オンプレミスデータベースの適切な Azure SQL Database/Managed Instance SKU を特定するIdentify the right Azure SQL Database/Managed Instance SKU for your on-premises database

データベースをクラウドに移行することは、特にデータベースに最適な Azure データベースターゲットと SKU を選択する場合には複雑になることがあります。Migrating databases to the cloud can be complicated, especially when trying to select the best Azure database target and SKU for your database. データベース Migration Assistant (DMA) の目標は、これらの質問に対処し、ユーザーにわかりやすい出力でこれらの SKU の推奨事項を提供することで、データベースの移行を容易にすることです。Our goal with the Database Migration Assistant (DMA) is to help address these questions and make your database migration experience easier by providing these SKU recommendations in a user-friendly output.

この記事では、DMA の Azure SQL Database SKU に関する推奨事項について説明します。This article focuses on DMA's Azure SQL Database SKU recommendations feature. Azure SQL Database には、次のようないくつかの展開オプションがあります。Azure SQL Database has several deployment options, including:

  • 単一データベースSingle database
  • エラスティック プールElastic pools
  • マネージド インスタンスManaged instance

SKU の推奨事項機能を使用すると、データベースをホストしているコンピューターから収集されたパフォーマンスカウンターに基づいて、最小推奨 Azure SQL Database 単一データベースまたはマネージインスタンス SKU の両方を識別できます。The SKU Recommendations feature allows you to identify both the minimum recommended Azure SQL Database single database or managed instance SKU based on performance counters collected from the computer(s) hosting your databases. この機能は、価格レベル、コンピューティングレベル、最大データサイズに関連する推奨事項と、1か月あたりの推定コストを提供します。The feature provides recommendations related to pricing tier, compute level, and max data size, as well as estimated cost per month. また、推奨されるすべてのデータベースに対して、単一データベースとマネージインスタンスを Azure に一括でプロビジョニングする機能も用意されています。It also offers the ability to bulk provision single databases and managed instances in Azure for all recommended databases.

注意

現在、この機能は、コマンドラインインターフェイス (CLI) を介してのみ使用できます。This functionality is currently available only via the Command Line Interface (CLI).

次に示すのは、Azure SQL Database SKU の推奨事項を特定し、対応する単一データベースまたは Azure のマネージインスタンスを DMA を使用してプロビジョニングするための手順です。The following are instructions to help you determine the Azure SQL Database SKU recommendations and provision corresponding single database(s) or managed instance(s) in Azure using DMA.

前提条件Prerequisites

  • 最新バージョンのDMAをダウンロードしてインストールします。Download and install the latest version of DMA. 以前のバージョンのツールが既にある場合は、それを開くと、DMA をアップグレードするように求められます。If you have already an earlier version of the tool, open it, and you'll be prompted to upgrade DMA.
  • すべてのスクリプトを実行するために必要なPowerShell バージョン 5.1以降がコンピューターにインストールされていることを確認します。Ensure that your computer has PowerShell Version 5.1 or later, which is required to run all scripts. コンピューターにインストールされている PowerShell のバージョンを findoug する方法については、「 Windows powershell 5.1 のダウンロードとインストール」を参照してください。For information about findoug out which version of PowerShell is installed on your computer, see the article Download and install Windows PowerShell 5.1.
  • コンピューターに Azure Powershell モジュールがインストールされていることを確認します。Ensure that your computer has the Azure Powershell Module installed. 詳細については、「 Install the Azure PowerShell module」を参照してください。For more information, see the article Install the Azure PowerShell module.
  • パフォーマンスカウンターを収集するために必要な PowerShell ファイルSkuRecommendationDataCollectionScriptが、DMA フォルダーにインストールされていることを確認します。Verify that the PowerShell file SkuRecommendationDataCollectionScript.ps1, which is required to collect the performance counters, is installed in the DMA folder.
  • このプロセスを実行するコンピューターに、データベースをホストしているコンピューターに対する管理者権限があることを確認します。Ensure that the computer on which you'll perform this process has Administrator permissions to the computer that is hosting your databases.

パフォーマンスカウンターの収集Collect performance counters

プロセスの最初の手順では、データベースのパフォーマンスカウンターを収集します。The first step in the process is to collect performance counters for your databases. パフォーマンスカウンターを収集するには、データベースをホストするコンピューターで PowerShell コマンドを実行します。You can collect performance counters by running a PowerShell command on the computer that hosts your databases. DMA はこの PowerShell ファイルのコピーを提供しますが、独自の方法を使用してコンピューターからパフォーマンスカウンターをキャプチャすることもできます。DMA provides you with a copy of this PowerShell file, but you can also use your own method to capture performance counters from your computer.

各データベースに対してこのタスクを個別に実行する必要はありません。You don't need to perform this task for each database individually. コンピューターから収集されたパフォーマンスカウンターは、コンピューターでホストされているすべてのデータベースの SKU を推奨するために使用できます。The performance counters collected from a computer can be used to recommend the SKU for all databases hosted on the computer.

  1. DMA フォルダーで、PowerShell ファイル SkuRecommendationDataCollectionScript を見つけます。In the DMA folder, locate the PowerShell file SkuRecommendationDataCollectionScript.ps1. このファイルは、パフォーマンスカウンターを収集するために必要です。This file is required to collect the performance counters.

    PowerShell ファイルが DMA フォルダーに表示される

  2. 次の引数を指定して PowerShell スクリプトを実行します。Run the PowerShell script with the following arguments:

    • ComputerName: データベースをホストするコンピューターの名前。ComputerName: The name of the computer that hosts your databases.
    • Outputfilepath: 収集されたカウンターを保存する出力ファイルのパス。OutputFilePath: The output file path to save the collected counters.
    • CollectionTimeInSeconds: パフォーマンスカウンターデータを収集する時間の長さ。CollectionTimeInSeconds: The amount of time during which you wish to collect performance counter data. パフォーマンスカウンターを少なくとも40分間キャプチャして、意味のある推奨事項を取得します。Capture performance counters for at least 40 minutes to get a meaningful recommendation. キャプチャの実行時間が長いほど、推奨事項が正確になります。The longer the duration of the capture, the more accurate the recommendation will be. また、必要なデータベースに対してワークロードが実行されていることを確認し、より正確な推奨事項を有効にします。Also ensure the workloads are running for the desired databases to enable more accurate recommendations.
    • Dbconnectionstring: パフォーマンスカウンターデータを収集しているコンピューターでホストされている master データベースを指す接続文字列。DbConnectionString: The Connection string pointing to the master database hosted on the computer from which you're collecting performance counter data.

    呼び出しの例を次に示します。Here's a sample invocation:

    .\SkuRecommendationDataCollectionScript.ps1
     -ComputerName Foobar1
     -OutputFilePath D:\counters2.csv
     -CollectionTimeInSeconds 2400
     -DbConnectionString "Server=localhost;Initial Catalog=master;Integrated Security=SSPI;"
    

    コマンドの実行後、プロセスは、指定した場所にパフォーマンスカウンターを含むファイルを出力します。After the command executes, the process will output a file including performance counters to the location you specified. このファイルは、プロセスの次の部分の入力として使用できます。これにより、単一データベースとマネージインスタンスの両方のオプションについて SKU の推奨事項が提供されます。You can use this file as input for the next part of the process, which will provide SKU recommendations for both single database and managed instances options.

DMA CLI を使用して SKU の推奨事項を取得するUse the DMA CLI to get SKU recommendations

このプロセスの入力として作成したパフォーマンスカウンターの出力ファイルを使用します。Use the performance counters output file you created as input for this process.

シングルデータベースオプションの場合、DMA は、Azure SQL Database 単一データベースの価格レベル、コンピューティングレベル、およびコンピューター上の各データベースの最大データサイズに関する推奨事項を提供します。For the single database option, DMA will provide recommendations for the Azure SQL Database single database pricing tier, the compute level, and the maximum data size for each database on your computer. コンピューターに複数のデータベースがある場合は、推奨されるデータベースを指定することもできます。If you have multiple databases on your computer, you can also specify the databases for which you want recommendations. DMA では、各データベースの月額料金を見積もることもできます。DMA will also provide you with the estimated monthly cost for each database.

マネージインスタンスの場合、推奨事項でリフトアンドシフトのシナリオがサポートされます。For managed instance, the recommendations support a lift-and-shift scenario. その結果、DMA によって、Azure SQL Database マネージインスタンスの価格レベル、コンピューティングレベル、およびコンピューター上のデータベースセットの最大データサイズに関する推奨事項が提供されます。As a result, DMA will provide you with recommendations for the Azure SQL Database managed instance pricing tier, the compute level, and the maximum data size for the set of databases on your computer. ここでも、コンピューターに複数のデータベースがある場合は、推奨設定を行うデータベースを指定することもできます。Again, if you have multiple databases on your computer, you can also specify the databases for which you want recommendations. また、DMA を使用すると、マネージインスタンスの月額料金を見積もることができます。DMA will also provide you with the estimated monthly cost for managed instance.

DMA CLI を使用して SKU の推奨事項を取得するには、コマンドプロンプトで次の引数を指定して dmacmd を実行します。To use the DMA CLI to get SKU recommendations, at the command prompt, run dmacmd.exe with the following arguments:

  • /Action = SkuRecommendation: SKU 評価を実行するには、この引数を入力します。/Action=SkuRecommendation: Enter this argument to execute SKU assessments.
  • /SkuRecommendationInputDataFilePath: 前のセクションで収集したカウンターファイルへのパスです。/SkuRecommendationInputDataFilePath: The path to the counter file collected in the previous section.
  • /SkuRecommendationTsvOutputResultsFilePath: 出力を書き込むパスは、TSV 形式になります。/SkuRecommendationTsvOutputResultsFilePath: The path to write the output results in TSV format.
  • /SkuRecommendationJsonOutputResultsFilePath: 出力を書き込むパスは JSON 形式になります。/SkuRecommendationJsonOutputResultsFilePath: The path to write the output results in JSON format.
  • /SkuRecommendationHtmlResultsFilePath: 出力結果を HTML 形式で書き込むためのパス。/SkuRecommendationHtmlResultsFilePath: Path to write the output results in HTML format.

さらに、次のいずれかの引数を選択します。In addition, select one of the following arguments:

  • 価格更新を禁止するPrevent price refresh
    • /SkuRecommendationPreventPriceRefresh: True に設定すると、価格更新が発生しなくなり、既定の価格が想定されます。/SkuRecommendationPreventPriceRefresh: If set to True, prevents the price refresh from occurring and assumes default prices. オフラインモードで実行している場合は、を使用します。Use if running in offline mode. このパラメーターを使用しない場合は、以下のパラメーターを指定して、指定した領域に基づいて最新の価格を取得する必要があります。If you do not use this parameter, you must specify the parameters below to get the latest prices based on a specified region.
  • 最新の価格を取得するGet the latest prices
    • /SkuRecommendationCurrencyCode: 価格を表示する通貨 (例: "USD")。/SkuRecommendationCurrencyCode: The currency in which to display prices (e.g. "USD").
    • /SkuRecommendationOfferName: プラン名 (例: "MS-azr-0003P")。/SkuRecommendationOfferName: The offer name (e.g. "MS-AZR-0003P"). 詳細については、 Microsoft Azure プランの詳細に関するページを参照してください。For more information, see the Microsoft Azure Offer Details page.
      • /SkuRecommendationRegionName: リージョン名 (たとえば、"WestUS")。/SkuRecommendationRegionName: The region name (e.g., "WestUS").
      • /SkuRecommendationSubscriptionId: サブスクリプション ID。/SkuRecommendationSubscriptionId: The subscription ID.
      • /Azureauthenticationtenantid: 認証テナント。/AzureAuthenticationTenantId: The authentication tenant.
      • /Azureauthenticationclientid: 認証に使用される AAD アプリのクライアント ID。/AzureAuthenticationClientId: The client ID of the AAD app used for authentication.
      • 次のいずれかの認証オプション。One of the following authentication options:
        • InteractiveInteractive
          • Azureauthenticationinteractiveauthentication: 認証ポップアップウィンドウの場合は true に設定されます。AzureAuthenticationInteractiveAuthentication: Set to true for an authentication pop-up window.
        • 証明書ベースCert based
          • AzureAuthenticationCertificateStoreLocation: 証明書ストアの場所 (例: "CurrentUser") に設定します。AzureAuthenticationCertificateStoreLocation: Set to the certificate store location (e.g., "CurrentUser").
          • Azureauthenticationcertificatethumbprint: 証明書の拇印に設定します。AzureAuthenticationCertificateThumbprint: Set to the certificate thumbprint.
        • トークンベースToken based
          • Azureauthenticationtoken: 証明書トークンに設定されます。AzureAuthenticationToken: Set to the certificate token.

注意

対話型認証のために ClientId と TenantId を取得するには、新しい AAD アプリケーションを構成する必要があります。To get the ClientId and TenantId for interactive authentication, you need to configure a new AAD application. 認証とこれらの資格情報の取得の詳細については、「 Microsoft Azure BILLING api のサンプル: RATECARD API」の記事で、「手順 1: AAD テナントでのネイティブクライアントアプリケーションの構成」に記載されている手順に従います。For more information on authentication and getting these credentials, in the article Microsoft Azure Billing API Code Samples: RateCard API, follow the instructions under Step 1: Configure a Native Client application in your AAD tenant.

最後に、推奨設定が必要なデータベースを指定するために使用できるオプションの引数があります。Lastly, there is an optional argument you can use to specify the databases for which you want recommendations:

  • /SkuRecommendationDatabasesToRecommend: 推奨設定を行うデータベースの一覧。/SkuRecommendationDatabasesToRecommend: A list of databases for which to make recommendations. データベース名は大文字と小文字が区別されます。 (1) は、それぞれ二重引用符で囲み、(2) それぞれが二重引用符で囲まれ、(3) それぞれが名前の間に1つのスペースで区切られます (例:/SkuRecommendationDatabasesToRecommend = "Database1" "Database2" "Database3")。The database names are case-sensitive and must (1) be found in the input .csv, (2) each be surrounded by double-quotes, and (3) each be separated by a single space between names (e.g. /SkuRecommendationDatabasesToRecommend =”Database1” “Database2” “Database3”). このパラメーターを省略すると、入力 .csv ファイルで識別されるすべてのユーザーデータベースに対して推奨設定が提供されます。Omitting this parameter ensure that recommendations are provided for all user databases identified in the input .csv file.

呼び出しの例を次に示します。Below are some sample invocations:

サンプル 1: 既定の価格で推奨事項を取得する。オフラインモードで実行する場合、または認証資格情報がない場合は、を使用します。Sample 1: Getting recommendations with default prices. Use when running in offline mode or when you do not have authentication credentials.

.\DmaCmd.exe /Action=SkuRecommendation
/SkuRecommendationInputDataFilePath="C:\TestOut\out.csv"
/SkuRecommendationTsvOutputResultsFilePath="C:\TestOut\prices.tsv"
/SkuRecommendationJsonOutputResultsFilePath="C:\TestOut\prices.json"
/SkuRecommendationOutputResultsFilePath="C:\TestOut\prices.html"
/SkuRecommendationPreventPriceRefresh=true

サンプル 2: 指定された地域 (例: "UKWest") の最新価格で推奨事項を取得する。Sample 2: Getting recommendations with latest prices for the specified region (e.g., “UKWest”).

.\DmaCmd.exe /Action=SkuRecommendation
/SkuRecommendationInputDataFilePath="C:\TestOut\out.csv"
/SkuRecommendationTsvOutputResultsFilePath="C:\TestOut\prices.tsv"
/SkuRecommendationJsonOutputResultsFilePath="C:\TestOut\prices.json"
/SkuRecommendationOutputResultsFilePath="C:\TestOut\prices.html"
/SkuRecommendationCurrencyCode=USD
/SkuRecommendationOfferName=MS-AZR-0044p
/SkuRecommendationRegionName=UKWest
/SkuRecommendationSubscriptionId=<Your Subscription Id>
/AzureAuthenticationInteractiveAuthentication=true
/AzureAuthenticationClientId=<Your AzureAuthenticationClientId>
/AzureAuthenticationTenantId=<Your AzureAuthenticationTenantId>

サンプル 3: 特定のデータベース ("TPCDS1G, EDW_3G, TPCDS10G" など) の推奨事項を取得する。Sample 3: Getting recommendations for specific databases (e.g. “TPCDS1G,EDW_3G,TPCDS10G”).

.\DmaCmd.exe /Action=SkuRecommendation 
/SkuRecommendationInputDataFilePath="C:\TestOut\out.csv" 
/SkuRecommendationTsvOutputResultsFilePath="C:\TestOut\prices.tsv" 
/SkuRecommendationJsonOutputResultsFilePath="C:\TestOut\prices.json" 
/SkuRecommendationOutputResultsFilePath="C:\TestOut\prices.html" 
/SkuRecommendationCurrencyCode=USD 
/SkuRecommendationOfferName=MS-AZR-0044p 
/SkuRecommendationRegionName=UKWest 
/SkuRecommendationSubscriptionId=<Your Subscription Id> 
/SkuRecommendationDatabasesToRecommend=“TPCDS1G” “EDW_3G” “TPCDS10G” 
/AzureAuthenticationInteractiveAuthentication=true 
/AzureAuthenticationClientId=<Your AzureAuthenticationClientId> 
/AzureAuthenticationTenantId=<Your AzureAuthenticationTenantId>

単一データベースの推奨事項の場合、TSV 出力ファイルは次のようになります。For single database recommendations, the TSV output file will look as follows:

PowerShell の単一 db ファイルが DMA フォルダーに表示される

マネージインスタンスの推奨事項については、TSV 出力ファイルは次のようになります。For managed instance recommendations, the TSV output file will look as follows:

PowerShell マネージインスタンスファイルが DMA フォルダーに表示される

出力ファイルの各列の説明は次のとおりです。A description of each column in the output file follows.

  • DatabaseName -データベースの名前。DatabaseName - The name of your database.
  • Metrictype -単一データベース/マネージインスタンス層 Azure SQL Database 推奨されます。MetricType - Recommended Azure SQL Database single database/managed instance tier.
  • Metricvalue -単一データベース/マネージインスタンス SKU の Azure SQL Database をお勧めします。MetricValue - Recommended Azure SQL Database single database/managed instance SKU.
  • PricePerMonth –対応する SKU の月あたりの推定料金です。PricePerMonth – The estimated price per month for the corresponding SKU.
  • Regionname –対応する SKU のリージョン名。RegionName – The region name for the corresponding SKU.
  • I(推奨)-各レベルに対して SKU の最小推奨事項を作成します。IsTierRecommended - We make a minimum SKU recommendation for each tier. 次に、ヒューリスティックを適用して、データベースの適切なレベルを決定します。We then apply heuristics to determine the right tier for your database. これは、データベースに推奨されるレベルを表します。This reflects which tier is recommended for the database.
  • ExclusionReasons -この値は、レベルが推奨されている場合は空白です。ExclusionReasons - This value is blank if a Tier is recommended. 推奨されていない階層ごとに、選択されなかった理由が示されます。For each tier that isn't recommended, we provide the reasons why it wasn't picked.
  • 適用された規則-適用された規則の短い表記。AppliedRules - A short notation of the rules that were applied.

最終的に推奨されるレベル ( Metrictype) と値 (つまりmetrictype) は、 Iの推奨列が TRUE である場合に、オンプレミスデータベースに似た成功率で Azure で実行するためにクエリに必要な最小 SKU を反映しています。The final recommended tier (i.e., MetricType) and value (i.e., MetricValue) - found where the IsTierRecommended column is TRUE - reflects the minimum SKU required for your queries to run in Azure with a success rate similar to your on-premises databases. マネージインスタンスの場合、現在のところ、DMA では、最も一般的に使用される8vcore から 40vcore Sku への推奨事項がサポートされています。For managed instance, DMA currently supports recommendations for the most commonly used 8vcore to 40vcore SKUs. たとえば、standard レベルでは、推奨される最小 SKU が S4 の場合、S3 以下を選択すると、クエリがタイムアウトになるか、実行に失敗します。For example, if the recommended minimum SKU is S4 for the standard tier, then choosing S3 or below will cause queries to time out or fail to execute.

HTML ファイルには、この情報がグラフィック形式で含まれています。The HTML file contains this information in a graphical format. 最終的な推奨事項を表示し、プロセスの次の部分をプロビジョニングするためのわかりやすい手段を提供します。It provides a user-friendly means of viewing the final recommendation and provisioning the next part of the process. HTML 出力の詳細については、次のセクションを参照してください。More information on the HTML output is in the following section.

わずか数回のクリックで、特定された推奨事項を使用して、データベースを移行できる Azure のターゲット Sku をプロビジョニングできます。With just a few clicks, you can use the recommendations identified to provision target SKUs in Azure to which you can migrate your databases. HTML ファイルを使用して Azure サブスクリプションを入力できます。データベースの価格レベル、コンピューティングレベル、最大データサイズを選択します。とは、データベースをプロビジョニングするためのスクリプトを生成します。You can use the HTML file to input Azure subscription; pick the pricing tier, compute level, and Max data size for your databases; and generate a script to provision your databases. このスクリプトは、PowerShell を使用して実行できます。You can execute this script using PowerShell.

このプロセスは、1台のコンピューターで実行することも、複数のコンピューターで実行して、大規模な SKU の推奨事項を確認することもできます。You can perform this process on a single computer, or you can perform it on multiple computers to determine SKU recommendations at scale. 現在、DMA では、コマンドラインインターフェイスを使用してプロセス全体をサポートすることで、シンプルでスケーラブルなエクスペリエンスを実現しています。DMA currently makes it a simple and scalable experience by supporting the entire process via the Command Line Interface.

プロビジョニング情報を入力して推奨設定を変更するには、次のように HTML ファイルを更新します。To input provisioning information and make changes to the recommendations, update the HTML file as follows.

単一データベースの推奨事項For single database recommendations

Azure SQL DB SKU の推奨事項画面

  1. HTML ファイルを開き、次の情報を入力します。Open the HTML file and enter the following information:

    • サブスクリプション id -データベースのプロビジョニング先となる Azure サブスクリプションのサブスクリプション id。Subscription ID - The subscription ID of the Azure subscription to which you want to provision the databases.
    • [リソースグループ] -データベースをデプロイするリソースグループ。Resource Group - The resource group to which you want to deploy the databases. 存在するリソースグループを入力してください。Enter a resource group that exists.
    • Region -データベースをプロビジョニングするリージョン。Region - The region in which to provision databases. サブスクリプションで選択したリージョンがサポートされていることを確認します。Make sure your subscription supports the select region.
    • サーバー名-データベースを配置する Azure SQL Database サーバー。Server Name - The Azure SQL Database server to which you want the databases deployed. 存在しないサーバー名を入力すると、サーバー名が作成されます。If you enter a server name that doesn't exist, it will be created.
    • 管理者のユーザー名-サーバー管理者のユーザー名。Admin Username - The server admin username.
    • 管理者パスワード-サーバー管理者パスワード。Admin Password - The server admin password. パスワードは8文字以上、長さが128文字以下でなければなりません。The password must be at least eight characters and no more than 128 characters in length. パスワードには、英大文字、英小文字、数字 (0 ~ 9)、英数字以外の文字 (!、$、#、% など) のうち、3 つのカテゴリの文字が含まれている必要があります。Your password must contain characters from three of the following categories – English uppercase letters, English lowercase letters, numbers (0-9), and non-alphanumeric characters (!, $, #, %, etc.). パスワードには、ユーザー名のすべてまたは一部 (3 + 連続する文字) を含めることはできません。The password cannot contain all or part (3+ consecutive letters) from the username.
  2. 各データベースの推奨事項を確認し、必要に応じて価格レベル、コンピューティングレベル、最大データサイズを変更します。Review recommendations for each database, and modify the pricing tier, compute level, and max data size as needed. 現在プロビジョニングしないデータベースは、必ず選択解除してください。Be sure to deselect any databases that you do not currently want to provision.

  3. [プロビジョニングスクリプトの生成] を選択し、スクリプトを保存して、PowerShell で実行します。Select Generate Provisioning Script, save the script, and then execute it in PowerShell.

    このプロセスでは、HTML ページで選択したすべてのデータベースが作成されます。This process should create all the databases you selected in the HTML page.

マネージインスタンスの推奨事項についてFor managed instance recommendations

Azure SQL MI SKU の推奨事項画面

  1. HTML ファイルを開き、次の情報を入力します。Open the HTML file and enter the following information:

    • サブスクリプション id -データベースのプロビジョニング先となる Azure サブスクリプションのサブスクリプション id。Subscription ID - The subscription ID of the Azure subscription to which you want to provision the databases.
    • [リソースグループ] -データベースをデプロイするリソースグループ。Resource Group - The resource group to which you want to deploy the databases. 存在するリソースグループを入力してください。Enter a resource group that exists.
    • Region -データベースをプロビジョニングするリージョン。Region - The region in which to provision databases. サブスクリプションで選択したリージョンがサポートされていることを確認します。Make sure your subscription supports the select region.
    • [インスタンス名] –データベースの移行先となる Azure SQL Managed Instance のインスタンス。Instance Name – The instance of Azure SQL Managed Instance to which you want to migrate the databases. インスタンス名には、小文字、数字、および '-' のみを使用できますが、先頭または末尾を '-' にしたり、63文字を超えたりすることはできません。The instance name can contain only lowercase letters, numbers, and ‘-‘, but it can’t begin or end with ‘-‘ or have more than 63 characters.
    • インスタンス管理者のユーザー名–インスタンス管理者のユーザー名。Instance Admin Username – The instance admin username. ログイン名が次の要件を満たしていることを確認してください。これは、一般的なシステム名 (admin、administrator、sa、root、dbmanager、loginmanager など)、または組み込みのデータベースユーザーまたはロール (dbo、guest、public など) ではなく、SQL 識別子です。Make sure your login name meets the following requirements - It's a SQL Identifier, and not a typical system name (like admin, administrator, sa, root, dbmanager, loginmanager, etc.), or a built-in database user or role (like dbo, guest, public, etc.). 名前に空白文字、Unicode 文字、またはアルファベット以外の文字が含まれていないこと、および数字や記号で始まらないことを確認します。Make sure your name doesn't contain whitespaces, Unicode characters, or nonalphabetic characters, and that it doesn't begin with numbers or symbols.
    • インスタンス管理者パスワード-インスタンス管理者パスワード。Instance Admin Password - The instance admin password. パスワードは16文字以上、長さが128文字以下でなければなりません。Your password must be at least 16 characters and no more than 128 characters in length. パスワードには、英大文字、英小文字、数字 (0 ~ 9)、英数字以外の文字 (!、$、#、% など) のうち、3 つのカテゴリの文字が含まれている必要があります。Your password must contain characters from three of the following categories – English uppercase letters, English lowercase letters, numbers (0-9), and non-alphanumeric characters (!, $, #, %, etc.). パスワードには、ユーザー名のすべてまたは一部 (3 + 連続する文字) を含めることはできません。The password cannot contain all or part (3+ consecutive letters) from the username.
    • [ Vnet 名] –マネージインスタンスをプロビジョニングする必要がある vnet の名前。Vnet Name – The VNet name under which the managed instance should be provisioned. 既存の VNet 名を入力します。Enter an existing VNet name.
    • [サブネット名] –マネージインスタンスをプロビジョニングするサブネットの名前。Subnet Name – The Subnet name under which the managed instance should be provisioned. 既存のサブネット名を入力します。Enter an existing Subnet name.
  2. 各インスタンスの推奨事項を確認し、必要に応じて価格レベル、コンピューティングレベル、最大データサイズを変更します。Review recommendations for each instance, and modify the pricing tier, compute level, and max data size as needed. 現在、推奨事項は8vcore から 40vcore Sku に制限されていますが、必要に応じて、64vcore と 80vcore Sku をプロビジョニングするオプションもあります。While the recommendations are currently limited to 8vcore to 40vcore SKUs, there is still the option to provision 64vcore and 80vcore SKUs if desired. 現在プロビジョニングしていないすべてのインスタンスの選択を解除してください。Be sure to deselect any instances that you do not currently want to provision.

    このプロセスでは、HTML ページで選択したすべてのデータベースが作成されます。This process should create all the databases you selected in the HTML page.

    注意

    サブネット (特に初めて) でマネージインスタンスを作成するには、完了までに数時間かかることがあります。Creating managed instances on a subnet (especially for the first time) may take several hours to complete. PowerShell を使用してプロビジョニングスクリプトを実行した後、Azure Portal でデプロイの状態を確認できます。After you run the provisioning script via PowerShell, you can check the status of your deployment on Azure Portal.

次のステップNext step