Integration Services (SSIS) のログ記録Integration Services (SSIS) Logging

APPLIES TO: yesSQL Server, including on Linux yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server Integration ServicesIntegration Services には、パッケージ、コンテナー、およびタスクにログ記録を実装するために使用できる、ログ プロバイダーが含まれています。Integration ServicesIntegration Services includes log providers that you can use to implement logging in packages, containers, and tasks. ログ記録を行うと、パッケージに関する実行時の情報をキャプチャできるので、パッケージを実行するたびに監査やトラブルシューティングに役立ちます。With logging, you can capture run-time information about a package, helping you audit and troubleshoot a package every time it is run. たとえば、パッケージを実行した演算子の名前と、パッケージの開始および完了時刻をログにキャプチャできます。For example, a log can capture the name of the operator who ran the package and the time the package began and finished.

Integration ServicesIntegration Services サーバーでのパッケージ実行中に発生するログ記録のスコープを構成できます。You can configure the scope of logging that occurs during a package execution on the Integration ServicesIntegration Services server. 詳細については、「 SSIS サーバーでのパッケージ実行のログ記録を有効にする」を参照してください。For more information, see Enable Logging for Package Execution on the SSIS Server.

dtexec コマンド プロンプト ユーティリティを使用してパッケージを実行する際にも、ログ記録を使用できます。You can also include logging when you run a package using the dtexec command prompt utility. ログ記録をサポートするコマンド プロンプトの引数の詳細については、「 dtexec Utility」を参照してください。For more information about the command prompt arguments that support logging, see dtexec Utility.

SQL Server Data Tools でのログ記録の構成Configure Logging in SQL Server Data Tools

ログはパッケージに関連付けられ、パッケージ レベルで設定します。Logs are associated with packages and are configured at the package level. パッケージ内の各タスクやコンテナーによって、パッケージのログに情報を書き込むこともできます。Each task or container in a package can log information to any package log. パッケージのログ機能が有効にされていない場合でも、そのパッケージに含まれるタスクやコンテナーのログ機能を有効にできます。The tasks and containers in a package can be enabled for logging even if the package itself is not. たとえば、親パッケージのログ機能を有効にしなくても、SQL 実行タスクのログ機能を有効にできます。For example, you can enable logging on an Execute SQL task without enabling logging on the parent package. パッケージ、コンテナー、およびタスクは、複数のログに対して書き込みが可能です。A package, container, or task can write to multiple logs. パッケージにのみログ機能を有効にできます。または、そのパッケージに含まれる任意の個別のタスクまたはコンテナーを選択して、ログ機能を有効にできます。You can enable logging on the package only, or you can choose to enable logging on any individual task or container that the package includes.

パッケージにログを追加するには、ログ プロバイダーとログの場所を選択します。When you add the log to a package, you choose the log provider and the location of the log. ログ プロバイダーは、ログ データの形式を指定します。たとえば、 SQL ServerSQL Server データベースやテキスト ファイルなどを指定できます。The log provider specifies the format for the log data: for example, a SQL ServerSQL Server database or text file.

Integration ServicesIntegration Services には、次のログ プロバイダーが含まれています。includes the following log providers:

  • テキスト ファイルのログ プロバイダー。ログ エントリを、コンマ区切り (CSV) 形式で、ASCII テキスト ファイルに書き込みます。The Text File log provider, which writes log entries to ASCII text files in a comma-separated value (CSV) format. このプロバイダーで使用されるファイル名の既定の拡張子は、.log です。The default file name extension for this provider is .log.

  • SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler のログ プロバイダー。 SQL ServerSQL Server Profiler を使用して表示できるトレースを書き込みます。The SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler log provider, which writes traces that you can view using SQL ServerSQL Server Profiler. このプロバイダーで使用されるファイル名の既定の拡張子は、.trc です。The default file name extension for this provider is .trc.

    注意

    64 ビット モードで実行されているパッケージでは、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler のログ プロバイダーを使用できません。You cannot use the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler log provider in a package that is running in 64-bit mode.

  • SQL ServerSQL Server のログ プロバイダー。ログ エントリを、 データベースの sysssislog SQL ServerSQL Server テーブルに書き込みます。The SQL ServerSQL Server log provider, which writes log entries to the sysssislog table in a SQL ServerSQL Server database.

  • Windows イベント ログのログ プロバイダー。エントリを、ローカル コンピューター上にある Windows イベント ログのアプリケーション ログに書き込みます。The Windows Event log provider, which writes entries to the Application log in the Windows Event log on the local computer.

  • XML ファイルのログ プロバイダー。ログ ファイルを XML ファイルに書き込みます。The XML File log provider, which writes log files to an XML file. このプロバイダーで使用されるファイル名の既定の拡張子は、.xml です。The default file name extension for this provider is .xml.

ログ プロバイダーをパッケージに追加したり、ログ記録をプログラムによって構成する場合、 SSISSSIS デザイナーの [SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスに表示される名前を使用せず、ProgID または ClassID のどちらかを使用してログ プロバイダーを識別できます。If you add a log provider to a package or configure logging programmatically, you can use either a ProgID or ClassID to identify the log provider, instead of using the names that SSISSSIS Designer displays in the Configure SSIS Logs dialog box.

次の表に、 Integration ServicesIntegration Services に含まれるログ プロバイダーの ProgID と ClassID、およびログ プロバイダーが書き込むログの場所の一覧を示します。The following table lists the ProgID and ClassID for the log providers that Integration ServicesIntegration Services includes, and the location of the logs to which log providers write.

ログ プロバイダーLog provider ProgIDProgID ClassIDClassID 場所Location
テキスト ファイルText file DTS.LogProviderTextFileDTS.LogProviderTextFile {0A039101-ACC1-4E06-943F-279948323883}{0A039101-ACC1-4E06-943F-279948323883} ログ プロバイダーが使用するファイル接続マネージャーでテキスト ファイルのパスを指定します。The File connection manager that the log provider uses specifies the path of the text file.
SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler DTS.LogProviderSQLProfilerDTS.LogProviderSQLProfiler {E93F6300-AE0C-4916-A7BF-A8D0CE12C77A}{E93F6300-AE0C-4916-A7BF-A8D0CE12C77A} ログ プロバイダーが使用するファイル接続マネージャーで SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerが使用するファイルのパスを指定します。The File connection manager that the log provider uses specifies the path of the file used by SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler.
SQL ServerSQL Server DTS.LogProviderSQLServerDTS.LogProviderSQLServer {94150B25-6AEB-4C0D-996D-D37D1C4FDEDA}{94150B25-6AEB-4C0D-996D-D37D1C4FDEDA} ログ プロバイダーが使用する OLE DB 接続マネージャーで、ログ エントリ用の sysssislog テーブルを格納する SQL ServerSQL Server データベースを指定します。The OLE DB connection manager that the log provider uses specifies the SQL ServerSQL Server database that contains the sysssislog table with the log entries.
Windows イベント ログWindows Event Log DTS.LogProviderEventLogDTS.LogProviderEventLog {071CC8EB-C343-4CFF-8D58-564B92FCA3CF}{071CC8EB-C343-4CFF-8D58-564B92FCA3CF} Windows イベント ビューアーのアプリケーション ログには、 Integration ServicesIntegration Services のログ情報が表示されます。The Application log in Windows Event Viewer contains the Integration ServicesIntegration Services log information.
XML ファイルXML File DTS.LogProviderXMLFileDTS.LogProviderXMLFile {440945A4-2A22-4F19-B577-EAF5FDDC5F7A}{440945A4-2A22-4F19-B577-EAF5FDDC5F7A} ログ プロバイダーが使用するファイル接続マネージャーで XML ファイルのパスを指定します。The File connection manager that the log provider uses specifies the path of the XML file.

また、カスタム ログ プロバイダーを作成することもできます。You can also create custom log providers. 詳細については、「 Creating a Custom Log Provider」を参照してください。For more information, see Creating a Custom Log Provider.

パッケージ内のログ プロバイダーは、パッケージのログ プロバイダー コレクションのメンバーです。The log providers in a package are members of the log providers collection of the package. SSISSSIS デザイナーを使用してパッケージを作成し、ログ記録を実装する際、 デザイナーの [パッケージ エクスプローラー] タブ上の [ログ プロバイダー] SSISSSIS フォルダーに、コレクション メンバーの一覧が表示されます。When you create a package and implement logging by using SSISSSIS Designer, you can see a list of the collection members in the Log Provider folders on the Package Explorer tab of SSISSSIS Designer.

ログ プロバイダーを構成するには、ログ プロバイダーの名前と説明を入力し、ログ プロバイダーが使用する接続マネージャーを指定します。You configure a log provider by providing a name and description for the log provider and specifying the connection manager that the log provider uses. SQL ServerSQL Server のログ プロバイダーでは、OLE DB 接続マネージャーが使用されます。The SQL ServerSQL Server log provider uses an OLE DB connection manager. テキスト ファイル、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler、および XML ファイルのログ プロバイダーでは、ファイル接続マネージャーが使用されます。The Text File, SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler, and XML File log providers all use File connection managers. Windows イベント ログのログ プロバイダーでは、Windows イベント ログに直接書き込まれるので、接続マネージャーが使用されません。The Windows Event log provider does not use a connection manager, because it writes directly to the Windows Event log. 詳細については、「 OLE DB Connection Manager 」および「 File Connection Manager」を参照してください。For more information, see OLE DB Connection Manager and File Connection Manager.

ログ記録のカスタマイズLogging Customization

イベント メッセージまたはカスタム メッセージのログ機能をカスタマイズするために、 Integration ServicesIntegration Services には、ログ エントリに通常書き込まれる情報のスキーマが用意されています。To customize the logging of an event or custom message, Integration ServicesIntegration Services provides a schema of commonly logged information to include in log entries. Integration ServicesIntegration Services のログ スキーマは、ログ記録できる情報を定義します。The Integration ServicesIntegration Services log schema defines the information that you can log. ログ エントリごとにログ スキーマから要素を選択します。You can select elements from the log schema for each log entry.

パッケージおよびパッケージ内のコンテナーやタスクが、同じ情報をログ記録する必要はありません。また、同一パッケージやコンテナーのタスクが別々の情報をログ記録することができます。A package and its containers and tasks do not have to log the same information, and tasks within the same package or container can log different information. たとえば、パッケージではパッケージが開始されたときにオペレーターに関する情報をログに書き込み、あるタスクではタスク失敗の原因を書き込み、別のタスクではエラー発生時に情報を書き込むという処理が可能です。For example, a package can log operator information when the package starts, one task can log the source of the task's failure, and another task can log information when errors occur. パッケージおよびパッケージ内のコンテナーやタスクが複数のログを使用する場合、同じ情報がすべてのログに書き込まれます。If a package and its containers and tasks use multiple logs, the same information is written to all the logs.

ログ記録するイベントと各イベントに対して書き込む情報を指定して、必要に応じたログ記録のレベルを選択できます。You can select a level of logging that suits your needs by specifying the events to log and the information to log for each event. これにより、他のイベントに比べて有益な情報が得られるイベントがわかります。You may find that some events provide more useful information than others. たとえば、 PreExecute イベントについてはコンピューター名とオペレーター名のみをログ記録し、 Error イベントについては利用可能なすべての情報を記録するとよいでしょう。For example, you might want to log only the computer and operator names for the PreExecute event but all available information for the Error event.

ログ ファイルがディスク領域を大量に消費したり、過剰にログが記録されたりするとパフォーマンスが低下します。これを防止するため、特定のイベントとログ記録する情報項目を選択して、ログ記録を制限することができます。To prevent log files from using large amounts of disk space, or to avoid excessive logging, which could degrade performance, you can limit logging by selecting specific events and information items to log. たとえば、エラーが発生した日付とコンピューター名のみを記録するようにログを設定できます。For example, you can configure a log to capture only the date and the computer name for each error.

SSISSSIS デザイナーの [SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスを使用して、ログ オプションを定義できます。In SSISSSIS Designer, you define the logging options by using the Configure SSIS Logs dialog box.

ログ スキーマLog Schema

次の表に、ログ スキーマの要素を示します。The following table describes the elements in the log schema.

要素Element [説明]Description
[Computer]Computer ログ イベントが発生したコンピューターの名前。The name of the computer on which the log event occurred.
演算子Operator パッケージを起動したユーザーの ID。The identity of the user who launched the package.
SourceNameSourceName ログ イベントが発生したコンテナーまたはタスクの名前。The name of the container or task in which the log event occurred.
[SourceID]SourceID ログ イベントが発生したパッケージ、For ループ コンテナー、Foreach ループ コンテナー、シーケンス コンテナー、またはタスクの一意識別子。The unique identifier of the package; the For Loop, Foreach Loop, or Sequence container; or the task in which the log event occurred.
[ExecutionID]ExecutionID パッケージ実行インスタンスの GUID。The GUID of the package execution instance.

注:単一のパッケージを実行すると、ExecutionID 要素の値が異なるログ エントリが作成される場合があります。Note: Running a single package might create log entries with different values for the ExecutionID element. たとえば、 SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsで 1 つのパッケージを実行すると、検証フェーズでは SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsに対応する ExecutionID 要素を持つログ エントリが作成されます。For example, when you run a package in SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools, the validation phase might create log entries with an ExecutionID element that corresponds to SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools. 一方、実行フェーズでは、dtshost.exe に対応する ExecutionID 要素を持つログ エントリが作成されます。However, the execution phase might create log entries with an ExecutionID element that corresponds to dtshost.exe. また、パッケージ実行タスクを含むパッケージを実行すると、これらの各タスクで子パッケージが実行されます。For another example, when you run a package that contains Execute Package tasks, each of these tasks runs a child package. これらの子パッケージでは、親パッケージが作成するログ エントリとは異なる ExecutionID 要素を持つログ エントリが作成される場合があります。These child packages might create log entries that have a different ExecutionID element than the log entries that the parent package creates.
[MessageText]MessageText ログ エントリに関連付けられているメッセージ。A message associated with the log entry.
[DataBytes]DataBytes ログ エントリ固有のバイト配列。A byte array specific to the log entry. このフィールドの意味は、ログ エントリによって異なります。The meaning of this field varies by log entry.

次の表は、 [SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスの [詳細] タブでは利用できないログ スキーマ内の 3 つの追加要素について説明しています。The following table describes three additional elements in the log schema that are not available on the Details tab of the Configure SSIS Logs dialog box.

要素Element [説明]Description
StartTimeStartTime コンテナーまたはタスクの実行が開始した時間。The time at which the container or task starts to run.
EndTimeEndTime コンテナーまたはタスクの実行が停止した時間。The time at which the container or task stops running.
DataCodeDataCode コンテナーまたはタスクの実行結果を示す DTSExecResult 列挙体の値を通常含んだ整数値 (省略可能)。An optional integer value that typically contains a value from the DTSExecResult enumeration that indicates the result of running the container or task:

0 - 成功0 - Success

1 - 失敗1 - Failure

2 - 完了2 - Completed

3 - キャンセル3 - Canceled

ログ エントリLog Entries

Integration ServicesIntegration Services では、あらかじめ定義されたイベントのログ エントリをサポートし、多くの Integration ServicesIntegration Services オブジェクトにカスタム ログ エントリを提供します。supports log entries on predefined events and provides custom log entries for many Integration ServicesIntegration Services objects. デザイナーの [SSIS ログの構成] SSISSSIS ダイアログ ボックスに、これらのイベントとカスタム ログ エントリが一覧表示されます。The Configure SSIS Logs dialog box in SSISSSIS Designer lists these events and custom log entries.

次の表に、実行時イベント発生時にログ エントリを書き込むために有効にできる、あらかじめ定義されたイベントを示します。The following table describes the predefined events that can be enabled to write log entries when run-time events occur. これらのログ エントリは、実行可能ファイル、パッケージ、そのパッケージに含まれるタスクおよびコンテナーに適用されます。These log entries apply to executables, the package, and the tasks and containers that the package includes. ログ エントリ名は、ログ エントリが書き込まれる原因となった、発生実行時イベントの名前と同じです。The name of the log entry is the same as the name of the run-time event that was raised and caused the log entry to be written.

イベントEvents [説明]Description
OnErrorOnError エラー発生時にログ エントリを書き込みます。Writes a log entry when an error occurs.
OnExecStatusChangedOnExecStatusChanged デバッグ中に (コンテナー以外の) タスクが中断または再開されたときにログ エントリを書き込みます。Writes a log entry when a task (not a container) is suspended or resumed during debugging.
OnInformationOnInformation 実行可能ファイルの検証および実行中に、情報を報告するログ エントリを書き込みます。Writes a log entry during the validation and execution of an executable to report information.
OnPostExecuteOnPostExecute 実行可能ファイルの実行が終了した直後にログ エントリを書き込みます。Writes a log entry immediately after the executable has finished running.
OnPostValidateOnPostValidate 実行可能ファイルの検証が終了したときにログ エントリを書き込みます。Writes a log entry when the validation of the executable finishes.
OnPreExecuteOnPreExecute 実行可能ファイルの実行直前にログ エントリを書き込みます。Writes a log entry immediately before the executable runs.
OnPreValidateOnPreValidate 実行可能ファイルの検証が開始される前にログ エントリを書き込みます。Writes a log entry when the validation of the executable starts.
OnProgressOnProgress 実行可能ファイルの処理で測定可能な進捗があったときにログ エントリを書き込みます。Writes a log entry when measurable progress is made by the executable.
OnQueryCancelOnQueryCancel タスク処理中に、実行のキャンセルが可能な時点に達したときにログ エントリを書き込みます。Writes a log entry at any juncture in the task processing where it is feasible to cancel execution.
OnTaskFailedOnTaskFailed タスクが失敗したときにログ エントリを書き込みます。Writes a log entry when a task fails.
OnVariableValueChangedOnVariableValueChanged 変数の値が変更されたときにログ エントリを書き込みます。Writes a log entry when the value of a variable changes.
OnWarningOnWarning 警告が発生したときにログ エントリを書き込みます。Writes a log entry when a warning occurs.
PipelineComponentTimePipelineComponentTime 各データ フロー コンポーネントに対する検証および実行の各フェーズのログ エントリを書き込みます。For each data flow component, writes a log entry for each phase of validation and execution. ログ エントリは、各フェーズの処理時間を示します。The log entry specifies the processing time for each phase.
DiagnosticDiagnostic

DiagnosticExDiagnosticEx
診断情報を提供するログ エントリを書き込みます。Writes a log entry that provides diagnostic information.

たとえば、外部データ プロバイダーを呼び出す前と後にメッセージをログに書き込むことができます。For example, you can log a message before and after every call to an external data provider. 詳細については、「 パッケージ実行のトラブルシューティング ツール」を参照してください。For more information, see Troubleshooting Tools for Package Execution.

エラーが発生したデータ フロー内の列の列名を調べるには、 DiagnosticEx イベントを記録します。Log the DiagnosticEx event when you want to find the column names for columns in the data flow that have errors. このイベントは、データ フロー系列マップをログに書き込みます。This event writes a data flow lineage map to the log. エラー出力でキャプチャされた列識別子を使用して、この系列マップの列名を調べることができます。You can then look up the column name in this lineage map by using the column identifier captured by an error output. 詳細については、「データのエラー処理」を参照してください。For more info, see Error Handling in Data.

DiagnosticEx イベントでは XML 出力に含まれる空白が維持されないので、ログのサイズを軽減できます。Note that the DiagnosticEx event does not preserve whitespace in its XML output to reduce the size of the log. 読みやすくするために、XML 書式と構文の強調表示をサポートする XML エディター (たとえば Visual Studio) にログをコピーします。To improve readability, copy the log into an XML editor - in Visual Studio, for example - that supports XML formatting and syntax highlighting.

注:SQL Server ログ プロバイダーを使用して DiagnosticEx イベントを記録する場合、出力が切り捨てられる可能性があります。Note: If you log the DiagnosticEx event with the SQL Server log provider, the output may be truncated. SQL Server ログ プロバイダーの メッセージ フィールドは、nvarchar (2048) 型です。The message field of the SQL Server log provider is of type nvarchar(2048). 出力が切り捨てられないようにするには、 DiagnosticEx イベントを記録するときに別のログ プロバイダーを使用してください。To avoid truncation, use a different log provider when you log the DiagnosticEx event.

パッケージおよび多くのタスクには、ログ機能を有効にできるカスタム ログ エントリがあります。The package and many tasks have custom log entries that can be enabled for logging. たとえば、メール送信タスクには SendMailTaskBegin カスタム ログ エントリがあります。これを使用すると、電子メール メッセージの送信前に、メール送信タスクの実行開始時の情報をログに書き込むことができます。For example, the Send Mail task provides the SendMailTaskBegin custom log entry, which logs information when the Send Mail task starts to run, but before the task sends an e-mail message. 詳細については、「 Custom Messages for Logging」を参照してください。For more information, see Custom Messages for Logging.

パッケージのコピーの区別Differentiating Package Copies

ログ データには、ログ エントリが属しているパッケージの名前と GUID が含まれます。Log data includes the name and the GUID of the package to which the log entries belong. 既存のパッケージをコピーして新しいパッケージを作成する場合、既存のパッケージの名前と GUID もコピーされます。If you create a new package by copying an existing package, the name and the GUID of the existing package are also copied. したがって、同じ GUID と名前が付いたパッケージが 2 つになり、ログ データ内のパッケージの区別が困難になります。As a result, you may have two packages that have the same GUID and name, making it difficult to differentiate between the packages in the log data.

このようなあいまいさを回避するには、新しいパッケージの名前と GUID を更新する必要があります。To eliminate this ambiguity, you should update the name and the GUID of the new packages. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)の [プロパティ] ウィンドウで、 ID プロパティの GUID を再生成し、 Name プロパティの値を更新できます。In SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), you can regenerate the GUID in the ID property and update the value of the Name property in the Properties window. プログラムから、または dtutil コマンド プロンプトを使用して、GUID と名前を変更することもできます。You can also change the GUID and the name programmatically, or by using the dtutil command prompt. 詳細については、「 パッケージのプロパティを設定する 」と「 dtutil ユーティリティ」を参照してください。For more information, see Set Package Properties and dtutil Utility.

親のログ オプションParent Logging Options

一般的に、タスク、For ループ コンテナー、Foreach ループ コンテナー、シーケンス コンテナーのログ オプションは、それらが含まれているパッケージや親コンテナーのログ オプションと同じです。Frequently, the logging options of tasks and For Loop, Foreach Loop, and Sequence containers match those of the package or a parent container. この場合、親コンテナーからログ オプションを継承するように設定できます。In that case, you can configure them to inherit their logging options from their parent container. たとえば、SQL 実行タスクが含まれている For ループ コンテナーがある場合、SQL 実行タスクでは For ループ コンテナーに設定されたログ オプションを使用できます。For example, in a For Loop container that includes an Execute SQL task, the Execute SQL task can use the logging options that are set on the For Loop container. 親のログ オプションを使用するには、コンテナーの LoggingMode プロパティを UseParentSettingに設定します。To use the parent logging options, you set the LoggingMode property of the container to UseParentSetting. このプロパティは、 [プロパティ] SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) ウィンドウ、または デザイナーの [SSIS ログの構成] SSISSSIS ダイアログ ボックスで設定できます。You can set this property in the Properties window of SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) or through the Configure SSIS Logs dialog box in SSISSSIS Designer.

ログのテンプレートLogging Templates

[SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスでは、頻繁に使用するログ構成をテンプレートとして作成および保存して、複数のパッケージでそのテンプレート使用できます。In the Configure SSIS Logs dialog box, you can also create and save frequently used logging configurations as templates, and then use the templates in multiple packages. これにより、複数のパッケージで一貫したログ記録の方法を簡単に使用でき、テンプレートを更新して適用することによって簡単にパッケージのログ設定を修正できます。This makes it easy to apply a consistent logging strategy across multiple packages and to modify log settings on packages by updating and then applying the templates. テンプレートは XML ファイルとして格納されます。The templates are stored in XML files.

[SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスを使用してログ機能を設定するにはTo configure logging using the Configure SSIS Logs dialog box

  1. パッケージおよびタスクのログ記録を有効にします。Enable the package and its tasks for logging. ログは、パッケージ レベル、コンテナー レベル、またはタスク レベルで記録できます。Logging can occur at the package, the container, and the task level. パッケージ、コンテナー、タスクに対して、それぞれ異なるログを指定できます。You can specify different logs for packages, containers, and tasks.

  2. ログ プロバイダーを選択して、パッケージのログを追加します。Select a log provider and add a log for the package. ログはパッケージ レベルでのみ作成可能で、タスクやコンテナーではパッケージで作成されたログのいずれかを使用します。Logs can be created only at the package level, and a task or container must use one of the logs created for the package. 各ログは、テキスト ファイル、SQL Server プロファイラーSQL Server ProfilerSQL ServerSQL Server、Windows のイベント ログ、または XML ファイルのいずれかのログ プロバイダーに関連付けられます。Each log is associated with one of the following log providers: Text file, SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler, SQL ServerSQL Server, Windows Event Log, or XML file. 詳細については、「 SQL Server Data Tools でパッケージのログ記録を有効にする」を参照してください。For more information, see Enable Package Logging in SQL Server Data Tools.

  3. ログに取り込むイベントと、各イベントのログ スキーマ情報を選択します。Select the events and the log schema information about each event you want to capture in the log. 詳細については、「 保存されている構成ファイルを使用してログ記録を構成する」を参照してください。For more information, see Configure Logging by Using a Saved Configuration File.

ログ プロバイダーの構成Configuration of Log Provider

プロパティを設定するには SSISSSIS デザイナーから行うか、またはプログラムによって設定します。You can set properties through SSISSSIS Designer or programmatically.

ログ プロバイダーは、パッケージにログ記録を実装する手順の中で作成して構成します。A log provider is created and configured as a step in implementing logging in a package.

ログ プロバイダーを作成した後にプロパティを表示および変更するには、 SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)のプロパティ ウィンドウを使用します。After you create a log provider, you can view and modify its properties in the Properties window of SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT).

プログラムによってこれらのプロパティを設定する方法の詳細については、 LogProvider クラスのドキュメントを参照してください。For information about programmatically setting these properties, see the documentation for the LogProvider class.

データ フロー タスクのログ機能の構成Logging for Data Flow Tasks

データ フロー タスクには、パフォーマンスの監視と調整に使用できるカスタム ログ エントリが数多くあります。The Data Flow task provides many custom log entries that can be used to monitor and adjust performance. たとえば、メモリ リークを起こす可能性のあるコンポーネントを監視したり、特定のコンポーネントの実行所要時間を追跡できます。For example, you can monitor components that might cause memory leaks, or keep track of how long it takes to run a particular component. カスタム ログ エントリの一覧とサンプルのログ出力については、「 Data Flow Task」を参照してください。For a list of these custom log entries and sample logging output, see Data Flow Task.

エラーが発生した列の名前をキャプチャするCapture the names of columns in which errors occur

データ フローのエラー出力を構成した場合、既定でエラーが発生した列の数値識別子のみがエラー出力に含まれます。When you configure an error output in the data flow, by default the error output provides only the numeric identifier of the column in which the error occurred. 詳細については、「データのエラー処理」を参照してください。For more info, see Error Handling in Data.

列の名前を確認するには、ログ記録を有効にして、 DiagnosticEx イベントを選択します。You can find column names by enabling logging and selecting the DiagnosticEx event. このイベントは、データ フロー系列マップをログに書き込みます。This event writes a data flow lineage map to the log. その後、この列マップの識別子から列名を参照できます。You can then look up the column name from its identifier in this lineage map. DiagnosticEx イベントでは XML 出力に含まれる空白が維持されないので、ログのサイズを軽減できます。Note that the DiagnosticEx event does not preserve whitespace in its XML output to reduce the size of the log. 読みやすくするために、XML 書式と構文の強調表示をサポートする XML エディター (たとえば Visual Studio) にログをコピーします。To improve readability, copy the log into an XML editor - in Visual Studio, for example - that supports XML formatting and syntax highlighting.

PipelineComponentTime イベントの使用Use the PipelineComponentTime Event

カスタム ログ エントリの中で最も役に立つのは、PipelineComponentTime イベントです。Perhaps the most useful custom log entry is the PipelineComponentTime event. このログ エントリは、データ フローの各コンポーネントが主要な 5 つの処理手順それぞれで要するミリ秒数を報告します。This log entry reports the number of milliseconds that each component in the data flow spends on each of the five major processing steps. 次の表で、これらの処理手順について説明します。The following table describes these processing steps. Integration ServicesIntegration Services の開発者は、これらの手順を PipelineComponent」を参照してください。developers will recognize these steps as the principal methods of a PipelineComponent.

手順Step [説明]Description
[検証]Validate コンポーネントは、有効なプロパティ値と構成設定を確認します。The component checks for valid property values and configuration settings.
PreExecutePreExecute コンポーネントは、データ行の処理を開始する前に 1 回限りの処理を実行します。The component performs one-time processing before it starts to process rows of data.
PostExecutePostExecute コンポーネントは、すべてのデータ行を処理した後に 1 回限りの処理を実行します。The component performs one-time processing after it has processed all rows of data.
ProcessInputProcessInput 変換コンポーネントまたは変換先コンポーネントは、上流変換元または変換から渡されたデータの受信行を処理します。The transformation or destination component processes the incoming rows of data that an upstream source or transformation has passed to it.
PrimeOutputPrimeOutput 変換元コンポーネントまたは変換コンポーネントは、下流変換コンポーネントまたは変換先コンポーネントに渡されるデータのバッファーを入力します。The source or transformation component fills the buffers of data to be passed to a downstream transformation or destination component.

PipelineComponentTime イベントを有効にすると、 Integration ServicesIntegration Services では、各コンポーネントが実行した処理手順ごとに 1 つのメッセージをログに記録します。When you enable the PipelineComponentTime event, Integration ServicesIntegration Services logs one message for each processing step performed by each component. 以下のログ エントリに、 Integration ServicesIntegration Services CalculatedColumns パッケージ サンプルでログに記録されるメッセージのサブセットを示します。The following log entries show a subset of the messages that the Integration ServicesIntegration Services CalculatedColumns package sample logs:

The component "Calculate LineItemTotalCost" (3522) spent 356 milliseconds in ProcessInput.

The component "Sum Quantity and LineItemTotalCost" (3619) spent 79 milliseconds in ProcessInput.

The component "Calculate Average Cost" (3662) spent 16 milliseconds in ProcessInput.

The component "Sort by ProductID" (3717) spent 125 milliseconds in ProcessInput.

The component "Load Data" (3773) spent 0 milliseconds in ProcessInput.

The component "Extract Data" (3869) spent 688 milliseconds in PrimeOutput filling buffers on output "OLE DB Source Output" (3879).

The component "Sum Quantity and LineItemTotalCost" (3619) spent 141 milliseconds in PrimeOutput filling buffers on output "Aggregate Output 1" (3621).

The component "Sort by ProductID" (3717) spent 16 milliseconds in PrimeOutput filling buffers on output "Sort Output" (3719).

これらのログ エントリは、データ フロー タスクが、次の手順にほとんどの時間を要することを示しています。ここでは、手順を降順に示します。These log entries show that the data flow task spent the most time on the following steps, shown here in descending order:

  • "Extract Data" という名前の OLE DB ソースは、データの読み込みに 688 ミリ秒費やしました。The OLE DB source that is named "Extract Data" spent 688 ms. データの読み込みloading data.

  • "Calculate LineItemTotalCost" という名前の派生列変換は、The Derived Column transformation that is named "Calculate LineItemTotalCost" spent 356 ms. 受信行での計算の実行に 356 ミリ秒費やしました。performing calculations on incoming rows.

  • "Sum Quantity and LineItemTotalCost" という名前の集計変換は、計算の実行と次の変換へのデータの受け渡しに合計 220 ミリ秒 (PrimeOutput に 141 ミリ秒、ProcessInput に 79 秒) 費やしました。The Aggregate transformation that is named "Sum Quantity and LineItemTotalCost" spent a combined 220 ms-141 in PrimeOutput and 79 in ProcessInput-performing calculations and passing the data to the next transformation.

SQL Server Data Tools でパッケージのログ記録を有効にするEnable Package Logging in SQL Server Data Tools

この手順では、パッケージにログを追加し、パッケージ レベルのログ記録を構成し、ログ構成を XML ファイルに保存する方法について説明します。This procedure describes how to add logs to a package, configure package-level logging, and save the logging configuration to an XML file. ログはパッケージ レベルでのみ追加できますが、パッケージに含まれるコンテナーでのログを有効にするためにパッケージでログ記録を実行する必要はありません。You can add logs only at the package level, but the package does not have to perform logging to enable logging in the containers that the package includes.

重要

Integration ServicesIntegration Services プロジェクトを Integration ServicesIntegration Services サーバーに配置した場合、パッケージ実行に対して設定したログ記録レベルは、SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) を使用して構成したパッケージのログ記録レベルをオーバーライドします。If you deploy the Integration ServicesIntegration Services project to the Integration ServicesIntegration Services server, the logging level that you set for the package execution overrides the package logging that you configure using SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT).

既定では、パッケージに含まれるコンテナーは、親コンテナーと同じログ構成を使用します。By default, the containers in the package use the same logging configuration as their parent container. それぞれのコンテナーのログ オプションの設定については、「 保存されている構成ファイルを使用してログ記録を構成する」をご覧ください。For information about setting logging options for individual containers, see Configure Logging by Using a Saved Configuration File.

パッケージ内でのログ記録を有効にするにはTo enable logging in a package

  1. SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsで、目的のパッケージが含まれている Integration ServicesIntegration Services プロジェクトを開きます。In SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools, open the Integration ServicesIntegration Services project that contains the package you want.

  2. 次に、 [SSIS] メニューの [ログ記録] をクリックします。On the SSIS menu, click Logging.

  3. [プロバイダーの種類] 一覧からログ プロバイダーを選択し、 [追加] をクリックします。Select a log provider in the Provider type list, and then click Add.

  4. [構成] 列で、接続マネージャーを選択するか、または [<新しい接続>] をクリックしてこのログ プロバイダーに適した種類の接続マネージャーを新しく作成します。In the Configuration column, select a connection manager or click <New connection> to create a new connection manager of the appropriate type for the log provider. 選択したプロバイダーに応じて、次のいずれかの接続マネージャーを使用します。Depending on the selected provider, use one of the following connection managers:

    • テキスト ファイル用には、ファイル接続マネージャーを使用します。For Text files, use a File connection manager. 詳細については、「 File Connection Manager」(ファイル接続マネージャー) をご覧ください。For more information, see File Connection Manager

    • SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler用には、ファイル接続マネージャーを使用します。For SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler, use a File connection manager.

    • SQL ServerSQL Server用には、OLE DB 接続マネージャーを使用します。For SQL ServerSQL Server, use an OLE DB connection manager. 詳細については、「 OLE DB 接続マネージャー」をご覧ください。For more information, see OLE DB Connection Manager.

    • Windows イベント ログ用には何も指定しません。For Windows Event Log, do nothing. SSISSSIS によってログが自動的に作成されます。automatically creates the log.

    • XML ファイル用には、ファイル接続マネージャーを使用します。For XML files, use a File connection manager.

  5. パッケージで使用するそれぞれのログについて、手順 3. ~ 4. を繰り返します。Repeat steps 3 and 4 for each log to use in the package.

    注意

    パッケージでは、それぞれの種類で複数のログを使用できます。A package can use more than one log of each type.

  6. 必要に応じて、パッケージレベルのチェック ボックスをオンにします。次に、パッケージレベルのログ記録で使用するログを選択し、 [詳細] タブをクリックします。Optionally, select the package-level check box, select the logs to use for package-level logging, and then click the Details tab.

  7. [詳細] タブで、 [イベント] をオンにしてすべてのログ エントリのログを記録することを指定するか、または [イベント] をオフにしてイベントを個別に選択します。On the Details tab, select Events to log all log entries, or clear Events to select individual events.

  8. 必要に応じて、 [詳細設定] をクリックし、ログに記録する情報を指定します。Optionally, click Advanced to specify which information to log.

    注意

    既定では、すべての情報がログに記録されます。By default, all information is logged.

  9. [詳細] タブで、 [保存] をクリックします。On the Details tab, click Save. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されます。The Save As dialog box appears. ログ構成を保存するフォルダーに移動し、新しいログ構成のファイル名を入力し、 [保存] をクリックします。Locate the folder in which to save the logging configuration, type a file name for the new log configuration, and then click Save.

  10. [OK] をクリックします。Click OK.

  11. 更新したパッケージを保存するには、 [ファイル] メニューの [選択されたファイルを上書き保存] をクリックします。To save the updated package, click Save Selected Items on the File menu.

[SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスConfigure SSIS Logs Dialog Box

SSIS ログの構成 ダイアログ ボックスを使用して、パッケージのログ記録オプションを定義します。Use the Configure SSIS Logs dialog box to define logging options for a package.

目的に合ったトピックをクリックしてくださいWhat do you want to do?

  1. [SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスを開くOpen the Configure SSIS Logs Dialog Box

  2. [コンテナー] ペインでオプションを構成するConfigure the Options in the Containers Pane

  3. [プロバイダーとログ] タブでオプションを構成するConfigure the Options on the Providers and Logs Tab

  4. [詳細] タブでオプションを構成するConfigure the Options on the Details Tab

[SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスを開くOpen the Configure SSIS Logs Dialog Box

[SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスを開くにはTo open the Configure SSIS Logs dialog box

  • SSISSSIS デザイナーで、 [SSIS] メニューの [ログ記録] をクリックします。In the SSISSSIS Designer, click Logging on the SSIS menu.

[コンテナー] ペインでオプションを構成するConfigure the Options in the Containers Pane

[SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスの [コンテナー] ペインを使用すると、パッケージおよびパッケージのコンテナーでログを有効できます。Use the Containers pane of the Configure SSIS Logs dialog box to enable the package and its containers for logging.

オプションOptions

[SSIS ログの構成]Containers
パッケージとパッケージのコンテナーでログを有効にするには、階層ビューのチェック ボックスをオンにします。Select the check boxes in the hierarchical view to enable the package and its containers for logging:

  • オフになっている場合、そのコンテナーでログは無効になります。If cleared, the container is not enabled for logging. ログを有効にする場合はオンにします。Select to enable logging.

  • 淡色表示になっている場合、コンテナーは親のログ オプションを使用します。If dimmed, the container uses the logging options of its parent. このオプションは、パッケージには使用できません。This option is not available for the package.

  • オンにすると、コンテナーは固有のログ オプションを定義します。If checked, the container defines its own logging options.

コンテナーが淡色表示になっている場合に、そのコンテナーにログ オプションを設定するには、チェック ボックスを 2 回クリックします。If a container is dimmed and you want to set logging options on the container, click its check box twice. 最初のクリックでチェック ボックスがオフになった後、2 番目のクリックでオンになったら、使用するログ プロバイダーを選択し、ログに記録する情報を指定できます。The first click clears the check box, and the second click selects it, enabling you to choose the log providers to use and select the information to log.

[プロバイダーとログ] タブでオプションを構成するConfigure the Options on the Providers and Logs Tab

[SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスの [プロバイダーとログ] タブを使用すると、ランタイム イベントをキャプチャするログを作成したり構成したりできます。Use the Providers and Logs tab of the Configure SSIS Logs dialog box to create and configure logs for capturing run-time events.

オプションOptions

[プロバイダーの種類]Provider type
ログ プロバイダーの種類を一覧から選択します。Select a type of log provider from the list.

[追加]Add
パッケージのログ プロバイダーのコレクションに、指定した種類のログを追加します。Add a log of the specified type to the collection of log providers of the package.

[名前]Name
[SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスの [コンテナー] ペインで選択したコンテナーまたはタスクについて、ログを有効または無効にします。Enable or disable logs for containers or tasks selected in the Containers pane of the Configure SSIS Logs dialog box, by using the check boxes. [名前] フィールドは編集可能です。The name field is editable. プロバイダーの既定の名前を使用するか、わかりやすい一意な名前を入力します。Use the default name for the provider, or type a unique descriptive name.

[説明]Description
[説明] フィールドは編集可能です。The description field is editable. クリックして、ログの既定の説明を変更します。Click and then modify the default description of the log.

ConfigurationConfiguration
既存の接続マネージャーを一覧から選択するか、 [<新しい接続>] をクリックして新しい接続マネージャーを作成します。Select an existing connection manager in the list, or click <New connection...> to create a new connection manager. ログ プロバイダーの種類によっては、OLE DB 接続マネージャーやファイル接続マネージャーを構成できます。Depending on the type of log provider, you can configure an OLE DB connection manager or a File connection manager. MicrosoftMicrosoft Windows イベント ログ用のログ プロバイダーの場合、接続は不要です。The log provider for the MicrosoftMicrosoft Windows Event Log requires no connection.

関連トピック:OLE DB Connection Manager マネージャー、File Connection ManagerRelated Topics: OLE DB Connection Manager manager, File Connection Manager

削除Delete
ログ プロバイダーを選択して、 [削除] をクリックします。Select a log provider and then click Delete.

[詳細] タブでオプションを構成するConfigure the Options on the Details Tab

[SSIS ログの構成] ダイアログ ボックスの [詳細] タブで、ログ記録を有効にするイベントと、ログ記録する詳細情報を指定します。Use the Details tab of the Configure SSIS Logs dialog box to specify the events to enable for logging and the information details to log. 選択した情報は、パッケージ内のすべてのログ プロバイダーに適用されます。The information that you select applies to all the log providers in the package. たとえば、 SQL ServerSQL Server インスタンスとテキスト ファイルに別々の情報を書き込むことはできません。For example, you cannot write some information to the SQL ServerSQL Server instance and different information to a text file.

オプションOptions

イベントEvents
イベントのログ記録を有効または無効にします。Enable or disable events for logging.

[説明]Description
イベントの説明が表示されます。View a description of the event.

[詳細設定]Advanced
ログ記録するイベントをオンまたはオフにし、各イベントでログ記録する情報をオンまたはオフにします。Select or clear events to log, and select or clear information to log for each event. [標準] をクリックすると、ログの詳細情報がイベントの一覧を除いてすべて非表示になります。Click Basic to hide all logging details, except the list of events. 次の情報をログ記録できます。The following information is available for logging:

[値]Value [説明]Description
[Computer]Computer ログ記録されたイベントが発生したコンピューターの名前。The name of the computer on which the logged event occurred.
[オペレーター]Operator パッケージを起動した人物のユーザー名。The user name of the person who started the package.
[SourceName]SourceName ログ記録されたイベントが発生したパッケージ、コンテナー、またはタスクの名前。The name of the package, container, or task in which the logged event occurred.
[SourceID]SourceID ログ記録されたイベントが発生したパッケージ、コンテナー、またはタスクの GUID (global unique identifier)。The global unique identifier (GUID) of the package, container, or task in which the logged event occurred.
[ExecutionID]ExecutionID パッケージ実行インスタンスの GUID。The global unique identifier of the package execution instance.
[MessageText]MessageText ログ エントリに関連付けられているメッセージ。A message associated with the log entry.
[DataBytes]DataBytes 将来の使用のために予約されています。Reserved for future use.

[標準]Basic
ログ記録するイベントをオンまたはオフにします。Select or clear events to log. イベントの一覧を除いて、ログの詳細情報が非表示になります。This option hides logging details except the list of events. イベントを選択すると、既定でそのイベントのすべてのログ詳細情報が選択されます。If you select an event, all logging details are selected for the event by default. [詳細設定] をクリックすると、ログの詳細情報がすべて表示されます。Click Advanced to show all logging details.

[読み込み]Load
ログのオプションを設定するテンプレートとして使用される、既存の XML ファイルを指定します。Specify an existing XML file to use as a template for setting logging options.

およびSave
構成の詳細をテンプレートとして XML ファイルに保存します。Save configuration details as a template to an XML file.

保存されている構成ファイルを使用してログ記録を構成するConfigure Logging by Using a Saved Configuration File

この手順では、以前に保存したログ構成ファイルを読み込んでパッケージ内の新しいコンテナーのログ記録を構成する方法について説明します。This procedure describes how to configure logging for new containers in a package by loading a previously saved logging configuration file.

既定では、パッケージに含まれるすべてのコンテナーは、親コンテナーと同じログ構成を使用します。By default, all containers in a package use the same logging configuration as their parent container. たとえば、Foreach ループ内のタスクは、Foreach ループと同じログ構成を使用します。For example, the tasks in a Foreach Loop use the same logging configuration as the Foreach Loop.

コンテナーのログ記録を構成するにはTo configure logging for a container

  1. SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsで、目的のパッケージが含まれている Integration ServicesIntegration Services プロジェクトを開きます。In SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools, open the Integration ServicesIntegration Services project that contains the package you want.

  2. 次に、 [SSIS] メニューの [ログ記録] をクリックします。On the SSIS menu, click Logging.

  3. パッケージ ツリー ビューを展開し、構成するコンテナーを選択します。Expand the package tree view and select the container to configure.

  4. [プロバイダーとログ] タブで、コンテナーに対して使用するログを選択します。On the Providers and Logs tab, select the logs to use for the container.

    注意

    ログは、パッケージ レベルでのみ作成できます。You can create logs only at the package level. 詳しくは、「 SQL Server Data Tools でパッケージのログ記録を有効にする」をご覧ください。For more information, see Enable Package Logging in SQL Server Data Tools.

  5. [詳細] タブをクリックし、 [読み込み] をクリックします。Click the Details tab and click Load.

  6. 使用するログ構成ファイルを参照し、 [開く] をクリックします。Locate the logging configuration file you want to use and click Open.

  7. 必要に応じて、 [イベント] 列のチェック ボックスをオンにして、ログ記録を行う異なるログ エントリを選択することもできます。Optionally, select a different log entry to log by selecting its check box in the Events column. [詳細設定] をクリックして、このエントリのログ記録を行うための情報の種類を選択します。Click Advanced to select the type of information to log for this entry.

    注意

    最初にログ構成を作成するときに使用されたコンテナーでは使用できない追加のログ エントリが新しいコンテナーに含まれている場合があります。The new container may include additional log entries that are not available for the container originally used to create the logging configuration. これらの追加のログ エントリをログに記録するには、手動で選択する必要があります。These additional log entries must be selected manually if you want them to be logged.

  8. [保存] をクリックして、ログ構成の更新バージョンを保存します。To save the updated version of the logging configuration, click Save.

  9. 更新したパッケージを保存するには、 [ファイル] メニューの [選択されたファイルを上書き保存] をクリックします。To save the updated package, click Save Selected Items on the File menu.

SSIS サーバーでのパッケージ実行のログ記録を有効にするEnable Logging for Package Execution on the SSIS Server

このトピックでは、 Integration ServicesIntegration Services サーバーに配置したパッケージを実行するときに、パッケージのログ記録レベルを設定または変更する方法について説明します。This topic describes how to set or change the logging level for a package when you run a package that you have deployed to the Integration ServicesIntegration Services server. パッケージを実行するときに設定したログ記録レベルは、SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) での設計時に構成したパッケージのログ記録レベルをオーバーライドします。The logging level you set when you run the package overrides the package logging you configure at design time in SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT). 詳細については、「 SQL Server Data Tools でパッケージのログ記録を有効にする 」を参照してください。See Enable Package Logging in SQL Server Data Tools for more information.

SQL Server の [サーバーのプロパティ] のサーバーの [ログ記録レベル] プロパティで、既定のサーバー全体のログ記録レベルを選択できます。In SQL Server Server Properties, under the Server logging level property, you can select a default server-wide logging level. このトピックで説明している組み込みのログ記録レベルのいずれかを選択するか、既存のカスタマイズしたログ記録レベルを選択できます。You can pick from one of the built-in logging levels described in this topic, or you can pick an existing customized logging level. 選択したログ記録レベルは、既定で SSIS カタログに展開されているすべてのパッケージに適用されます。The selected logging level applies by default to all packages deployed to the SSIS Catalog. また、既定で SSIS パッケージを実行する SQL エージェント ジョブにも適用されます。It also applies by default to a SQL Agent job step that runs an SSIS package.

また、次のいずれかの方法で、個々のパッケージのログ記録レベルを指定することもできます。You can also specify the logging level for an individual package by using one of the following methods. このトピックでは最初の方法について説明します。This topic covers the first method.

  • [パッケージの実行] ダイアログ ボックスを使用してパッケージ実行インスタンスを構成するConfiguring an instance of a package execution by using the Execute Package dialog box

  • catalog.set_execution_parameter_value (SSISDB データベース) を使用して、実行のインスタンスのパラメーターを設定するSetting parameters for an instance of an execution by using the catalog.set_execution_parameter_value (SSISDB Database)

  • [新しいジョブ ステップ] ダイアログ ボックスを使用してパッケージ実行用の SQL Server エージェント ジョブを構成するConfiguring a SQL Server Agent job for a package execution by using the New Job Step dialog box.

[パッケージの実行] ダイアログ ボックスを使用して、パッケージのログ記録レベルを設定します。Set the logging level for a package by using the Execute Package dialog box

  1. SQL Server Management StudioSQL Server Management Studioのオブジェクト エクスプローラーで、パッケージに移動します。In SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, navigate to the package in Object Explorer.

  2. パッケージを右クリックし、 [実行] をクリックします。Right-click the package and select Execute.

  3. [パッケージの実行] ダイアログ ボックスで、 [詳細設定] タブをクリックします。Select the Advanced tab in the Execute Package dialog box.

  4. [ログ記録レベル] で、ログ記録レベルを選択します。Under Logging level, select the logging level. このトピックでは、使用できる値について説明します。This topic contains a description of available values.

  5. 他のパッケージの構成を完了し、 [OK] をクリックしてパッケージを実行します。Complete any other package configurations, then click OK to run the package.

ログ記録レベルを選択するSelect a logging level

次の組み込みレベルを使用できます。The following built-in logging levels are available. また、既存のカスタマイズされたログ記録レベルを選択することもできます。You can also select an existing customized logging level. このトピックでは、カスタマイズのログ記録レベルについて説明します。This topic contains a description of customized logging levels.

[ログ記録レベル]Logging Level [説明]Description
なしNone ログ記録をオフにします。Logging is turned off. パッケージの実行状態のみがログに記録されます。Only the package execution status is logged.
BasicBasic カスタム イベントと診断イベントを除く、すべてのイベントをログに記録します。All events are logged, except custom and diagnostic events. これが既定値です。This is the default value.
RuntimeLineageRuntimeLineage データ フロー内の系列情報を追跡するために必要なデータを収集します。Collects the data required to track lineage information in the data flow. この系列情報を解析して、タスク間の系列の関係をマッピングできます。You can parse this lineage information to map the lineage relationship between tasks. ISV や開発者は、この情報を利用して、ユーザー設定の系列マッピング ツールを構築できます。ISVs and developers can build custom lineage mapping tools with this information.
パフォーマンスPerformance パフォーマンス統計、および OnError イベントと OnWarning のイベントのみをログに記録します。Only performance statistics, and OnError and OnWarning events, are logged.

"実行のパフォーマンス" レポートは、パッケージ データ フロー コンポーネントのアクティブな時間と合計時間を示します。The Execution Performance report displays Active Time and Total Time for package data flow components. この情報は、最後のパッケージの実行のログ記録レベルが [パフォーマンス] または [詳細] に設定されていた場合にのみ表示されます。This information is available when the logging level of the last package execution was set to Performance or Verbose. 詳細については、「 Reports for the Integration Services Server」を参照してください。For more information, see Reports for the Integration Services Server.

catalog.execution_component_phases ビューは、実行の各フェーズでのデータ フロー コンポーネントの開始時刻と終了時刻を表示します。The catalog.execution_component_phases view displays the start and end times for the data flow components, for each phase of an execution. これらのコンポーネントの情報は、パッケージの実行のログ記録レベルが [パフォーマンス] または [詳細] に設定されている場合にのみ、このビューに表示されます。This view displays this information for these components only when the logging level of the package execution is set to Performance or Verbose.
"詳細"Verbose カスタム イベントと診断イベントを含む、すべてのイベントをログに記録されます。All events are logged, including custom and diagnostic events.

カスタム イベントには、 Integration ServicesIntegration Services タスクによってログに記録されるイベントが含まれます。Custom events include those events that are logged by Integration ServicesIntegration Services tasks. カスタム イベントの詳細については、「 Custom Messages for Logging」を参照してください。For more information about custom events, see Custom Messages for Logging.

DiagnosticEx イベントは、診断イベントの例です。An example of a diagnostic event is the DiagnosticEx event. パッケージ実行タスクで子パッケージを実行するたびに、このイベントは、子パッケージに渡されたパラメーター値をキャプチャします。Whenever an Execute Package task executes a child package, this event captures the parameter values passed to child packages.

また、 DiagnosticEx イベントを使用すると、行レベルのエラーが発生した列名も取得できます。The DiagnosticEx event also helps you to get the names of columns in which row-level errors occur. このイベントは、データ フロー系列マップをログに書き込みます。This event writes a data flow lineage map to the log. エラー出力でキャプチャされた列識別子を使用して、この系列マップの列名を調べることができます。You can then look up the column name in this lineage map by using the column identifier captured by an error output. 詳細については、「データのエラー処理」を参照してください。For more info, see Error Handling in Data.

DiagnosticEx のメッセージ列の値は XML テキストです。The value of the message column for DiagnosticEx is XML text. パッケージ実行のメッセージ テキストを表示するには、catalog.operation_messages (SSISDB データベース) ビューのクエリを実行します。To view the message text for a package execution, query the catalog.operation_messages (SSISDB Database) view. DiagnosticEx イベントでは XML 出力に含まれる空白が維持されないので、ログのサイズを軽減できます。Note that the DiagnosticEx event does not preserve whitespace in its XML output to reduce the size of the log. 読みやすくするために、XML 書式と構文の強調表示をサポートする XML エディター (たとえば Visual Studio) にログをコピーします。To improve readability, copy the log into an XML editor - in Visual Studio, for example - that supports XML formatting and syntax highlighting.

catalog.execution_data_statistics ビューは、パッケージ実行で、データ フロー コンポーネントが下流コンポーネントへデータを送信するたびに 1 行を表示します。The catalog.execution_data_statistics view displays a row each time a data flow component sends data to a downstream component, for a package execution. ビューにこの情報を取得するには、ログ記録レベルを [詳細] に設定する必要があります。The logging level must be set to Verbose to capture this information in the view.

[カスタマイズされたログ記録レベルの管理] ダイアログ ボックスを使用して、カスタマイズされたログ記録レベルを作成して管理するCreate and manage customized logging levels by using the Customized Logging Level Management dialog box

必要な統計情報とイベントのみを収集するカスタマイズされたログ記録レベルを作成できます。You can create customized logging levels that collect only the statistics and events that you want. また、必要に応じて、変数値、接続文字列、コンポーネントのプロパティなど、イベントのコンテキストもキャプチャできます。Optionally you can also capture the context of events, which includes variable values, connection strings, and component properties. パッケージを実行するときに、組み込みのログ記録レベルを選択できる場所であればどこでも、カスタマイズされたログ記録レベルを選択できます。When you run a package, you can select a customized logging level wherever you can select a built-in logging level.

ヒント

パッケージ変数の値をキャプチャするには、変数の IncludeInDebugDump プロパティを Trueに設定する必要があります。To capture the values of package variables, the IncludeInDebugDump property of the variables must be set to True.

  1. カスタマイズされたログ記録レベルを作成および管理するには、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studioで、SSISDB データベースを右クリックし、 [カスタマイズされたログ記録レベル] を選択し、 [カスタマイズされたログ記録レベルの管理] ダイアログ ボックスを開きます。To create and manage customized logging levels, in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, right-click on the SSISDB database and select Customized Logging Level to open the Customized Logging Level Management dialog box. [カスタマイズされたログ記録レベル] リストには、既存のカスタマイズされたログ記録レベルがすべて含まれています。The Customized Logging Levels list contains all the existing customized logging levels.

  2. 新しいカスタマイズされたログ記録レベルを 作成 するには、 [作成] をクリックし、名前と説明を入力します。To create a new customized logging level, click Create, and then provide a name and description. [統計情報] タブと [イベント] タブで、収集する統計情報とイベントを選択します。On the Statistics and Events tabs, select the statistics and events that you want to collect. [イベント] タブで、必要に応じて個々のイベントについて [コンテキストを含める] を選択します。On the Events tab, optionally select Include Context for individual events. [保存] をクリックします。Then click Save.

  3. 既存のカスタマイズされたログ記録レベルを 更新 するには、リストから選択し、再構成して [保存] をクリックします。To update an existing customized logging level, select it in the list, reconfigure it, and then click Save.

  4. 既存のカスタマイズされたログ記録レベルを 削除 するには、リストから選択し、 [削除] をクリックします。To delete an existing customized logging level, select it in the list, and then click Delete.

カスタマイズされたログ記録レベルのアクセス許可Permissions for customized logging levels.

  • SSISDB データベースのすべてのユーザーは、パッケージの実行時に、カスタマイズされたログ記録レベルを表示し、カスタマイズされたログ記録レベルを選択できます。All users of the SSISDB database can see customized logging levels and select a customized logging level when they run packages.

  • ssis_admin 管理者または sysadmin ロールのユーザーのみが、カスタマイズされたログ記録レベルの作成、更新、または削除を行うことができます。Only users in the ssis_admin or sysadmin role can create, update, or delete customized logging levels.

Custom Messages for LoggingCustom Messages for Logging

SQL Server Integration Services には、パッケージや多くのタスクのログ エントリを書き込むための豊富なカスタム イベントが用意されています。SQL Server Integration Services provides a rich set of custom events for writing log entries for packages and many tasks. 記録したエントリを使用すれば、定義済みのイベントやユーザー定義メッセージを後の分析用に記録しておくことで、実行の進行状況、結果、および問題点に関する詳細を保管できます。You can use these entries to save detailed information about execution progress, results, and problems by recording predefined events or user-defined messages for later analysis. たとえば、一括挿入の開始時刻と終了時刻を記録しておけば、パッケージ実行時のパフォーマンスの問題を特定できます。For example, you can record when a bulk insert begins and ends to identify performance issues when the package runs.

カスタム ログ エントリとは、パッケージ、すべてのコンテナー、およびタスクに使用できる一連の標準的なログ記録イベントとは異なるエントリのセットです。The custom log entries are a different set of entries than the set of standard logging events that are available for packages and all containers and tasks. カスタム ログ エントリは、パッケージ内の特定のタスクに関する有益な情報を取得するように調整されます。The custom log entries are tailored to capture useful information about a specific task in a package. たとえば、SQL 実行タスクのカスタム ログ エントリの 1 つに、そのタスクで実行される SQL ステートメントをログに記録するものがあります。For example, one of the custom log entries for the Execute SQL task records the SQL statement that the task executes in the log.

すべてのログ エントリには、パッケージの開始時と終了時に自動的に書き込まれるログ エントリなど、日付と時刻に関する情報が含まれます。All log entries include date and time information, including the log entries that are automatically written when a package begins and finishes. 多くのログ イベントでは、ログに複数のエントリが書き込まれます。Many of the log events write multiple entries to the log. 通常、イベントにいくつか異なるフェーズが含まれている場合に複数のエントリが書き込まれます。This typically occurs when the event has different phases. たとえば、 ExecuteSQLExecutingQuery ログ イベントでは、3 つのエントリが書き込まれます。1 つ目はタスクがデータベースへの接続を取得した後、2 つ目は SQL ステートメントの準備が開始された後、3 つ目は SQL ステートメントの実行が完了した後に書き込まれます。For example, the ExecuteSQLExecutingQuery log event writes three entries: one entry after the task acquires a connection to the database, another after the task starts to prepare the SQL statement, and one more after the execution of the SQL statement is completed.

次の Integration ServicesIntegration Services オブジェクトには、カスタム ログ エントリがあります。The following Integration ServicesIntegration Services objects have custom log entries:

[パッケージ]Package

一括挿入タスクBulk Insert Task

[データ フロー タスク]Data Flow Task

DTS 2000 実行タスクExecute DTS 2000 Task

プロセス実行タスクExecute Process Task

SQL 実行タスクExecute SQL Task

ファイル システム タスクFile System Task

FTP タスクFTP Task

メッセージ キュー タスクMessage Queue Task

スクリプト タスクScript Task

メール送信タスクSend Mail Task

データベース転送タスクTransfer Database Task

エラー メッセージ転送タスクTransfer Error Messages Task

ジョブ転送タスクTransfer Jobs Task

ログイン転送タスクTransfer Logins Task

Master ストアド プロシージャ転送タスクTransfer Master Stored Procedures Task

SQL Server オブジェクトの転送タスクTransfer SQL Server Objects Task

Web サービス タスクWeb Services Task

WMI データ リーダー タスクWMI Data Reader Task

WMI イベント監視タスクWMI Event Watcher Task

XML タスクXML Task

ログ エントリLog Entries

[パッケージ]Package

次の表は、パッケージのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for packages.

ログ エントリLog entry [説明]Description
PackageStartPackageStart パッケージの実行が開始されたことを示します。Indicates that the package began to run. このログ エントリは自動的にログに書き込まれます。This log entry is automatically written to the log. 除外することはできません。You cannot exclude it.
PackageEndPackageEnd パッケージが完了したことを示します。Indicates that the package completed. このログ エントリは自動的にログに書き込まれます。This log entry is automatically written to the log. 除外することはできません。You cannot exclude it.
DiagnosticDiagnostic 同時実行できる実行可能ファイル数など、パッケージの実行に影響するシステム構成に関する情報を提供します。Provides information about the system configuration that affects package execution such as the number executables that can be run concurrently.

診断 ログ エントリに、外部データ プロバイダーの呼び出し前後のエントリも含まれています。The Diagnostic log entry also includes before and after entries for calls to external data providers.

一括挿入タスクBulk Insert Task

次の表は、一括挿入タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Bulk Insert task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
DTSBulkInsertTaskBeginDTSBulkInsertTaskBegin 一括挿入が開始されたことを示します。Indicates that the bulk insert began.
DTSBulkInsertTaskEndDTSBulkInsertTaskEnd 一括挿入が終了したことを示します。Indicates that the bulk insert finished.
DTSBulkInsertTaskInfosDTSBulkInsertTaskInfos タスクに関する説明情報を提供します。Provides descriptive information about the task.

[データ フロー タスク]Data Flow Task

次の表は、データ フロー タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Data Flow task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
BufferSizeTuningBufferSizeTuning データ フロー タスクでバッファーのサイズが変更されたことを示します。Indicates that the Data Flow task changed the size of the buffer. このログ エントリはサイズ変更の理由を説明し、一時的な新しいバッファー サイズを表示します。The log entry describes the reasons for the size change and lists the temporary new buffer size.
OnPipelinePostEndOfRowsetOnPipelinePostEndOfRowset ProcessInput メソッドの最終呼び出しで設定される、行セットの終了シグナルがコンポーネントに通知されたことを示します。Denotes that a component has been given its end-of-rowset signal, which is set by the last call of the ProcessInput method. エントリは、データ フロー内で入力を処理するコンポーネントごとに書き込まれます。An entry is written for each component in the data flow that processes input. このエントリには、コンポーネント名が含まれます。The entry includes the name of the component.
OnPipelinePostPrimeOutputOnPipelinePostPrimeOutput コンポーネントが PrimeOutput メソッドの最終呼び出しを完了したことを示します。Indicates that the component has completed its last call to the PrimeOutput method. データ フローによっては、複数のログ エントリが書き込まれる場合があります。Depending on the data flow, multiple log entries may be written. コンポーネントがソースの場合、コンポーネントが行の処理を完了したことを意味します。If the component is a source, this means that the component has finished processing rows.
OnPipelinePreEndOfRowsetOnPipelinePreEndOfRowset ProcessInput メソッドの最終呼び出しで設定される、行セットの終了シグナルをコンポーネントがまもなく受信することを示します。Indicates that a component is about to receive its end-of-rowset signal, which is set by the last call of the ProcessInput method. エントリは、データ フロー内で入力を処理するコンポーネントごとに書き込まれます。An entry is written for each component in the data flow that processes input. このエントリには、コンポーネント名が含まれます。The entry includes the name of the component.
OnPipelinePrePrimeOutputOnPipelinePrePrimeOutput コンポーネントが、 PrimeOutput メソッドからの呼び出し行セットの終了シグナルをまもなく受信することを示します。Indicates that the component is about to receive its call from the PrimeOutput method. データ フローによっては、複数のログ エントリが書き込まれる場合があります。Depending on the data flow, multiple log entries may be written.
OnPipelineRowsSentOnPipelineRowsSent ProcessInput メソッドの呼び出しによってコンポーネント入力に指定された行数を報告します。Reports the number of rows provided to a component input by a call to the ProcessInput method. ログ エントリにはコンポーネント名が含まれます。The log entry includes the component name.
PipelineBufferLeakPipelineBufferLeak バッファー マネージャーの終了後もバッファーを保持しているコンポーネントに関する情報を提供します。Provides information about any component that kept buffers alive after the buffer manager goes away. つまり、バッファー リソースが解放されていないため、メモリ リークの原因になる可能性があります。This means that buffers resources were not released and may cause memory leaks. このログ エントリは、コンポーネントの名前とバッファーの ID を含みます。The log entry provides the name of the component and the ID of the buffer.
PipelineExecutionPlanPipelineExecutionPlan データ フローの実行プランを報告します。Reports the execution plan of the data flow. バッファーをコンポーネントに送信する方法に関する情報を提供します。It provides information about how buffers will be sent to components. この情報は、PipelineExecutionTrees エントリと組み合わせて、タスク内での実行内容を示します。This information, in combination with the PipelineExecutionTrees entry, describes what is occurring in the task.
PipelineExecutionTreesPipelineExecutionTrees データ フロー内のレイアウトの実行ツリーを報告します。Reports the execution trees of the layout in the data flow. データ フロー エンジンのスケジューラは、このツリーを使用して、データ フローの実行プランを構築します。The scheduler of the data flow engine use the trees to build the execution plan of the data flow.
PipelineInitializationPipelineInitialization タスクに関する初期化情報を提供します。Provides initialization information about the task. この情報には、BLOB データの一時的な保存に使用するディレクトリ、既定のバッファー サイズ、およびバッファー内の行数が含まれます。This information includes the directories to use for temporary storage of BLOB data, the default buffer size, and the number of rows in a buffer. データ フロー タスクの構成によっては、複数のログ エントリが書き込まれる場合があります。Depending on the configuration of the Data Flow task, multiple log entries may be written.

DTS 2000 実行タスクExecute DTS 2000 Task

次の表は、DTS 2000 実行タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Execute DTS 2000 task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
ExecuteDTS80PackageTaskBeginExecuteDTS80PackageTaskBegin タスクが DTS 2000 パッケージの実行を開始したことを示します。Indicates that the task began to run a DTS 2000 package.
ExecuteDTS80PackageTaskEndExecuteDTS80PackageTaskEnd タスクが終了したことを示します。Indicates that the task finished.

注:DTS 2000 パッケージは、タスク終了後も引き続き実行される場合があります。Note: The DTS 2000 package may continue to run after the task ends.
ExecuteDTS80PackageTaskTaskInfoExecuteDTS80PackageTaskTaskInfo タスクに関する説明情報を提供します。Provides descriptive information about the task.
ExecuteDTS80PackageTaskTaskResultExecuteDTS80PackageTaskTaskResult タスクで実行された DTS 2000 パッケージの実行結果を報告します。Reports the execution result of the DTS 2000 package that the task ran.

プロセス実行タスクExecute Process Task

次の表は、プロセス実行タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Execute Process task.

ログ エントリLog entry DescriptionDescription
ExecuteProcessExecutingProcessExecuteProcessExecutingProcess タスクで実行するように構成されている実行可能ファイルの実行プロセスに関する情報を提供します。Provides information about the process of running the executable that the task is configured to run.

2 つのログ エントリが書き込まれます。Two log entries are written. 1 つのエントリには、タスクで実行される実行可能ファイルの名前と場所が含まれ、もう 1 つのエントリは、実行可能ファイルの終了を記録します。One contains information about the name and location of the executable that the task runs, and the other records the exit from the executable.
ExecuteProcessVariableRoutingExecuteProcessVariableRouting 実行可能ファイルの入力と出力にルーティングされる変数に関する情報を提供します。Provides information about which variables are routed to the input and outputs of the executable. ログ エントリは、stdin (入力)、stdout (出力)、および stderr (エラー出力) に書き込まれます。Log entries are written for stdin (the input), stdout (the output), and stderr (the error output).

SQL 実行タスクExecute SQL Task

次の表では、SQL 実行タスクのカスタム ログ エントリを説明します。The following table describes the custom log entry for the Execute SQL task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
ExecuteSQLExecutingQueryExecuteSQLExecutingQuery SQL ステートメントの実行フェーズに関する情報を提供します。Provides information about the execution phases of the SQL statement. タスクがデータベースへの接続を取得したとき、SQL ステートメントの準備が開始されたとき、および SQL ステートメントの実行が完了した後に、ログ エントリが書き込まれます。Log entries are written when the task acquires connection to the database, when the task starts to prepare the SQL statement, and after the execution of the SQL statement is completed. 準備フェーズのログ エントリには、タスクで使用される SQL ステートメントが含まれます。The log entry for the prepare phase includes the SQL statement that the task uses.

ファイル システム タスクFile System Task

次の表では、ファイル システム タスクのカスタム ログ エントリを説明します。The following table describes the custom log entry for the File System task.

ログ エントリLog entry DescriptionDescription
FileSystemOperationFileSystemOperation タスクで実行される操作を報告します。Reports the operation that the task performs. ログ エントリは、ファイル システム操作の開始時に書き込まれます。これには、操作の基になるファイルと操作対象のファイルに関する情報が含まれます。The log entry is written when the file system operation starts and includes information about the source and destination.

FTP タスクFTP Task

次の表は、FTP タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the FTP task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
FTPConnectingToServerFTPConnectingToServer タスクで FTP サーバーへの接続が開始されたことを示します。Indicates that the task initiated a connection to the FTP server.
FTPOperationFTPOperation タスクで実行された FTP 操作の開始および種類を報告します。Reports the beginning of and the type of FTP operation that the task performs.

メッセージ キュー タスクMessage Queue Task

次の表は、メッセージ キュー タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Message Queue task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
MSMQAfterOpenMSMQAfterOpen タスクで開いていたメッセージ キューを終了したことを示します。Indicates that the task finished opening the message queue.
MSMQBeforeOpenMSMQBeforeOpen タスクがメッセージ キューを開く操作を開始したことを示します。Indicates that the task began to open the message queue.
MSMQBeginReceiveMSMQBeginReceive タスクがメッセージの受信を開始したことを示します。Indicates that the task began to receive a message.
MSMQBeginSendMSMQBeginSend タスクがメッセージの送信を開始したことを示します。Indicates that the task began to send a message.
MSMQEndReceiveMSMQEndReceive タスクがメッセージの受信を終了したことを示します。Indicates that the task finished receiving a message.
MSMQEndSendMSMQEndSend タスクがメッセージの送信を終了したことを示します。Indicates that the task finished sending a message
MSMQTaskInfoMSMQTaskInfo タスクに関する説明情報を提供します。Provides descriptive information about the task.
MSMQTaskTimeOutMSMQTaskTimeOut タスクがタイムアウトしたことを示します。Indicates that the task timed out.

スクリプト タスクScript Task

次の表では、スクリプト タスクのカスタム ログ エントリを説明します。The following table describes the custom log entry for the Script task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
ScriptTaskLogEntryScriptTaskLogEntry スクリプト内でのログ記録の実装結果を報告します。Reports the results of implementing logging in the script. ログ エントリは、 Dts オブジェクトの Log メソッドを呼び出すたびに書き込まれます。A log entry is written for each call to the Log method of the Dts object. このエントリは、コードの実行時に書き込まれます。The entry is written when the code is run. 詳細については、 「スクリプト タスクでのログ記録」をご覧ください。For more information, see Logging in the Script Task.

メール送信タスクSend Mail Task

次の表は、メール送信タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Send Mail task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
SendMailTaskBeginSendMailTaskBegin タスクが電子メール メッセージの送信を開始したことを示します。Indicates that the task began to send an e-mail message.
SendMailTaskEndSendMailTaskEnd タスクが電子メール メッセージの送信を終了したことを示します。Indicates that the task finished sending an e-mail message.
SendMailTaskInfoSendMailTaskInfo タスクに関する説明情報を提供します。Provides descriptive information about the task.

データベース転送タスクTransfer Database Task

次の表は、データベース転送タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Transfer Database task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
SourceDBSourceDB タスクでコピーされたデータベースを示します。Specifies the database that the task copied.
SourceSQLServerSourceSQLServer データベースのコピー元のコンピューターを示します。Specifies the computer from which the database was copied.

エラー メッセージ転送タスクTransfer Error Messages Task

次の表は、エラー メッセージ転送タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Transfer Error Messages task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
TransferErrorMessagesTaskFinishedTransferringObjectsTransferErrorMessagesTaskFinishedTransferringObjects タスクがエラー メッセージの転送を終了したことを示します。Indicates that the task finished transferring error messages.
TransferErrorMessagesTaskStartTransferringObjectsTransferErrorMessagesTaskStartTransferringObjects タスクがエラー メッセージの転送を開始したことを示します。Indicates that the task started to transfer error messages.

ジョブ転送タスクTransfer Jobs Task

次の表は、ジョブ転送タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Transfer Jobs task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
TransferJobsTaskFinishedTransferringObjectsTransferJobsTaskFinishedTransferringObjects タスクが SQL ServerSQL Server エージェント ジョブの転送を終了したことを示します。Indicates that the task finished transferring SQL ServerSQL Server Agent jobs.
TransferJobsTaskStartTransferringObjectsTransferJobsTaskStartTransferringObjects タスクが SQL ServerSQL Server エージェント ジョブの転送を開始したことを示します。Indicates that the task started to transfer SQL ServerSQL Server Agent jobs.

ログイン転送タスクTransfer Logins Task

次の表は、ログイン転送タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Transfer Logins task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
TransferLoginsTaskFinishedTransferringObjectsTransferLoginsTaskFinishedTransferringObjects タスクがログインの転送を終了したことを示します。Indicates that the task finished transferring logins.
TransferLoginsTaskStartTransferringObjectsTransferLoginsTaskStartTransferringObjects タスクがログインの転送を開始したことを示します。Indicates that the task started to transfer logins.

Master ストアド プロシージャ転送タスクTransfer Master Stored Procedures Task

次の表は、Master ストアド プロシージャ転送タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Transfer Master Stored Procedures task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
TransferStoredProceduresTaskFinishedTransferringObjectsTransferStoredProceduresTaskFinishedTransferringObjects master データベースに格納されている、ユーザー定義ストアド プロシージャの転送をタスクが完了したことを示します。Indicates that the task finished transferring user-defined stored procedures that are stored in the master database.
TransferStoredProceduresTaskStartTransferringObjectsTransferStoredProceduresTaskStartTransferringObjects master データベースに格納されている、ユーザー定義ストアド プロシージャの転送をタスクが開始したことを示します。Indicates that the task started to transfer user-defined stored procedures that are stored in the master database.

SQL Server オブジェクトの転送タスクTransfer SQL Server Objects Task

次の表は、 SQL ServerSQL Server オブジェクトの転送タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the Transfer SQL ServerSQL Server Objects task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
TransferSqlServerObjectsTaskFinishedTransferringObjectsTransferSqlServerObjectsTaskFinishedTransferringObjects タスクが SQL ServerSQL Server データベース オブジェクトの転送を終了したことを示します。Indicates that the task finished transferring SQL ServerSQL Server database objects.
TransferSqlServerObjectsTaskStartTransferringObjectsTransferSqlServerObjectsTaskStartTransferringObjects タスクが SQL ServerSQL Server データベース オブジェクトの転送を開始したことを示します。Indicates that the task started to transfer SQL ServerSQL Server database objects.

Web サービス タスクWeb Services Task

次の表は、Web サービス タスクに対して有効にできるカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries that you can enable for the Web Services task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
WSTaskBeginWSTaskBegin タスクが Web サービスへのアクセスを開始しました。The task began to access a Web service.
WSTaskEndWSTaskEnd タスクが Web サービス メソッドを完了しました。The task completed a Web service method.
WSTaskInfoWSTaskInfo タスクに関する説明情報を提供します。Descriptive information about the task.

WMI データ リーダー タスクWMI Data Reader Task

次の表は、WMI データ リーダー タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the WMI Data Reader task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
WMIDataReaderGettingWMIDataWMIDataReaderGettingWMIData タスクが WMI データの読み取りを開始したことを示します。Indicates that the task began to read WMI data.
WMIDataReaderOperationWMIDataReaderOperation タスクで実行された WQL クエリを報告します。Reports the WQL query that the task ran.

WMI イベント監視タスクWMI Event Watcher Task

次の表は、WMI イベント監視タスクのカスタム ログ エントリの一覧です。The following table lists the custom log entries for the WMI Event Watcher task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
WMIEventWatcherEventOccurredWMIEventWatcherEventOccurred タスクが監視しているイベントが発生したことを示します。Denotes that the event occurred that the task was monitoring.
WMIEventWatcherTimedoutWMIEventWatcherTimedout タスクがタイムアウトしたことを示します。Indicates that the task timed out.
WMIEventWatcherWatchingForWMIEventsWMIEventWatcherWatchingForWMIEvents タスクが WQL クエリの実行を開始したことを示します。Indicates that the task began to execute the WQL query. このエントリには、クエリが含まれています。The entry includes the query.

XML タスクXML Task

次の表では、XML タスクのカスタム ログ エントリを説明します。The following table describes the custom log entry for the XML task.

ログ エントリLog entry [説明]Description
XMLOperationXMLOperation タスクで実行される操作に関する情報を提供します。Provides information about the operation that the task performs

次の一覧では、ログ記録機能に関連するタスクの実行方法を示すトピックへのリンクを示します。The following list contains links to topics that show how to perform tasks related to the logging feature.

完全かつ詳細なログ記録用の DTLoggedExec ツール (CodePlex プロジェクト)DTLoggedExec Tool for Full and Detail Logging (CodePlex Project)