Data Migration Assistant の概要

Data Migration Assistant (DMA) を使用すると、新しいバージョンの SQL Server または Azure SQL Database でのデータベース機能に影響するおそれがある互換性の問題が検出されるため、最新のデータ プラットフォームへのアップグレードが楽になります。 DMA は、ターゲット環境のパフォーマンスと信頼性を高めるための推奨事項を提案し、スキーマ、データ、非コンテナー化オブジェクトをソース サーバーからターゲット サーバーに移動できるようにします。

注意

大規模な移行 (データベースの数とサイズの観点から) では、データベースを大規模に移行できる Azure Database Migration Serviceを使用することをお勧めします。

Data Migration Assistant を入手する

DMA をインストールするには、 Microsoft ダウンロードセンターから最新バージョンのツールをダウンロードし、 DataMigrationAssistant.msi ファイルを実行します。

機能

  • Azure SQL データベースに移行するオンプレミスの SQL Server インスタンスを評価します。 評価ワークフローは、Azure SQL データベースの移行に影響する可能性がある次の問題を検出するのに役立ち、その解決方法についての詳細なガイダンスを提供します。

    • 移行のブロックに関する問題: オンプレミスの SQL Server データベースの Azure SQL Database への移行をブロックする互換性の問題を検出します。 DMA は、これらの問題に対処するための推奨事項を提供します。

    • 部分的にサポートされている機能またはサポートされていない機能: ソース SQL Server インスタンスで現在使用されている機能またはサポートされていない機能を検出します。 DMA は、一連の推奨事項、Azure で利用できる代替アプローチ、および移行プロジェクトに組み込むことができるようにするための手順を軽減します。

  • オンプレミスの SQL Server へのアップグレードに影響する可能性がある問題を検出します。 これらは、互換性の問題として記述され、次のカテゴリに分類されます。

    • 重大な変更
    • 動作の変更
    • 非推奨の機能
  • アップグレード後にデータベースが恩恵を受けることのできるターゲット SQL Server プラットフォームの新機能について説明します。 これらは、機能に関する推奨事項として説明されており、次のカテゴリに分類されています。

    • パフォーマンス
    • セキュリティ
    • Storage
  • オンプレミスの SQL Server インスタンスを、オンプレミスでホストされている最新の SQL Server インスタンスに、またはオンプレミスネットワークからアクセス可能な Azure 仮想マシン (VM) に移行します。 Azure VM には、VPN またはその他のテクノロジを使用してアクセスできます。 移行ワークフローは、次のコンポーネントを移行するのに役立ちます。

    • データベースのスキーマ
    • データとユーザー
    • サーバーの役割
    • SQL Server と Windows のログイン
  • 移行が成功すると、アプリケーションはターゲット SQL Server データベースにシームレスに接続できるようになります。

  • Azure SQL Database または Azure SQL Managed Instance に移行するオンプレミスの SQL Server Integration Services (SSIS) パッケージを評価します。 この評価は、移行に影響する可能性がある問題を発見するのに役立ちます。 これらは、互換性の問題として記述され、次のカテゴリに分類されます。

    • 移行ブロッカー: ソースパッケージの Azure への移行を妨げる互換性の問題を検出します。 DMA は、これらの問題に対処するための推奨事項を提供します。

    • 情報に関する問題: ソースパッケージで使用される部分的にサポートされている機能または非推奨の機能を検出します。

前提条件

評価を実行するには、SQL Server sysadmin ロールのメンバーである必要があります。 推奨される表示解像度は1024x756 です。

サポートされているソース バージョンとターゲット バージョン

DMA では、以前のバージョンの SQL Server Upgrade Advisor がすべて置き換えられるため、ほとんどの SQL Server バージョンのアップグレードに使用する必要があります。 サポートされているソースとターゲットのバージョンは次のとおりです。

Sources

  • SQL Server 2005
  • SQL Server 2008
  • SQL Server 2008 R2
  • SQL Server 2012
  • SQL Server 2014
  • SQL Server 2016
  • SQL Server 2017
  • SQL Server 2019
  • SQL Server の Amazon RDS

ターゲット

  • SQL Server 2012
  • SQL Server 2014
  • SQL Server 2016
  • Windows および Linux 上の SQL Server 2017
  • SQL Server 2019
  • Azure SQL Database 単一データベース
  • Azure SQL Managed Instance
  • Azure 仮想マシンで実行されている SQL サーバー

こちらもご覧ください

SQL Server の移行を評価する

データ Migration Assistant: 構成設定

データ Migration Assistant を使用したオンプレミスの SQL Server の移行

データ Migration Assistant: ベストプラクティス