クイック スタート:Red Hat に SQL Server をインストールし、データベースを作成するQuickstart: Install SQL Server and create a database on Red Hat

適用対象: yesSQL Server (Linux のみ) noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server (Linux only) noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

このクイックスタートでは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) に SQL Server 2017 または SQL Server 2019 をインストールします。In this quickstart, you install SQL Server 2017 or SQL Server 2019 on Red Hat Enterprise Linux (RHEL). 次に、sqlcmd と接続して最初のデータベースを作成し、クエリを実行します。You then connect with sqlcmd to create your first database and run queries.

このクイックスタートでは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 に SQL Server 2019 をインストールします。In this quickstart, you install SQL Server 2019 on Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8. 次に、sqlcmd と接続して最初のデータベースを作成し、クエリを実行します。You then connect with sqlcmd to create your first database and run queries.

ヒント

このチュートリアルには、ユーザー入力とインターネット接続が必要です。This tutorial requires user input and an internet connection. 無人またはオフラインのインストール手順について関心をお持ちの場合は、SQL Server on Linux のインストール ガイダンスに関する記事を参照してください。If you are interested in the unattended or offline installation procedures, see Installation guidance for SQL Server on Linux.

前提条件Prerequisites

RHEL 7.3、7.4、7.5、7.6、または 8 のコンピューターには少なくとも 2 GB のメモリが必要です。You must have a RHEL 7.3, 7.4, 7.5, 7.6, or 8 machine with at least 2 GB of memory.

RHEL 7.3、7.4、7.5、7.6 コンピューターには少なくとも 2 GB のメモリが必要です。You must have a RHEL 7.3, 7.4, 7.5, or 7.6 machine with at least 2 GB of memory.

自分のコンピューターに Red Hat Enterprise Linux をインストールする方法については、https://access.redhat.com/products/red-hat-enterprise-linux/evaluation にお進みください。To install Red Hat Enterprise Linux on your own machine, go to https://access.redhat.com/products/red-hat-enterprise-linux/evaluation. Azure で RHEL 仮想マシンを作成することもできます。You can also create RHEL virtual machines in Azure. Azure CLI を使用した Linux VM の作成と管理」を参照し、az vm create の呼び出しで --image RHEL を使用します。See Create and Manage Linux VMs with the Azure CLI, and use --image RHEL in the call to az vm create.

SQL Server の CTP または RC リリースを以前インストールしている場合、この手順を行う前に、古いリポジトリを削除する必要があります。If you have previously installed a CTP or RC release of SQL Server, you must first remove the old repository before following these steps. 詳細は、SQL Server 2017 と 2019 に Linux リポジトリを構成する方法に関するページを参照してください。For more information, see Configure Linux repositories for SQL Server 2017 and 2019.

他のシステム要件については、SQL Server on Linux のシステム要件に関する記事を参照してください。For other system requirements, see System requirements for SQL Server on Linux.

SQL Server をインストールするInstall SQL Server

RHEL 上で SQL Server を構成するには、ターミナルで次のコマンドを実行して mssql-server パッケージをインストールします。To configure SQL Server on RHEL, run the following commands in a terminal to install the mssql-server package:

  1. Microsoft SQL Server 2017 Red Hat リポジトリ構成ファイルをダウンロードします。Download the Microsoft SQL Server 2017 Red Hat repository configuration file:

    sudo curl -o /etc/yum.repos.d/mssql-server.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/mssql-server-2017.repo
    

    ヒント

    SQL Server 2019 をインストールする場合は、代わりに SQL Server 2019 リポジトリを登録する必要があります。If you want to install SQL Server 2019 , you must instead register the SQL Server 2019 repository. SQL Server 2019 のインストールには、次のコマンドを使用します。Use the following command for SQL Server 2019 installations:

    sudo curl -o /etc/yum.repos.d/mssql-server.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/8/mssql-server-2019.repo
    
  2. 次のコマンドを実行して SQL Server をインストールします。Run the following commands to install SQL Server:

    sudo yum install -y mssql-server
    
  3. パッケージのインストールが完了したら、mssql-conf setup を実行し、プロンプトに従って SA パスワードを設定し、エディションを選択します。After the package installation finishes, run mssql-conf setup and follow the prompts to set the SA password and choose your edition.

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup
    

    ヒント

    次の SQL Server 2017 エディションは無料でライセンスが付与されます。Evaluation、Developer、Express。The following SQL Server 2017 editions are freely licensed: Evaluation, Developer, and Express.

    注意

    SA アカウントには必ず強力なパスワードを指定してください (大文字と小文字、10 進数の数字、英数字以外の記号を含む、最小 8 文字の長さ)。Make sure to specify a strong password for the SA account (Minimum length 8 characters, including uppercase and lowercase letters, base 10 digits and/or non-alphanumeric symbols).

  4. 構成が完了したら、サービスが実行されていることを確認します。Once the configuration is done, verify that the service is running:

    systemctl status mssql-server
    
  5. リモート接続を許可するには、RHEL のファイアウォールで SQL Server ポートを開きます。To allow remote connections, open the SQL Server port on the firewall on RHEL. 既定の SQL Server ポートは TCP 1433 です。The default SQL Server port is TCP 1433. ファイアウォールに FirewallD を使用している場合、次のコマンドを使用できます。If you are using FirewallD for your firewall, you can use the following commands:

    sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=1433/tcp --permanent
    sudo firewall-cmd --reload
    

この時点で、SQL Server は RHEL コンピューター上で動作しており、使用する準備ができています。At this point, SQL Server is running on your RHEL machine and is ready to use!

SQL Server をインストールするInstall SQL Server

注意

SQL Server 2019 の次のコマンドは、RHEL 8 リポジトリをポイントします。The following commands for SQL Server 2019 points to the RHEL 8 repository. RHEL 8 は、SQL Server に必要な python2 と共にプレインストールされていません。RHEL 8 does not come preinstalled with python2, which is required by SQL Server. 詳細については、python2 のインストールと既定のインタープリターとしての構成に関する次のブログを参照してください: https://www.redhat.com/en/blog/installing-microsoft-sql-server-red-hat-enterprise-linux-8-betaFor more information, see the following blog on installing python2 and configuring it as the default interpreter: https://www.redhat.com/en/blog/installing-microsoft-sql-server-red-hat-enterprise-linux-8-beta.

RHEL 7 を使用している場合は、次のパスを /rhel/8 ではなく /rhel/7 に変更します。If you are using RHEL 7, change the path below to /rhel/7 instead of /rhel/8.

RHEL 上で SQL Server を構成するには、ターミナルで次のコマンドを実行して mssql-server パッケージをインストールします。To configure SQL Server on RHEL, run the following commands in a terminal to install the mssql-server package:

  1. Microsoft SQL Server 2019 Red Hat リポジトリ構成ファイルをダウンロードします。Download the Microsoft SQL Server 2019 Red Hat repository configuration file:

    sudo curl -o /etc/yum.repos.d/mssql-server.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/8/mssql-server-2019.repo
    
  2. 次のコマンドを実行して SQL Server をインストールします。Run the following commands to install SQL Server:

    sudo yum install -y mssql-server
    
  3. パッケージのインストールが完了したら、mssql-conf setup を実行し、プロンプトに従って SA パスワードを設定し、エディションを選択します。After the package installation finishes, run mssql-conf setup and follow the prompts to set the SA password and choose your edition.

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup
    

    注意

    SA アカウントには必ず強力なパスワードを指定してください (大文字と小文字、10 進数の数字、英数字以外の記号を含む、最小 8 文字の長さ)。Make sure to specify a strong password for the SA account (Minimum length 8 characters, including uppercase and lowercase letters, base 10 digits and/or non-alphanumeric symbols).

  4. 構成が完了したら、サービスが実行されていることを確認します。Once the configuration is done, verify that the service is running:

    systemctl status mssql-server
    
  5. リモート接続を許可するには、RHEL のファイアウォールで SQL Server ポートを開きます。To allow remote connections, open the SQL Server port on the firewall on RHEL. 既定の SQL Server ポートは TCP 1433 です。The default SQL Server port is TCP 1433. ファイアウォールに FirewallD を使用している場合、次のコマンドを使用できます。If you are using FirewallD for your firewall, you can use the following commands:

    sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=1433/tcp --permanent
    sudo firewall-cmd --reload
    

この時点で、SQL Server 2019 は RHEL コンピューター上で動作しており、使用する準備ができています。At this point, SQL Server 2019 is running on your RHEL machine and is ready to use!

SQL Server コマンドライン ツールをインストールするInstall the SQL Server command-line tools

データベースを作成するには、SQL Server 上で Transact-SQL ステートメントを実行できるツールと接続する必要があります。To create a database, you need to connect with a tool that can run Transact-SQL statements on the SQL Server. 次の手順で SQL Server コマンドライン ツールの sqlcmdbcp をインストールします。The following steps install the SQL Server command-line tools: sqlcmd and bcp.

  1. Microsoft Red Hat リポジトリ構成ファイルをダウンロードします。Download the Microsoft Red Hat repository configuration file.

    sudo curl -o /etc/yum.repos.d/msprod.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo
    
  2. 旧版の mssql-tools がインストールされている場合、古い unixODBC パッケージはすべて削除してください。If you had a previous version of mssql-tools installed, remove any older unixODBC packages.

    sudo yum remove unixODBC-utf16 unixODBC-utf16-devel
    
  3. 次のコマンドを実行し、unixODBC 開発者パッケージと共に mssql-tools をインストールします。Run the following commands to install mssql-tools with the unixODBC developer package.

    sudo yum install -y mssql-tools unixODBC-devel
    
  4. PATH 環境変数に /opt/mssql-tools/bin/ を追加すると便利です。For convenience, add /opt/mssql-tools/bin/ to your PATH environment variable. 完全なパスを指定せずにツールを実行できます。This enables you to run the tools without specifying the full path. 次のコマンドを実行し、ログイン セッションと対話型/非ログイン セッションの両方の PATH を変更します。Run the following commands to modify the PATH for both login sessions and interactive/non-login sessions:

    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bash_profile
    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    

SQL Server コマンドライン ツールをインストールするInstall the SQL Server command-line tools

データベースを作成するには、SQL Server 上で Transact-SQL ステートメントを実行できるツールと接続する必要があります。To create a database, you need to connect with a tool that can run Transact-SQL statements on the SQL Server. 次の手順で SQL Server コマンドライン ツールの sqlcmdbcp をインストールします。The following steps install the SQL Server command-line tools: sqlcmd and bcp.

  1. Microsoft Red Hat リポジトリ構成ファイルをダウンロードします。Download the Microsoft Red Hat repository configuration file.

    sudo curl -o /etc/yum.repos.d/msprod.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/8/prod.repo
    
  2. 旧版の mssql-tools がインストールされている場合、古い unixODBC パッケージはすべて削除してください。If you had a previous version of mssql-tools installed, remove any older unixODBC packages.

    sudo yum remove unixODBC-utf16 unixODBC-utf16-devel
    
  3. 次のコマンドを実行し、unixODBC 開発者パッケージと共に mssql-tools をインストールします。Run the following commands to install mssql-tools with the unixODBC developer package.

    sudo yum install -y mssql-tools unixODBC-devel
    
  4. PATH 環境変数に /opt/mssql-tools/bin/ を追加すると便利です。For convenience, add /opt/mssql-tools/bin/ to your PATH environment variable. 完全なパスを指定せずにツールを実行できます。This enables you to run the tools without specifying the full path. 次のコマンドを実行し、ログイン セッションと対話型/非ログイン セッションの両方の PATH を変更します。Run the following commands to modify the PATH for both login sessions and interactive/non-login sessions:

    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bash_profile
    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    

ローカル接続Connect locally

次の手順では、sqlcmd を使用して新しい SQL Server インスタンスにローカル接続します。The following steps use sqlcmd to locally connect to your new SQL Server instance.

  1. sqlcmd に SQL Server 名 (-S)、ユーザー名 (-U)、およびパスワード (-P) のパラメーターを指定して実行します。Run sqlcmd with parameters for your SQL Server name (-S), the user name (-U), and the password (-P). このチュートリアルでは、ローカルに接続するため、サーバー名は localhost です。In this tutorial, you are connecting locally, so the server name is localhost. ユーザー名は SA で、パスワードはセットアップ時に SA アカウントに指定したものです。The user name is SA and the password is the one you provided for the SA account during setup.

    sqlcmd -S localhost -U SA -P '<YourPassword>'
    

    ヒント

    コマンド ラインでパスワードを省略すると、入力を求められます。You can omit the password on the command line to be prompted to enter it.

    ヒント

    後でリモート接続する場合は、 -S パラメーターとしてコンピューター名または IP アドレスを指定し、ファイアウォールでポート 1433 が開いていることを確認してください。If you later decide to connect remotely, specify the machine name or IP address for the -S parameter, and make sure port 1433 is open on your firewall.

  2. 成功すると、sqlcmd コマンド プロンプト 1> が表示されます。If successful, you should get to a sqlcmd command prompt: 1>.

  3. 接続エラーが発生した場合は、まずエラー メッセージから問題を診断します。If you get a connection failure, first attempt to diagnose the problem from the error message. 次に、接続のトラブルシューティングに関する推奨事項を確認します。Then review the connection troubleshooting recommendations.

データの作成とクエリCreate and query data

以下のセクションでは、sqlcmd を使用して新しいデータベースを作成し、データを追加して簡単なクエリを実行します。The following sections walk you through using sqlcmd to create a new database, add data, and run a simple query.

新しいデータベースの作成Create a new database

次の手順では、TestDB という名前の新しいデータベースを作成します。The following steps create a new database named TestDB.

  1. sqlcmd のコマンド プロンプトに次の Transact-SQL コマンドを貼り付け、テスト データベースを作成します。From the sqlcmd command prompt, paste the following Transact-SQL command to create a test database:

    CREATE DATABASE TestDB
    
  2. 次の行に、サーバー上のすべてのデータベースの名前を返すクエリを記述します。On the next line, write a query to return the name of all of the databases on your server:

    SELECT Name from sys.Databases
    
  3. 前の 2 つのコマンドは、すぐに実行されていません。The previous two commands were not executed immediately. 前のコマンドを実行するには、新しい行に「GO」と入力する必要があります。You must type GO on a new line to execute the previous commands:

    GO
    

ヒント

Transact-SQL ステートメントおよびクエリの作成の詳細については、「Tutorial: Writing Transact-SQL Statements (チュートリアル: TRANSACT-SQL ステートメントの作成)」を参照してください。To learn more about writing Transact-SQL statements and queries, see Tutorial: Writing Transact-SQL Statements.

データの挿入Insert data

次に、新しいテーブル Inventory を作成し、2 つの新しい行を挿入します。Next create a new table, Inventory, and insert two new rows.

  1. sqlcmd のコマンド プロンプトで、コンテキストを新しい TestDB データベースに切り替えます。From the sqlcmd command prompt, switch context to the new TestDB database:

    USE TestDB
    
  2. Inventory という名前の新しいテーブルを作成します。Create new table named Inventory:

    CREATE TABLE Inventory (id INT, name NVARCHAR(50), quantity INT)
    
  3. 新しいテーブルにデータを挿入します。Insert data into the new table:

    INSERT INTO Inventory VALUES (1, 'banana', 150); INSERT INTO Inventory VALUES (2, 'orange', 154);
    
  4. GO」と入力して前のコマンドを実行します。Type GO to execute the previous commands:

    GO
    

データの選択Select data

ここで、Inventory テーブルからデータを返すクエリを実行します。Now, run a query to return data from the Inventory table.

  1. sqlcmd のコマンド プロンプトで、数量が 152 より大きいInventory テーブルから行を返すクエリを入力します。From the sqlcmd command prompt, enter a query that returns rows from the Inventory table where the quantity is greater than 152:

    SELECT * FROM Inventory WHERE quantity > 152;
    
  2. 次のコマンドを実行します。Execute the command:

    GO
    

sqlcmd コマンド プロンプトの終了Exit the sqlcmd command prompt

sqlcmd セッションを終了するには、「QUIT」と入力します。To end your sqlcmd session, type QUIT:

QUIT

パフォーマンスのベスト プラクティスPerformance best practices

SQL Server on Linux をインストールしたら、運用シナリオでのパフォーマンスの向上に、Linux と SQL Server の構成のベスト プラクティスを確認してください。After installing SQL Server on Linux, review the best practices for configuring Linux and SQL Server to improve performance for production scenarios. 詳細については、「パフォーマンスのベスト プラクティスと SQL Server on Linux の構成ガイドライン」を参照してください。For more information, see Performance best practices and configuration guidelines for SQL Server on Linux.

クロスプラットフォーム データツールCross-platform data tools

SQL Server の管理には、sqlcmd 以外に次のクロスプラットフォーム ツールを使用できます。In addition to sqlcmd, you can use the following cross-platform tools to manage SQL Server:

Azure Data StudioAzure Data Studio クロスプラットフォームの GUI データベース管理ユーティリティ。A cross-platform GUI database management utility.
Visual Studio CodeVisual Studio Code Transact-SQL ステートメントを mssql 拡張機能を使用して実行するクロスプラットフォーム GUI コードエディター。A cross-platform GUI code editor that run Transact-SQL statements with the mssql extension.
PowerShell CorePowerShell Core コマンドレットを使用する、クロスプラットフォームの自動化および構成ツール。A cross-platform automation and configuration tool based on cmdlets.
mssql-climssql-cli Transact-SQL コマンドを実行するクロスプラットフォーム コマンドライン インターフェイス。A cross-platform command-line interface for running Transact-SQL commands.

Windows からの接続Connecting from Windows

Windows 上の SQL Server ツールは、あらゆるリモート SQL Server インスタンスへの接続と同じ方法で Linux 上の SQL Server インスタンスに接続します。SQL Server tools on Windows connect to SQL Server instances on Linux in the same way they would connect to any remote SQL Server instance.

Linux コンピューターに接続できる Windows コンピューターがある場合は、sqlcmd を実行する Windows コマンド プロンプトから、このトピックと同じ手順を試してみてください。If you have a Windows machine that can connect to your Linux machine, try the same steps in this topic from a Windows command-prompt running sqlcmd. localhost ではなくターゲットの Linux コンピューター名または IP アドレスを使用していることを確認し、TCP ポート 1433 が開いていることを確かめます。Just verify that you use the target Linux machine name or IP address rather than localhost, and make sure that TCP port 1433 is open. Windows からの接続に問題がある場合は、接続のトラブルシューティングに関する推奨事項を参照してください。If you have any problems connecting from Windows, see connection troubleshooting recommendations.

Windows で実行し、Linux 上の SQL Server に接続するその他のツールについては、以下を参照してください。For other tools that run on Windows but connect to SQL Server on Linux, see:

その他の展開シナリオOther deployment scenarios

他のインストール シナリオについては、次のリソースを参照してください。For other installation scenarios, see the following resources:

アップグレードUpgrade Linux 上の SQL Server のアップグレード方法および既存のインストールについて説明するLearn how to upgrade an existing installation of SQL Server on Linux
アンインストールUninstall Linux 上の SQL Server をアンインストールするUninstall SQL Server on Linux
無人インストールUnattended install プロンプトを表示せずにインストールするスクリプトを作成する方法を説明するLearn how to script the installation without prompts
オフライン インストールOffline install オフライン インストール パッケージを手動でダウンロードする方法を説明するLearn how to manually download the packages for offline installation

ヒント

よく寄せられる質問に対する回答については、「SQL Server on Linux に関する FAQ」を参照してください。For answers to frequently asked questions, see the SQL Server on Linux FAQ.

次のステップNext steps