レッスン 2: SSIS でのループの追加

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

レッスン 1: SSIS によるプロジェクトと基本パッケージの作成」で、1 つのフラット ファイル ソースからデータを抽出するパッケージを作成しました。 抽出されたデータは参照変換を使用して変換されます。 最後に、パッケージによって、AdventureWorksDW2012 サンプル データベースの FactCurrencyRate ファクト テーブルのコピーにそのデータが読み込まれます。

抽出、変換、読み込み (ETL) プロセスでは通常、複数のフラット ファイル ソースからデータが抽出されます。 複数のソースからデータを抽出するには、反復型の制御フローが必要となります。 Microsoft Integration Services では、繰り返しやループをパッケージに簡単に追加できます。

Integration Services には、パッケージ全体をループさせる 2 種類のコンテナーがあります。1 つは Foreach ループ コンテナー、もう 1 つは For ループ コンテナーです。 Foreach ループ コンテナーではループに列挙子が使用されるのに対して、For ループ コンテナーでは通常、変数式が使用されます。 このレッスンでは Foreach ループ コンテナーを使用します。

パッケージで Foreach ループ コンテナーを使用すれば、指定した列挙子の各メンバーについて、制御フローを繰り返すことができます。 Foreach ループ コンテナーでは、次のものを列挙できます。

  • ADO レコードセット行

  • ADO .Net スキーマ情報

  • ファイル構造とディレクトリ構造

  • システム変数、パッケージ変数、ユーザー変数

  • 変数の列挙可能なオブジェクト

  • コレクション内のアイテム

  • XML パス言語 (XPath) 式内のノード

  • SQL Server 管理オブジェクト (SMO)

このレッスンでは、Foreach ループ コンテナーを使用するようにレッスン 1 のサンプル ETL パッケージを変更し、そのパッケージにユーザー定義のパッケージ変数を設定します。 サンプル フォルダーで一致するファイルを反復処理する際、その変数が使用されます。

このレッスンでは、データ フローは変更せずに、制御フローのみを変更します。

注意

まだ行っていない場合は、レッスン 1 の前提条件を参照してください。

このレッスンの作業

このレッスンの内容は次のとおりです。

レッスンの開始

ステップ 1:レッスン 1 のパッケージをコピーする

関連項目

For ループ コンテナー