新'機能 (データベースエンジン)What's New (Database Engine)

この最新リリースの SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engineには、データ ストレージ システムを設計、開発、および管理する設計者、開発者、および管理者の能力や生産性を向上させる、以下のような新機能や機能強化が導入されています。This latest release of the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine introduces new features and enhancements that increase the power and productivity of architects, developers, and administrators who design, develop, and maintain data storage systems. データベース エンジンDatabase Engineの機能が強化された分野は以下のとおりです。These are the areas in which the データベース エンジンDatabase Engine has been enhanced.

データベースエンジン機能の機能強化Database Engine Feature Enhancements

メモリ最適化テーブルMemory-Optimized Tables

インメモリ OLTP は、SQL ServerSQL Server エンジンに統合されたメモリ最適化データベース エンジンです。In-Memory OLTP is a memory-optimized database engine integrated into the SQL ServerSQL Server engine. インメモリ OLTP は OLTP 向けに最適化されています。In-Memory OLTP is optimized for OLTP. 詳細については、「インメモリ OLTP (インメモリ最適化)」を参照してください。For more information, see In-Memory OLTP (In-Memory Optimization).

Azure でのデータファイルの SQL ServerSQL Server Data Files in Azure

Azure のデータファイルを SQL Serverすると、 SQL ServerSQL Server azure blob として格納されているデータベースファイルのネイティブサポートが有効になります。SQL Server Data Files in Azure enables native support for SQL ServerSQL Server database files stored as Azure Blobs. この機能を使用すると、オンプレSQL ServerSQL Serverミスまたは Azure の仮想マシンで実行されているデータベースを、Azure Blob Storage のデータ専用のストレージの場所として作成できます。This feature allows you to create a database in SQL ServerSQL Server running in on-premises or in a virtual machine in Azure with a dedicated storage location for your data in Azure Blob Storage.

Azure の仮想マシンで SQL Server データベースをホストするHost a SQL Server Database in an Azure Virtual Machine

Azure 仮想マシンへの SQL Server データベースのデプロイウィザードを使用して、azure 仮想マシン内のSQL ServerSQL Serverのインスタンスからデータベースをホストします。Use the Deploy a SQL Server Database to an Azure Virtual Machine Wizard to host a database from an instance of SQL ServerSQL Server in an Azure Virtual Machine.

バックアップと復元の機能強化Backup and Restore Enhancements

SQL Server 2014SQL Server 2014 には、SQL ServerSQL Server のバックアップと復元に関する次の強化点が含まれています。contains the following enhancements for SQL ServerSQL Server Backup and Restore:

  • SQL Server Backup to URLSQL Server Backup to URL

    SQL ServerSQL Server Backup to URL は SQL Server 2012SQL Server 2012 SP1 CU2 で導入され、Transact-SQLTransact-SQL、PowerShell、および SMO でのみサポートされています。Backup to URL was introduced in SQL Server 2012SQL Server 2012 SP1 CU2 supported only by Transact-SQLTransact-SQL, PowerShell and SMO. SQL Server 2014SQL Server 2014は、をSQL Server Management StudioSQL Server Management Studio使用して、Azure Blob ストレージサービスに対してバックアップまたは復元を行うことができます。In SQL Server 2014SQL Server 2014 you can use SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio to backup to or restore from Azure Blob storage service. バックアップ タスクとメンテナンス プランの両方で、この新しいオプションを使用できます。The new option is available both for the Backup task, and maintenance plans. 詳細については、「 SQL Server Management Studio でのバックアップタスクの使用」、「メンテナンスプランウィザードを使用したバックアップ URL の SQL Server」、および「 SQL Server Management Studio を使用した Azure storage からの復元」を参照してください。For more information, see Using Backup Task in SQL Server Management Studio, SQL Server Backup to URL Using Maintenance Plan Wizard, and Restoring from Azure storage Using SQL Server Management Studio.

  • Azure へのマネージバックアップの SQL ServerSQL Server Managed Backup to Azure

    SQL ServerSQL Server Backup to URL を基盤とした Microsoft Azure への SQL Server マネージド バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure は、データベースとログのバックアップを管理およびスケジュール設定するために SQL ServerSQL Server が提供するサービスです。Built on SQL ServerSQL Server Backup to URL, Microsoft Azure への SQL Server マネージド バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure is a service that SQL ServerSQL Server provides to manage and schedule database and log backups. このリリースでは、Azure storage へのバックアップのみがサポートされています。In this release only backup to Azure storage is supported. Microsoft Azure への SQL Server マネージド バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure をデータベースとインスタンス レベルの両方で構成して、データベース レベルの詳細な制御とインスタンス レベルの自動化の両方を達成することもできます。can be configured both at the database and at instance level allowing for both granular control at the database level and automating at the instance level. Microsoft Azure への SQL Server マネージド バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azureは、オンプレSQL ServerSQL Serverミスで実行されてSQL ServerSQL Serverいるインスタンスと、Azure 仮想マシン上で実行されているインスタンスで構成できます。can be configured on SQL ServerSQL Server instances running on-premises and SQL ServerSQL Server instances running on Azure virtual machines. Azure 仮想マシンでSQL ServerSQL Server実行されているインスタンスでは、この方法をお勧めします。It is recommended for SQL ServerSQL Server instances running on Azure virtual machines. 詳細については、「 Azure へのマネージバックアップの SQL Server」を参照してください。For more information, see SQL Server Managed Backup to Azure.

  • バックアップの暗号化Encryption for Backups

    バックアップ操作中にバックアップ ファイルを暗号化する方法を選択できるようになりました。You can now choose to encrypt the backup file during a backup operation. AES 128、AES 192、AES 256、Triple DES を含むいくつかの暗号化アルゴリズムがサポートされています。It supports several encryption algorithms including AES 128, AES 192, AES 256, and Triple DES. バックアップ中に暗号化を実行するには、証明書または非対称キーを使用する必要があります。You must use either a certificate or an asymmetric key to perform encryption during backup. 詳細については、「 バックアップの暗号化」を参照してください。For more information, see Backup Encryption.

カーディナリティの推定の新しいデザインNew Design for Cardinality Estimation

カーディナリティ推定ロジックをカーディナリティ推定機能と呼びますが、クエリ プランの品質を向上させ、その結果、クエリのパフォーマンスを向上させる目的で、SQL Server 2014SQL Server 2014 でこの機能を再設計しました。The cardinality estimation logic, called the cardinality estimator, is re-designed in SQL Server 2014SQL Server 2014 to improve the quality of query plans, and therefore to improve query performance. 新しいカーディナリティ推定機能には、現在の OLTP ワークロードとデータ ウェアハウス ワークロードで適切に機能する想定とアルゴリズムが組み込まれています。The new cardinality estimator incorporates assumptions and algorithms that work well on modern OLTP and data warehousing workloads. この機能は、現在のワークロードを対象とするカーディナリティ推定に関する詳細な調査、および SQL Server のカーディナリティ推定機能を向上させるための過去 15 年にわたる研究を土台としています。It is based on in-depth cardinality estimation research on modern workloads, and our learnings over the past 15 years of improving the SQL Server cardinality estimator. お客様からのフィードバックによると、大半のクエリは今回の変更によって性能が向上するか、何も変化しないこと、一方で、少数のクエリは以前のカーディナリティ推定機能と比較すると性能が低下する可能性があることが示されています。Feedback from customers shows that while most queries will benefit from the change or remain unchanged, a small number might show regressions compared to the previous cardinality estimator. パフォーマンスチューニングとテストの推奨事項については、「カーディナリティの(推定 SQL Server)」を参照してください。For performance tuning and testing recommendations, see Cardinality Estimation (SQL Server).

遅延持続性Delayed Durability

SQL Server 2014SQL Server 2014 には、一部またはすべてのトランザクションを遅延持続性トランザクションとして指定することにより待機時間を短縮する機能が導入されています。introduces the ability to reduce latency by designating some or all transactions as delayed durable. 遅延持続性トランザクションがクライアントに制御を返した後、トランザクション ログ レコードがディスクに書き込まれます。A delayed durable transaction returns control to the client before the transaction log record is written to disk. 持続性は、データベース レベル、COMMIT レベル、または ATOMIC ブロック レベルで管理できます。Durability can be controlled at the database level, COMMIT level, or ATOMIC block level.

詳細については、「トランザクションの持続性の制御」を参照してください。For more information see the topic Control Transaction Durability.

AlwaysOn の機能強化AlwaysOn Enhancements

SQL Server 2014SQL Server 2014 では、AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンスと AlwaysOn 可用性グループが次のように強化されています。contains the following enhancements for AlwaysOn Failover Cluster Instances and AlwaysOn Availability Groups:

パーティションの切り替えとインデックス作成Partition Switching and Indexing

パーティション テーブルの個々のパーティションを再構築できるようになりました。The individual partitions of partitioned tables can now be rebuilt. 詳細については、「ALTER INDEX (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see ALTER INDEX (Transact-SQL).

オンライン操作のロック優先順位の管理Managing the Lock Priority of Online Operations

ONLINE = ON オプションには、再構築プロセスで必要なロックを待機する時間を指定できるようにする WAIT_AT_LOW_PRIORITY オプションが追加されました。The ONLINE = ON option now contains a WAIT_AT_LOW_PRIORITY option which permits you to specify how long the rebuild process should wait for the necessary locks. WAIT_AT_LOW_PRIORITY オプションを使用すると、当該の再構築ステートメントに関連するブロック プロセスの終了を構成こともできます。The WAIT_AT_LOW_PRIORITY option also allows you to configure the termination of blocking processes related to that rebuild statement. 詳細については、「ALTER TABLE (Transact-SQL)」および「ALTER INDEX (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see ALTER TABLE (Transact-SQL) and ALTER INDEX (Transact-SQL). 新しい種類のロック状態に関するトラブルシューティングについては、「_os_wait_stats で transact-sql と ()ロック() する」を参照してください。Troubleshooting information about new types of lock states is available in sys.dm_tran_locks (Transact-SQL) and sys.dm_os_wait_stats (Transact-SQL).

列ストア インデックスColumnstore Indexes

次の新機能は、列のインデックスで使用できます。These new features are available for columnstore indexes:

  • クラスター化列ストアインデックスClustered columnstore indexes

    クラスター化列ストア インデックスは、主に一括読み込みと読み取り専用クエリを実行するデータ ウェアハウスのワークロードでデータ圧縮とクエリ パフォーマンスを向上させるために使用します。Use a clustered columnstore index to improve data compression and query performance for data warehousing workloads that primarily perform bulk loads and read-only queries. クラスター化列ストア インデックスは更新可能であるため、ワークロードは多くの挿入、更新、および削除操作を実行できます。Since the clustered columnstore index is updateable, the workload can perform many insert, update, and delete operations. 詳細については、「列ストアインデックスの説明」と「クラスター化列ストアインデックスの使用」を参照してください。For more information, see Columnstore Indexes Described and Using Clustered Columnstore Indexes.

  • SHOWPLAN

    SHOWPLAN には、列ストア インデックスに関する情報が表示されます。SHOWPLAN displays information about columnstore indexes. プロパティとactualexecutionmodeプロパティには、次の2つの値があります。BatchまたはRowThe EstimatedExecutionMode and ActualExecutionMode properties have two possible values: Batch or Row. ストレージプロパティには、次の2つの値があります。行ストア列ストアThe Storage property has two possible values: RowStore and ColumnStore.

  • アーカイブデータの圧縮Archival data compression

    ALTER INDEX ...REBUILD には、列ストアインデックスの指定されたパーティションをさらに圧縮する新しい COLUMNSTORE_ARCHIVE データ圧縮オプションがあります。ALTER INDEX ... REBUILD has a new COLUMNSTORE_ARCHIVE data compression option that further compresses the specified partitions of a columnstore index. 保存用や、データ ストレージのサイズを減らす必要があり、しかも保存と取得に時間をかける余裕があるその他の状況で使用します。Use this for archival, or for other situations that require a smaller data storage size and can afford more time for storage and retrieval. 詳細については、「ALTER INDEX (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see ALTER INDEX (Transact-SQL).

バッファープール拡張機能Buffer Pool Extension

バッファープール拡張は、ソリッドステートドライブ (SSD) を不揮発性ランダムアクセスメモリ (NvRAM) 拡張としてデータベース エンジンDatabase Engineバッファープールにシームレスに統合することで、i/o スループットを大幅に向上させます。The Buffer Pool Extension provides the seamless integration of solid-state drives (SSD) as a nonvolatile random access memory (NvRAM) extension to the データベース エンジンDatabase Engine buffer pool to significantly improve I/O throughput.

増分統計Incremental Statistics

CREATE STATISTICS と関連する統計ステートメントでは、INCREMENTAL オプションを使用してパーティションごとの統計を作成することが許可されるようになりました。CREATE STATISTICS and related statistic statements now permits per partition statistics to be created by using the INCREMENTAL option. 関連するステートメントは増分統計を許可または報告します。Related statements allow or report incremental statistics. 影響を受ける構文には、UPDATE STATISTICS、sp_createstats、CREATE INDEX、ALTER INDEX、ALTER DATABASE SET のオプション、DATABASEPROPERTYEX、sys.databases、および sys.stats があります。詳細については、「CREATE STATISTICS (Transact-SQL)」を参照してください。Affected syntax includes UPDATE STATISTICS, sp_createstats, CREATE INDEX, ALTER INDEX, ALTER DATABASE SET options, DATABASEPROPERTYEX, sys.databases, and sys.stats. For more information, see CREATE STATISTICS (Transact-SQL).

物理 IO 制御の Resource Governor の機能強化Resource Governor Enhancements for Physical IO Control

リソース ガバナーを使用すると、着信アプリケーション要求がリソース プール内で使用できる CPU、物理 IO、およびメモリの量に制限を指定できます。The Resource Governor enables you to specify limits on the amount of CPU, physical IO, and memory that incoming application requests can use within a resource pool. SQL Server 2014SQL Server 2014 で、新しい MIN_IOPS_PER_VOLUME 設定と MAX_IOPS_PER_VOLUME 設定を使用すると、特定のリソース プールのユーザー スレッドに対して発行された物理 IO を制御できます。In SQL Server 2014SQL Server 2014, you can use the new MIN_IOPS_PER_VOLUME and MAX_IOPS_PER_VOLUME settings to control the physical IOs issued for user threads for a given resource pool. 詳細については、「リソースプールの Resource Governor 」および「 CREATE (resource pool transact-sql)」を参照してください。For more information, see Resource Governor Resource Pool and CREATE RESOURCE POOL (Transact-SQL).

ALTER RESOURCE GOVENOR の MAX_OUTSTANDING_IO_PER_VOLUME 設定は、ディスク ボリュームごとに未処理の I/O 操作の最大数を設定します。The MAX_OUTSTANDING_IO_PER_VOLUME setting of the ALTER RESOURCE GOVENOR sets the maximum outstanding I/O operations per disk volume. この設定を使用して、ディスク ボリュームの IO の特性に合わせて IO リソース管理を調整することや、SQL Server インスタンスの境界で発行される IO の数を制限することができます。You can use this setting to tune IO resource governance to the IO characteristics of a disk volume and can be used to limit the number of IOs issued at the SQL Server instance boundary. 詳細については、「ALTER RESOURCE GOVERNOR (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see ALTER RESOURCE GOVERNOR (Transact-SQL).

Online Index Operation イベントクラスOnline Index Operation Event Class

Online Index Operation イベント クラスの進行状況レポートには、PartitionIdpartitionnumberThe progress report for the online index operation event class now has two new data columns: PartitionId and PartitionNumber. 詳細については、「進行状況レポート:Online Index Operation イベントクラスFor more information, see Progress Report: Online Index Operation Event Class.

データベース互換性レベルDatabase Compatibility Level

互換性レベル 90 は、SQL Server 2014SQL Server 2014 では無効です。The 90 compatibility level is not valid in SQL Server 2014SQL Server 2014. 詳細については、「 ALTER Database (互換性レベル transact-sql) 」を参照してください。For more information, see ALTER DATABASE Compatibility Level (Transact-SQL)

Transact-SQL の機能強化Transact-SQL Enhancements

CLUSTERED および NONCLUSTERED のインライン指定Inline specification of CLUSTERED and NONCLUSTERED

ディスク ベース テーブルに対する CLUSTERED および NONCLUSTERED インデックスのインライン指定が許可されるようになりました。Inline specification of CLUSTERED and NONCLUSTERED indexes is now allowed for disk-based tables. インライン インデックスを含むテーブルを作成することは、テーブルの作成ステートメントに続いて、対応する CREATE INDEX ステートメントを発行することと同じです。Creating a table with inline indexes is equivalent to issuing a create table followed by corresponding CREATE INDEX statements. 付加列とフィルター条件は、インライン インデックスではサポートされていません。Included columns and filter conditions are not supported with inline indexes.

選択...INTOSELECT ... INTO

SELECT ... INTO ステートメントは改善され、並行して実行できるようになりました。The SELECT ... INTO statement is improved and can now operate in parallel. データベース互換性レベルを 110 以上に設定する必要があります。The database compatibility level must be at least 110.

Transact-SQLTransact-SQL でのインメモリ OLTP の強化Enhancements for In-Memory OLTP

インメモリ oltp をサポートするための Transact-SQLTransact-SQL 変更点の詳細については、「transact-sqlによるインメモリoltpのサポート」を参照してください。For information about the Transact-SQLTransact-SQL changes to support In-Memory OLTP, see Transact-SQL Support for In-Memory OLTP.

システム ビューの機能強化System View Enhancements

sys.xml_indexessys.xml_indexes

(xml インデックス) transact-sqlにはxml_index_type、、 xml_index_type_description、およびpath_idの3つの新しい列があります。sys.xml_indexes (Transact-SQL) has 3 new columns: xml_index_type, xml_index_type_description, and path_id.

sys.dm_exec_query_profilessys.dm_exec_query_profiles

_exec_query_profiles (transact-sql) は、クエリの実行中にリアルタイムのクエリの進行状況を監視します。sys.dm_exec_query_profiles (Transact-SQL) monitors real time query progress while a query is in execution.

sys.column_store_row_groupssys.column_store_row_groups

column_store_row_groups (transact-sql) は、クラスター化列ストアインデックス情報をセグメント単位で提供し、管理者がシステム管理を決定できるようにします。sys.column_store_row_groups (Transact-SQL) provides clustered columnstore index information on a per-segment basis to help the administrator make system management decisions.

sys.databasessys.databases

データベース() transact-sqlにはis_auto_create_stats_incremental_on、、 is_query_store_on、およびresource_pool_idの3つの新しい列があります。sys.databases (Transact-SQL) has 3 new columns: is_auto_create_stats_incremental_on, is_query_store_on, and resource_pool_id.

インメモリ OLTP に関連するシステム ビューの強化System View Enhancements for In-Memory OLTP

インメモリ OLTP をサポートするシステムビューの機能強化の詳細については、「インメモリ oltp のシステムビュー、ストアドプロシージャ、dmv、および待機の種類」を参照してください。For information about system view enhancements to support In-Memory OLTP, see System Views, Stored Procedures, DMVs and Wait Types for In-Memory OLTP.

セキュリティの強化Security Enhancements

CONNECT ANY DATABASE 権限CONNECT ANY DATABASE Permission

新しいサーバー レベル権限です。A new server level permission. 既存のあらゆるデータベースと今後作成されるすべての新規データベースに接続する必要のあるログインに、CONNECT ANY DATABASE を付与します。Grant CONNECT ANY DATABASE to a login that must connect to all databases that currently exist and to any new databases that might be created in future. 接続以外の権限はどのデータベースにおいても一切付与されません。Does not grant any permission in any database beyond connect. SELECT all USER SECURABLESまたはVIEW SERVER STATEを組み合わせて、のインスタンス上のすべてのデータまたはすべてのSQL ServerSQL Serverデータベースの状態を監査プロセスで表示できるようにします。Combine with SELECT ALL USER SECURABLES or VIEW SERVER STATE to allow an auditing process to view all data or all database states on the instance of SQL ServerSQL Server.

IMPERSONATE ANY LOGIN 権限IMPERSONATE ANY LOGIN Permission

新しいサーバー レベル権限です。A new server level permission. この権限が付与されていると、中間層プロセスがデータベースに接続するときに、そこに接続するクライアントのアカウントの権限を借用できます。When granted, allows a middle-tier process to impersonate the account of clients connecting to it, as it connects to databases. この権限が拒否されていると、高い特権を持つログインが他のログインの権限を借用するのをブロックできます。When denied, a high privileged login can be blocked from impersonating other logins. たとえば、CONTROL SERVER 権限を持つログインが他のログインの権限を借用するのをブロックできます。For example, a login with CONTROL SERVER permission can be blocked from impersonating other logins.

SELECT ALL USER SECURABLES 権限SELECT ALL USER SECURABLES Permission

新しいサーバー レベル権限です。A new server level permission. 付与されていると、監査担当者などログインが、ユーザーが接続できるすべてのデータベースのデータを表示できます。When granted, a login such as an auditor can view data in all databases that the user can connect to.

展開の機能強化Deployment Enhancements

Azure 仮想マシンAzure VM

SQL Server データベースを Microsoft Azure 仮想マシンにデプロイすると、 SQL ServerSQL Server Azure VM へのデータベースのデプロイが可能になります。Deploy a SQL Server Database to a Microsoft Azure Virtual Machine enables deployment of a SQL ServerSQL Server database to an Azure VM.

ReFSReFS

ReFS でのデータベースの配置がサポートされるようになりました。Deployment of databases on ReFS is now supported.

参照See Also

SQL Server 2014 の各エディションがサポートする機能Features Supported by the Editions of SQL Server 2014