SQL Server Management Studio (SSMS) を利用し、Azure でデプロイされた SSIS パッケージの実行スケジュールを設定しますSchedule the execution of SSIS packages deployed in Azure with SQL Server Management Studio (SSMS)

SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して、Azure SQL Database にデプロイされた SSIS パッケージのスケジュールを設定することができます。You can use SQL Server Management Studio (SSMS) to schedule SSIS packages deployed to Azure SQL Database. オンプレミス SQL Server と SQL Database Managed Instance にはファースト クラス SSIS ジョブ スケジューラーとしてそれぞれ、SQL Server エージェントと Managed Instance Agent があります。SQL Server on premises and SQL Database Managed Instance have SQL Server Agent and Managed Instance Agent respectively as a first-class SSIS job scheduler. 一方、SQL Database には、ファースト クラス SSIS ジョブ スケジューラーが組み込まれていません。SQL Database, on the other hand, does not have a built-in first-class SSIS job scheduler. この記事で説明する SSMS 機能は SQL Server エージェントに似た、おなじみのインターフェイスを備えており、SQL Database にデプロイされているパッケージをそのインターフェイスでスケジュール設定できます。The SSMS feature described in this article provides a familiar user interface that's similar to SQL Server Agent for scheduling packages deployed to SQL Database.

SQL Database を使用して SSIS カタログ (SSISDB) をホストする場合、この SSMS 機能を使用し、SSIS パッケージのスケジュール設定に必要な Data Factory のパイプライン、アクティビティ、トリガーを生成できます。If you're using SQL Database to host the SSIS catalog, SSISDB, you can use this SSMS feature to generate the Data Factory pipelines, activities, and triggers required to schedule SSIS packages. その後、Data Factory でそれらのオブジェクトを任意で編集したり、拡張したりできます。Later you can optionally edit and extend these objects in Data Factory.

SSMS を使用してパッケージのスケジュールを設定するとき、SSIS では 3 つのデータ ファクトリ オブジェクトが自動的に新しく作成されます。その名前は、選択したパッケージの名前とタイムスタンプに基づきます。When you use SSMS to schedule a package, SSIS automatically creates three new Data Factory objects, with names based on the name of the selected package and the timestamp. たとえ゛は、SSIS パッケージの名前が MyPackage であれば、SSMS によって、次のようなデータ ファクトリ オブジェクトが新しく作成されます。For example, if the name of the SSIS package is MyPackage, SSMS creates new Data Factory objects similar to the following:

ObjectObject [オブジェクト名]Name
パイプラインPipeline Pipeline_MyPackage_2018-05-08T09_00_00ZPipeline_MyPackage_2018-05-08T09_00_00Z
SSIS パッケージ アクティビティの実行Execute SSIS Package activity Activity_MyPackage_2018-05-08T09_00_00ZActivity_MyPackage_2018-05-08T09_00_00Z
トリガーTrigger Trigger_MyPackage_2018-05-08T09_00_00ZTrigger_MyPackage_2018-05-08T09_00_00Z

PrerequisitesPrerequisites

この記事で説明する機能には、SQL Server Management Studio バージョン 17.7 以降が必要になります。The feature described in this article requires SQL Server Management Studio version 17.7 or higher. 最新バージョンの SSMS を入手するには、「SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード」を参照してください。To get the latest version of SSMS, see Download SQL Server Management Studio (SSMS).

SSMS でパッケージのスケジュールを設定するSchedule a package in SSMS

  1. SSMS のオブジェクト エクスプローラーで、SSISDB データベースを選択し、フォルダーを選択し、プロジェクトを選択し、パッケージを選択します。In SSMS, in Object Explorer, select the SSISDB database, select a folder, select a project, and then select a package. パッケージを右クリックし、[スケジュール] を選択します。Right-click on the package and select Schedule.

    スケジュールを設定するパッケージを選択します。

  2. [新しいスケジュール] ダイアログ ボックスが開きます。The New Schedule dialog box opens. [新しいスケジュール] ダイアログ ボックスの [全般] ページで、新しくスケジュールを設定したジョブの名前と説明を入力します。On the General page of the New Schedule dialog box, provide a name and description for the new scheduled job.

    [新しいスケジュール] ダイアログ ボックスの [全般] ページ

  3. [新しいスケジュール] ダイアログ ボックスの [パッケージ] ページで、オプションの実行時設定と実行時環境を選択します。On the Package page of the New Schedule dialog box, select optional run-time settings and a run-time environment.

    [新しいスケジュール] ダイアログ ボックスの [パッケージ] ページ

  4. [新しいスケジュール] ダイアログ ボックスの [スケジュール] ページで、頻度、時刻、継続時間など、スケジュール設定を指定します。On the Schedule page of the New Schedule dialog box, provide the schedule settings such as frequency, time of day, and duration.

    [新しいスケジュール] ダイアログ ボックスの [スケジュール] ページ

  5. [新しいスケジュール] ダイアログ ボックスでジョブの作成が終わると確認が表示され、SSMS によってこれから作成される新しいデータ ファクトリ オブジェクトについて通知されます。After you finish creating the job in the New Schedule dialog box, a confirmation appears to remind you about the new Data Factory objects that SSMS is going to create. 確認ダイアログ ボックスで [はい] を選択すると、Azure Portal で新しいデータ ファクトリ パイプラインが開きます。ここでレビューやカスタマイズができます。If you select Yes in confirmation dialog box, the new Data Factory pipeline opens in the Azure portal for you to review and customize.

    新しいスケジュールの確認

  6. スケジュールのトリガーをカスタマイズするには、[トリガー] メニューから [New/Edit](新規/編集) を選択します。To customize the scheduling trigger, select New/Edit from the Trigger menu.

    新しいパイプラインを任意で編集する

    [トリガーの編集] ブレードが開きます。ここでスケジュール オプションをカスタマイズできます。The Edit Trigger blade opens for you to customize the scheduling options.

    トリガーの編集

次の手順Next steps

SSIS パッケージのスケジュールを設定するその他の方法については、「Azure で SSIS パッケージの実行をスケジュールする」を参照してください。To learn about other methods for scheduling an SSIS package, see Schedule the execution of an SSIS package on Azure.

Azure Data Factory のパイプライン、アクティビティ、トリガーの詳細については、次の記事をご覧ください。To learn more about Azure Data Factory pipelines, activities, and triggers, see the following articles: