データベースの実験のアシスタントの概要Overview of Database Experimentation Assistant

データベース実験アシスタント (DEA) は、SQL Server のアップグレード実験ソリューションです。Database Experimentation Assistant (DEA) is an experimentation solution for SQL Server upgrades. DEA 対象のバージョンが SQL Server の特定のワークロードを評価することができます。DEA can help you evaluate a targeted version of SQL Server for a specific workload. 以前の SQL Server バージョン (2005年以降) から SQL Server の最新のバージョンにアップグレードしたお客様は、ツールで提供される分析のメトリックを使用できます。Customers who are upgrading from earlier SQL Server versions (starting with 2005) to a more recent version of SQL Server can use the analysis metrics that the tool provides.

DEA 分析のメトリックは次のとおりです。DEA analysis metrics include:

  • 互換性エラーが発生したクエリQueries that have compatibility errors
  • 低下したクエリおよびクエリ プランDegraded queries and query plans
  • その他のワークロード比較データOther workload comparison data

データの比較については、信頼性の高いと、正常なアップグレード エクスペリエンスにつながります。Comparison data can lead to higher confidence and a successful upgrade experience.

DEA とデモを 19 分については、次のビデオをご覧ください。For a 19-minute introduction to DEA and a demonstration, watch the following video:

DEA を取得します。Get DEA

DEA をインストールするダウンロードツールの最新バージョン。To install DEA, download the latest version of the tool. 実行し、 DatabaseExperimentationAssistant.exeファイル。Then, run the DatabaseExperimentationAssistant.exe file.

ワークロードを比較するためのソリューション アーキテクチャSolution architecture for comparing workloads

次の図は、ワークロードの比較については、ソリューションのアーキテクチャを示します。The following diagram shows the solution architecture for a workload comparison. ワークロードの比較は、SQL Server 2008 から SQL Server 2016 へのアップグレード中に DEA および Distributed Replay を使用します。The workload comparison uses DEA and Distributed Replay during an upgrade from SQL Server 2008 to SQL Server 2016.

ワークロード比較ソリューションのアーキテクチャ

DEA の前提条件DEA prerequisites

以下は、DEA を実行するためのいくつかの前提条件です。Following are some prerequisites for running DEA:

  • ハードウェアの最小要件:3.5 GB の RAM、シングルコア マシン。Minimum hardware requirement: A single-core machine with 3.5 GB of RAM.
  • 最適なハードウェア要件:(3.5 GB RAM 以上の) と 8 コア CPU。Ideal hardware requirement: An eight-core CPU (with 3.5 GB of RAM or more). プロセッサを 8 個を超えるコアを搭載 DEA ランタイムを強化します。Processors that have more than eight cores don't improve DEA runtimes.
  • さらに 33% のパフォーマンス トレースのサイズは、店 A、B、およびレポートの分析データベースに必要です。An additional 33% of performance trace size is needed to store A, B, and report analysis databases.

DEA を構成します。Configure DEA

前提条件となる環境のアーキテクチャ推奨 DEA をインストールする分散再生コント ローラーと同じコンピューター上します。In the prerequisite environment architecture, we recommend that you install DEA on the same machine as the Distributed Replay controller. この実習では、コンピューター間の呼び出しを回避し、構成を簡略化します。This practice avoids cross-machine calls and simplifies configuration.

DEA を使用してワークロードの比較のために必要な構成Required configuration for workload comparison by using DEA

DEA は、Windows 認証を使用して、データベース サーバーに接続します。DEA connects to database servers by using Windows authentication. DEA を実行しているユーザーは、Windows 認証を使用してデータベース サーバー (ソース、ターゲット、および分析) に接続できることを確認します。Be sure that a user running DEA can connect to database servers (source, target, and analysis) by using Windows authentication.

構成要件をキャプチャ:Capture configuration requirements:

  • DEA を実行しているユーザーは、Windows 認証を使用して、ソース データベース サーバーに接続できます。User running DEA can connect to the source database server by using Windows authentication.
  • DEA を実行しているユーザーは、ソース データベース サーバー上の sysadmin 権限を持っています。User running DEA has sysadmin rights on the source database server.
  • ソース データベース サーバーを実行してサービス アカウントでは、トレース フォルダーのパスへの書き込みアクセスを持っています。Service account running the source database server has write access to the trace folder path.

詳細については、次を参照してください、キャプチャに関する FAQ。For more information, see the capture FAQ

構成要件を再生:Replay configuration requirements:

  • DEA を実行しているユーザーは、Windows 認証を使用して、ターゲット データベース サーバーに接続できます。User running DEA can connect to the target database server by using Windows authentication.
  • DEA を実行しているユーザーは、ターゲット データベースのサーバーで sysadmin 権限を持っています。User running DEA has sysadmin rights on the target database server.
  • 対象のデータベース サーバーを実行しているサービス アカウントでは、トレース フォルダーのパスへの書き込みアクセスを持っています。Service account running the target database servers has write access to the trace folder path.
  • 分散再生クライアントを実行しているサービス アカウントは、Windows 認証を使用して、ターゲット データベース サーバーに接続できます。Service account running Distributed Replay clients can connect to the target database server by using Windows authentication.
  • DEA は COM インターフェイスを使用して Distributed Replay controller と通信します。DEA communicates with the Distributed Replay controller by using COM interfaces. 分散再生コント ローラー上の受信要求の TCP ポートが開いていることを確認します。Make sure that TCP ports are opened for incoming requests on the Distributed Replay controller.

詳細については、次を参照してください、再生に関する FAQ。For more information, see the replay FAQ

分析の構成要件:Analysis configuration requirements:

  • DEA を実行しているユーザーは、Windows 認証を使用して、分析データベース サーバーに接続できます。User running DEA can connect to the analysis database server by using Windows authentication.
  • DEA を実行しているユーザーは、ソース データベース サーバー上の sysadmin 権限を持っています。User running DEA has sysadmin rights on the source database server.

詳細については、次を参照してください、分析に関する FAQ。For more information, see the analysis FAQ

製品利用統計情報を設定します。Set up telemetry

DEA が Microsoft に製品利用統計情報を送信するインターネット対応機能です。DEA has an internet-enabled feature that can send telemetry information to Microsoft. Microsoft は、製品のエクスペリエンスを強化するためにテレメトリを収集します。Microsoft collects telemetry to enhance the product experience. 製品利用統計情報は省略可能です。Telemetry is optional. 収集される情報は、local audit のコンピューターにも保存されます。The information that's collected is also saved on your computer for local audit. 常に、収集される情報を確認できます。You can always see what's collected. DEA からのすべてのログ ファイルは、%temp% に保存されます\DEA フォルダー。All log files from DEA are saved in the %temp%\DEA folder.

収集するイベントを決定できます。You can decide which events are collected. また、収集されたイベントを Microsoft に送信されるかどうかも決定します。You also decide whether collected events are sent to Microsoft. イベントの 4 つの種類があります。There are four types of events:

  • TraceEvent:アプリケーション (たとえば、「トリガーされた停止キャプチャ」) の使用状況イベント。TraceEvent: Usage events for the application (for example, "triggered stop capture").
  • 例外:アプリケーションの使用状況の中にスローされる例外。Exception: Exception thrown during application usage.
  • DiagnosticEvent:問題が発生したときに、診断を支援するために、イベント ログ (いないMicrosoft に送信される)。DiagnosticEvent: An event log to assist with diagnosis when problems occur (not sent to Microsoft).
  • FeedbackEvent:アプリケーションを使用して送信されるユーザーからのフィードバック。FeedbackEvent: User feedback that's submitted through the application.

次の手順は、収集するイベントを選択する方法を説明し、Microsoft にイベントを送信するかどうか。These steps show you how to choose which events are collected and whether the events are sent to Microsoft:

  1. DEA がインストールされている場所に移動 (たとえば、c:\Program Files (x86)\Microsoft Corporation\データベース実験アシスタント)。Go to the location where DEA is installed (for example, C:\Program Files (x86)\Microsoft Corporation\Database Experimentation Assistant).
  2. 2 つの .config ファイルを開きます。(アプリケーション) の DEA.exe.config と DEACmd.exe.config (CLI) のです。Open the two .config files: DEA.exe.config (for the application) and DEACmd.exe.config (for the CLI).
  3. イベントの種類の収集を停止するには、値を設定イベント(たとえば、 TraceEvent) にfalseします。To stop collecting a type of event, set the value of event (for example, TraceEvent) to false. もう一度イベントの収集を開始するに値を設定します。 trueします。To start collecting the event again, set the value to true.
  4. イベントのローカル コピーの保存を停止するには、値を設定TraceLoggerEnabledfalseします。To stop saving local copies of events, set the value of TraceLoggerEnabled to false. ローカル コピーをもう一度保存を開始する値を設定trueします。To start saving local copies again, set the value to true.
  5. イベントを Microsoft に送信を停止するには、値を設定AppInsightsLoggerEnabledfalseします。To stop sending events to Microsoft, set the value of AppInsightsLoggerEnabled to false. もう一度 Microsoft にイベントの送信を開始する値を設定trueします。To start sending events to Microsoft again, set the value to true.

DEA に準拠するもの、 Microsoft プライバシーに関する声明します。DEA is governed by the Microsoft Privacy Statement.

次の手順Next steps

開始キャプチャ、再生、およびトレースを分析に必要な手順について説明します。Get started walks you through the steps required to capture, replay, and analyze a trace.