catalog.operations (SSISDB データベース)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

Integration Services カタログのすべての操作の詳細を表示します。

列名 データ型 説明
operation_id bigint 操作の一意識別子 (ID)。
operation_type smallint 操作の種類。
created_time datetimeoffset 操作が作成された時間。
object_type smallint 操作の影響を受けるオブジェクトの種類。 オブジェクトは、フォルダー (10)、プロジェクト (20)、パッケージ (30)、環境 (40)、または実行のインスタンス (50) です。
object_id bigint 操作の影響を受けるオブジェクトの ID。
object_name nvarchar(260) オブジェクトの名前。
status int 操作のステータス。 使用される可能性がある値は、作成済み (1)、実行中 (2)、取り消し済み (3)、失敗 (4)、保留中 (5)、予期しない終了 (6)、成功 (7)、停止 (8)、および完了 (9) です。
start_time datetimeoffset 操作が開始したときの日時。
end_time datetimeoffsset 操作が終了したときの日時。
caller_sid varbinary(85) ログオンに Windows 認証が使用された場合はユーザーのセキュリティ ID (SID)。
caller_name nvarchar(128) 操作を実行したアカウントの名前。
process_id int 外部プロセスのプロセス ID (該当する場合)。
stopped_by_sid varbinary(85) 操作を停止したユーザーの SID。
stopped_by_name nvarchar(128) 操作を停止したユーザーの名前。
server_name nvarchar(128) SQL Server の指定されたインスタンスに関する Windows サーバーとインスタンスの情報。
machine_name nvarchar(128) サーバー インスタンスが稼働しているコンピューターの名前。

解説

このビューは、Integration Services カタログの各操作に対して 1 つの行を表示します。 管理者は、プロジェクトの配置、パッケージの実行など、サーバーで実行されたすべての論理操作を列挙します。

この表示は、次の操作の種類に記載されている、operation_type 列。

operation_type の値 operation_type の説明 object_id の説明 object_name の説明
1 Integration Services の初期化 NULL NULL
2 保有期間ウィンドウ

(SQL エージェント ジョブ)
NULL NULL
3 MaxProjectVersion

(SQL エージェント ジョブ)
NULL NULL
101 deploy_project

(ストアド プロシージャ)
プロジェクト ID プロジェクト名
106 restore_project

(ストアド プロシージャ)
プロジェクト ID プロジェクト名
200 create_executionstart_execution

(ストアド プロシージャ)
プロジェクト ID NULL
202 stop_operation

(ストアド プロシージャ)
プロジェクト ID NULL
300 validate_project

(ストアド プロシージャ)
プロジェクト ID プロジェクト名
301 validate_package

(ストアド プロシージャ)
プロジェクト ID パッケージ名
1000 configure_catalog

(ストアド プロシージャ)
NULL NULL

アクセス許可

このビューには、次の権限のいずれかが必要です。

  • この操作の READ 権限

  • ssis_admin データベース ロールのメンバーシップ

  • sysadmin サーバー ロールのメンバーシップ

注意

サーバー上で操作を実行する権限がある場合は、操作に関する情報を表示する権限もあります。 行レベルのセキュリティが適用されるため、表示する権限がある行のみが表示されます。