Integration Services (SSIS) の接続Integration Services (SSIS) Connections

APPLIES TO: yesSQL Server, including on Linux yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server Integration ServicesIntegration Services パッケージでは接続を使用して、各種のタスクの実行や Integration ServicesIntegration Services 機能の実装を行います。SQL ServerSQL Server Integration ServicesIntegration Services packages use connections to perform different tasks and to implement Integration ServicesIntegration Services features:

  • テキスト、XML、Excel ブック、リレーショナル データベースなど、変換元および変換先のデータ ストアに接続し、データの抽出と読み込みを行います。Connecting to source and destination data stores such as text, XML, Excel workbooks, and relational databases to extract and load data.

  • 参照データが含まれたリレーショナル データベースに接続し、完全参照またはあいまい参照を実行します。Connecting to relational databases that contain reference data to perform exact or fuzzy lookups.

  • リレーショナル データベースに接続し、SELECT、DELETE、INSERT コマンドなどの SQL ステートメントやストアド プロシージャを実行します。Connecting to relational databases to run SQL statements such as SELECT, DELETE, and INSERT commands and also stored procedures.

  • SQL ServerSQL Server に接続し、データベースのバックアップやログインの転送などのメンテナンス タスクおよび転送タスクを実行します。Connecting to SQL ServerSQL Server to perform maintenance and transfer tasks such as backing up databases and transferring logins.

  • ログ エントリをテキスト ファイル、XML ファイル、および SQL ServerSQL Server テーブルに書き込み、パッケージの構成を SQL ServerSQL Server テーブルに書き込みます。Writing log entries in text and XML files and SQL ServerSQL Server tables and package configurations to SQL ServerSQL Server tables.

  • SQL ServerSQL Server に接続し、一部の変換作業に使用する一時作業テーブルを作成します。Connecting to SQL ServerSQL Server to create temporary work tables that some transformations require to do their work.

  • Analysis ServicesAnalysis Services プロジェクトおよびデータベースに接続して、データ マイニング モデルにアクセスし、キューブとディメンションを処理して、DDL コードを実行します。Connecting to Analysis ServicesAnalysis Services projects and databases to access data mining models, process cubes and dimensions, and run DDL code.

  • Foreach Loop 列挙子およびタスクで使用する既存のファイルとフォルダーを指定するか、新しく作成します。Specifying existing or creating new files and folders to use with Foreach Loop enumerators and tasks.

  • メッセージ キュー、Windows Management Instrumentation (WMI) サーバー、 SQL ServerSQL Server 管理オブジェクト (SMO) サーバー、Web サーバー、およびメール サーバーに接続します。Connecting to message queues and to Windows Management Instrumentation (WMI), SQL ServerSQL Server Management Objects (SMO), Web, and mail servers.

これらの接続を確立するために、 Integration ServicesIntegration Services は接続マネージャーを使用します。次のセクションでは、この接続マネージャーについて説明します。To make these connections, Integration ServicesIntegration Services uses connection managers, as described in the next section.

接続マネージャーConnection Managers

Integration ServicesIntegration Services では、接続の論理表現として接続マネージャーが使用されます。uses the connection manager as a logical representation of a connection. デザイン時に接続マネージャーのプロパティを設定し、パッケージの実行時に Integration ServicesIntegration Services が作成する物理接続を指定します。At design time, you set the properties of a connection manager to describe the physical connection that Integration ServicesIntegration Services creates when the package runs. たとえば、接続マネージャーには、デザイン時に設定する ConnectionString プロパティが含まれており、実行時には、接続文字列のプロパティ内の値を使用して、物理接続が作成されます。For example, a connection manager includes the ConnectionString property that you set at design time; at run time, a physical connection is created using the value in the connection string property.

パッケージは、接続マネージャーの種類の複数のインスタンスを使用でき、各インスタンス上でプロパティを設定できます。A package can use multiple instances of a connection manager type, and you can set the properties on each instance. 実行時に、接続マネージャーの種類の各インスタンスは、さまざまな属性を持つ接続を作成します。At run time, each instance of a connection manager type creates a connection that has different attributes.

SQL ServerSQL Server Integration ServicesIntegration Services では、さまざまな種類の接続マネージャーが用意されており、これにより、パッケージはさまざまなデータ ソースおよびサーバーに接続できます。Integration ServicesIntegration Services provides different types of connection managers that enable packages to connect to a variety of data sources and servers:

  • Integration ServicesIntegration Servicesのインストール時にセットアップ プログラムによってインストールされる組み込みの接続マネージャー。There are built-in connection managers that Setup installs when you install Integration ServicesIntegration Services.

  • MicrosoftMicrosoft の Web サイトからダウンロード可能な接続マネージャー。There are connection managers that are available for download from the MicrosoftMicrosoft website.

  • カスタム接続マネージャー。既存の接続マネージャーではニーズを満たすことができない場合は独自に作成できます。You can create your own custom connection manager if the existing connection managers do not meet your needs.

パッケージ レベルとプロジェクト レベルの接続マネージャーPackage level and project level connection managers

接続マネージャーは、パッケージ レベルまたはプロジェクト レベルで作成できます。A connection manager can be created at the package level or at the project level. プロジェクト レベルで作成した接続マネージャーは、プロジェクト内のすべてのパッケージで使用できます。The connection manager created at the project level is available all the packages in the project. 一方、パッケージ レベルで作成した接続マネージャーは、特定のパッケージでのみ使用できます。Whereas, connection manager created at the package level is available to that specific package.

データ ソースの代わりにプロジェクト レベルで作成された接続マネージャーを使用して、ソースへの接続を共有します。You use connection managers that are created at the project level in place of data sources, to share connections to sources. プロジェクト レベルで接続マネージャーを追加するには、 Integration ServicesIntegration Services プロジェクトでプロジェクト配置モデルを使用する必要があります。To add a connection manager at the project level, the Integration ServicesIntegration Services project must use the project deployment model. このモデルを使用するようにプロジェクトが構成されている場合、 [接続マネージャー] フォルダーが ソリューション エクスプローラーに表示され、 [データ ソース] フォルダーが ソリューション エクスプローラーから削除されます。When a project is configured to use this model, the Connection Managers folder appears in Solution Explorer, and the Data Sources folder is removed from Solution Explorer.

注意

パッケージでデータ ソースを使用する場合は、プロジェクトをパッケージ配置モデルに変換する必要があります。If you want to use data sources in your package, you need to convert the project to the package deployment model.

2 つのモデルの詳細とプロジェクト配置モデルへのプロジェクトの変換の詳細については、「Deploy Integration Services (SSIS) Projects and Packages」 (Integration Services (SSIS) プロジェクトおよびパッケージの展開) を参照してください。For more information about the two models, and about converting a project to the project deployment model, see Deploy Integration Services (SSIS) Projects and Packages.

組み込みの接続マネージャーBuilt-in Connection Managers

次の表は、 SQL ServerSQL Server Integration ServicesIntegration Services に用意されている接続マネージャーの種類を一覧にしたものです。The following table lists the connection manager types that SQL ServerSQL Server Integration ServicesIntegration Services provides.

Type [説明]Description トピックTopic
ADO (ADO)ADO ActiveX Data Objects (ADO) オブジェクトに接続します。Connects to ActiveX Data Objects (ADO) objects. ADO 接続マネージャーADO Connection Manager
ADO.NETADO.NET .NET プロバイダーを使用して、データ ソースに接続します。Connects to a data source by using a .NET provider. ADO.NET 接続マネージャーADO.NET Connection Manager
CACHECACHE データ フローまたはキャッシュ ファイル (.caw) からデータを読み取り、そのデータをキャッシュ ファイルに保存できます。Reads data from the data flow or from a cache file (.caw), and can save data to the cache file. キャッシュ接続マネージャーCache Connection Manager
DQSDQS Data Quality Services サーバーとサーバー上の Data Quality Services データベースに接続します。Connects to a Data Quality Services server and a Data Quality Services database on the server. DQS クレンジング接続マネージャーDQS Cleansing Connection Manager
EXCELEXCEL Excel ブック ファイルに接続します。Connects to an Excel workbook file. Excel 接続マネージャーExcel Connection Manager
FILEFILE ファイルまたはフォルダーに接続します。Connects to a file or a folder. ファイル接続マネージャーFile Connection Manager
FLATFILEFLATFILE 単一のフラット ファイル内のデータに接続します。Connect to data in a single flat file. フラット ファイル接続マネージャーFlat File Connection Manager
FTPFTP FTP サーバーに接続します。Connect to an FTP server. FTP 接続マネージャーFTP Connection Manager
HTTPHTTP Web サーバーに接続します。Connects to a webserver. HTTP 接続マネージャーHTTP Connection Manager
MSMQ (MSMQ)MSMQ メッセージ キューに接続します。Connects to a message queue. MSMQ 接続マネージャーMSMQ Connection Manager
MSOLAP100MSOLAP100 SQL ServerSQL Server Analysis ServicesAnalysis Services のインスタンスまたは Analysis ServicesAnalysis Services プロジェクトに接続します。Connects to an instance of SQL ServerSQL Server Analysis ServicesAnalysis Services or an Analysis ServicesAnalysis Services project. Analysis Services 接続マネージャーAnalysis Services Connection Manager
MULTIFILEMULTIFILE 複数のファイルおよびフォルダーに接続します。Connects to multiple files and folders. 複数ファイル接続マネージャーMultiple Files Connection Manager
MULTIFLATFILEMULTIFLATFILE 複数のデータ ファイルおよびフォルダーに接続します。Connects to multiple data files and folders. 複数フラット ファイル接続マネージャーMultiple Flat Files Connection Manager
OLEDBOLEDB OLE DB プロバイダーを使用して、データ ソースに接続します。Connects to a data source by using an OLE DB provider. OLE DB 接続マネージャーOLE DB Connection Manager
ODBCODBC ODBC を使用して、データ ソースに接続します。Connects to a data source by using ODBC. ODBC 接続マネージャーODBC Connection Manager
SMOServerSMOServer SQL ServerSQL Server 管理オブジェクト (SMO) サーバーに接続します。Connects to a SQL ServerSQL Server Management Objects (SMO) server. SMO 接続マネージャーSMO Connection Manager
SMTP (SMTP)SMTP SMTP メール サーバーに接続します。Connects to an SMTP mail server. SMTP 接続マネージャーSMTP Connection Manager
SQLMOBILESQLMOBILE SQL ServerSQL Server Compact データベースに接続します。Connects to a SQL ServerSQL Server Compact database. SQL Server Compact Edition 接続マネージャーSQL Server Compact Edition Connection Manager
WMI (WMI)WMI サーバーに接続し、サーバー上の Windows Management Instrumentation (WMI) 管理のスコープを指定します。Connects to a server and specifies the scope of Windows Management Instrumentation (WMI) management on the server. WMI 接続マネージャーWMI Connection Manager

ダウンロード可能な接続マネージャーConnection Managers available for download

次の表に、 MicrosoftMicrosoft の Web サイトからダウンロードできるその他の種類の接続マネージャーをリストします。The following table lists additional types of connection manager that you can download from the MicrosoftMicrosoft website.

重要

次の表にリストされている接続マネージャーは、 Microsoft SQL Server 2012 EnterpriseMicrosoft SQL Server 2012 Enterprise および Microsoft SQL Server 2012 DeveloperMicrosoft SQL Server 2012 Developerでのみ動作します。The connection managers listed in the following table work only with Microsoft SQL Server 2012 EnterpriseMicrosoft SQL Server 2012 Enterprise and Microsoft SQL Server 2012 DeveloperMicrosoft SQL Server 2012 Developer.

Type [説明]Description トピックTopic
ORACLEORACLE Oracle <バージョン情報> サーバーに接続します。Connects to an Oracle <version info> server. Oracle 接続マネージャーは、 MicrosoftMicrosoft Connector for Oracle by Attunity の接続マネージャー コンポーネントです。The Oracle connection manager is the connection manager component of the MicrosoftMicrosoft Connector for Oracle by Attunity. MicrosoftMicrosoft Connector for Oracle by Attunity には、変換元と変換先も含まれます。The MicrosoftMicrosoft Connector for Oracle by Attunity also includes a source and a destination. 詳細については、 Microsoft Connectors for Oracle and Teradata by Attunityのダウンロード ページを参照してください。For more information, see the download page, Microsoft Connectors for Oracle and Teradata by Attunity.
SAPBISAPBI SAP NetWeaver BI Version 7 システムに接続します。Connects to an SAP NetWeaver BI version 7 system. SAP BI 接続マネージャーは、 MicrosoftMicrosoft Connector for SAP BI の接続マネージャー コンポーネントです。The SAP BI connection manager is the connection manager component of the MicrosoftMicrosoft Connector for SAP BI. MicrosoftMicrosoft Connector for SAP BI には、変換元と変換先も含まれます。The MicrosoftMicrosoft Connector for SAP BI also includes a source and a destination. 詳細については、Microsoft SQL Server 2008 用 Feature Pack のダウンロード ページを参照してください。For more information, see the download page, Microsoft SQL Server 2008 Feature Pack.
TERADATATERADATA Teradata <バージョン情報> サーバーに接続します。Connects to a Teradata <version info> server. Teradata 接続マネージャーは、 MicrosoftMicrosoft Connector for Teradata by Attunity の接続マネージャー コンポーネントです。The Teradata connection manager is the connection manager component of the MicrosoftMicrosoft Connector for Teradata by Attunity. MicrosoftMicrosoft Connector for Teradata by Attunity には、変換元と変換先も含まれます。The MicrosoftMicrosoft Connector for Teradata by Attunity also includes a source and a destination. 詳細については、Microsoft Connectors for Oracle and Teradata by Attunity のダウンロード ページを参照してください。For more information, see the download page, Microsoft Connectors for Oracle and Teradata by Attunity.

カスタム接続マネージャーCustom Connection Managers

カスタム接続マネージャーを作成することもできます。You can also write custom connection managers. 詳細については、「 カスタム接続マネージャーの開発」を参照してください。For more information, see Developing a Custom Connection Manager.

接続マネージャーを作成するCreate connection managers

Integration ServicesIntegration Services には、さまざまな種類のサーバーやデータ ソースに接続するタスクのニーズに合わせるため、さまざまな接続マネージャーが用意されています。includes a variety of connection managers to suit the needs of tasks that connect to different types of servers and data sources. 接続マネージャーは、データを抽出してさまざまな種類のデータ ストアに読み込むデータ フロー コンポーネントや、ログをサーバー、SQL ServerSQL Server テーブル、またはファイルに書き込むログ プロバイダーによって使用されます。Connection managers are used by the data flow components that extract and load data in different types of data stores, and by the log providers that write logs to a server, SQL ServerSQL Server table, or file. たとえば、メール送信タスクが含まれるパッケージには、簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーに接続するタイプの SMTP 接続マネージャーを使用します。For example, a package with a Send Mail task uses an SMTP connection manager type to connect to a Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) server. SQL 実行タスクが含まれるパッケージでは、SQL ServerSQL Server データベースに接続する OLE DB 接続マネージャーを使用できます。A package with an Execute SQL task can use an OLE DB connection manager to connect to a SQL ServerSQL Server database. 詳細については、「Integration Services (SSIS) の接続」を参照してください。For more information, see Integration Services (SSIS) Connections.

新しいパッケージを作成する際に接続マネージャーを自動的に作成して構成する場合は、SQL ServerSQL Server インポートおよびエクスポート ウィザードを使用できます。To automatically create and configure connection managers when you create a new package, you can use the SQL ServerSQL Server Import and Export Wizard. このウィザードは、接続マネージャーを使用する変換元および変換先の作成と構成を行う場合に役立ちます。The wizard also helps you create and configure the sources and destinations that use the connection managers. 詳細については、「 SQL Server データ ツールでのパッケージの作成」を参照してください。For more information, see Create Packages in SQL Server Data Tools.

手動で新しい接続マネージャーを作成して既存のパッケージに追加するには、SSISSSIS デザイナーの [制御フロー] タブ、 [データ フロー] タブ、および [イベント ハンドラー] タブに表示される [接続マネージャー] 領域を使用します。To manually create a new connection manager and add it to an existing package, you use the Connection Managers area that appears on the Control Flow, Data Flow, and Event Handlers tabs of SSISSSIS Designer. [接続マネージャー] 領域で、作成する接続マネージャーの種類を選択し、SSISSSIS デザイナーで用意されているダイアログ ボックスを使用して、接続マネージャーのプロパティを設定します。From the Connection Manager area, you choose the type of connection manager to create, and then set the properties of the connection manager by using a dialog box that SSISSSIS Designer provides. 詳細については、後の「[接続マネージャー] 領域の使用」を参照してください。For more information, see the section, "Using the Connection Managers Area," later in this topic.

パッケージに接続マネージャーを追加すると、タスク、Foreach ループ コンテナー、変換元、変換、および変換先で使用できます。After the connection manager is added to a package, you can use it in tasks, Foreach Loop containers, sources, transformations, and destinations. 詳細については、「Integration Services タスク」、「Foreach ループ コンテナー」、および「データ フロー」を参照してください。For more information, see Integration Services Tasks, Foreach Loop Container, and Data Flow.

[接続マネージャー] 領域の使用Using the Connection Managers Area

接続マネージャーは、SSISSSIS デザイナーの [制御フロー] タブ、 [データ フロー] タブ、または [イベント ハンドラー] タブがアクティブなときに作成できます。You can create connection managers while the Control Flow, Data Flow, or Event Handlers tab of SSISSSIS Designer is active.

次の図は、SSISSSIS デザイナーの [制御フロー] タブ上にある [接続マネージャー] 領域を示しています。The following diagram shows the Connection Managers area on the Control Flow tab of SSISSSIS Designer.

パッケージの制御フロー デザイナーのスクリーンショットScreenshot of control flow designer with package

接続マネージャーの 32 ビット プロバイダーと 64 ビット プロバイダー32-Bit and 64-Bit Providers for Connection Managers

接続マネージャーが使用する多くのプロバイダーには、32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンがあります。Many of the providers that connection managers use are available in 32-bit and 64-bit versions. Integration ServicesIntegration Services のデザイン環境は 32 ビット環境であり、パッケージのデザイン時には 32 ビット プロバイダーのみが表示されます。The Integration ServicesIntegration Services design environment is a 32-bit environment and you see only 32-bit providers while you are designing a package. したがって、接続マネージャーで特定の 64 ビット プロバイダーが使用されるように構成できるのは、同じプロバイダーの 32 ビット バージョンがインストールされている場合のみです。Therefore, you can only configure a connection manager to use a specific 64-bit provider if the 32-bit version of the same provider is also installed.

デザイン時に 32 ビット バージョンのプロバイダーを指定したかどうかにかかわらず、実行時には適切なバージョンが使用されます。At run time, the correct version is used, and it does not matter that you specified the 32-bit version of the provider at design time. パッケージが SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) で実行されている場合でも、64 ビット バージョンのプロバイダーを実行できます。The 64-bit version of the provider can be run even if the package is run in SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT).

どちらのバージョンのプロバイダーも ID は同じです。Both versions of the provider have the same ID. Integration ServicesIntegration Services ランタイムで使用可能な 64 ビット バージョンのプロバイダーを使用するかどうかを指定するには、Integration ServicesIntegration Services プロジェクトの Run64BitRuntime プロパティを設定します。To specify whether the Integration ServicesIntegration Services runtime uses an available 64-bit version of the provider, you set the Run64BitRuntime property of the Integration ServicesIntegration Services project. Run64BitRuntime プロパティが true に設定されると、ランタイムは 64 ビット プロバイダーを探して使用します。Run64BitRuntime が false に設定されると、32 ビット プロバイダーを探して使用します。If the Run64BitRuntime property is set to true, the runtime finds and uses the 64-bit provider; if Run64BitRuntime is false, the runtime finds and uses the 32-bit provider. Integration ServicesIntegration Services プロジェクトで設定できるプロパティの詳細については、「Integration Services (SSIS) と Studio の環境」を参照してください。For more information about properties you can set on Integration ServicesIntegration Services projects, see Integration Services &(SSIS) and Studio Environments.

接続マネージャーを追加するAdd a connection manager

パッケージ作成時に接続マネージャーを追加するAdd a connection manager when you create a package

  • SQL ServerSQL Server インポートおよびエクスポート ウィザードを使用します。Use the SQL ServerSQL Server Import and Export Wizard

    接続マネージャーの作成と構成に加えて、このウィザードでは、接続マネージャーを使用する変換元および変換先の作成と構成を行うこともできます。In addition to creating and configuring a connection manager, the wizard also helps you create and configure the sources and destinations that use the connection manager. 詳細については、「 SQL Server データ ツールでのパッケージの作成」を参照してください。For more information, see Create Packages in SQL Server Data Tools.

接続マネージャーを既存のパッケージに追加するAdd a connection manager to an existing package

  1. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)で、目的のパッケージが含まれている Integration ServicesIntegration Services プロジェクトを開きます。In SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), open the Integration ServicesIntegration Services project that contains the package you want.

  2. ソリューション エクスプローラーで、パッケージをダブルクリックして開きます。In Solution Explorer, double-click the package to open it

  3. SSISSSIS デザイナーで、 [制御フロー] タブ、 [データ フロー] タブ、または [イベント ハンドラー] タブをクリックして、 [接続マネージャー] 領域を表示します。In SSISSSIS Designer, click the Control Flow tab, the Data Flow tab, or the Event Handler tab to make the Connection Managers area available.

  4. [接続マネージャー] 領域で任意の場所を右クリックし、次のいずれかの操作を行います。Right-click anywhere in the Connection Managers area, and then do one of the following:

    • パッケージに追加する接続マネージャーの種類をクリックします。Click the connection manager type to add to the package.

      - または --or-

    • 追加する種類が一覧にない場合は、 [新しい接続] をクリックして [SSIS 接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスを開き、接続マネージャーの種類を選択してから [OK] をクリックします。If the type that you want to add is not listed, click New Connection to open the Add SSIS Connection Manager dialog box, select a connection manager type, and then click OK.

    選択した接続マネージャーの種類に応じたカスタム ダイアログ ボックスが開きます。The custom dialog box for the selected connection manager type opens. 接続マネージャーの種類と設定可能なオプションの詳細については、次のオプションの表を参照してください。For more information about connection manager types and the options that are available, see the following options table.

    [ODBC 入力元エディター]Connection manager オプションOptions
    ADO 接続マネージャーADO Connection Manager [OLE DB 接続マネージャーの構成]Configure OLE DB Connection Manager
    ADO.NET 接続マネージャーADO.NET Connection Manager [ADO.NET の接続マネージャーの構成]Configure ADO.NET Connection Manager
    Analysis Services 接続マネージャーAnalysis Services Connection Manager [Analysis Services 接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスの UI リファレンスAdd Analysis Services Connection Manager Dialog Box UI Reference
    Excel 接続マネージャーExcel Connection Manager Excel 接続マネージャー エディターExcel Connection Manager Editor
    ファイル接続マネージャーFile Connection Manager ファイル接続マネージャー エディターFile Connection Manager Editor
    複数ファイル接続マネージャーMultiple Files Connection Manager [ファイル接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスの UI リファレンスAdd File Connection Manager Dialog Box UI Reference
    フラット ファイル接続マネージャーFlat File Connection Manager [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([全般] ページ)Flat File Connection Manager Editor (General Page)

    [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([列] ページ)Flat File Connection Manager Editor (Columns Page)

    [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([詳細設定] ページ)Flat File Connection Manager Editor (Advanced Page)

    [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([プレビュー] ページ)Flat File Connection Manager Editor (Preview Page)
    複数フラット ファイル接続マネージャーMultiple Flat Files Connection Manager [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([全般] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (General Page)

    [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([列] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (Columns Page)

    [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([詳細設定] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (Advanced Page)

    [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([プレビュー] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (Preview Page)
    FTP 接続マネージャーFTP Connection Manager FTP 接続マネージャー エディターFTP Connection Manager Editor
    HTTP 接続マネージャーHTTP Connection Manager [HTTP 接続マネージャー エディター] ([サーバー] ページ)HTTP Connection Manager Editor (Server Page)

    [HTTP 接続マネージャー エディター] ([プロキシ] ページ)HTTP Connection Manager Editor (Proxy Page)
    MSMQ 接続マネージャーMSMQ Connection Manager MSMQ 接続マネージャー エディターMSMQ Connection Manager Editor
    ODBC 接続マネージャーODBC Connection Manager ODBC 接続マネージャーの UI リファレンスODBC Connection Manager UI Reference
    OLE DB 接続マネージャーOLE DB Connection Manager [OLE DB 接続マネージャーの構成]Configure OLE DB Connection Manager
    SMO 接続マネージャーSMO Connection Manager SMO 接続マネージャー エディターSMO Connection Manager Editor
    SMTP 接続マネージャーSMTP Connection Manager SMTP 接続マネージャー エディターSMTP Connection Manager Editor
    SQL Server Compact Edition 接続マネージャーSQL Server Compact Edition Connection Manager [SQL Server Compact Edition 接続マネージャー エディター] ([接続] ページ)SQL Server Compact Edition Connection Manager Editor (Connection Page)

    [SQL Server Compact Edition 接続マネージャー エディター] ([すべて] ページ)SQL Server Compact Edition Connection Manager Editor (All Page)
    WMI 接続マネージャーWMI Connection Manager WMI 接続マネージャー エディターWMI Connection Manager Editor

    [接続マネージャー] 領域に、追加した接続マネージャーが一覧表示されます。The Connection Managers area lists the added connection manager.

  5. 必要に応じて、接続マネージャーを右クリックし、 [名前の変更] をクリックして、接続マネージャーの既定の名前を変更します。Optionally, right-click the connection manager, click Rename, and then modify the default name of the connection manager.

  6. 更新したパッケージを保存するには、 [ファイル] メニューの [選択されたファイルを上書き保存] をクリックします。To save the updated package, click Save Selected Item on the File menu.

プロジェクト レベルで接続マネージャーを追加するAdd a connection manager at the project level

  1. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)で、 Integration ServicesIntegration Services プロジェクトを開きます。In SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), open the Integration ServicesIntegration Services project.

  2. ソリューション エクスプローラー[接続マネージャー] を右クリックし、 [新しい接続マネージャー] をクリックします。In Solution Explorer, right-click Connection Managers, and click New Connection Manager.

  3. [SSIS 接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスで、接続マネージャーの種類を選択し、 [追加] をクリックします。In the Add SSIS Connection Manager dialog box, select the type of connection manager, and then click Add.

    選択した接続マネージャーの種類に応じたカスタム ダイアログ ボックスが開きます。The custom dialog box for the selected connection manager type opens. 接続マネージャーの種類と設定可能なオプションの詳細については、次のオプションの表を参照してください。For more information about connection manager types and the options that are available, see the following options table.

    [ODBC 入力元エディター]Connection manager オプションOptions
    ADO 接続マネージャーADO Connection Manager [OLE DB 接続マネージャーの構成]Configure OLE DB Connection Manager
    ADO.NET 接続マネージャーADO.NET Connection Manager [ADO.NET の接続マネージャーの構成]Configure ADO.NET Connection Manager
    Analysis Services 接続マネージャーAnalysis Services Connection Manager [Analysis Services 接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスの UI リファレンスAdd Analysis Services Connection Manager Dialog Box UI Reference
    Excel 接続マネージャーExcel Connection Manager Excel 接続マネージャー エディターExcel Connection Manager Editor
    ファイル接続マネージャーFile Connection Manager ファイル接続マネージャー エディターFile Connection Manager Editor
    複数ファイル接続マネージャーMultiple Files Connection Manager [ファイル接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスの UI リファレンスAdd File Connection Manager Dialog Box UI Reference
    フラット ファイル接続マネージャーFlat File Connection Manager [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([全般] ページ)Flat File Connection Manager Editor (General Page)

    [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([列] ページ)Flat File Connection Manager Editor (Columns Page)

    [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([詳細設定] ページ)Flat File Connection Manager Editor (Advanced Page)

    [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([プレビュー] ページ)Flat File Connection Manager Editor (Preview Page)
    複数フラット ファイル接続マネージャーMultiple Flat Files Connection Manager [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([全般] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (General Page)

    [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([列] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (Columns Page)

    [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([詳細設定] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (Advanced Page)

    [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([プレビュー] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (Preview Page)
    FTP 接続マネージャーFTP Connection Manager FTP 接続マネージャー エディターFTP Connection Manager Editor
    HTTP 接続マネージャーHTTP Connection Manager [HTTP 接続マネージャー エディター] ([サーバー] ページ)HTTP Connection Manager Editor (Server Page)

    [HTTP 接続マネージャー エディター] ([プロキシ] ページ)HTTP Connection Manager Editor (Proxy Page)
    MSMQ 接続マネージャーMSMQ Connection Manager MSMQ 接続マネージャー エディターMSMQ Connection Manager Editor
    ODBC 接続マネージャーODBC Connection Manager ODBC 接続マネージャーの UI リファレンスODBC Connection Manager UI Reference
    OLE DB 接続マネージャーOLE DB Connection Manager [OLE DB 接続マネージャーの構成]Configure OLE DB Connection Manager
    SMO 接続マネージャーSMO Connection Manager SMO 接続マネージャー エディターSMO Connection Manager Editor
    SMTP 接続マネージャーSMTP Connection Manager SMTP 接続マネージャー エディターSMTP Connection Manager Editor
    SQL Server Compact Edition 接続マネージャーSQL Server Compact Edition Connection Manager [SQL Server Compact Edition 接続マネージャー エディター] ([接続] ページ)SQL Server Compact Edition Connection Manager Editor (Connection Page)

    [SQL Server Compact Edition 接続マネージャー エディター] ([すべて] ページ)SQL Server Compact Edition Connection Manager Editor (All Page)
    WMI 接続マネージャーWMI Connection Manager WMI 接続マネージャー エディターWMI Connection Manager Editor

    追加した接続マネージャーが、 ソリューション エクスプローラー[接続マネージャー] ノードの下に表示されます。The connection manager you added will show up under the Connections Managers node in the Solution Explorer. また、プロジェクト内のすべてのパッケージの [SSIS デザイナー] ウィンドウの [接続マネージャー] タブにも表示されます。It will also appear in the Connection Managers tab in the SSIS Designer window for all the packages in the project. このタブに表示される接続マネージャーの名前の前には (プロジェクト) と表記され、パッケージ レベルの接続マネージャーと区別されます。The name of the connection manager in this tab will have a (project) prefix in order to differentiate this project level connection manager from the package level connection managers.

  4. 必要に応じて、 [ソリューション マネージャー] ウィンドウの [接続マネージャー] ノードまたは [SSIS デザイナー] ウィンドウの [接続マネージャー] タブで接続マネージャーを右クリックし、 [名前の変更] をクリックして、接続マネージャーの既定の名前を変更します。Optionally, right-click the connection manager in the Solution Explorer window under Connection Managers node (or) in the Connection Managers tab of the SSIS Designer window, click Rename, and then modify the default name of the connection manager.

    注意

    [SSIS デザイナー] ウィンドウの [接続マネージャー] タブでは、接続マネージャーの名前の前に表示されている (プロジェクト) を上書きすることはできません。In the Connection Managers tab of the SSIS Designer window, you won't be able to overwrite the (project) prefix from the connection manager name. これは仕様です。This is by design.

[SSIS 接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスAdd SSIS Connection Manager dialog box

[SSIS 接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスを使用すると、パッケージに追加する接続の種類を選択できます。Use the Add SSIS Connection Manager dialog box to select the type of connection to add to a package.

接続マネージャーの詳細については、「Integration Services (SSIS) の接続」を参照してください。To learn more about connection managers, see Integration Services (SSIS) Connections.

オプションOptions

[接続マネージャーの種類]Connection manager type
エディターを使用して接続の種類の接続プロパティを指定するには、接続の種類を選択して [追加] をクリックするか、接続の種類をダブルクリックします。Select a connection type and then click Add, or double-click a connection type, to specify connection properties using the editor for each type of connection.

[追加]Add
エディターを使用して、接続の種類に対応する接続プロパティを指定します。Specify connection properties using the editor for each type of connection.

接続マネージャーのプロパティのパラメーターを作成するCreate a parameter for a connection manager property

  1. [接続マネージャー] 領域で、パラメーターを作成する接続マネージャーを右クリックし、 [パラメーター化] をクリックします。In the Connection Managers area, right-click the connection manager that you want to create a parameter for and then click Parameterize.

  2. [パラメーター化] ダイアログ ボックスでパラメーター設定を構成します。Configure the parameter settings in the Parameterize dialog box. 詳細については、「 [パラメーター化] ダイアログ ボックス」を参照してください。For more information, see Parameterize Dialog Box.

接続マネージャーを削除するDelete a connection manager

パッケージから接続マネージャーを削除するDelete a connection manager from a package

  1. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)で、目的のパッケージが含まれている Integration ServicesIntegration Services プロジェクトを開きます。In SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), open the Integration ServicesIntegration Services project that contains the package you want.

  2. ソリューション エクスプローラーで、パッケージをダブルクリックして開きます。In Solution Explorer, double-click the package to open it.

  3. SSISSSIS デザイナーで、 [制御フロー] タブ、 [データ フロー] タブ、または [イベント ハンドラー] タブをクリックして、 [接続マネージャー] 領域を表示します。In SSISSSIS Designer, click the Control Flow tab, the Data Flow tab, or the Event Handler tab to make the Connection Managers area available.

  4. 削除する接続マネージャーを右クリックして、 [削除] をクリックします。Right-click the connection manager that you want to delete, and then click Delete.

    SQL 実行タスクや OLE DB ソースなどのパッケージ要素が使用している接続マネージャーを削除すると、結果は次のようになります。If you delete a connection manager that a package element, such as an Execute SQL task or an OLE DB source, uses, you will experience the following results:

    • 削除された接続マネージャーを使用していたパッケージ要素にエラー アイコンが表示されます。An error icon appears on the package element that used the deleted connection manager.

    • パッケージの検証に失敗します。The package fails to validate.

    • パッケージを実行できません。The package cannot be run.

  5. 更新したパッケージを保存するには、 [ファイル] メニューの [選択されたファイルを上書き保存] をクリックします。To save the updated package, click Save Selected Items on the File menu.

共有接続マネージャー (プロジェクト レベルの接続マネージャー) を削除するDelete a shared connection manager (project level connection manager)

  1. プロジェクト レベルの接続マネージャーを削除するには、 [ソリューション エクスプローラー] ウィンドウの [接続マネージャー] ノードで接続マネージャーを右クリックし、 [削除] をクリックします。To delete a project-level connection manager, right-click the connection manager under Connection Managers node in the Solution Explorer window, and then click Delete. SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools で次のような警告メッセージが表示されます。displays the following warning message:

    警告

    プロジェクト接続マネージャーを削除すると、その接続マネージャーを使用するパッケージが動作しなくなる場合があります。When you delete a project connection manager, packages that use the connection manager might not run. この操作を元に戻すことはできません。You cannot undo this action. 接続マネージャーを削除しますか。Do you want to delete the connection manager?

  2. 接続マネージャーを削除するには [OK] をクリックし、削除しない場合は [キャンセル] をクリックします。Click OK to delete the connection manager or Cancel to keep it.

    注意

    プロジェクトのパッケージに対して開いた [SSIS デザイナー] ウィンドウの [接続マネージャー] タブから、プロジェクト レベルの接続マネージャーを削除することもできます。You can also delete a project level connection manager from the Connection Manager tab of the SSIS Designer window opened for any package in the project. そのためには、タブで接続マネージャーを右クリックし、 [削除] をクリックします。You do so by right-clicking the connection manager in the tab and then by clicking Delete.

接続マネージャーのプロパティを設定するSet the Properties of a Connection Manager

すべての接続マネージャーは [プロパティ] ウィンドウを使用して構成できます。All connection managers can be configured using the Properties window.

Integration ServicesIntegration Services には、Integration ServicesIntegration Services のさまざまな種類の接続マネージャーを変更するためのカスタム ダイアログ ボックスも用意されています。also provides custom dialog boxes for modifying the different types of connection managers in Integration ServicesIntegration Services. ダイアログ ボックスに表示されるオプションは、接続マネージャーの種類によって異なります。The dialog box has a different set of options depending on the connection manager type.

[プロパティ] ウィンドウを使用して接続マネージャーを変更するModify a connection manager using the Properties window

  1. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)で、目的のパッケージが含まれている Integration ServicesIntegration Services プロジェクトを開きます。In SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), open the Integration ServicesIntegration Services project that contains the package you want.

  2. ソリューション エクスプローラーで、パッケージをダブルクリックして開きます。In Solution Explorer, double-click the package to open it.

  3. SSIS デザイナーで、 [制御フロー] タブ、 [データ フロー] タブ、または [イベント ハンドラー] タブをクリックして、 [接続マネージャー] 領域を表示します。In SSIS Designer, click the Control Flow tab, the Data Flow tab, or the Event Handler tab to make the Connection Managers area available.

  4. 接続マネージャーを右クリックして、 [プロパティ] をクリックします。Right-click the connection manager and click Properties.

  5. [プロパティ] ウィンドウで、プロパティの値を編集します。In the Properties window, edit the property values. [プロパティ] ウィンドウでは、接続マネージャーの標準エディターで構成できないプロパティにもアクセスできます。The Properties window provides access to some properties that are not configurable in the standard editor for a connection manager.

  6. [OK] をクリックします。Click OK.

  7. 更新したパッケージを保存するには、 [ファイル] メニューの [選択されたファイルを上書き保存] をクリックします。To save the updated package, click Save Selected Items on the File menu.

接続マネージャーのダイアログ ボックスを使用して接続マネージャーを変更するModify a connection manager using a connection manager dialog box

  1. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)で、目的のパッケージが含まれている Integration ServicesIntegration Services プロジェクトを開きます。In SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), open the Integration ServicesIntegration Services project that contains the package you want.

  2. ソリューション エクスプローラーで、パッケージをダブルクリックして開きます。In Solution Explorer, double-click the package to open it.

  3. SSISSSIS デザイナーで、 [制御フロー] タブ、 [データ フロー] タブ、または [イベント ハンドラー] タブをクリックして、 [接続マネージャー] 領域を表示します。In SSISSSIS Designer, click the Control Flow tab, the Data Flow tab, or the Event Handler tab to make the Connection Managers area available.

  4. [接続マネージャー] 領域で接続マネージャーをダブルクリックして、 [接続マネージャー] ダイアログ ボックスを開きます。In the Connection Managers area, double-click the connection manager to open the Connection Manager dialog box. 特定の種類の接続マネージャーおよび各種類で使用するオプションの詳細については、次の表を参照してください。For information about specific connection manager types, and the options available for each type, see the following table.

    [接続マネージャー]Connection manager オプションOptions
    ADO 接続マネージャーADO Connection Manager [OLE DB 接続マネージャーの構成]Configure OLE DB Connection Manager
    ADO.NET 接続マネージャーADO.NET Connection Manager [ADO.NET の接続マネージャーの構成]Configure ADO.NET Connection Manager
    Analysis Services 接続マネージャーAnalysis Services Connection Manager [Analysis Services 接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスの UI リファレンスAdd Analysis Services Connection Manager Dialog Box UI Reference
    Excel 接続マネージャーExcel Connection Manager Excel 接続マネージャー エディターExcel Connection Manager Editor
    ファイル接続マネージャーFile Connection Manager ファイル接続マネージャー エディターFile Connection Manager Editor
    複数ファイル接続マネージャーMultiple Files Connection Manager [ファイル接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスの UI リファレンスAdd File Connection Manager Dialog Box UI Reference
    フラット ファイル接続マネージャーFlat File Connection Manager [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([全般] ページ)Flat File Connection Manager Editor (General Page)

    [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([列] ページ)Flat File Connection Manager Editor (Columns Page)

    [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([詳細設定] ページ)Flat File Connection Manager Editor (Advanced Page)

    [フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([プレビュー] ページ)Flat File Connection Manager Editor (Preview Page)
    複数フラット ファイル接続マネージャーMultiple Flat Files Connection Manager [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([全般] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (General Page)

    [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([列] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (Columns Page)

    [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([詳細設定] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (Advanced Page)

    [複数フラット ファイル接続マネージャー エディター] ([プレビュー] ページ)Multiple Flat Files Connection Manager Editor (Preview Page)
    FTP 接続マネージャーFTP Connection Manager FTP 接続マネージャー エディターFTP Connection Manager Editor
    HTTP 接続マネージャーHTTP Connection Manager [HTTP 接続マネージャー エディター] ([サーバー] ページ)HTTP Connection Manager Editor (Server Page)

    [HTTP 接続マネージャー エディター] ([プロキシ] ページ)HTTP Connection Manager Editor (Proxy Page)
    MSMQ 接続マネージャーMSMQ Connection Manager MSMQ 接続マネージャー エディターMSMQ Connection Manager Editor
    ODBC 接続マネージャーODBC Connection Manager ODBC 接続マネージャーの UI リファレンスODBC Connection Manager UI Reference
    OLE DB 接続マネージャーOLE DB Connection Manager [OLE DB 接続マネージャーの構成]Configure OLE DB Connection Manager
    SMO 接続マネージャーSMO Connection Manager SMO 接続マネージャー エディターSMO Connection Manager Editor
    SMTP 接続マネージャーSMTP Connection Manager SMTP 接続マネージャー エディターSMTP Connection Manager Editor
    SQL Server Compact Edition 接続マネージャーSQL Server Compact Edition Connection Manager [SQL Server Compact Edition 接続マネージャー エディター] ([接続] ページ)SQL Server Compact Edition Connection Manager Editor (Connection Page)

    [SQL Server Compact Edition 接続マネージャー エディター] ([すべて] ページ)SQL Server Compact Edition Connection Manager Editor (All Page)
    WMI 接続マネージャーWMI Connection Manager WMI 接続マネージャー エディターWMI Connection Manager Editor
  5. 更新したパッケージを保存するには、 [ファイル] メニューの [選択されたファイルを上書き保存] をクリックします。To save the updated package, click Save Selected Items on the File menu.