パッケージ実行用のダンプ ファイルを生成するGenerating Dump Files for Package Execution

APPLIES TO: yesSQL Server, including on Linux yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

Integration ServicesIntegration Servicesでは、パッケージの実行に関する情報を提供するデバッグ ダンプ ファイルを作成できます。In Integration ServicesIntegration Services, you can create debug dump files that provide information about the execution of a package. このファイル内の情報は、パッケージの実行に関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。The information in these files can help you with troubleshooting package execution issues.

注:NOTE! デバッグ ダンプ ファイルには機密情報が含まれている場合があります。Debug dump files might contain sensitive information. 機密情報を保護するには、アクセス制御リスト (ACL) を使用してこのファイルへのアクセスを制限するか、アクセスが制限されたフォルダーにファイルをコピーすることができます。To help protect sensitive information, you can use an access control list (ACL) to restrict access to the files, or copy the files to a folder that has restricted access. たとえば、デバッグ ファイルを MicrosoftMicrosoft サポート サービスに送信する前には、機密性の高い情報をすべて削除することをお勧めします。For example, before you send your debug files to MicrosoftMicrosoft support services, we recommend that you remove any sensitive or confidential information.

Integration ServicesIntegration Services サーバーにプロジェクトを配置すると、そのプロジェクトに含まれているパッケージの実行に関する情報を提供するダンプ ファイルを作成できます。When you deploy a project to the Integration ServicesIntegration Services server, you can create dump files that provide information about the execution of the packages contained in the project. ISServerExec.exe プロセスが終了すると、ダンプ ファイルが作成されます。When the ISServerExec.exe process ends, the dump files are created. [パッケージの実行] ダイアログ ボックスの [エラー時にダンプする] オプションを選択することにより、パッケージの実行中にエラーが発生したらダンプ ファイルが作成されるように指定できます。You can specify that a dump file is created when errors occur during the package execution, by selecting the Dump on errors option in the Execute Package Dialog box. また、次のストアド プロシージャを使用することもできます。You can also use the following stored procedures:

パッケージ配置モデルを使用する場合は、 dtexec ユーティリティまたは dtutil ユーティリティを使用して、コマンド ラインでデバッグ ダンプ オプションを指定することによって、デバッグ ダンプ ファイルを作成します。If you are using the package deployment model, you create the debug dump files by using either the dtexec utility or the dtutil utility to specify a debug dump option in the command line. 詳細については、「dtexec ユーティリティ」と「dtutil ユーティリティ」を参照してください。For more information, see dtexec Utility and dtutil Utility. パッケージ配置モデルの詳細については、「Integration Services (SSIS) プロジェクトとパッケージの配置」と「レガシー パッケージの配置 (SSIS)」を参照してください。For more information about the package deployment model, see Deploy Integration Services (SSIS) Projects and Packages and Legacy Package Deployment (SSIS).

デバッグ ダンプ ファイルの形式Debug dump file format

デバッグ ダンプ オプションを指定した場合、 Integration ServicesIntegration Services によって作成されるデバッグ ダンプ ファイルを次に示します。When you specify a debug dump option, Integration ServicesIntegration Services creates the following debug dump files:

  • .mdmp デバッグ ダンプ ファイル。A .mdmp debug dump file. これはバイナリ ファイルです。This is a binary file.

  • .tmp デバッグ ダンプ ファイル。The .tmp debug dump file. これはテキスト形式のファイルです。This is a text formatted file.

Integration ServicesIntegration Services の既定では、これらのファイルは <ドライブ>: \Program Files\Microsoft SQL Server\110\Shared\ErrorDumps フォルダーに格納されます。By default, Integration ServicesIntegration Services stores these files in the folder, <drive>: \Program Files\Microsoft SQL Server\110\Shared\ErrorDumps.

次の表では、.tmp ファイル内の特定のセクションのみについて説明します。The following table describes only certain sections in the .tmp file. .tmp ファイルには、次の表に記載されていないデータが他にも含まれています。The .tmp file includes additional data that is not listed in the table.

情報の種類Type of information [説明]Description Example
環境Environment オペレーティング システムのバージョン、メモリの使用量のデータ、プロセス ID、およびプロセス イメージ名。Operating system version, memory usage data, process ID, and process image name. 環境情報は .tmp ファイルの先頭にあります。The environment information is at the beginning of the .tmp file. # SSIS Textual Dump taken at 9/13/2007 1:50:34 PM# SSIS Textual Dump taken at 9/13/2007 1:50:34 PM

#PID 4120#PID 4120

#Image Name [C:\Program Files\Microsoft SQL Server\110\DTS\Binn\DTExec.exe]#Image Name [C:\Program Files\Microsoft SQL Server\110\DTS\Binn\DTExec.exe]

# OS major=6 minor=0 build=6000# OS major=6 minor=0 build=6000

# Running on 2 amd64 processors under WOW64# Running on 2 amd64 processors under WOW64

# Memory:58% in use.# Memory: 58% in use. Physical:845M/2044M Paging:2404M/4095M (avail/total)Physical: 845M/2044M Paging: 2404M/4095M (avail/total)
ダイナミック リンク ライブラリ (DLL) のパスとバージョンDynamic-link library (DLL) path and version パッケージの処理中にシステムによって読み込まれる各 DLL のパスとバージョン番号。Path and version number of each DLL that the system loads during the processing of a package. # Loaded Module: c:\bb\Sql\DTS\src\bin\debug\i386\DTExec.exe (10.0.1069.5)# Loaded Module: c:\bb\Sql\DTS\src\bin\debug\i386\DTExec.exe (10.0.1069.5)

# Loaded Module:C:\Windows\SysWOW64\ntdll.dll (6.0.6000.16386)# Loaded Module: C:\Windows\SysWOW64\ntdll.dll (6.0.6000.16386)

# Loaded Module:C:\Windows\syswow64\kernel32.dll (6.0.6000.16386)# Loaded Module: C:\Windows\syswow64\kernel32.dll (6.0.6000.16386)
最新のメッセージRecent messages システムで発行された最新のメッセージ。Recent messages issued by the system. 各メッセージの時刻、種類、説明、およびスレッド ID が含まれます。Includes the time, type, description, and thread ID of each message. [M:1] Ring buffer entry: (*pRecord)[M:1] Ring buffer entry: (*pRecord)

[D:2] <<<CRingBufferLogging::RingBufferLoggingRecord>>> ( @ 0282F1A8 )[D:2] <<<CRingBufferLogging::RingBufferLoggingRecord>>> ( @ 0282F1A8 )

[E:3] Time Stamp:2007-09-13 13:50:32.786 (szTimeStamp)[E:3] Time Stamp: 2007-09-13 13:50:32.786 (szTimeStamp)

[E:3] Thread ID:2368 (ThreadID)[E:3] Thread ID: 2368 (ThreadID)

[E:3] Event Name:OnError (EventName)[E:3] Event Name: OnError (EventName)

[E:3] Source Name: (SourceName)[E:3] Source Name: (SourceName)

[E:3] Source ID: (SourceID)[E:3] Source ID: (SourceID)

[E:3] Execution ID: (ExecutionGUID)[E:3] Execution ID: (ExecutionGUID)

[E:3] Data Code: -1073446879 (DataCode)[E:3] Data Code: -1073446879 (DataCode)

[E:3] Description:コンポーネントが見つからないか、登録されていないか、アップグレードできないか、コンポーネントに必要なインターフェイスが見つかりません。[E:3] Description: The component is missing, not registered, not upgradeable, or missing required interfaces. このコンポーネントの連絡先情報は "" です。The contact information for this component is "".

[パッケージの実行] ダイアログ ボックスExecute Package Dialog Box