カスタム接続マネージャーの開発Developing a Custom Connection Manager

Integration ServicesIntegration Services では、接続マネージャーを使用して、外部データ ソースに接続するために必要な情報をカプセル化します。 uses connection managers to encapsulate the information needed to connect to an external data source. Integration ServicesIntegration Services には、エンタープライズ データベースからテキスト ファイルや Excel ワークシートまで、よく使用されるデータ ソースへの接続をサポートする、さまざまな接続マネージャーが用意されています。 includes a variety of connection managers that support connections to the most commonly used data sources, from enterprise databases to text files and Excel worksheets. Integration ServicesIntegration Services でサポートされている接続マネージャーと外部データ ソースが、要件を必ずしも満たさない場合は、カスタム接続マネージャーを作成できます。If the connection managers and external data sources supported by Integration ServicesIntegration Services do not entirely meet your requirements, you can create a custom connection manager.

カスタム接続マネージャーを作成するには、ConnectionManagerBase 基本クラスを継承するクラスを作成し、新しいクラスに DtsConnectionAttribute 属性を適用し、ConnectionString プロパティや AcquireConnection メソッドなど、基本クラスの重要なメソッドとプロパティをオーバーライドする必要があります。To create a custom connection manager, you have to create a class that inherits from the ConnectionManagerBase base class, apply the DtsConnectionAttribute attribute to your new class, and override the important methods and properties of the base class, including the ConnectionString property and the AcquireConnection method.

重要

Integration ServicesIntegration Services に組み込まれているタスク、変換元、および変換先の多くは、組み込みの接続マネージャーの特定の種類でのみ機能します。Most of the tasks, sources, and destinations that have been built into Integration ServicesIntegration Services work only with specific types of built-in connection managers. 組み込みのタスクやコンポーネントで使用するカスタム接続マネージャーを開発する前に、それらのコンポーネントで使用できる接続マネージャーが、特定の種類に限定されるかどうかを確認してください。Before developing a custom connection manager for use with built-in tasks and components, check whether those components restrict the list of available connection managers to those of a specific type. ソリューションがカスタム接続マネージャーを必要とする場合は、その接続マネージャーで機能するカスタムのタスク、変換元、および変換先も開発する必要があります。If your solution requires a custom connection manager, you might also have to develop a custom task, or a custom source or destination, for use with the connection manager.

このセクションの内容In This Section

ここでは、カスタム接続マネージャーとそのオプションのカスタム ユーザー インターフェイスを作成、構成、およびコーディングする方法について説明します。This section describes how to create, configure, and code a custom connection manager and its optional custom user interface. このセクション内のコード スニペットは、Sql Server Custom Connection Manager のサンプルに含まれています。The code snippets shown in this section are drawn from the Sql Server Custom Connection Manager Sample.

カスタム接続マネージャーを作成します。Creating a Custom Connection Manager
カスタム接続マネージャー プロジェクト用のクラスの作成方法について説明します。Describes how to create the classes for a custom connection manager project.

カスタム接続マネージャーのコーディングCoding a Custom Connection Manager
基本クラスのメソッドとプロパティのオーバーライドによる、カスタム接続マネージャーの実装方法について説明します。Describes how to implement a custom connection manager by overriding the methods and properties of the base class.

カスタム接続マネージャーのユーザー インターフェイスの開発Developing a User Interface for a Custom Connection Manager
ユーザー インターフェイス クラスと、カスタム接続マネージャーの構成に使用するフォームの実装方法について説明します。Describes how to implement the user interface class and the form that is used to configure the custom connection manager.

すべてのカスタム オブジェクトに共通の情報Information Common to all Custom Objects

Integration ServicesIntegration Services で作成可能なカスタム オブジェクトのすべての種類に共通の情報については、次のトピックを参照してください。For information that is common to all the type of custom objects that you can create in Integration ServicesIntegration Services, see the following topics:

Integration Services 用のカスタム オブジェクトの開発Developing Custom Objects for Integration Services
カスタム オブジェクトのすべての型を実装する基本的な手順について説明します Integration ServicesIntegration Servicesです。Describes the basic steps in implementing all types of custom objects for Integration ServicesIntegration Services.

カスタム オブジェクトの永続化Persisting Custom Objects
カスタムの永続性と、それが必要な場合について説明します。Describes custom persistence and explains when it is necessary.

カスタム オブジェクトのビルド、配置、デバッグBuilding, Deploying, and Debugging Custom Objects
カスタム オブジェクトをビルド、署名、配置、およびデバッグする方法について説明します。Describes the techniques for building, signing, deploying, and debugging custom objects.

その他のカスタム オブジェクトに関する情報Information about Other Custom Objects

作成できるカスタム オブジェクトの他の種類について Integration ServicesIntegration Services、次のトピックを参照してください。For information on the other types of custom objects that you can create in Integration ServicesIntegration Services, see the following topics:

カスタム タスクの開発Developing a Custom Task
カスタム タスクのプログラム方法について説明します。Discusses how to program custom tasks.

カスタム ログ プロバイダーの開発Developing a Custom Log Provider
カスタム ログ プロバイダーのプログラム方法について説明します。Discusses how to program custom log providers.

カスタム ForEach 列挙子の開発Developing a Custom ForEach Enumerator
カスタム列挙子のプログラム方法について説明します。Discusses how to program custom enumerators.

カスタム データ フロー コンポーネントの開発Developing a Custom Data Flow Component
カスタム データ フローの変換元、変換、変換先のプログラム方法について説明します。Discusses how to program custom data flow sources, transformations, and destinations.