SAP BW 転送元

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

SAP BW 変換元は、 Microsoft Connector 1.1 for SAP BW の変換元コンポーネントです。 そのため、SAP BW 変換元により SAP Netweaver BW Version 7 システムからデータが抽出され、Microsoft Integration Services パッケージのデータ フローにこのデータが使用できるようになります。

この変換は、1 つの出力と 1 つのエラー出力をとります。

重要

Microsoft Connector 1.1 for SAP BW に関するドキュメントでは、SAP Netweaver BW 環境について理解していることを前提としています。 SAP Netweaver BW の詳細または SAP Netweaver BW オブジェクトやプロセスを構成する方法については、SAP のマニュアルを参照してください。

重要

SAP Netweaver BW からデータを抽出するには、追加の SAP のライセンスが必要です。 これらの要件を確認するには、SAP にお問い合わせください。

SAP BW 変換元を使用するには、次の作業を行う必要があります。

変換元に必要な SAP Netweaver BW オブジェクトの準備

SAP BW 変換元を使用する前に、特定のオブジェクトを SAP Netweaver BW システムに含める必要があります。 これらのオブジェクトがまだ存在しない場合は、これらの手順に従って SAP Netweaver BW システムで作成および構成する必要があります。

注意

これらのオブジェクトと構成手順の詳細については、SAP Netweaver BW のマニュアルを参照してください。

  1. SAP の GUI から SAP Netweaver BW にログインしてトランザクション コード SM59 を入力し、RFC 変換先を作成します。

    1. [接続の種類][TCP/IP] を選択します。

    2. [アクティブ化の種類][登録済みサーバーのプログラム] を選択します。

    3. [対象のシステムを使用している通信の種類][非 Unicode (非アクティブな MDMP の設定)] を選択します。

    4. 適切なプログラム ID を割り当てます。

  2. オープン ハブ転送先を作成します。

    1. Administrator Workbench (トランザクション コード RSA1) に移動し、左ペインで [オープン ハブ転送先] を選択します。

    2. 中央のペインで、InfoArea を右クリックし、 ["オープン ハブ転送先の作成"] を選択します。

    3. [変換先の種類] で、 ["サード パーティ ツール"] を選択し、作成済みの RFC 変換先を入力します。

    4. 新しいオープン ハブ転送先を保存してアクティブにします。

  3. データ転送プロセス (DTP) を作成します。

    1. InfoArea の中央のペインで、作成済みの変換先を右クリックし、 [データ転送プロセスの作成] を選択します。

    2. DTP を構成、保存、およびアクティブ化します。

    3. メニューで、パーティションをクリックし、 [移動] をクリックして、 [バッチ マネージャーの設定] をクリックします。

    4. 順次処理用に [プロセス数] を 1 に更新します。

  4. プロセス チェーンを作成します。

    1. プロセス チェーンを構成する場合、 [メタデータ チェーンまたは API の使用を開始する][処理の開始][スケジュール設定のオプション] として選択し、作成済みの DTP を後続のノードとして追加します。

    2. プロセス チェーンを保存し、アクティブにします。

    SAP BW 変換元は、データ転送プロセスをアクティブにするプロセス チェーンを呼び出すことができます。

SAP Netweaver BW システムへの接続

SAP Netweaver BW Version 7 システムに接続するため、SAP BW 変換元は、 Microsoft Connector 1.1 for SAP BW パッケージの一部である SAP BW 接続マネージャーを使用します。 SAP BW 接続マネージャーは、SAP BW 変換元が使用できる唯一の Integration Services 接続マネージャーです。

SAP BW 接続マネージャーの詳細については、「 SAP BW Connection Manager」を参照してください。

SAP BW 変換元の構成

SAP BW 変換元は、次の方法で構成できます。

  • データを抽出するためのオープン ハブ サービス (OHS) 転送先を探して選択します。

  • データを抽出するため次のいずれかの方法を選択します。

    • プロセス チェーンをトリガーします。 この場合、 Integration Services パッケージが抽出プロセスを開始します。

    • SAP Netweaver BW システムからのデータ抽出開始通知を待ちます。 この場合、SAP Netweaver BW システムが抽出プロセスを開始します。

    • 特定の要求 ID に関連付けられたデータを取得します。 この場合、SAP Netweaver BW システムが内部テーブルにデータを既に抽出済みで、 Integration Services パッケージはデータを読み取るだけです。

  • データの抽出方法に応じて、次の追加情報を指定します。

    • [P - プロセス チェーンをトリガー] オプションでは、RFC 変換先のゲートウェイ ホスト名、ゲートウェイ サービス名、プログラム ID、およびプロセス チェーンの名前を指定します。

    • [W - 通知を待機] オプションでは、RFC 変換先のゲートウェイ ホスト名、ゲートウェイ サーバー名、およびプログラム ID を指定します。 タイムアウト値も指定できます (秒単位)。 タイムアウトは、変換元が通知を待機する最大時間です。

    • [E - 抽出のみ] オプションでは、要求 ID を指定します。

  • 文字列変換のルールを指定します (たとえば、すべての文字列を SAP Netweaver BW システムが Unicode であるかどうかに応じて変換するか、 varchar または nvarchar に変換するかどうか)。

  • 選択したオプションを使用して、抽出するデータをプレビューします。

変換元が呼び出す RFC 関数のログを有効にすることもできます (このログは、 Integration Services パッケージで有効にできる、省略可能なログとは異なります)。変換元が使用する SAP BW 接続マネージャーを構成する際に、RFC 関数呼び出しのログ記録を有効にします。 SAP BW 接続マネージャーを構成する方法の詳細については、「 SAP BW Connection Manager」を参照してください。

変換元を構成するために必要な値がわからない場合は、SAP 管理者に確認してください。

SAP BW 接続マネージャー、変換元、変換先の構成および使用方法の詳細については、ホワイト ペーパー「 SAP BI 7.0 を使用した SQL Server 2008 Integration Services」を参照してください。 このホワイト ペーパーには、SAP BW で必要なオブジェクトの構成方法についても説明されています。

SSIS デザイナーを使用してソースを構成する

SSIS デザイナーで設定できる SAP BW 変換元のプロパティの詳細については、次のトピックのいずれかを参照してください。

SAP BW 変換元を構成するときに、SAP Netweaver BW オブジェクトを参照したり、ソース データをプレビューしたりするためにさまざまなダイアログ ボックスを使用できます。 これらのダイアログ ボックスの詳細については、次のトピックのいずれかを参照してください。

関連項目

Microsoft Connector for SAP BW のコンポーネント