Integration Services の開発者向けのドキュメントIntegration Services Developer Documentation

Integration ServicesIntegration Services には、完全に再記述されたオブジェクト モデルが含まれています。それは、多数の機能で強化されています。この結果、パッケージのプログラミングや拡張作業は、より簡単に、柔軟に、また強力に行えるようになりました。includes a completely rewritten object model, which has been enhanced with many features that make extending and programming packages easier, more flexible, and more powerful. 開発者は、Integration ServicesIntegration Services パッケージのほとんどすべての側面を拡張およびプログラミングできます。Developers can extend and program almost every aspect of Integration ServicesIntegration Services packages.

Integration ServicesIntegration Services の開発者として、Integration ServicesIntegration Services のプログラミングでは、次の 2 つの基本的な方法を採用できます。As an Integration ServicesIntegration Services developer, there are two fundamental approaches that you can take to Integration ServicesIntegration Services programming:

  • SSISSSIS デザイナー内で使用可能になるコンポーネントを記述してパッケージを拡張し、パッケージにカスタム機能を提供できます。You can extend packages by writing components that become available within SSISSSIS Designer to provide custom functionality in a package.

  • 開発者独自のアプリケーションから、プログラムでパッケージを作成、構成、および実行することができます。You can create, configure, and run packages programmatically from your own applications.

Integration ServicesIntegration Services で組み込みコンポーネントが要件を満たしていない場合は、独自の拡張機能をコーディングすることによって Integration ServicesIntegration Services の機能を拡張できます。If you find that the built-in components in Integration ServicesIntegration Services do not meet your requirements, you can extend the power of Integration ServicesIntegration Services by coding your own extensions. この方法をとる場合、以下のように 2 つの選択肢があります。In this approach, you have two discrete options:

  • 単一のパッケージで臨時に使用する場合は、スクリプト タスクでコードを記述してカスタム タスクを作成するか、またはスクリプト コンポーネントでコードを記述してカスタム データ フロー コンポーネントを作成し、変換元、変換、あるいは変換先として設定することができます。For ad hoc use in a single package, you can create a custom task by writing code in the Script task, or a custom data flow component by writing code in the Script component, which you can configure as a source, transformation, or destination. これらの強力なラッパーによってインフラストラクチャ コードが自動的に記述されるため、開発者はカスタム機能の開発に集中できます。ただし、他の場所で簡単に再利用することはできません。These powerful wrappers write the infrastructure code for you and let you focus exclusively on developing your custom functionality; however, they are not easily reusable elsewhere.

  • 複数のパッケージで使用する場合は、接続マネージャー、タスク、列挙子、ログ プロバイダー、およびデータ フロー コンポーネントなどの Integration ServicesIntegration Services のカスタム拡張機能を作成できます。For use in multiple packages, you can create custom Integration ServicesIntegration Services extensions such as connection managers, tasks, enumerators, log providers, and data flow components. Integration ServicesIntegration Services のマネージド オブジェクト モデルには、基になる基本クラスが含まれており、従来よりもカスタム拡張機能の開発が簡単になっています。The managed Integration ServicesIntegration Services object model contains base classes that provide a starting point and make developing custom extensions easier than ever.

パッケージを動的に作成する場合、または開発環境以外で Integration ServicesIntegration Services パッケージを管理および実行する場合は、プログラムでパッケージを操作できます。If you want to create packages dynamically, or to manage and run Integration ServicesIntegration Services packages outside the development environment, you can manipulate packages programmatically. 既存のパッケージを読み込み、変更し、実行できます。または、まったく新しいパッケージをプログラムで作成および実行することもできます。You can load, modify, and run existing packages, or you can create and run entirely new packages programmatically. この場合、次に示すような一連の方法があります。In this approach, you have a continuous range of options:

  • 既存のパッケージを読み込んで、変更せずに実行します。Load and run an existing package without modification.

  • 既存のパッケージを読み込み、再構成 (異なるデータ ソースの指定など) してから実行します。Load an existing package, reconfigure it (for example, specify a different data source), and run it.

  • 新しいパッケージを作成し、コンポーネントを追加および構成後、オブジェクト単位やプロパティ単位で変更し、保存してから実行します。Create a new package, add and configure components, making changes object by object and property by property, save it, and then run it.

ここでは、Integration ServicesIntegration Services のプログラミングに対するこれらの方法について説明し、例を示します。These approaches to Integration ServicesIntegration Services programming are described in this section and demonstrated with examples.

このセクションの内容In This Section

Integration Services プログラミングの概要Integration Services Programming Overview
Integration ServicesIntegration Services 開発での制御フローおよびデータ フローの役割について説明します。Describes the roles of control flow and data flow in Integration ServicesIntegration Services development.

同期変換と非同期変換についてUnderstanding Synchronous and Asynchronous Transformations
同期出力と非同期出力の重要な相違点、およびデータ フローでこれらの出力を使用するコンポーネントについて説明します。Describes the important distinction between synchronous and asynchronous outputs and the components that use them in the data flow.

プログラムによる接続マネージャーの操作Working with Connection Managers Programmatically
マネージド コードで使用できる接続マネージャーと、コードが AcquireConnection メソッドを呼び出した場合に接続マネージャーが返す値の一覧を表示します。Lists the connection managers that you can use from managed code, and the values that the connection managers return when the code calls the AcquireConnection method.

スクリプトによるパッケージの拡張Extending Packages with Scripting
スクリプト タスクを使用した制御フローの拡張方法、またはスクリプト コンポーネントを使用したデータ フローの拡張方法について説明します。Describes how to extend the control flow by using the Script task, or the data flow by using the Script component.

カスタム オブジェクトを使用したパッケージの拡張Extending Packages with Custom Objects
複数のパッケージで使用するプログラム カスタム タスク、データ フロー コンポーネント、およびその他のパッケージ オブジェクトを作成する方法について説明します。Describes how to create and program custom tasks, data flow components, and other package objects for use in multiple packages.

プログラムによるパッケージの作成Building Packages Programmatically
Integration ServicesIntegration Services パッケージをプログラムで作成、構成、および保存する方法について説明します。Describes how to create, configure, and save Integration ServicesIntegration Services packages programmatically.

プログラムによるパッケージの実行と管理Running and Managing Packages Programmatically
Integration ServicesIntegration Services パッケージをプログラムで列挙、実行、および管理する方法について説明します。Describes how to enumerate, run, and manage Integration ServicesIntegration Services packages programmatically.

リファレンスReference

Integration Services のエラーとメッセージのリファレンスIntegration Services Error and Message Reference
定義済みの Integration ServicesIntegration Services エラー コードと、そのシンボル名および説明の一覧を示します。Lists the predefined Integration ServicesIntegration Services error codes, together with their symbolic names and descriptions.

パッケージ開発のトラブルシューティング ツールTroubleshooting Tools for Package Development
開発時にパッケージのトラブルシューティングを行うために Integration ServicesIntegration Services に用意されている機能とツールについて説明します。Describes the features and tools that Integration ServicesIntegration Services provides for troubleshooting packages during development.

外部リソースExternal Resources

参照See Also

SQL Server Integration ServicesSQL Server Integration Services