トレース結果の表示の変更Modify the Trace Results View

このトピックでは、次のタスクを実行して SQL Server 2014SQL Server 2014 の拡張イベント セッションのトレース結果ビューを変更する方法について説明します。This topic describes how to modify the trace results view of an Extended Events session in SQL Server 2014SQL Server 2014 by performing the following tasks.

  1. 追加または列の削除Add or Remove Columns

  2. 作成、編集、またはマージされた列の削除Create, Edit, or Delete Merged Columns

  3. 結果を並べ替えSort the Results

  4. 結果をグループ化します。Group the Results

  5. 集計結果Aggregate the Results

  6. 結果をフィルター処理します。Filter the Results

  7. 列のテキストの検索Search for Text in Columns

  8. 表示設定を変更します。Change the Display Settings

追加または列の削除Add or Remove Columns

  1. .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックして、 [ライブ データの監視] をクリックしてもかまいません。You can also right click the session name, and then select Watch Live Data.

  2. トレース結果ウィンドウで、列見出しを右クリックして、 [列の選択] をクリックします。In the trace results window, right-click the column header, and then select Choose Columns.

  3. [列の選択] ダイアログ ボックスの [使用可能な列] で、追加する列の名前を選択し、右矢印をクリックします。In the Choose Columns dialog box, in the Available columns section, select the column names you want to add, and then click the right arrow.

    注意

    既定では、列は名前順に表示されます。By default, the columns are arranged by name. 列をイベント順に表示するには、 [イベントで並べ替え] をクリックします。To display the columns by event, click Arrange by event.

    列を削除するには、 [選択した列] セクションで、削除する列を選択し、左矢印をクリックします。To remove columns, in the Selected columns section, select the columns you want to remove, and click the left arrow.

  4. 列の表示順序を変更するには、 [選択した列] セクションで [上へ移動] または [下へ移動] をクリックします。In the Selected columns section, to change the column order display, click Move Up or Move Down respectively. 複数行を移動することはできません。You cannot move multiple rows.

  5. [OK] をクリックします。Click OK.

作成、編集、またはマージされた列の削除Create, Edit, or Delete Merged Columns

結合列を作成するにはTo create merged columns

  1. .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックして、 [ライブ データの監視] をクリックしてもかまいません。You can also right click the session name, and then select Watch Live Data.

  2. トレース結果ウィンドウで、列見出しを右クリックして、 [列の選択] をクリックします。In the trace results window, right-click the column header, and then click Choose Columns.

  3. [列の選択] ダイアログ ボックスで [新規作成] をクリックします。In the Choose Columns dialog box, click New.

  4. [新しい結合列] ダイアログ ボックスの [結合列の名前] ボックスに結合列の名前を入力します。In the New Merged Column dialog box, in the Merged column name box, enter a name for the merged columns.

  5. [結合元の列] ボックスの一覧で、結合する列を 2 つ以上選択します。In the Original columns to merge box, select two or more columns to merge from the drop-down list.

    注意

    拡張イベントは最大 5 列までの結合をサポートします。Extended Events only supports merging up to five columns.

  6. [OK] をクリックします。Click OK.

結合列を編集するにはTo edit merged columns

  1. .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックして、 [ライブ データの監視] をクリックしてもかまいません。You can also right click the session name, and then select Watch Live Data.

  2. トレース結果ウィンドウで、列見出しを右クリックして、 [列の選択] をクリックします。In the trace results window, right-click the column header, and then click Choose Columns.

  3. [列の選択] ダイアログ ボックスで [編集] をクリックします。In the Choose Columns dialog box, click Edit.

  4. 結合列の名前を変更するには、 [新しい結合列] ダイアログ ボックスの [結合列の名前] ボックスに新しい名前を入力します。To change the name of the merged column, in the New Merged Column dialog box, in the Merged column name box, enter the new name.

    結合する列を変更するには、 [結合元の列] ボックスの一覧で、結合する列を選択し、 [OK] をクリックします。To change the columns you want to merge, in the Original columns to merge box, select the columns you want to merge from the drop-down list, and then click OK.

結合列を削除するにはTo delete merged columns

  1. .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックして、 [ライブ データの監視] をクリックしてもかまいません。You can also right click the session name, and then select Watch Live Data.

  2. トレース結果ウィンドウで、列見出しを右クリックして、 [列の選択] をクリックします。In the trace results window, right-click the column header, and then click Choose Columns.

  3. [列の選択] ダイアログ ボックスで、削除する結合列の名前を選択し、 [削除] をクリックします。In the Choose Columns dialog box, select the name of the merged column you want to delete, and then click Delete.

結果を並べ替えSort the Results

結果を昇順または降順に並べ替えるにはTo sort the results in ascending or descending order

  • .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックし、 [ライブ データの監視] をクリックして、ツール バーの [データ フィードの停止] ボタンをクリックします。You can also right click the session name, select Watch Live Data, and then click the Stop Data Feed button on the toolbar.

  • トレース結果ウィンドウで、並べ替える列見出しを右クリックします。In the trace results window, right-click the column heading you want to sort. [昇順で並べ替え] または [降順で並べ替え] をクリックして、列をそれぞれ昇順または降順に並べ替えます。Click Sort Ascending or Sort Descending to sort the column in ascending or descending order respectively.

    列がグループ化されている場合、データはグループ内のみで並べ替えられます。If you have grouped columns, sorting the column will only sort data within the group.

グループの結果Group Results

結果を 1 つの列でグループ化するにはTo group the results by a single column

  1. .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックし、 [ライブ データの監視] をクリックして、[拡張イベント] ツール バーの [データ フィードの停止] ボタンをクリックします。You can also right click the session name, select Watch Live Data, and then click the Stop Data Feed button on the Extended Events toolbar.

  2. トレース結果ウィンドウで、グループ化する列ヘッダーを右クリックし、 [この列でグループ化] をクリックします。In the trace results window, right-click the column header you want to group, and then click Group By This Column.

結果を複数の列でグループ化するにはTo group the results by multiple columns

  1. .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックし、 [ライブ データの監視] をクリックして、ツール バーの [データ フィードの停止] ボタンをクリックします。You can also right click the session name, select Watch Live Data, and then click the Stop Data Feed button on the toolbar.

  2. [拡張イベント] ツール バーの [グループ化] ボタンをクリックします。Click the Grouping button on the Extended Events toolbar.

  3. [グループ化] ダイアログ ボックスの [使用可能な列] で、グループ化する列を選択し、右矢印をクリックします。In the Grouping dialog box, in the Available columns box, select the columns you want to group, and then click the right arrow.

    グループ化の順序を変更するには、 [次の条件でグループ化される列] セクションで上矢印または下矢印をクリックします。To change the grouping order, in the Columns grouped on section, click the up or down arrows.

    グループ化から列を削除するには、 [次の条件でグループ化される列] ボックスで、削除する列を選択し、左矢印をクリックします。To remove columns from the grouping, in the Columns grouped on box, select the columns you want to remove and then click the left arrow.

  4. [OK] をクリックします。Click OK.

集計結果Aggregate Results

拡張イベントは次の 5 つの集計関数をサポートします。Extended Events supports five aggregation functions:

  • SumSum

  • MinMin

  • MaxMax

  • 平均Average

  • CountCount

Sum、Min、Max、および Average は、これらの関数を使用可能な数値列のみで使用できます。Sum, Min, Max, and Average can only be used with available numeric columns. count は、グループ内の選択した列に存在する NULL 以外の値の数を表します。Count is the number of non-null values that exist for the selected column in the group.

結果を集計するにはTo aggregate results

  1. .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックし、 [ライブ データの監視] をクリックして、ツール バーの [データ フィードの停止] ボタンをクリックします。You can also right click the session name, select Watch Live Data, and then click the Stop Data Feed button on the toolbar.

    注意

    集計はグループに対して実行されるため、集計を実行する前に結果をグループ化する必要があります。Aggregation is run against a group, so you must group the results before you can perform the aggregation.

  2. [拡張イベント] ツール バーの [集計] ボタンをクリックします。On the Extended Events toolbar, click the Aggregate button.

    集計に使用できる列が [集計] ダイアログ ボックスに表示されます。The Aggregation dialog box appears displaying the columns available for aggregation.

  3. [集計の種類] ボックスの一覧で、対応する列の集計方法を選択します。Under Aggregation Type, select how you want to aggregate the corresponding column from the drop-down list.

  4. [集計の並べ替え] ボックスの一覧で、並べ替えの基準となる列を選択します。In the Sort aggregation by box, select the column you want to sort by from the drop-down list.

  5. 集計結果を昇順に並べ替えるには、 [昇順] をクリックします。Select the In ascending order option to sort the aggregation result in ascending order.

  6. 集計結果を降順に並べ替えるには、 [降順] をクリックします。Select the In descending order option to sort the aggregation result in descending order.

  7. [OK] をクリックします。Click OK.

結果をフィルター処理します。Filter Results

フィルターを適用することで、トレース ウィンドウに表示されるトレース結果を絞り込むことができます。You can apply filters to narrow down the trace results that are displayed in the trace window. 表示フィルターには、時間フィルターと高度なフィルターが含まれています。The display filter includes a time filter and an advanced filter. 時間フィルターではトレース結果をイベントのタイムスタンプでフィルター処理し、高度なフィルターではイベントのフィールドとアクションを使用してフィルター条件を作成します。You use the time filter to filter the trace results by event timestamp, and you use the advanced filter to construct filter conditions using the event fields and actions. 時間フィルターと高度なフィルターとの間には論理 AND 関係があります。There is an logical AND relationship between the Time and Advanced Filters.

フィルターを作成するにはTo create a filter

  1. .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックして、 [ライブ データの監視] をクリックしてもかまいません。You can also right click the session name, and then select Watch Live Data.

  2. トレース結果ウィンドウでフィルターを選択し、[拡張イベント] ツール バーの [フィルター] ボタンをクリックします。In the trace results window, select the results you want to filter, and then on the Extended Events toolbar, click the Filters button.

  3. [フィルター] ダイアログ ボックスで [時間フィルターの設定] をクリックし、スライダー バーをドラッグしてタイムラインを設定することにより時間フィルターを設定します。In the Filters dialog box, select Set time filter to set the time filter by dragging the slider bars to set the timeline. スライダー バーを移動すると、それに応じた時間値が時間ボックスに表示されます。Note that when you move the slider bars, the time box displays the time value accordingly. 時間を時間ボックスに入力するか、ドロップダウン リストから選択することもできます。You can also enter the time in the time boxes, or you select it from the drop-down list. 時間を入力すると、その値に応じて左の時間スライダーが移動します。Note that when you enter the time, the left time slider will move accordingly.

  4. [追加のフィルター] セクションでフィルター条件を適用し、 [適用] をクリックします。In the Additional Filters section, apply your filter criteria, and then click Apply. フィルターの作成が完了したら、 [OK] をクリックします。When your finished created the filter, click OK.

特殊な状況として、イベント フィールドがアクションと同じ名前を持つ場合があります。A special situation is when an event field has the same name as an action. session_id がこの例に該当します。An example of this would be session_id. session_id フィールドを含むイベントがいくつかあり、session_id アクションを追加することもできます。There are several events that include a session_id field and you could also add the session_id action. 両方の種類の情報が収集されますが、拡張イベント プロファイラーの表示グリッドでは次のロジックが使用されます。Both pieces of information are collected, but the Extended Events profiler display grid uses the following logic.

  • グリッド表示には、1 つの列 (この場合は session_id) だけが表示されます。Only one copy of the column (session_id in this case) is shown in the grid display.

  • フィールドとアクションの両方がデータに存在する場合は、フィールド値が表示されます。If both fields and action exist in the data, the field value is shown.

  • フィールドとアクションの一方のみがデータに存在する場合は、フィールドまたはアクションが表示されます。If only field or action is exists in the data, the field or action is displayed.

  • フィールドとアクションのどちらも存在しない場合は、NULL が表示されます。If neither action nor field exists, display NULL.

  1. .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックして、 [ライブ データの監視] をクリックしてもかまいません。You can also right click the session name, and then select Watch Live Data.

  2. [拡張イベント] ツール バーの [検索] ボタンをクリックします。On the Extended Events toolbar, click the Find button.

  3. [拡張イベントで検索] ダイアログ ボックスの [検索する文字列] ボックスに、検索するテキストを入力します。In the Find in Extended Events dialog box, in the Find what box, enter the text you want to search for.

    ドロップダウン リストから直前の 20 回の検索文字列の 1 つを選択することができます。You can select one of your last 20 search strings from the drop-down list.

  4. [検索対象] ボックスで、ドロップダウン リストから、指定したテキストを検索する場所を選択します。In the Look in box, select the location in which to search for the specified text from the drop-down list. 次の検索オプションを使用できます。Use the following options for searching:

    • [テーブル列]Table Columns. トレース ウィンドウに表示されているすべての列を検索するには、このオプションを使用します。Use this option to search all visible columns in the trace window.

    • [詳細]Details. このオプションを使用して開始する前に選択されたトレース ウィンドウに (昇格および未昇格の) すべての列を検索、拡張イベントで検索 ダイアログ ボックス。Use this option to search all columns (promoted and non-promoted) in the trace window that were selected before opening the Find in Extended Events dialog box.

    • <イベント列の名前 > します。<Event column name>. ドロップダウン リストから特定のイベント列で検索するには、このオプションを使用します。Use this option to search in a specific event column from the drop-down list.

  5. 検索の定義方法を指定するには、次のオプションを使用します。Use the following options to specify how you want to define the search:

    1. [大文字と小文字を区別する]Match case. [検索する文字列] で入力したテキストに大文字と小文字の違いを含めて完全に一致する検索結果を表示するには、このオプションを使用します。Use this option to display the search results for the text you entered in the Find what box that are matched both by content and by case.

    2. [単語単位]Match whole word. 入力したテキストに単語単位で一致する検索結果のみを表示するには、このオプションを使用します。Use this option to display only the search results for the text you entered that match complete words.

    3. [上へ検索]Search up. カーソル位置から先頭までを検索するには、このオプションを使用します。Use this option to search from your cursor location to the beginning of the results.

    4. [使用]Use. [検索する文字列] ボックスに入力された特殊文字および正規表現を解釈するには、このオプションを使用します。Use this option to interpret the special characters and the regular expressions you entered in the Find what box. 特殊文字には 1 文字以上を表すワイルドカード文字 (*) および (?) が含まれます。Special characters include the wildcard characters (*) and (?) to represent one or more characters. 正規表現は、検索テキストのパターンを定義する特殊な表記です。Regular expressions are special notations used to define patterns of search text.

  6. [次を検索] をクリックすると、 [検索する文字列] で入力したテキストの次の箇所が検索されます。Click Find Next to search for the next text that you entered in the Find what box.

表示設定を変更します。Change the Display Settings

トレース結果の列情報 (列の順番、結合列、および列幅) とフィルター情報は、拡張イベント表示設定ファイル (.viewsetting ファイル) に保存することができます。You can save column information (column order, merge column, and column width) and filter information of a trace result into an Extended Events display setting file (.viewsetting file). ファイルを保存した後、トレース結果に適用することによって、ビューを変更することができます。After saving the file, you can apply it to your trace results to change the view.

表示設定を変更するにはTo change the display settings

  1. .XEL ファイルを開いてトレース結果を表示しますOpen a .XEL file to view the trace results.

    注意

    セッション名を右クリックして、 [ライブ データの監視] をクリックしてもかまいません。You can also right click the session name, and then select Watch Live Data.

  2. トレース結果ウィンドウの [拡張イベント] ツール バー (またはメニュー) で、 [表示設定] をクリックします。In the trace results window, on the Extended Events toolbar or menu, select Display Settings.

  3. ドロップダウン リストから次のいずれかのオプションを選択します。From the drop-down list, select one of the following options:

    • [名前を付けて保存]Save as. トレース結果の列情報とフィルター情報を .viewsetting ファイルに保存します。Save the columns and filter information of a trace result to a .viewsetting file.

    • [開く]Open. 既存の .viewsetting ファイルを開きます。Open an existing .viewsetting file.

    • [最近使用した項目を開く]Open recent. 最近保存した .viewsetting ファイルを開きます。Open a recently saved .viewsetting file.