Windows 上の SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して、Linux 上の SQL Server を管理するにはUse SQL Server Management Studio (SSMS) on Windows to manage SQL Server on Linux

適用対象: XSQL Server on Windows○SQL Server on LinuxXAzure SQL DatabaseXAzure SQL Data WarehouseXParallel Data Warehouse THIS TOPIC APPLIES TO: noSQL Server on WindowsyesSQL Server on LinuxnoAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data WarehousenoParallel Data Warehouse

このトピックは、使用する方法を示しますSQL Server Management Studio (SSMS) Linux 上の SQL Server 2017 に接続します。This topic shows how to use SQL Server Management Studio (SSMS) to connect to SQL Server 2017 on Linux. SSMS は、Windows アプリケーション、ので Linux 上のリモート SQL Server インスタンスに接続できる Windows コンピューターがある場合に SSMS を使用します。SSMS is a Windows application, so use SSMS when you have a Windows machine that can connect to a remote SQL Server instance on Linux.

正常に接続すると、データベースとの通信を確認する簡単な TRANSACT-SQL (T-SQL) クエリを実行します。After successfully connecting, you run a simple Transact-SQL (T-SQL) query to verify communication with the database.

SQL Server Management Studio の最新バージョンをインストールします。Install the newest version of SQL Server Management Studio

SQL Server を使用する場合は、常に最新バージョンの SQL Server Management Studio (SSMS) を使用する必要があります。When working with SQL Server, you should always use the most recent version of SQL Server Management Studio (SSMS). SSMS の最新バージョンは継続的に更新および最適化されている 2017 on Linux を SQL Server で現在動作します。The latest version of SSMS is continually updated and optimized and currently works with SQL Server 2017 on Linux. ダウンロードして、最新バージョンをインストールを参照してください。 SQL Server Management Studio のダウンロードです。To download and install the latest version, see Download SQL Server Management Studio. 最新の状態に、SSMS の最新バージョンように求められますダウンロード可能な新しいバージョンがある場合。To stay up-to-date, the latest version of SSMS prompts you when there is a new version available to download.

Linux 上の SQL Server への接続します。Connect to SQL Server on Linux

次の手順では、SSMS での Linux 上の SQL Server 2017 に接続する方法を示します。The following steps show how to connect to SQL Server 2017 on Linux with SSMS.

  1. 入力して、SSMS を起動Microsoft SQL Server Management Studio Windows の検索ボックスで、およびデスクトップ アプリをクリックします。Start SSMS by typing Microsoft SQL Server Management Studio in the Windows search box, and then click the desktop app.

    [SQL Server Management Studio]

  2. サーバーへの接続 ウィンドウで、次の情報を入力してください (SSMS が既に実行されている場合はクリックして接続 > データベース エンジンを開くには、サーバーへの接続ウィンドウ)。In the Connect to Server window, enter the following information (if SSMS is already running, click Connect > Database Engine to open the Connect to Server window):

    設定Setting DescriptionDescription
    サーバーの種類Server type 既定では、データベース エンジンです。この値を変更することはできません。The default is database engine; do not change this value.
    サーバー名Server name 対象の Linux SQL Server コンピューターまたは IP アドレスの名前を入力します。Enter the name of the target Linux SQL Server machine or its IP address.
    [認証]Authentication Linux 上の SQL Server 2017、使用SQL Server 認証です。For SQL Server 2017 on Linux, use SQL Server Authentication.
    LoginLogin サーバー上のデータベースにアクセス権を持つユーザーの名前を入力してください (たとえば、既定値SAセットアップ中に作成したアカウント)。Enter the name of a user with access to a database on the server (for example, the default SA account created during setup).
    PasswordPassword 指定したユーザーのパスワードを入力 (用、 SAアカウントを作成したセットアップ時に)。Enter the password for the specified user (for the SA account, you created this during setup).

    SQL Server Management Studio: SQL データベース サーバーへの接続します。

  3. [接続]をクリックします。Click Connect.

    ヒント

    接続エラーが発生した場合は、まずエラー メッセージから問題を診断します。If you get a connection failure, first attempt to diagnose the problem from the error message. 次に、接続のトラブルシューティングに関する推奨事項を確認します。Then review the connection troubleshooting recommendations.

  4. SQL のサーバーに正常に接続した後オブジェクト エクスプ ローラーが開き、データベース管理タスクを実行またはデータをクエリにアクセスできます。After successfully connecting to your SQL Sever, Object Explorer opens and you can now access your database to perform administrative tasks or query data.

    オブジェクト エクスプ ローラー

サンプル クエリを実行します。Run sample queries

サーバーに接続した後は、データベースに接続し、サンプル クエリを実行します。After you connect to your server, you can connect to a database and run a sample query. 新しいクエリを記述する場合を参照してください。 TRANSACT-SQL ステートメントの記述です。If you are new to writing queries, see Writing Transact-SQL Statements.

  1. に対するクエリの実行に使用するデータベースを識別します。Identify a database to use to run a query against. 新しいデータベースで作成した可能性があります、 TRANSACT-SQL チュートリアルです。This could be a new database you created in the Transact-SQL tutorial. ことも、 AdventureWorksサンプル データベースをダウンロードされ、復元です。Or it could be the AdventureWorks sample database that you downloaded and restored.
  2. オブジェクト エクスプ ローラーサーバー上のターゲット データベースに移動します。In Object Explorer, navigate to the target database on the server.
  3. データベースを右クリックし、新しいクエリ:Right-click the database and then select New Query:

    新しいクエリ。

  4. クエリ ウィンドウで、一方のテーブルからデータを選択する TRANSACT-SQL クエリを記述します。In the query window, write a Transact-SQL query to select data from one of the tables. 次の例からのデータの選択、 Production.Productのテーブル、 AdventureWorksデータベース。The following example selects data from the Production.Product table of the AdventureWorks database.

     SELECT TOP 10 Name, ProductNumber
     FROM Production.Product
     ORDER BY Name ASC
    
  5. クリックして、 Executeボタンをクリックします。Click the Execute button:

    正常終了しました。

次の手順Next steps

だけでなく、クエリを作成し、データベースを管理する T-SQL ステートメントを使用できます。In addition to queries, you can use T-SQL statements to create and manage databases.

T-SQL を新しい場合を参照してくださいチュートリアル: TRANSACT-SQL ステートメントの記述TRANSACT-SQL リファレンス (データベース エンジン)です。If you're new to T-SQL, see Tutorial: Writing Transact-SQL Statements and the Transact-SQL Reference (Database Engine).

SSMS を使用する方法の詳細については、次を参照してください。 SQL Server Management Studio を使用してです。For more information on how to use SSMS, see Use SQL Server Management Studio.