catalog.add_data_tap_by_guid

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

パッケージ データ フロー内の特定のデータ フロー パスに、実行のインスタンスのデータ タップを追加します。

構文

catalog.add_data_tap_by_guid [ @execution_id = ] execution_id  
, [ @dataflow_task_guid = ] dataflow_task_guid   
, [ @dataflow_path_id_string = ] dataflow_path_id_string  
, [ @data_filename = ] data_filename  
, [ @max_rows = ] max_rows  
, [ @data_tap_id = ] data_tap_id  

引数

[ @execution_id = ] execution_id
パッケージを含む実行の実行 ID。 execution_idbigint です。

[ @dataflow_task_guid = ] dataflow_task_guid
タップするデータ フロー パスを含むパッケージ内のデータ タスク フローの ID。 dataflow_task_guiduniqueidentifier です。

[ @dataflow_path_id_string = ] dataflow_path_id_string
データ フロー パスの識別文字列。 パスは、2 つのデータ フロー コンポーネントを連結します。 パスの IdentificationString プロパティは文字列を指定します。

識別文字列を特定するには、SQL Server Data Tools で 2 つのデータ フロー コンポーネント間のパスを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。 [プロパティ] ウィンドウに、 [IdentificationString] プロパティが表示されます。

dataflow_path_id_stringnvarchar (4000) です。

[ @data_filename = ] data_filename
タップされたデータを格納するファイルの名前。 データ フロー タスクが Foreach Loop コンテナーまたは For Loop コンテナーの中で実行される場合、ループの反復ごとにタップされたデータが個別のファイルに格納されます。 各ファイルの先頭には、反復に対応する番号が付けられます。 データ タップ ファイルは、フォルダー " <SQL Server installation folder> \130\DTS\" に書き込まれます。 data_filenamenvarchar (4000) です。

[ @max_rows = ] max_rows
データ タップ中にキャプチャされる行の数。 この値が指定されていない場合は、すべての行がキャプチャされます。 max_rows は int です。

[ @data_tap_id = ] data_tap_id
データ タップの ID。 data_tap_idbigint です。

次の例では、データ フロー タスク {D978A2E4-E05D-4374-9B05-50178A8817E8} において、データ フロー パス Paths[SRC DimDCVentor.OLE DB Source Output] 上にデータ タップが作成されます。 タップされたデータは、DCVendorOutput.csv ファイルに格納されます。

exec catalog.add_data_tap_by_guid   @execution_id,   
'{D978A2E4-E05D-4374-9B05-50178A8817E8}',   
'Paths[SRC DimDCVentor.OLE DB Source Output]',   
'D:\demos\datafiles\DCVendorOutput.csv'  

解説

データ タップを追加するには、実行のインスタンスが作成された状態である必要があります (catalog.operations (SSISDB データベース) ビューの [状態] 列の値が 1)。 実行を処理すると状態の値が変わります。 catalog.create_execution (SSISDB データベース)を呼び出すことによって、実行を作成できます。

add_data_tap_by_guid ストアド プロシージャに関する考慮事項を以下に示します。

  • データ タップを追加するとき、パッケージの実行前には検証は行われません。

  • サイズが大きいデータ ファイルが生成されないように、データ タップ中にキャプチャされる行数を制限することをお勧めします。 ストアド プロシージャが実行されるコンピューターで、データ ファイル用のストレージ領域が不足した場合、ストアド プロシージャは実行を停止します。

  • add_data_tap_by_guid ストアド プロシージャの実行は、パッケージのパフォーマンスに影響を与えます。 ストアド プロシージャは、データの問題のトラブルシューティングを行うことだけを目的に実行することをお勧めします。

  • タップされたデータを格納するファイルにアクセスするには、ストアド プロシージャが実行されているコンピューターの管理者権限が必要です。

リターン コード

成功した場合は 0 を返します。

ストアド プロシージャが失敗した場合は、エラーをスローします。

結果セット

なし

アクセス許可

このストアド プロシージャには、次の権限のいずれかが必要です。

  • 実行のインスタンスの MODIFY 権限

  • ssis_admin データベース ロールのメンバーシップ

  • sysadmin サーバー ロールのメンバーシップ

エラーおよび警告

ストアド プロシージャが失敗する原因となる条件を以下に示します。

  • ユーザーに MODIFY 権限がない。

  • 指定されたパッケージにおいて、指定されたコンポーネントのデータ タップが既に追加済みである。

  • キャプチャする行数に指定した値が無効である。

必要条件

参照

catalog.add_data_tap