レッスン 3-1:レッスン 2 のパッケージのコピー

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

ここでは、レッスン 2 の Lesson 2.dtsx パッケージのコピーを作成します。 レッスン 2 を終了していない場合は、このチュートリアルに含まれる、完了しているレッスン 2 のパッケージをプロジェクトに追加した後、コピーすることもできます。 レッスン 3 の残りの実習では、このパッケージの新しいコピーを使用します。

レッスン 3 のパッケージの作成

完了したレッスン 2 をコピーする場合、この手順を使用します。 レッスン 2 のサンプルをコピーするには、次のセクションを参照してください。

  1. SQL Server Data Tools がまだ開いていない場合は、 [開始] > [すべてのプログラム] > [Microsoft SQL Server 2017] の順に選択し、次に [SQL Server Data Tools] を選択します。

  2. [ファイル] メニューで、 [開く] > [プロジェクト/ソリューション] の順に選択し、 [SSIS Tutorial] フォルダーを選択し、 [開く] を選択してから、 [SSIS Tutorial.sln] をダブルクリックします。

  3. ソリューション エクスプローラー で、 [Lesson 2.dtsx] を右クリックし、 [コピー] を選択します。

  4. ソリューション エクスプローラー で、 [SSIS パッケージ] を右クリックし、 [貼り付け] を選択します。

    コピーしたパッケージの既定の名前は、Lesson 3.dtsx です。

  5. ソリューション エクスプローラー[Lesson 3.dtsx] をダブルクリックし、パッケージを開きます。

  6. [制御フロー] デザイン画面の背景上で任意の場所を右クリックし、 [プロパティ] を選択します。

  7. [プロパティ] ウィンドウで、 [Name] プロパティを「Lesson 3」に変更します。

  8. ID プロパティのボックスを選択し、ドロップダウン矢印を選択し、 [<Generate New ID>] を選択します。

完了したレッスン 2 のパッケージの追加

  1. SQL Server Data Tools を開き、SSIS Tutorial プロジェクトを開きます。

  2. ソリューション エクスプローラー[SSIS パッケージ] を右クリックし、 [既存のパッケージを追加] を選択します。

  3. [既存のパッケージのコピーを追加] ダイアログの [パッケージの場所] で、 [ファイル システム] を選択します。

  4. 参照ボタン [...] を選択し、コンピューター上の Lesson 2.dtsx に移動して、 [開く] を選択します。

  5. 前のセクションの手順 3 から 8 の説明に従って、レッスン 3 パッケージをコピーして貼り付けます。

次のタスクに進む

手順 2:ログ記録の追加および構成