[SAP BW ソース エディター] ([列] ページ)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

[SAP BW 変換元エディター][列] ページを使用すると、出力列をそれぞれの外部 (ソース) 列にマップできます。

Microsoft Connector 1.1 for SAP BW の SAP BW 変換元コンポーネントの詳細については、「 SAP BW Source」(SAP BW 変換元) をご覧ください。

重要

Microsoft Connector 1.1 for SAP BW に関するドキュメントでは、SAP Netweaver BW 環境について理解していることを前提としています。 SAP Netweaver BW の詳細または SAP Netweaver BW オブジェクトやプロセスを構成する方法については、SAP のマニュアルを参照してください。

重要

SAP Netweaver BW からデータを抽出するには、追加の SAP のライセンスが必要です。 これらの要件を確認するには、SAP にお問い合わせください。

[列] ページを開くには

  1. SQL Server Data Tools (SSDT)で、SAP BW 変換元が含まれている Integration Services パッケージを開きます。

  2. [データ フロー] タブで、SAP BW 変換元をダブルクリックします。

  3. [SAP BW 変換元エディター] で、 [列] をクリックして [列] ページを開きます。

Options

注意

変換元を構成するために必要な値がわからない場合は、SAP 管理者に確認してください。

使用できる外部列
データ ソース内の使用可能な外部列の一覧を表示し、データ フローに含める列を選択します。

列をデータ フローに含めるには、列名のチェック ボックスをオンにします。 チェック ボックスをオンにする順序は、列が出力される順序を決定します。 つまり、オンにした最初のチェック ボックスは、最初の出力列、2 番目のチェック ボックスは 2 番目の出力列となります。

[外部列]
選択した外部 (ソース) 列を表示します。 選択した列は、この変換元からのデータを使用する下流コンポーネントを構成するときの表示順と同じ順序で表示されます。

列の順序を変更するには、 [使用できる外部列] の一覧で、すべての列のチェック ボックスをオフにします。 それから、表示したい順に列を選択します。

出力列
各出力列の一意な名前を表示します。 既定では選択された外部 (ソース) 列の名前です。 ただし、一意のわかりやすい名前を入力できます。 SSIS デザイナーで、このソースのデータを使用する下流コンポーネントを構成するときに、 [出力列] の名前が列に対して表示されます。

参照

SAP BW ソース エディター ([接続マネージャー] ページ)
SAP BW ソース エディター ([エラー出力] ページ)
SAP BW ソース エディター ([詳細設定] ページ)
Microsoft Connector for SAP BW の F1 ヘルプ