure:

    sp_dropremotelogin old_name\instancename;  
    GO  
    

リンク サーバー構成 - リンク サーバー構成はコンピューター名の変更操作の影響を受けます。Linked Server Configurations - Linked server configurations will be affected by the computer renaming operation. sp_addlinkedserver または sp_setnetname を使用してコンピューターの名前参照を更新します。Use sp_addlinkedserver or sp_setnetname to update computer name references. 詳細については、「sp_addlinkedserver (Transact-SQL)」または「sp_setnetname (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see the sp_addlinkedserver (Transact-SQL) or sp_setnetname (Transact-SQL).

クライアントのエイリアス - 名前付きパイプを使用するクライアントのエイリアスはコンピューター名の変更操作の影響を受けます。Client Alias Names - Client aliases that use named pipes will be affected by the computer renaming operation. たとえば、SRVR1 に対するエイリアス "PROD_SRVR" が作成され、名前付きパイプのプロトコルが使用されている場合、パイプ名は \\SRVR1\pipe\sql\queryのようになります。For example, if an alias "PROD_SRVR" was created to point to SRVR1 and uses the named pipes protocol, the pipe name will look like \\SRVR1\pipe\sql\query. コンピューター名が変更された後は、名前付きパイプのパスは無効になります。After the computer is renamed, the path of the named pipe will no longer be valid and. 名前付きパイプの詳細については、「 名前付きパイプを使用した有効な接続文字列の作成」を参照してください。For more information about named pipes, see the Creating a Valid Connection String Using Named Pipes.

参照See also

SQL Server のインストールInstall SQL Server