[SAP BW 変換元エディター] ([詳細設定] ページ)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

文字列の変換規則とタイムアウト期間を指定し、特定の要求 ID の状態をリセットするには、 [SAP BW 変換元エディター][詳細設定] ページを使用します。

Microsoft Connector 1.1 for SAP BW の SAP BW 変換元コンポーネントの詳細については、「 SAP BW Source」(SAP BW 変換元) をご覧ください。

重要

Microsoft Connector 1.1 for SAP BW に関するドキュメントでは、SAP Netweaver BW 環境について理解していることを前提としています。 SAP Netweaver BW の詳細または SAP Netweaver BW オブジェクトやプロセスを構成する方法については、SAP のマニュアルを参照してください。

重要

SAP Netweaver BW からデータを抽出するには、追加の SAP のライセンスが必要です。 これらの要件を確認するには、SAP にお問い合わせください。

[接続マネージャー] ページを開くには

  1. SQL Server Data Tools (SSDT)で、SAP BW 変換元が含まれている Integration Services パッケージを開きます。

  2. [データ フロー] タブで、SAP BW 変換元をダブルクリックします。

  3. [SAP BW 変換元エディター] で、 [詳細設定] をクリックして [詳細設定] ページを開きます。

Options

注意

変換元を構成するために必要な値がわからない場合は、SAP 管理者に確認してください。

文字列変換
文字列変換に適用するルールを指定します。

オプション 説明
自動文字列変換 SAP Netweaver BW システムが Unicode システムの場合に、 nvarchar にすべての文字列を変換します。 それ以外の場合は varchar にすべての文字列を変換します。
文字列を varchar に変換 varchar にすべての文字列を変換します。
文字列を nvarchar に変換 nvarchar にすべての文字列を変換します。

タイムアウト (秒)
ソースが待機する最大秒数を指定します。

注意

このオプションは、エディターの [接続マネージャー] ページの [実行モード] の値として [W - 通知を待機] を選択した場合にのみ有効です。 詳細については、「 SAP BW ソース エディター ([接続マネージャー] ページ)」を参照してください。

要求 ID
[リセット] をクリックしたときに状態を "G - Green" にリセットする要求 ID を指定します。

リセット
確認後に、指定した要求 ID の状態を "G - Green" リセットできます。 これは、問題が発生し、SAP Netweaver BW システムが要求に黄色または赤の状態フラグを設定した便利です。

参照

SAP BW ソース エディター ([接続マネージャー] ページ)
SAP BW ソース エディター ([列] ページ)
SAP BW ソース エディター ([エラー出力] ページ)
Microsoft Connector for SAP BW の F1 ヘルプ