抽出、変換、および SSIS を使用した Linux 上のデータの読み込みExtract, transform, and load data on Linux with SSIS

適用対象: はいSQL サーバー (Linux のみ)ありませんAzure SQL DatabaseありませんAzure SQL Data Warehouseありません並列データ ウェアハウス APPLIES TO: yesSQL Server (Linux only) noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

この記事では、Linux 上の SQL Server Integration Services (SSIS) パッケージを実行する方法について説明します。This article describes how to run SQL Server Integration Services (SSIS) packages on Linux. SSIS から複数のソースや形式、データを抽出することで複雑なデータ統合に関する問題の解決に変換して、データのクレンジングと複数の変換先にデータを読み込みます。SSIS solves complex data integration problems by extracting data from multiple sources and formats, transforming and cleansing the data, and loading the data into multiple destinations.

Linux で実行されている SSIS パッケージは、オンプレミスで Windows または linux では、または Docker では、クラウドで実行されている Microsoft SQL Server に接続できます。SSIS packages running on Linux can connect to Microsoft SQL Server running on Windows on-premises or in the cloud, on Linux, or in Docker. Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouse、ODBC データ ソース、フラット ファイル、および ADO.NET ソース、XML ファイルでは、OData サービスなど、他のデータ ソースに接続することもできます。They can also connect to Azure SQL Database, Azure SQL Data Warehouse, ODBC data sources, flat files, and other data sources including ADO.NET sources, XML files, and OData services.

SSIS の機能についての詳細については、次を参照してください。 SQL Server Integration Servicesします。For more info about the capabilities of SSIS, see SQL Server Integration Services.

前提条件Prerequisites

Linux コンピューターで、SSIS パッケージを実行するには、最初に SQL Server Integration Services をインストールする必要があります。To run SSIS packages on a Linux computer, first you have to install SQL Server Integration Services. SSIS は、Linux コンピューターの SQL Server のインストールには含まれません。SSIS is not included in the installation of SQL Server for Linux computers. インストール手順については、次を参照してください。 SQL Server Integration Services のインストールします。For installation instructions, see Install SQL Server Integration Services.

作成してパッケージを管理する Windows コンピューターを持つ必要があるとします。You also have to have a Windows computer to create and maintain packages. SSIS の設計と管理ツールは、Linux コンピューターの場合は、現在使用可能なない Windows アプリケーションです。The SSIS design and management tools are Windows applications that are not currently available for Linux computers.

SSIS パッケージを実行します。Run an SSIS package

SSIS パッケージを Linux コンピューターで実行するには、次のことを行います。To run an SSIS package on a Linux computer, do the following things:

  1. SSIS パッケージを Linux コンピューターにコピーします。Copy the SSIS package to the Linux computer.
  2. 次のコマンドを実行します。Run the following command: $ dtexec /F \<package name \> /DE <protection password>

暗号化された (パスワードで保護された) パッケージを実行します。Run an encrypted (password-protected) package

パスワードで暗号化されている SSIS パッケージを実行する 3 つの方法はあります。There are three ways to run an SSIS package that's encrypted with a password:

  1. 環境変数の値を設定SSIS_PACKAGE_DECRYPT次の例のように。Set the value of the environment variable SSIS_PACKAGE_DECRYPT, as shown in the following example:

    SSIS_PACKAGE_DECRYPT=test /opt/ssis/bin/dtexec /f package.dtsx
    
  2. 指定、/de[crypt]対話形式で、次の例に示すように、パスワードを入力するオプション。Specify the /de[crypt] option to enter the password interactively, as shown in the following example:

    /opt/ssis/bin/dtexec /f package.dtsx /de
    
    Enter decryption password:
    
  3. 指定、/deの次の例に示すように、コマンドラインでパスワードを指定するオプション。Specify the /de option to provide the password on the command line, as shown in the following example. このメソッドは、コマンド履歴にコマンドを使用して暗号化解除パスワードを格納するためには推奨されません。This method is not recommended because it stores the decryption password with the command in the command history.

    opt/ssis/bin/dtexec /f package.dtsx /de test
    
    Warning: Using /De[crypt] <password> may store decryption password in command history.
    
    You can use /De[crypt] instead to enter interactive mode,
    or use environment variable SSIS_PACKAGE_DECRYPT to set decryption password.
    

パッケージの設計Design packages

ODBC データ ソースに接続するします。Connect to ODBC data sources. SSIS で Linux CTP 2.1 の更新以降では、SSIS パッケージは Linux で ODBC 接続を使用できます。With SSIS on Linux CTP 2.1 Refresh and later, SSIS packages can use ODBC connections on Linux. この機能は、SQL Server および MySQL ODBC ドライバーでテストされているが、ODBC 仕様には任意の Unicode ODBC ドライバーを使用することも必要です。This functionality has been tested with the SQL Server and the MySQL ODBC drivers, but is also expected to work with any Unicode ODBC driver that observes the ODBC specification. デザイン時に、DSN または接続文字列は、ODBC データに接続するを指定することができます。Windows 認証を使用することもできます。At design time, you can provide either a DSN or a connection string to connect to the ODBC data; you can also use Windows authentication. 詳細については、次を参照してください。、ブログ Linux に ODBC サポートのお知らせを投稿するします。For more info, see the blog post announcing ODBC support on Linux.

パスします。Paths. SSIS パッケージ内の Windows スタイルのパスを提供します。Provide Windows-style paths in your SSIS packages. Linux 上の SSIS では、Linux 形式のパスをサポートしませんが、実行時に Linux 形式のパスを Windows 形式のパスをマップします。SSIS on Linux does not support Linux-style paths, but maps Windows-style paths to Linux-style paths at run time. Windows スタイルのパスにマップなど、Linux 上の SSIS C:\test Linux スタイルのパスに/testします。Then, for example, SSIS on Linux maps the Windows-style path C:\test to the Linux-style path /test.

パッケージの配置Deploy packages

パッケージは、このリリースでの Linux ファイル システムにのみ格納できます。You can only store packages in the file system on Linux in this release. SSIS カタログ データベースとレガシ SSIS サービスでは、パッケージの配置とストレージの Linux では使用できません。The SSIS Catalog database and the legacy SSIS service are not available on Linux for package deployment and storage.

パッケージのスケジュール設定Schedule packages

Linux システムのスケジューリングなどのツールを使用するcronパッケージをスケジュールします。You can use Linux system scheduling tools such as cron to schedule packages. このリリースでは、パッケージの実行をスケジュールするのに Linux 上の SQL エージェントを使用できません。You can't use SQL Agent on Linux to schedule package execution in this release. 詳細については、次を参照してください。 cron で Linux 上のスケジュールの SSIS パッケージします。For more info, see Schedule SSIS packages on Linux with cron.

制限事項と既知の問題Limitations and known issues

Linux 上の SSIS の既知の問題と制限事項の詳細については、次を参照してください。制限事項と既知の問題を Linux 上の SSIS のします。For detailed info about the limitations and known issues of SSIS on Linux, see Limitations and known issues for SSIS on Linux.

Linux 上の SSIS に関する詳細情報More info about SSIS on Linux

Linux 上の SSIS の詳細については、次のブログの投稿を参照してください。For more info about SSIS on Linux, see the following blog posts:

SSIS に関する詳細情報More info about SSIS

Microsoft SQL Server Integration Services (SSIS) は、抽出、変換、およびデータ ウェアハウジング用パッケージの読み込み (ETL) をなど、パフォーマンスの高いデータ統合ソリューションを構築するためのプラットフォームです。Microsoft SQL Server Integration Services (SSIS) is a platform for building high-performance data integration solutions, including extraction, transformation, and loading (ETL) packages for data warehousing. 詳細については、「SQL Server Integration Services」を参照してください。For more info about SSIS, see SQL Server Integration Services.

SSIS には、次の機能が含まれています。SSIS includes the following features:

  • グラフィカル ツールおよびビルド、および Windows 上のパッケージをデバッグ用のウィザードGraphical tools and wizards for building and debugging packages on Windows
  • さまざまな FTP 操作などのワークフロー機能を実行する、SQL ステートメント、および電子メール メッセージを送信するためのタスクA variety of tasks for performing workflow functions such as FTP operations, executing SQL statements, and sending e-mail messages
  • さまざまなデータ ソースと変換を抽出し、データの読み込みA variety of data sources and destinations for extracting and loading data
  • さまざまなクリーニング、集計、マージ、およびデータのコピーの変換A variety of transformations for cleaning, aggregating, merging, and copying data
  • 独自のカスタム スクリプトやコンポーネントを SSIS を拡張するためのアプリケーション プログラミング インターフェイス (Api)Application programming interfaces (APIs) for extending SSIS with your own custom scripts and components

SSIS で開始するには、最新バージョンをダウンロードSQL Server Data Tools (SSDT)します。To get started with SSIS, download the latest version of SQL Server Data Tools (SSDT).

SSIS についての詳細については、次の記事を参照してください。To learn more about SSIS, see the following articles: