SQL Server Integration Services (SSIS) を使用して、Excel からデータをインポートする、または Excel にデータをエクスポートするImport data from Excel or export data to Excel with SQL Server Integration Services (SSIS)

適用対象: はいSQL Server はいAzure Data Factory の SSIS 統合ランタイム はいAzure Synapse Analytics (SQL DW)APPLIES TO: YesSQL Server YesSSIS Integration Runtime in Azure Data Factory YesAzure Synapse Analytics (SQL DW)

この記事では、Excel からデータをインポートするとき、または SQL Server Integration Services (SSIS) を使って Excel にデータをエクスポートするときに、指定する必要のある接続情報および構成する必要のある設定について説明します。This article describes the connection information that you have to provide, and the settings that you have to configure, to import data from Excel or export data to Excel with SQL Server Integration Services (SSIS).

以下のセクションには、SSIS で Excel を正常に使用するため、または一般的な問題を理解して解決するために必要な情報が含まれています。The following sections contain the information you need to use Excel successfully with SSIS, and to understand and troubleshoot common problems:

  1. 使用できるツールThe tools you can use.

  2. 必要なファイルThe files you need.

  3. SSIS を使用して Excel から、または Excel にデータを読み込むときに、提供する必要がある接続情報、および構成する必要がある設定。The connection information that you have to provide, and the settings that you have to configure, when you load data from or to Excel with SSIS.

  4. 既知の問題と制限事項。Known issues and limitations.

使用できるツールTools you can use

SSIS で次のいずれかのツールを使って、Excel からデータをインポートしたり、Excel にデータをエクスポートしたりできます。You can import data from Excel or export data to Excel with SSIS by using one of the following tools:

Excel に接続するために必要なファイルを取得するGet the files you need to connect to Excel

SSIS を使用して Excel からデータをインポートしたり、データを Excel にエクスポートするには、事前に Excel の接続コンポーネントをダウンロードする必要があります (まだインストールされていない場合)。Before you can import data from Excel or export data to Excel with SSIS, you may have to download the connectivity components for Excel if they're not already installed. Excel の接続コンポーネントは、既定ではインストールされません。The connectivity components for Excel are not installed by default.

Microsoft Access データベース エンジン 2016 再頒布可能パッケージで、Excel の接続コンポーネントの最新バージョンをダウンロードします。Download the latest version of the connectivity components for Excel here: Microsoft Access Database Engine 2016 Redistributable. 以前のバージョンの Excel で作成したファイルは、最新バージョンのコンポーネントで開くことができます。The latest version of the components can open files created by earlier versions of Excel.

ダウンロードとインストールに関する注意事項Notes about the download and installation

  • Microsoft Access 2016 ランタイムではなく、必ず Access データベース エンジン 2016 再頒布可能パッケージをダウンロードしてください。Make sure that you download the Access Database Engine 2016 Redistributable and not the Microsoft Access 2016 Runtime.

  • 32 ビット バージョンの Office を既にインストールしている場合は、32 ビット バージョンのコンポーネントをインストールする必要があります。If the computer already has a 32-bit version of Office, then you have to install the 32-bit version of the components. また、SSIS パッケージを 32 ビット モードで実行していること、またはインポートおよびエクスポート ウィザードの 32 ビット バージョンを実行していることを確認する必要があります。You also have to ensure that you run the SSIS package in 32-bit mode, or run the 32-bit version of the Import and Export Wizard.

  • Office 365 サブスクリプションをお持ちの場合は、インストーラーを実行するときにエラー メッセージが表示される場合があります。If you have an Office 365 subscription, you may see an error message when you run the installer. このエラーは、ダウンロードを Office のクイック実行コンポーネントとサイド バイ サイドでインストールできないことを示します。The error indicates that you can't install the download side by side with Office click-to-run components. このエラー メッセージを回避するには、コマンド プロンプト ウィンドウを開き、/quiet スイッチを使用してダウンロードした .EXE ファイルを実行して、Quiet モードでインストールを実行します。To bypass this error message, run the installation in quiet mode by opening a Command Prompt window and running the .EXE file that you downloaded with the /quiet switch. 次に例を示します。For example:

    C:\Users\<user_name>\Downloads\AccessDatabaseEngine.exe /quiet

    2016 再頒布可能パッケージのインストールに問題がある場合は、代わりに Microsoft Access データベース エンジン 2010 再頒布可能パッケージから 2010 再頒布可能パッケージをインストールしますIf you have trouble installing the 2016 redistributable, install the 2010 redistributable instead from here: Microsoft Access Database Engine 2010 Redistributable. (Excel 2013 用の再頒布可能パッケージはありません)。(There is no redistributable for Excel 2013.)

データ ソースとして Excel を指定するSpecify Excel as your data source

最初の手順は、Excel に接続することを指定することです。The first step is to indicate that you want to connect to Excel.

SSISIn SSIS

SSIS で、Excel ソースまたは変換先ファイルに接続するための Excel 接続マネージャーを作成します。In SSIS, create an Excel Connection Manager to connect to the Excel source or destination file. 接続マネージャーを作成するには、いくつかの方法があります。There are several ways to create the connection manager:

  • [接続マネージャー] 領域内を右クリックし、 [新しい接続] を選択します。In the Connection Managers area, right-click and select New connection. [SSIS 接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスで [EXCEL][追加] の順に選択します。In the Add SSIS Connection Manager dialog box, select EXCEL and then Add.

  • [SSIS] メニューで [新しい接続] を選択します。On the SSIS menu, select New connection. [SSIS 接続マネージャーの追加] ダイアログ ボックスで [EXCEL][追加] の順に選択します。In the Add SSIS Connection Manager dialog box, select EXCEL and then Add.

  • Excel ソース エディターまたは Excel 変換先エディター[接続マネージャー] ページで、Excel ソースまたは Excel 変換先を構成するときに、同時に接続マネージャーを作成します。Create the connection manager at the same time that you configure the Excel Source or the Excel Destination on the Connection manager page of the Excel Source Editor or of the Excel Destination Editor.

SQL Server インポートおよびエクスポート ウィザードIn the SQL Server Import and Export Wizard

インポートおよびエクスポート ウィザードの [データ ソースの選択] または [変換先の選択] ページで、[データ ソース] リストから [Microsoft Excel] を選択します。In the Import and Export Wizard, on the Choose a Data Source or Choose a Destination page, select Microsoft Excel in the Data source list.

データ ソースのリストに Excel が表示されない場合は、32 ビットのウィザードを実行していることを確認してください。If you don't see Excel in the list of data sources, make sure you're running the 32-bit wizard. Excel 接続コンポーネントは、通常、32 ビット ファイルで、64 ビットのウィザードでは表示されません。The Excel connectivity components are typically 32-bit files and aren't visible in the 64-bit wizard.

Excel ファイルとファイル パスExcel file and file path

最初に指定する情報は、Excel ファイルのパスとファイル名です。The first piece of info to provide is the path and file name for the Excel file. この情報は、SSIS パッケージの Excel 接続マネージャー エディター、またはインポートとエクスポート ウィザードの [データ ソースの選択] または [変換先の選択] のページで指定します。You provide this info in the Excel Connection Manager Editor in an SSIS package, or on the Choose a Data Source or Choose a Destination page of the Import and Export Wizard.

次の形式でパスとファイル名を入力します。Enter the path and file name in the following format:

  • ローカル コンピューター上のファイルの場合、C:\TestData.xlsx です。For a file on the local computer, C:\TestData.xlsx.

  • ネットワーク共有上のファイルの場合、 \\Sales\Data\TestData.xlsx です。For a file on a network share, \\Sales\Data\TestData.xlsx.

または、 [参照] をクリックして、 [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを使用してワークシートを検索します。Or, click Browse to locate the spreadsheet by using the Open dialog box.

重要

パスワードで保護された Excel ファイルには接続できません。You can't connect to a password-protected Excel file.

Excel バージョンExcel version

2 番目に指定する情報は、Excel ファイルのバージョンです。The second piece of info to provide is the version of the Excel file. この情報は、SSIS パッケージの Excel 接続マネージャー エディター、またはインポートとエクスポート ウィザードの [データ ソースの選択] または [変換先の選択] のページで指定します。You provide this info in the Excel Connection Manager Editor in an SSIS package, or on the Choose a Data Source or Choose a Destination page of the Import and Export Wizard.

ファイルを作成するために使用した Microsoft Excel のバージョンか、別の互換性のあるバージョンを指定します。Select the version of Microsoft Excel that was used to create the file, or another compatible version. たとえば、2016 接続コンポーネントのインストールに問題がある場合、2010 コンポーネントをインストールして、このリストで [Microsoft Excel 2007-2010] を選択できます。For example, if you had trouble installing the 2016 connectivity components, you can install the 2010 components and select Microsoft Excel 2007-2010 in this list.

古いバージョンの接続コンポーネントしかインストールされていない場合は、それより新しいバージョンの Excel をリストで選択することはできません。You may not be able to select newer Excel versions in the list if you only have older versions of the connectivity components installed. Excel バージョン リストには、SSIS によってサポートされている Excel のすべてのバージョンが含まれています。The Excel version list includes all the versions of Excel supported by SSIS. このリスト内に項目があっても、必要な接続コンポーネントがインストールされているとは限りません。The presence of items in this list does not indicate that the required connectivity components are installed. たとえば、2016 接続コンポーネントをインストールしていなくても、リストには Microsoft Excel 2016 が表示されます。For example, Microsoft Excel 2016 appears in the list even if you have not installed the 2016 connectivity components.

先頭行に列名を含めるFirst row has column names

Excel からデータをインポートしている場合、次の手順は、データの最初の行に列の名前が含まれているかどうかを示すことです。If you're importing data from Excel, the next step is to indicate whether the first row of the data contains column names. この情報は、SSIS パッケージの Excel 接続マネージャー エディター、またはインポートとエクスポート ウィザードの [データ ソースの選択] ページで指定します。You provide this info in the Excel Connection Manager Editor in an SSIS package, or on the Choose a Data Source page of the Import and Export Wizard.

  • ソース データに列名が含まれていないため、このオプションを無効にすると、ウィザードでは F1、F2 などが列見出しとして使用されます。If you disable this option because the source data doesn't contain column names, the wizard uses F1, F2, and so forth, as column headings.
  • データに列名が含まれているのにこのオプションを無効にすると、ウィザードでは列名がデータの最初の行としてインポートされます。If the data contains column names, but you disable this option, the wizard imports the column names as the first row of data.
  • データに列名が含まれていないのにこのオプションを有効にすると、ウィザードではソース データの最初の行が列名として使用されます。If the data does not contain column names, but you enable this option, the wizard uses the first row of source data as the column names. この場合、ソース データの最初の行は、データ自体には含まれなくなります。In this case, the first row of source data is no longer included in the data itself.

Excel からデータをエクスポートする場合にこのオプションを有効にすると、エクスポートされたデータの最初の行に列名が含まれます。If you're exporting data from Excel, and you enable this option, the first row of exported data includes the column names.

ワークシートと範囲Worksheets and ranges

データのソースまたは変換先として使用できる Excel オブジェクトには、ワークシート、名前付き範囲、またはそのアドレスを使って指定する名前のない範囲のセルの 3 種類があります。There are three types of Excel objects that you can use as the source or destination for your data: a worksheet, a named range, or an unnamed range of cells that you specify with its address.

  • ワークシート。Worksheet. ワークシートを指定するには、シート名の末尾に $ 文字を付加し、文字列を区切り文字で囲みます (例: [Sheet1$] )。To specify a worksheet, append the $ character to the end of the sheet name and add delimiters around the string - for example, [Sheet1$]. または、リスト内の既存のテーブルとビューから $ 文字で終わる名前を探します。Or, look for a name that ends with the $ character in the list of existing tables and views.

  • 名前付き範囲。Named range. 名前付き範囲を指定するには、範囲名を指定します (例: MyDataRange)。To specify a named range, provide the range name - for example, MyDataRange. または、リスト内の既存のテーブルとビューから $ 以外の文字で終わる名前を探します。Or, look for a name that does not end with the $ character in the list of existing tables and views.

  • 名前のない範囲。Unnamed range. 名前のないセルの範囲を指定するには、シート名の末尾に $ 文字を付加し、範囲の指定を追加し、文字列を区切り文字で囲みます (例: [Sheet1$A1:B4] )。To specify a range of cells that you haven't named, append the $ character to the end of the sheet name, add the range specification, and add delimiters around the string - for example, [Sheet1$A1:B4].

データのソースまたは変換先として使用する Excel オブジェクトの種類を選択または指定するには、次のいずれかの操作を行います。To select or specify the type of Excel object that you want to use as the source or destination for your data, do one of the following things:

SSISIn SSIS

SSIS で、Excel ソース エディターまたは Excel 変換先エディター[接続マネージャー] ページで、次のいずれかの操作を行います。In SSIS, on the Connection manager page of the Excel Source Editor or of the Excel Destination Editor, do one of the following things:

  • ワークシートまたは名前付き範囲を使用するには、[データ アクセス モード][テーブルまたはビュー] を選択します。To use a worksheet or a named range, select Table or view as the Data access mode. 次に、 [Excel シートの名前] リストで、ワークシートまたは名前付き範囲を選択します。Then, in the Name of the Excel sheet list, select the worksheet or named range.

  • そのアドレスを使用して指定する名前のない範囲を使用するには、[データ アクセス モード][SQL コマンド] を選択します。To use an unnamed range that you specify with its address, select SQL command as the Data access mode. 次に、 [SQL コマンド テキスト] フィールドに、次の例のようなクエリを入力します。Then, in the SQL command text field, enter a query like the following example:

    SELECT * FROM [Sheet1$A1:B5]
    

SQL Server インポートおよびエクスポート ウィザードIn the SQL Server Import and Export Wizard

インポートおよびエクスポート ウィザードで、次のいずれかの操作を行います。In the Import and Export Wizard, do one of the following things:

  • Excel からインポートする場合は、次のいずれかの操作を行います。When you're importing from Excel, do one of the following things:

    • ワークシートまたは名前付き範囲を使用するには、 [テーブルのコピーまたはクエリの指定] ページで、 [1 つ以上のテーブルまたはビューからデータをコピーする] を選択します。To use a worksheet or a named range, on the Specify table copy or query page, select Copy data from one or more tables or views. 次に、 [コピー元のテーブルおよびビューを選択] ページの [ソース] 列で、ソースのワークシートと名前付き範囲を選択します。Then, on the Select Source Tables and Views page, in the Source column, select the source worksheets and named ranges.

    • そのアドレスを使用して指定する名前のない範囲を使用するには、 [テーブルのコピーまたはクエリの指定] ページで、 [転送するデータを指定するためのクエリを記述する] を選択します。To use an unnamed range that you specify with its address, on the Specify table copy or query page, select Write a query to specify the data to transfer. 次に、 [基になるクエリの指定] ページで、次の例のようなクエリを指定します。Then, on the Provide a Source Query page, provide a query similar to the following example:

      SELECT * FROM [Sheet1$A1:B5]
      
  • Excel にエクスポートする場合は、次のいずれかの操作を行います。When you're exporting to Excel, do one of the following things:

    • ワークシートまたは名前付き範囲を使用するには、 [コピー元のテーブルおよびビューを選択] ページの [変換先] 列で、エクスポート先のワークシートおよび名前付き範囲を選択します。To use a worksheet or a named range, on the Select Source Tables and Views page, in the Destination column, select the destination worksheets and named ranges.

    • そのアドレスを使用して指定する名前のない範囲を使用するには、 [コピー元のテーブルおよびビューを選択] ページの [変換先] 列で、区切り記号は使わずに、Sheet1$A1:B5 の形式で範囲を入力します。To use an unnamed range that you specify with its address, on the Select Source Tables and Views page, in the Destination column, enter the range in the following format without delimiters: Sheet1$A1:B5. 区切り記号はウィザードによって追加されます。The wizard adds the delimiters.

インポートまたはエクスポートする Excel オブジェクトを選択または入力すると、ウィザードの [コピー元のテーブルおよびビューを選択] ページで次の操作も行えるようになります。After you select or enter the Excel objects to import or export, you can also do the following things on the Select Source Tables and Views page of the wizard:

  • [マッピングの編集] を選択して、変換元と変換先の間の列マッピングを確認する。Review column mappings between source and destination by selecting Edit Mappings.

  • [プレビュー] を選択して、サンプル データが期待どおりになっていることをプレビューで確認する。Preview sample data to make sure it's what you expect by selecting Preview.

データ型に関する問題Issues with data types

データ型Data types

Excel ドライバーでは、データ型の限定されたセットのみを認識します。The Excel driver recognizes only a limited set of data types. たとえば、すべての数値列は倍精度浮動小数点型 (DT_R8) として解釈され、すべての文字列の列 (メモ列以外) は 255 文字の Unicode 文字列 (DT_WSTR) として解釈されます。For example, all numeric columns are interpreted as doubles (DT_R8), and all string columns (other than memo columns) are interpreted as 255-character Unicode strings (DT_WSTR). SSIS では、Excel データ型を次のようにマップします。SSIS maps the Excel data types as follows:

  • Numeric - 倍精度浮動小数点数 (DT_R8)Numeric - double-precision float (DT_R8)

  • Currency - 通貨 (DT_CY)Currency - currency (DT_CY)

  • Boolean - ブール (DT_BOOL)Boolean - Boolean (DT_BOOL)

  • Date/time - 日時 (DT_DATE)Date/time - datetime (DT_DATE)

  • String - Unicode 文字列、長さ 255 (DT_WSTR)String - Unicode string, length 255 (DT_WSTR)

  • Memo - Unicode テキスト ストリーム (DT_NTEXT)Memo - Unicode text stream (DT_NTEXT)

データ型と長さの変換Data type and length conversions

SSIS では、データ型の暗黙的な変換は行われません。SSIS does not implicitly convert data types. したがって、派生列変換またはデータ変換の変換を使用して、Excel データを明示的に変換してから Excel 以外の変換先に読み込むか、Excel 以外のソースからデータを変換してから Excel 変換先に読み込む必要があります。As a result, you may have to use Derived Column or Data Conversion transformations to convert Excel data explicitly before loading it into a destination other than Excel, or to convert data from a source other than Excel before loading it into an Excel destination.

必要な変換の例を次に示します。Here are some examples of the conversions that may be required:

  • 特定のコードページを使用した Unicode Excel 文字列の列と Unicode 以外の文字列の列間の変換Conversion between Unicode Excel string columns and non-Unicode string columns with specific codepage.

  • 255 文字の Excel 文字列の列と異なる長さの文字列の列間の変換Conversion between 255-character Excel string columns and string columns of different lengths.

  • 倍精度の Excel 数値列と他の型の数値列の列間の変換Conversion between double-precision Excel numeric columns and numeric columns of other types.

ヒント

インポートおよびエクスポート ウィザードを使用していて、データにこれらの変換がいくつか必要な場合は、ウィザードによって必要な変換が構成されます。If you're using the Import and Export Wizard, and your data requires some of these conversions, the wizard configures the necessary conversions for you. そのため、SSIS パッケージを使用する場合でも、インポートおよびエクスポート ウィザードを使用して初期パッケージを作成しておくと役立つ場合があります。As a result, even when you want to use an SSIS package, it may be useful to create the initial package by using the Import and Export Wizard. ウィザードを使用すると、接続マネージャー、ソース、変換、および変換先を作成および構成できます。Let the wizard create and configure connection managers, sources, transformations, and destinations for you.

インポートに関する問題Issues with importing

空の行Empty rows

ソースとしてワークシートまたは名前付き範囲を指定すると、ドライバーは、ワークシートまたは範囲の左上の空でない最初のセルから、連続したセルのブロックを読み取ります。When you specify a worksheet or a named range as the source, the driver reads the contiguous block of cells starting with the first non-empty cell in the upper-left corner of the worksheet or range. そのため、データ行は行 1 で開始する必要はありませんが、ソース データで空の行を使用することはできません。As a result, your data doesn't have to start in row 1, but you can't have empty rows in the source data. たとえば、列ヘッダーとデータ行の間に空の行を入れたり、ワークシートの上部のタイトルの後に空の行を入れることはできません。For example, you can't have an empty row between the column headers and the data rows, or a title followed by empty rows at the top of the worksheet.

データの上に空の行がある場合は、ワークシートとしてデータにクエリを実行できません。If there are empty rows above your data, you can't query the data as a worksheet. Excel では、データの範囲を選択し、その範囲に名前を割り当ててから、ワークシートではなく名前付き範囲に対してクエリを実行する必要があります。In Excel, you have to select your range of data and assign a name to the range, and then query the named range instead of the worksheet.

不足している値Missing values

Excel ドライバーは、指定した変換元の特定の行数 (既定では 8 行) を読み取り、各列のデータ型を推測します。The Excel driver reads a certain number of rows (by default, eight rows) in the specified source to guess at the data type of each column. 1 つの列に複数のデータ型が混在している可能性がある場合、特に数値データとテキスト データが混合している場合に、Excel ドライバーは数が多い方のデータ型を優先して判定し、それ以外のデータ型のデータが含まれるセルについては NULL 値を返しますWhen a column appears to contain mixed data types, especially numeric data mixed with text data, the driver decides in favor of the majority data type, and returns null values for cells that contain data of the other type. (同数の場合は、数値型が優先されます)。Excel ワークシートでのセル書式のほとんどのオプションは、このデータ型の判定に影響しません。(In a tie, the numeric type wins.) Most cell formatting options in the Excel worksheet do not seem to affect this data type determination.

Excel ドライバーのこの動作を変更するには、すべての値をテキストとしてインポートするようにインポート モードを指定します。You can modify this behavior of the Excel driver by specifying Import Mode to import all values as text. インポート モードを指定するには、[プロパティ] ウィンドウで、Excel 接続マネージャーの接続文字列内の拡張プロパティの値に IMEX=1 を追加します。To specify Import Mode, add IMEX=1 to the value of Extended Properties in the connection string of the Excel connection manager in the Properties window.

切り捨てられたテキストTruncated text

Excel の列にテキスト データが含まているとドライバーが判定した場合、ドライバーはサンプリングした最も長い値に基づいて、データ型 (文字列またはメモ) を選択します。When the driver determines that an Excel column contains text data, the driver selects the data type (string or memo) based on the longest value that it samples. ドライバーがサンプリングした行で 255 文字より長い値が検出されなかった場合、その列はメモ列ではなく、255 文字の文字列の列として扱われます。If the driver does not discover any values longer than 255 characters in the rows that it samples, it treats the column as a 255-character string column instead of a memo column. このため、255 文字より長い値があると、切り捨てられる場合があります。Therefore, values longer than 255 characters may be truncated.

データを切り捨てずにメモ列からインポートするには、2 つのオプションがあります。To import data from a memo column without truncation, you have two options:

  • サンプリングされた行の少なくとも 1 つのメモ列に、255 文字より長い値が含まれていることを確認します。Make sure that the memo column in at least one of the sampled rows contains a value longer than 255 characters

  • このような行を含めるには、ドライバーによってサンプリングされる行数を増やします。Increase the number of rows sampled by the driver to include such a row. サンプリングする行数を増やすには、次のレジストリ キーの下で TypeGuessRows の値を増やします。You can increase the number of rows sampled by increasing the value of TypeGuessRows under the following registry key:

再配布可能なコンポーネントのバージョンRedistributable components version レジストリ キーRegistry key
Excel 2016Excel 2016 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\16.0\Access Connectivity Engine\Engines\ExcelHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\16.0\Access Connectivity Engine\Engines\Excel
Excel 2010Excel 2010 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\14.0\Access Connectivity Engine\Engines\ExcelHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Office\14.0\Access Connectivity Engine\Engines\Excel

エクスポートに関する問題Issues with exporting

新しいエクスポート先ファイルを作成するCreate a new destination file

SSISIn SSIS

作成する新しい Excel ファイルのパスとファイル名を使用して、Excel 接続マネージャーを作成します。Create an Excel Connection Manager with the path and file name of the new Excel file that you want to create. 次に、Excel 変換先エディターで、 [Excel シートの名前][新規] を選択して、エクスポート先のワークシートを作成します。Then, in the Excel Destination Editor, for Name of the Excel sheet, select New to create the destination worksheet. この時点で、SSIS によって指定したワークシートを持つ新しい Excel ファイルが作成されます。At this point, SSIS creates the new Excel file with the specified worksheet.

SQL Server インポートおよびエクスポート ウィザードIn the SQL Server Import and Export Wizard

[変換先の選択] ページで、 [参照] を選択します。On the Choose a Destination page, select Browse. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、新しい Excel ファイルを作成するフォルダーに移動し、新しいファイルの名前を指定してから、 [開く] を選択します。In the Open dialog box, navigate to the folder where you want the new Excel file to be created, provide a name for the new file, and then select Open.

十分な大きさの範囲をエクスポートするExport to a large enough range

変換先として範囲を指定するときに、範囲の "列数" がソース データより少ないと、エラーが発生します。When you specify a range as the destination, an error occurs if the range has fewer columns than the source data. 一方、指定した範囲がソース データより "行数" が少ない場合、エラーは発生せず、ウィザードでは行の記述が続行され、新しい行数に合わせて行の定義が拡張されます。However, if the range that you specify has fewer rows than the source data, the wizard continues writing rows without error and extends the range definition to match the new number of rows.

長いテキストの値をエクスポートするExport long text values

255 文字を超える文字列を Excel 列に正常に保存するには、変換先の列のデータ型を 文字列型 ではなく メモ型としてドライバーが認識する必要があります。Before you can successfully save strings longer than 255 characters to an Excel column, the driver must recognize the data type of the destination column as memo and not string.

  • 既存の変換先のテーブルに既にデータ行が含まれている場合、ドライバーによってサンプリングされた先頭の数行のメモ列に、255 文字を超える値のインスタンスが 1 つ以上含まれている必要があります。If an existing destination table already contains rows of data, then the first few rows that are sampled by the driver must contain at least one instance of a value longer than 255 characters in the memo column.

  • 新しい変換先のテーブルがパッケージの設計時または実行時に作成される場合、またはインポートおよびエクスポート ウィザードによって作成される場合は、CREATE TABLE ステートメントで LONGTEXT (またはそのいずれかのシノニム) を変換先のメモ列のデータ型として使用する必要があります。If a new destination table is created during package design or at run time or by the Import and Export Wizard, then the CREATE TABLE statement must use LONGTEXT (or one of its synonyms) as the data type of the destination memo column. ウィザードで、[列マッピング] ページの [変換先テーブルの作成] オプションの横にある [SQL の編集] をクリックし、CREATE TABLE ステートメントを調べて、必要であれば修正します。In the wizard, check the CREATE TABLE statement and revise it, if necessary, by clicking Edit SQL next to the Create destination table option on the Column Mappings page.

この記事で説明した手順とコンポーネントに関する詳細は、次の記事を参照してください。For more information about the components and procedures described in this article, see the following articles:

SSIS についてAbout SSIS

Excel 接続マネージャーExcel Connection Manager
Excel ソースExcel Source
Excel 変換先Excel Destination
Foreach ループ コンテナーを使用して Excel のファイルおよびテーブルをループ処理するLoop through Excel Files and Tables by Using a Foreach Loop Container
スクリプト タスクを使用した Excel ファイルの操作Working with Excel Files with the Script Task

SQL Server インポートおよびエクスポート ウィザードについてAbout the SQL Server Import and Export Wizard

Excel データ ソースに接続するConnect to an Excel Data Source
簡単な例によるインポートおよびエクスポート ウィザードの概要Get started with this simple example of the Import and Export Wizard

Excel から SQL Server または Azure SQL Database にデータをインポートするImport data from Excel to SQL Server or Azure SQL Database