Mssql conf ツールを使用して Linux 上の SQL Server を構成します。Configure SQL Server on Linux with the mssql-conf tool

適用対象: XSQL Server on Windows○SQL Server on LinuxXAzure SQL DatabaseXAzure SQL Data WarehouseXParallel Data Warehouse THIS TOPIC APPLIES TO: noSQL Server on WindowsyesSQL Server on LinuxnoAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data WarehousenoParallel Data Warehouse

mssql conf Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux Enterprise Server、および Ubuntu Server 2017 年 SQL と共にインストールされる構成スクリプトを示します。mssql-conf is a configuration script that installs with SQL Server 2017 for Red Hat Enterprise Linux, SUSE Linux Enterprise Server, and Ubuntu. このユーティリティを使用するには、次のパラメーターを設定します。You can use this utility to set the following parameters:

照合順序Collation Linux 上の SQL Server の新しい照合順序を設定します。Set a new collation for SQL Server on Linux.
お客様のフィードバックCustomer feedback SQL Server が Microsoft にフィードバックを送信するかどうかを選択します。Choose whether or not SQL Server sends feedback to Microsoft.
[データベース メール プロファイル]Database Mail Profile Linux 上の SQL Server の既定のデータベース メール プロファイルを設定します。Set the default database mail profile for SQL Server on Linux
既定のデータ ディレクトリDefault data directory 新しい SQL Server データベース データ ファイル (.mdf) の既定のディレクトリを変更します。Change the default directory for new SQL Server database data files (.mdf).
既定のログ ディレクトリDefault log directory 新しい SQL Server データベースのログ (.ldf) ファイルの既定のディレクトリを変更します。Changes the default directory for new SQL Server database log (.ldf) files.
既定のダンプ ディレクトリDefault dump directory 新しいメモリ ダンプおよびその他のトラブルシューティング ファイルの既定のディレクトリを変更します。Change the default directory for new memory dumps and other troubleshooting files.
既定のバックアップ ディレクトリDefault backup directory 新しいバックアップ ファイルの既定のディレクトリを変更します。Change the default directory for new backup files.
ダンプの種類Dump type 収集するダンプ メモリ ダンプ ファイルの種類を選択します。Choose the type of dump memory dump file to collect.
高可用性High availability 可用性グループを有効にします。Enable Availability Groups.
監査のローカルのディレクトリLocal Audit directory 設定、ローカルの監査ファイルを追加するディレクトリ。Set a a directory to add Local Audit files.
ロケールLocale SQL server を使用するロケールを設定します。Set the locale for SQL Server to use.
メモリの制限Memory limit SQL Server のメモリの制限を設定します。Set the memory limit for SQL Server.
TCP ポートTCP port SQL Server が接続をリッスンする場所、ポートを変更します。Change the port where SQL Server listens for connections.
TLSTLS トランスポート レベルのセキュリティを構成します。Configure Transport Level Security.
トレース フラグTraceflags サービスを使用する予定のトレース フラグを設定します。Set the traceflags that the service is going to use.

ヒント

これらの設定の一部は、環境変数で構成できます。Some of these settings can also be configured with environment variables. 詳細については、次を参照してください。環境変数と SQL Server の構成設定です。For more information, see Configure SQL Server settings with environment variables.

使用上のヒントUsage tips

  • Always On 可用性グループと共有ディスク クラスターでは、常に各ノードで同じ構成の変更をください。For Always On Availability Groups and shared disk clusters, always make the same configuration changes on each node.

  • 共有ディスク クラスターのシナリオのしようとしないで再起動、 mssql サーバー変更を適用するサービスです。For the shared disk cluster scenario, do not attempt to restart the mssql-server service to apply changes. SQL Server のアプリケーションとして実行します。SQL Server is running as an application. 代わりに、オフラインおよびオンラインに戻る、リソースを取得します。Instead, take the resource offline and then back online.

  • Mssql-conf でを実行するこれらの例は、完全なパスを指定します。 /opt/mssql/bin/mssql-confです。These examples run mssql-conf by specify the full path: /opt/mssql/bin/mssql-conf. 代わりにそのパスに移動する場合は、現在のディレクトリのコンテキストで mssql conf を実行します。 。/mssql confです。If you choose to navigate to that path instead, run mssql-conf in the context of the current directory: ./mssql-conf.

SQL Server 照合順序を変更します。 Change the SQL Server collation

セット照合オプションがサポートされる照合順序のいずれかに照合順序の値を変更します。The set-collation option changes the collation value to any of the supported collations.

  1. 最初任意のユーザー データベースをバックアップサーバーにします。First backup any user databases on your server.

  2. 使用して、 sp_detach_dbストアド プロシージャ、ユーザー データベースをデタッチします。Then use the sp_detach_db stored procedure to detach the user databases.

  3. 実行、セット照合オプションを選択し、指示に従います。Run the set-collation option and follow the prompts:

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set-collation
    
  4. Mssql conf ユーティリティは、指定された照合順序の値に変更し、サービスを再起動を試みます。The mssql-conf utility will attempt to change to the specified collation value and restart the service. エラーがあるか、ロールバック、照合順序、以前の値にします。If there are any errors, it rolls back the collation to the previous value.

  5. ユーザー データベースのバックアップを復元します。Retore your user database backups.

サポートされる照合順序の一覧は、実行、 sys.fn_helpcollations関数:SELECT Name from sys.fn_helpcollations()です。For a list of supported collations, run the sys.fn_helpcollations function: SELECT Name from sys.fn_helpcollations().

お客様のフィードバックを構成します。 Configure customer feedback

Telemetry.customerfeedback設定か、SQL Server が Microsoft にフィードバックを送信するかどうかを変更します。The telemetry.customerfeedback setting changes whether SQL Server sends feedback to Microsoft or not. 既定では、この値に設定trueです。By default, this value is set to true. 値を変更するには、次のコマンドを実行します。To change the value, run the following commands:

  1. ルートととして mssql conf スクリプトを実行、設定コマンドをtelemetry.customerfeedbackです。Run the mssql-conf script as root with the set command for telemetry.customerfeedback. 指定して、次の例がお客様のフィードバックをオフにfalseです。The following example turns off customer feedback by specifying false.

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set telemetry.customerfeedback false
    
  2. SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service:

    sudo systemctl restart mssql-server
    

詳細については、次を参照してください。 for Linux に SQL Server カスタマー フィードバックです。For more information, see Customer Feedback for SQL Server on Linux.

既定のデータまたはログ ディレクトリの場所を変更します。 Change the default data or log directory location

Filelocation.defaultdatadirfilelocation.defaultlogdir設定は、新しいデータベース ファイルとログ ファイルを作成する場所を変更します。The filelocation.defaultdatadir and filelocation.defaultlogdir settings change the location where the new database and log files are created. 既定では、この場所は、/var/opt/mssql/data です。By default, this location is /var/opt/mssql/data. これらの設定を変更するには、次の手順を使用します。To change these settings, use the following steps:

  1. 新しいデータベースのターゲット ディレクトリ データおよびログ ファイルを作成します。Create the target directory for new database data and log files. 次の例は、新しい作成tmp/データディレクトリ。The following example creates a new /tmp/data directory:

    sudo mkdir /tmp/data
    
  2. 所有者とするディレクトリのグループを変更、 mssqlユーザー。Change the owner and group of the directory to the mssql user:

    sudo chown mssql /tmp/data
    sudo chgrp mssql /tmp/data
    
  3. Mssql conf を使用してで既定のデータ ディレクトリを変更する、設定コマンド。Use mssql-conf to change the default data directory with the set command:

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set filelocation.defaultdatadir /tmp/data
    
  4. SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service:

    sudo systemctl restart mssql-server
    
  5. ようになりました新規に作成されたデータベースのすべてのデータベース ファイルは、この新しい場所に格納されます。Now all the database files for the new databases created will be stored in this new location. 新しいデータベースのログ (.ldf) ファイルの場所を変更したい場合は、次「セット」コマンドを使用できます。If you would like to change the location of the log (.ldf) files of the new databases, you can use the following "set" command:

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set filelocation.defaultlogdir /tmp/log
    
  6. このコマンドは、tmp/ログ ディレクトリが存在して、ユーザーとグループの下であることにも想定mssqlです。This command also assumes that a /tmp/log directory exists, and that it is under the user and group mssql.

既定のダンプ ディレクトリの場所を変更します。 Change the default dump directory location

Filelocation.defaultdumpdir設定の変更をメモリと SQL ダンプが生成される場所、クラッシュが発生するたびに既定の場所。The filelocation.defaultdumpdir setting changes the default location where the memory and SQL dumps are generated whenever there is a crash. 既定では、これらのファイルは/var/opt/mssql/log で生成されます。By default, these files are generated in /var/opt/mssql/log.

この新しい場所を設定するには、次のコマンドを使用します。To set up this new location, use the following commands:

  1. 新しいダンプ ファイルのターゲット ディレクトリを作成します。Create the target directory for new dump files. 次の例は、新しい作成tmp/ダンプディレクトリ。The following example creates a new /tmp/dump directory:

    sudo mkdir /tmp/dump
    
  2. 所有者とするディレクトリのグループを変更、 mssqlユーザー。Change the owner and group of the directory to the mssql user:

    sudo chown mssql /tmp/dump
    sudo chgrp mssql /tmp/dump
    
  3. Mssql conf を使用してで既定のデータ ディレクトリを変更する、設定コマンド。Use mssql-conf to change the default data directory with the set command:

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set filelocation.defaultdumpdir /tmp/dump
    
  4. SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service:

    sudo systemctl restart mssql-server
    

既定のバックアップ ディレクトリの場所を変更します。 Change the default backup directory location

Filelocation.defaultbackupdir設定の変更をバックアップ ファイルが生成される既定の場所。The filelocation.defaultbackupdir setting changes the default location where the backup files are generated. 既定では、これらのファイルは/var/opt/mssql/data で生成されます。By default, these files are generated in /var/opt/mssql/data.

この新しい場所を設定するには、次のコマンドを使用します。To set up this new location, use the following commands:

  1. 新しいバックアップ ファイルのターゲット ディレクトリを作成します。Create the target directory for new backup files. 次の例は、新しい作成tmp/バックアップディレクトリ。The following example creates a new /tmp/backup directory:

    sudo mkdir /tmp/backup
    
  2. 所有者とするディレクトリのグループを変更、 mssqlユーザー。Change the owner and group of the directory to the mssql user:

    sudo chown mssql /tmp/backup
    sudo chgrp mssql /tmp/backup
    
  3. Mssql conf を使用して、「セット」コマンドを使用して既定のバックアップ ディレクトリを変更します。Use mssql-conf to change the default backup directory with the "set" command:

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set filelocation.defaultbackupdir /tmp/backup
    
  4. SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service:

    sudo systemctl restart mssql-server
    

コア ダンプ設定を指定します。 Specify core dump settings

SQL Server プロセスのいずれかで例外が発生する場合、SQL Server は、メモリ ダンプを作成します。If an exception occurs in one of the SQL Server processes, SQL Server creates a memory dump.

SQL Server では収集するメモリの種類を制御するダンプの 2 つのオプションがある: coredump.coredumptypecoredump.captureminiandfullです。There are two options for controlling the type of memory dumps that SQL Server collects: coredump.coredumptype and coredump.captureminiandfull. これらは、コア ダンプをキャプチャした 2 つのフェーズに関連します。These relate to the two phases of core dump capture.

最初のフェーズ キャプチャはによって制御されます、 coredump.coredumptype設定は、例外の中に生成されたダンプ ファイルの種類を決定します。The first phase capture is controlled by the coredump.coredumptype setting, which determines the type of dump file generated during an exception. 2 番目のフェーズは有効になっている場合、 coredump.captureminiandfull設定します。The second phase is enabled when the coredump.captureminiandfull setting. 場合coredump.captureminiandfullダンプを true に設定されているファイルで指定されたcoredump.coredumptypeが生成され、2 番目のミニ ダンプが生成もします。If coredump.captureminiandfull is set to true, the dump file specified by coredump.coredumptype is generated and a second mini dump is also generated. 設定coredump.captureminiandfull 2 番目のキャプチャを試行する場合は false を無効にします。Setting coredump.captureminiandfull to false disables the second capture attempt.

  1. ミニと完全の両方のダンプをキャプチャするかどうかを判断、 coredump.captureminiandfull設定します。Decide whether to capture both mini and full dumps with the coredump.captureminiandfull setting.

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set coredump.captureminiandfull <true or false>
    

    既定値: falseDefault: false

  2. ダンプ ファイルの種類の指定、 coredump.coredumptype設定します。Specify the type of dump file with the coredump.coredumptype setting.

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set coredump.coredumptype <dump_type>
    

    既定値: miniplusDefault: miniplus

    次の表に、考えられるcoredump.coredumptype値。The following table lists the possible coredump.coredumptype values.

    Type DescriptionDescription
    ミニmini ミニは、最小のダンプ ファイルの種類です。Mini is the smallest dump file type. スレッドとプロセスのモジュールを確認するのに、Linux システム情報を使用します。It uses the Linux system information to determine threads and modules in the process. ダンプには、ホスト環境のスレッドのスタックとモジュールのみが含まれています。The dump contains only the host environment thread stacks and modules. これは、メモリの間接参照またはグローバル変数には含まれません。It does not contain indirect memory references or globals.
    miniplusminiplus MiniPlus がミニに似ていますが、追加のメモリが含まれています。MiniPlus is similar to mini, but it includes additional memory. SQLPAL とダンプを次のメモリ領域を追加するホスト環境の内部構造を認識します。It understands the internals of SQLPAL and the host environment, adding the following memory regions to the dump:
    さまざまなグローバル変数- Various globals
    -64 TB を超えるすべてのメモリ- All memory above 64TB
    -すべてのという名前で地域が見つかりません/proc/$pid/マップ- All named regions found in /proc/$pid/maps
    スレッド ウィンドウとスタックから間接メモリ- Indirect memory from threads and stacks
    のスレッド情報- Thread information
    関連付けられている Teb のおよび Peb- Associated Teb’s and Peb’s
    モジュール情報- Module Information
    VMM と VAD ツリー- VMM and VAD tree
    フィルター処理filtered 減算に基づくフィルター処理された使用は、ここで、プロセス内のすべてのメモリが含まれる具体的には除外されていない限りをデザインします。Filtered uses a subtraction-based design where all memory in the process is included unless specifically excluded. 設計は、SQLPAL とダンプから特定の地域を除く、ホスト環境の内部構造を理解しています。The design understands the internals of SQLPAL and the host environment, excluding certain regions from the dump.
    完全full 完全をすべての領域を含む完全なプロセス ダンプ内にある/proc/$pid/マップです。Full is a complete process dump that includes all regions located in /proc/$pid/maps. これによって制御されないcoredump.captureminiandfull設定します。This is not controlled by coredump.captureminiandfull setting.

Linux 上の SQL Server の既定のデータベース メール プロファイルを設定します。 Set the default database mail profile for SQL Server on Linux

Sqlpagent.databasemailprofile電子メール アラートの既定のデータベース メール プロファイルを設定することができます。The sqlpagent.databasemailprofile allows you to set the default DB Mail profile for email alerts.

sudo /opt/mssq/bin/mssql-conf set sqlagent.databasemailprofile <profile_name>

高可用性 High Availability

Hadr.hadrenabled SQL Server インスタンスで可用性グループを有効にします。The hadr.hadrenabled option enables availability groups on your SQL Server instance. 次のコマンドでは、可用性グループを有効に設定してhadr.hadrenabledを 1 にします。The following command enables availability groups by setting hadr.hadrenabled to 1. 有効にする設定の SQL Server を再起動する必要があります。You must restart SQL Server for the setting to take effect.

sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set hadr.hadrenabled  1
sudo systemctl restart mssql-server

これを可用性グループでは使用する方法については、次の 2 つのトピックを参照してください。For information how this is used with availability groups, see the following two topics.

監査のローカル ディレクトリのセット Set local audit directory

Telemetry.userrequestedlocalauditdirectory設定は、ローカルの監査を有効にし、ローカルの監査ログで、ディレクトリを設定できますが作成されます。The telemetry.userrequestedlocalauditdirectory setting enables Local Audit and lets you set the directory where the Local Audit logs are created.

  1. 新しいローカルの監査ログのターゲット ディレクトリを作成します。Create a target directory for new Local Audit logs. 次の例は、新しい作成tmp/監査ディレクトリ。The following example creates a new /tmp/audit directory:

    sudo mkdir /tmp/audit
    
  2. 所有者とするディレクトリのグループを変更、 mssqlユーザー。Change the owner and group of the directory to the mssql user:

    sudo chown mssql /tmp/audit
    sudo chgrp mssql /tmp/audit
    
  3. ルートととして mssql conf スクリプトを実行、設定コマンドをtelemetry.userrequestedlocalauditdirectory:Run the mssql-conf script as root with the set command for telemetry.userrequestedlocalauditdirectory:

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set telemetry.userrequestedlocalauditdirectory /tmp/audit
    
  4. SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service:

    sudo systemctl restart mssql-server
    

詳細については、次を参照してください。 for Linux に SQL Server カスタマー フィードバックです。For more information, see Customer Feedback for SQL Server on Linux.

SQL Server のロケールを変更します。 Change the SQL Server locale

Language.lcid設定の変更をすべてサポートされている言語識別子 (LCID) に SQL Server のロケールです。The language.lcid setting changes the SQL Server locale to any supported language identifier (LCID).

  1. 次の例は、フランス語にロケールを変更 (1036)。The following example changes the locale to French (1036):

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set language.lcid 1036
    
  2. 変更を適用する SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service to apply the changes:

    sudo systemctl restart mssql-server
    

メモリ制限を設定します。 Set the memory limit

Memory.memorylimitmb SQL Server にコントロールの量 (MB) で使用できる物理メモリを設定します。The memory.memorylimitmb setting controls the amount physical memory (in MB) available to SQL Server. 既定では物理メモリの 80% です。The default is 80% of the physical memory.

  1. ルートととして mssql conf スクリプトを実行、設定コマンドをmemory.memorylimitmbです。Run the mssql-conf script as root with the set command for memory.memorylimitmb. 次の例では、使用可能なメモリを 3.25 GB (3328 MB) を SQL Server に変更します。The following example changes the memory available to SQL Server to 3.25 GB (3328 MB).

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set memory.memorylimitmb 3328
    
  2. 変更を適用する SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service to apply the changes:

    sudo systemctl restart mssql-server
    

TCP ポートを変更します。 Change the TCP port

Network.tcpport設定の変更を SQL Server が接続をリッスンする場所、TCP ポート。The network.tcpport setting changes the TCP port where SQL Server listens for connections. 既定では、このポートは 1433 に設定します。By default, this port is set to 1433. ポートを変更するには、次のコマンドを実行します。To change the port, run the following commands:

  1. "Network.tcpport"を"set"コマンドを使用してルートとして mssql conf スクリプトを実行します。Run the mssql-conf script as root with the "set" command for "network.tcpport":

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set network.tcpport <new_tcp_port>
    
  2. SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service:

    sudo systemctl restart mssql-server
    
  3. SQL Server に接続するようになりました、ときに、ホスト名または IP アドレスの後に、コンマ (,) でカスタムのポートを指定する必要があります。When connecting to SQL Server now, you must specify the custom port with a comma (,) after the hostname or IP address. たとえば、SQLCMD で接続するには、次のコマンドを使用すると。For example, to connect with SQLCMD, you would use the following command:

    sqlcmd -S localhost,<new_tcp_port> -U test -P test
    

TLS の設定を指定します。 Specify TLS settings

次のオプションは、Linux で実行されている SQL Server のインスタンスの TLS を構成します。The following options configure TLS for an instance of SQL Server running on Linux.

オプションOption DescriptionDescription
network.forceencryptionnetwork.forceencryption 1 の場合、し SQL ServerSQL Server強制的にすべての接続を暗号化します。If 1, then SQL ServerSQL Server forces all connections to be encrypted. 既定では、このオプションは 0 です。By default, this option is 0.
network.tlscertnetwork.tlscert 証明書への絶対パスがファイルを SQL ServerSQL Serverは TLS を使用します。The absolute path to the certificate file that SQL ServerSQL Server uses for TLS. 例:/etc/ssl/certs/mssql.pem証明書ファイルは mssql アカウントでアクセスする必要があります。Example: /etc/ssl/certs/mssql.pem The certificate file must be accessible by the mssql account. 使用してファイルのアクセスを制限することをお勧めします。chown mssql:mssql <file>; chmod 400 <file>です。Microsoft recommends restricting access to the file using chown mssql:mssql <file>; chmod 400 <file>.
network.tlskeynetwork.tlskey 秘密キーへの絶対パスがファイルを SQL ServerSQL Serverは TLS を使用します。The absolute path to the private key file that SQL ServerSQL Server uses for TLS. 例:/etc/ssl/private/mssql.key証明書ファイルは mssql アカウントでアクセスする必要があります。Example: /etc/ssl/private/mssql.key The certificate file must be accessible by the mssql account. 使用してファイルのアクセスを制限することをお勧めします。chown mssql:mssql <file>; chmod 400 <file>です。Microsoft recommends restricting access to the file using chown mssql:mssql <file>; chmod 400 <file>.
network.tlsprotocolsnetwork.tlsprotocols SQL Server でどの TLS のプロトコルが許可されているコンマ区切り一覧。A comma-separated list of which TLS protocols are allowed by SQL Server. SQL ServerSQL Server常にしようとすると、最も強力な許可されているプロトコルをネゴシエートします。 always attempts to negotiate the strongest allowed protocol. クライアントが、許可されているすべてのプロトコルをサポートしていない場合 SQL ServerSQL Server接続の試行を拒否します。If a client does not support any allowed protocol, SQL ServerSQL Server rejects the connection attempt. 互換性のため、すべてのサポートされているプロトコルが既定 (1.2、1.1、1.0) で許可されます。For compatibility, all supported protocols are allowed by default (1.2, 1.1, 1.0). TLS 1.2 をサポートして、クライアント場合は、TLS 1.2 のみを許可することをお勧めします。If your clients support TLS 1.2, Microsoft recommends allowing only TLS 1.2.
network.tlsciphersnetwork.tlsciphers 指定する暗号がによって許可 SQL ServerSQL ServerTLS 用です。Specifies which ciphers are allowed by SQL ServerSQL Server for TLS. この文字列はに従って書式設定する必要がありますOpenSSL の暗号一覧形式です。This string must be formatted per OpenSSL's cipher list format. 一般に、このオプションを変更する必要はありません。In general, you should not need to change this option.
既定では、次の暗号は使用できます。By default, the following ciphers are allowed:
ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA:ECDHE-RSA-AES256-SHA:ECDHE-RSA-AES128-SHA:AES256-GCM-SHA384:AES128-GCM-SHA256:AES256-SHA256:AES128-SHA256:AES256-SHA:AES128-SHA
network.kerberoskeytabfilenetwork.kerberoskeytabfile Kerberos keytab ファイルへのパスPath to the Kerberos keytab file

TLS の設定を使用しての例は、次を参照してください。 Linux に SQL Server への接続の暗号化です。For an example of using the TLS settings, see Encrypting Connections to SQL Server on Linux.

トレース フラグを有効/無効にします。 Enable/Disable traceflags

これは、トレース フラグオプションを有効または SQL Server サービスのスタートアップ トレース フラグを無効にします。This traceflag option enables or disables traceflags for the startup of the SQL Server service. 有効/無効にするには、トレース フラグは、次のコマンドを使用します。To enable/disable a traceflag use the following commands:

  1. 次のコマンドを使用してトレース フラグを有効にします。Enable a traceflag using the following command. たとえば、トレース フラグ 1234。For example, for Traceflag 1234:

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf traceflag 1234 on
    
  2. 複数のトレース フラグを有効にするには、個別に指定すること。You can enable multiple traceflags by specifying them separately:

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf traceflag 2345 3456 on
    
  3. 同様の方法で、指定することと、追加することを 1 つまたは複数の有効なトレース フラグを無効にする、オフパラメーター。In a similar way, you can disable one or more enabled traceflags by specifying them and adding the off parameter:

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf traceflag 1234 2345 3456 off
    
  4. 変更を適用する SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service to apply the changes:

    sudo systemctl restart mssql-server
    

設定を削除します。Remove a setting

任意の設定がによる設定を解除するmssql-conf set、呼び出すmssql confで、unsetオプションと設定の名前。To unset any setting made with mssql-conf set, call mssql-conf with the unset option and the name of the setting. これは、設定を消去します、実質的にその既定値に戻すこと。This clears the setting, effectively returning it to its default value.

  1. 次の例では、クリア、 network.tcpportオプション。The following example clears the network.tcpport option.

    sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf unset network.tcpport
    
  2. SQL Server サービスを再起動します。Restart the SQL Server service.

    sudo systemctl restart mssql-server
    

現在の設定を表示View current settings

いずれかを表示するように構成の内容を出力するには、次のコマンドを実行して、設定、 mssql.confファイル。To view any configured settings, run the following command to output the contents of the mssql.conf file:

sudo cat /var/opt/mssql/mssql.conf

このファイルに表示されていないすべての設定が既定値を使用していることに注意してください。Note that any settings not shown in this file are using their default values. 次のセクションでは、サンプルを提供mssql.confファイル。The next section provides a sample mssql.conf file.

mssql.conf 形式mssql.conf format

/var/opt/mssql/mssql.confファイルは、各設定の例を示します。The following /var/opt/mssql/mssql.conf file provides an example for each setting. この形式を使用してへの変更を手動で行うことができます、 mssql.conf必要に応じてファイルします。You can use this format to manually make changes to the mssql.conf file as needed. 場合は、ファイルを手動で変更しないでください、変更が適用される前に SQL Server を再起動する必要があります。If you do manually change the file, you must restart SQL Server before the changes are applied. 使用する、 mssql.confファイル Docker を使用する必要があります Docker 、データを永続化です。To use the mssql.conf file with Docker, you must have Docker persist your data. 最初に完全な追加mssql.confホスト ディレクトリにファイルし、コンテナーを実行します。First add a complete mssql.conf file to your host directory and then run the container. この例はお客様からのフィードバックです。There is an example of this in Customer Feedback.

[EULA]
accepteula = Y

[coredump]
captureminiandfull = true
coredumptype = full

[filelocation]
defaultbackupdir = /var/opt/mssql/data/
defaultdatadir = /var/opt/mssql/data/
defaultdumpdir = /var/opt/mssql/data/
defaultlogdir = /var/opt/mssql/data/

[hadr]
hadrenabled = 0

[language]
lcid = 1033

[memory]
memorylimitmb = 4096

[network]
forceencryption = 0
ipaddress = 10.192.0.0
kerberoskeytabfile = /var/opt/mssql/secrets/mssql.keytab
tcpport = 1401
tlscert = /etc/ssl/certs/mssql.pem
tlsciphers = ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA:ECDHE-RSA-AES256-SHA:ECDHE-RSA-AES128-SHA:AES256-GCM-SHA384:AES128-GCM-SHA256:AES256-SHA256:AES128-SHA256:AES256-SHA:AES128-SHA
tlskey = /etc/ssl/private/mssql.key
tlsprotocols = 1.2,1.1,1.0

[sqlagent]
databasemailprofile = default
errorlogfile = /var/opt/mssql/log/sqlagentlog.log
errorlogginglevel = 7

[telemetry]
customerfeedback = true
userrequestedlocalauditdirectory = /tmp/audit

[traceflag]
traceflag0 = 1204
traceflag1 = 2345
traceflag = 3456

次の手順Next steps

環境変数を使用してこれらの構成変更の一部を代わりに、次を参照してください。環境変数と SQL Server の構成設定です。To instead use environment variables to make some of these configuration changes, see Configure SQL Server settings with environment variables.

その他の管理ツールとシナリオには、「 Linux 上の SQL Server の管理です。For other management tools and scenarios, see Manage SQL Server on Linux.