Linux 上の SQL Server 2017 のリリース ノートRelease notes for SQL Server 2017 on Linux

このトピックに適用されますはいSQL Server (Linux の場合のみ)ありませんAzure SQL DatabaseありませんAzure SQL Data Warehouseありません。並列データ ウェアハウス THIS TOPIC APPLIES TO: yesSQL Server (Linux only)noAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data WarehousenoParallel Data Warehouse

次のリリース ノートは、Linux で実行されている SQL Server 2017 に適用されます。The following release notes apply to SQL Server 2017 running on Linux. この記事は、各リリースについてのセクションに分割されます。This article is broken into sections for each release. GA リリースがサポートの詳細し、既知の問題が一覧表示します。The GA release has detailed supportability and known issues listed. 各累積更新プログラム (CU) リリースでは、CU 変更に加え、パッケージのダウンロード、Linux へのリンクを説明するサポートの記事にリンクがあります。Each Cumulative Update (CU) release has a link to a support article describing the CU changes as well as links to the Linux package downloads.

サポートされているプラットフォームSupported platforms

プラットフォームPlatform [ファイル システム]File System インストール ガイドInstallation Guide
Red Hat Enterprise Linux 7.3 または 7.4 ワークステーション、サーバー、およびデスクトップRed Hat Enterprise Linux 7.3 or 7.4 Workstation, Server, and Desktop XFS または EXT4XFS or EXT4 インストール ガイドInstallation guide
SUSE Enterprise Linux Server v12 SP2SUSE Enterprise Linux Server v12 SP2 XFS または EXT4XFS or EXT4 インストール ガイドInstallation guide
Ubuntu 16.04LTSUbuntu 16.04LTS XFS または EXT4XFS or EXT4 インストール ガイドInstallation guide
1.8 以降、Mac、または Linux の Windows で docker エンジンDocker Engine 1.8+ on Windows, Mac, or Linux なしN/A インストール ガイドInstallation guide

ヒント

詳細については、確認、システム要件Linux に SQL Server 用です。For more information, review the system requirements for SQL Server on Linux. SQL Server 2017 の最新のサポート ポリシーで、次を参照してください。、 for Microsoft SQL Server の技術的なサポート ポリシーです。For the latest support policy for SQL Server 2017, see the Technical support policy for Microsoft SQL Server.

ツールTools

SQL Server を対象とするほとんどの既存クライアント ツールは、Linux で実行されている SQL Server を対象にシームレスにできます。Most existing client tools that target SQL Server can seamlessly target SQL Server running on Linux. 一部のツールは、Linux で適切に動作するための特定のバージョン要件があります。Some tools might have a specific version requirement to work well with Linux. SQL Server ツールの一覧については、次を参照してください。 SQL ツール、および SQL Server ユーティリティです。For a full list of SQL Server tools, see SQL Tools and Utilities for SQL Server.

リリース履歴Release history

次の表は、SQL Server 2017 のリリース履歴を示します。The following table lists the release history for SQL Server 2017.

リリースRelease バージョンVersion リリース日Release date
CU6CU6 14.0.3025.3414.0.3025.34 4 20184-2018
CU5CU5 14.0.3023.814.0.3023.8 3 20183-2018
CU4CU4 14.0.3022.2814.0.3022.28 2 20182-2018
CU3CU3 14.0.3015.4014.0.3015.40 1-20181-2018
CU2CU2 14.0.3008.2714.0.3008.27 11-201711-2017
CU1CU1 14.0.3006.1614.0.3006.16 10-201710-2017
GAGA 14.0.1000.16914.0.1000.169 10-201710-2017

累積的更新プログラムをインストールする方法How to install cumulative updates

構成した場合、累積的な更新リポジトリ、新規インストールを実行するときに SQL Server パッケージの最新の累積的な更新が発生します。If you have configured the Cumulative Update repository, then you will get the latest cumulative update of SQL Server packages when you perform new installations. 累積的な更新プログラムのリポジトリは、Linux 上の SQL Server のすべてのパッケージのインストールのアーティクルの既定値です。The Cumulative Update repository is the default for all package installation articles for SQL Server on Linux. リポジトリの構成の詳細については、次を参照してください。 Linux に SQL Server 用のリポジトリを構成するです。For more information about repository configuration, see Configure repositories for SQL Server on Linux.

SQL Server の既存のパッケージを更新する場合は、最新の累積的な更新プログラムを取得するには、各パッケージの適切な更新プログラムのコマンドを実行します。If you are updating existing SQL Server packages, run the appropriate update command for each package to get the latest cumulative update. 各パッケージの特定の更新手順については、次のインストール ガイドを参照してください。For specific update instructions for each package, see the following installation guides:

CU6 (年 2018年 4 月)CU6 (April 2018)

これは、SQL Server 2017 の累積的な更新プログラム 6 (CU6) リリースです。This is the Cumulative Update 6 (CU6) release of SQL Server 2017. このリリースの SQL Server エンジンのバージョンは、14.0.3025.34 です。The SQL Server engine version for this release is 14.0.3025.34. 修正プログラムとこのリリースの機能強化については、次を参照してください。 https://support.microsoft.com/help/4101464です。For information about the fixes and improvements in this release, see https://support.microsoft.com/help/4101464.

パッケージの詳細Package details

手動またはオフラインのパッケージのインストールで、次の表の情報とパッケージの RPM と Debian パッケージをダウンロードできます。For manual or offline package installations, you can download the RPM and Debian packages with the information in the following table:

[パッケージ]Package パッケージ バージョンPackage version ダウンロードDownloads
Red Hat RPM パッケージRed Hat RPM package 14.0.3025.34-314.0.3025.34-3 エンジンは RPM パッケージEngine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SSIS パッケージSSIS package
SLES RPM パッケージSLES RPM package 14.0.3025.34-314.0.3025.34-3 mssql server エンジン RPM パッケージmssql-server Engine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
Ubuntu 16.04 Debian パッケージUbuntu 16.04 Debian package 14.0.3025.34-314.0.3025.34-3 エンジン Debian パッケージEngine Debian package
高可用性 Debian パッケージHigh Availability Debian package
フルテキスト検索の Debian パッケージFull-text Search Debian package
SSIS パッケージSSIS package

CU5 (年 2018年 3 月)CU5 (March 2018)

これは、SQL Server 2017 の累積的な更新プログラム 5 (CU5) リリースです。This is the Cumulative Update 5 (CU5) release of SQL Server 2017. このリリースの SQL Server エンジンのバージョンは、14.0.3023.8 です。The SQL Server engine version for this release is 14.0.3023.8. 修正プログラムとこのリリースの機能強化については、次を参照してください。 https://support.microsoft.com/help/4092643です。For information about the fixes and improvements in this release, see https://support.microsoft.com/help/4092643.

アップグレードの既知の問題Known upgrade issue

CU5 に以前のリリースからアップグレードするときに SQL Server が次のエラーで起動に失敗します。When you upgrade from a previous release to CU5, SQL Server might fail to start with the following error:

Error: 4860, Severity: 16, State: 1.
Cannot bulk load. The file "C:\Install\SqlTraceCollect.dtsx" does not exist or you don't have file access rights.
Error: 912, Severity: 21, State: 2.
Script level upgrade for database 'master' failed because upgrade step 'msdb110_upgrade.sql' encountered error 200, state

このエラーを解決するには、SQL Server エージェントを有効にし、次のコマンドで SQL Server を再起動します。To resolve this error, enable SQL Server Agent and restart SQL Server with the following commands:

sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set sqlagent.enabled true
sudo systemctl start mssql-server

パッケージの詳細Package details

手動またはオフラインのパッケージのインストールで、次の表の情報とパッケージの RPM と Debian パッケージをダウンロードできます。For manual or offline package installations, you can download the RPM and Debian packages with the information in the following table:

[パッケージ]Package パッケージ バージョンPackage version ダウンロードDownloads
Red Hat RPM パッケージRed Hat RPM package 14.0.3023.8-514.0.3023.8-5 エンジンは RPM パッケージEngine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SSIS パッケージSSIS package
SLES RPM パッケージSLES RPM package 14.0.3023.8-514.0.3023.8-5 mssql server エンジン RPM パッケージmssql-server Engine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
Ubuntu 16.04 Debian パッケージUbuntu 16.04 Debian package 14.0.3023.8-514.0.3023.8-5 エンジン Debian パッケージEngine Debian package
高可用性 Debian パッケージHigh Availability Debian package
フルテキスト検索の Debian パッケージFull-text Search Debian package
SSIS パッケージSSIS package

CU4 (February 2018)CU4 (February 2018)

これは、SQL Server 2017 の Cumulative Update 4 (CU4) リリースです。This is the Cumulative Update 4 (CU4) release of SQL Server 2017. このリリースの SQL Server エンジンのバージョンは、14.0.3022.28 です。The SQL Server engine version for this release is 14.0.3022.28. 修正プログラムとこのリリースの機能強化については、次を参照してください。 https://support.microsoft.com/en-us/help/4056498です。For information about the fixes and improvements in this release, see https://support.microsoft.com/en-us/help/4056498.

パッケージの詳細Package details

手動またはオフラインのパッケージのインストールで、次の表の情報とパッケージの RPM と Debian パッケージをダウンロードできます。For manual or offline package installations, you can download the RPM and Debian packages with the information in the following table:

注意

CU4、時点で別のパッケージとして、SQL Server エージェントはインストールされません。As of CU4, SQL Server Agent is no longer installed as a separate package. エンジンはパッケージと共にインストールし、使用を有効にする必要があります。It is installed with the Engine package and must be enabled to use.

[パッケージ]Package パッケージ バージョンPackage version ダウンロードDownloads
Red Hat RPM パッケージRed Hat RPM package 14.0.3022.28-214.0.3022.28-2 エンジンは RPM パッケージEngine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SSIS パッケージSSIS package
SLES RPM パッケージSLES RPM package 14.0.3022.28-214.0.3022.28-2 mssql server エンジン RPM パッケージmssql-server Engine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
Ubuntu 16.04 Debian パッケージUbuntu 16.04 Debian package 14.0.3022.28-214.0.3022.28-2 エンジン Debian パッケージEngine Debian package
高可用性 Debian パッケージHigh Availability Debian package
フルテキスト検索の Debian パッケージFull-text Search Debian package
SSIS パッケージSSIS package

CU3 (年 2018年 1 月)CU3 (January 2018)

これは、SQL Server 2017 の累積更新プログラム 3 (CU3) リリースです。This is the Cumulative Update 3 (CU3) release of SQL Server 2017. このリリースの SQL Server エンジンのバージョンは、14.0.3015.40 です。The SQL Server engine version for this release is 14.0.3015.40. 修正プログラムとこのリリースの機能強化については、次を参照してください。 https://support.microsoft.com/en-us/help/4052987です。For information about the fixes and improvements in this release, see https://support.microsoft.com/en-us/help/4052987.

パッケージの詳細Package details

手動またはオフラインのパッケージのインストールで、次の表の情報とパッケージの RPM と Debian パッケージをダウンロードできます。For manual or offline package installations, you can download the RPM and Debian packages with the information in the following table:

[パッケージ]Package パッケージ バージョンPackage version ダウンロードDownloads
Red Hat RPM パッケージRed Hat RPM package 14.0.3015.40-114.0.3015.40-1 エンジンは RPM パッケージEngine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SQL Server エージェント RPM パッケージSQL Server Agent RPM package
SSIS パッケージSSIS package
SLES RPM パッケージSLES RPM package 14.0.3015.40-114.0.3015.40-1 mssql server エンジン RPM パッケージmssql-server Engine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SQL Server エージェント RPM パッケージSQL Server Agent RPM package
Ubuntu 16.04 Debian パッケージUbuntu 16.04 Debian package 14.0.3015.40-114.0.3015.40-1 エンジン Debian パッケージEngine Debian package
高可用性 Debian パッケージHigh Availability Debian package
フルテキスト検索の Debian パッケージFull-text Search Debian package
SQL Server エージェントの Debian パッケージSQL Server Agent Debian package
SSIS パッケージSSIS package

CU2 (2017 年 11 月)CU2 (November 2017)

これは、SQL Server 2017 の Cumulative Update 2 (CU2) リリースです。This is the Cumulative Update 2 (CU2) release of SQL Server 2017. このリリースの SQL Server エンジンのバージョンは、14.0.3008.27 です。The SQL Server engine version for this release is 14.0.3008.27. 修正プログラムとこのリリースの機能強化については、次を参照してください。 https://support.microsoft.com/help/4052574です。For information about the fixes and improvements in this release, see https://support.microsoft.com/help/4052574.

パッケージの詳細Package details

手動またはオフラインのパッケージのインストールで、次の表の情報とパッケージの RPM と Debian パッケージをダウンロードできます。For manual or offline package installations, you can download the RPM and Debian packages with the information in the following table:

[パッケージ]Package パッケージ バージョンPackage version ダウンロードDownloads
Red Hat RPM パッケージRed Hat RPM package 14.0.3008.27-114.0.3008.27-1 エンジンは RPM パッケージEngine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SQL Server エージェント RPM パッケージSQL Server Agent RPM package
SSIS パッケージSSIS package
SLES RPM パッケージSLES RPM package 14.0.3008.27-114.0.3008.27-1 mssql server エンジン RPM パッケージmssql-server Engine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SQL Server エージェント RPM パッケージSQL Server Agent RPM package
Ubuntu 16.04 Debian パッケージUbuntu 16.04 Debian package 14.0.3008.27-114.0.3008.27-1 エンジン Debian パッケージEngine Debian package
高可用性 Debian パッケージHigh Availability Debian package
フルテキスト検索の Debian パッケージFull-text Search Debian package
SQL Server エージェントの Debian パッケージSQL Server Agent Debian package
SSIS パッケージSSIS package

CU1 (2017 年 10 月)CU1 (October 2017)

これは、SQL Server 2017 の Cumulative Update 1 (CU1) リリースです。This is the Cumulative Update 1 (CU1) release of SQL Server 2017. このリリースの SQL Server エンジンのバージョンは、14.0.3006.16 です。The SQL Server engine version for this release is 14.0.3006.16. 修正プログラムとこのリリースの機能強化については、次を参照してください。 https://support.microsoft.com/help/KB4053439です。For information about the fixes and improvements in this release, see https://support.microsoft.com/help/KB4053439.

パッケージの詳細Package details

手動またはオフラインのパッケージのインストールで、次の表の情報とパッケージの RPM と Debian パッケージをダウンロードできます。For manual or offline package installations, you can download the RPM and Debian packages with the information in the following table:

[パッケージ]Package パッケージ バージョンPackage version ダウンロードDownloads
Red Hat RPM パッケージRed Hat RPM package 14.0.3006.16-314.0.3006.16-3 エンジンは RPM パッケージEngine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SQL Server エージェント RPM パッケージSQL Server Agent RPM package
SSIS パッケージSSIS package
SLES RPM パッケージSLES RPM package 14.0.3006.16-314.0.3006.16-3 mssql server エンジン RPM パッケージmssql-server Engine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SQL Server エージェント RPM パッケージSQL Server Agent RPM package
Ubuntu 16.04 Debian パッケージUbuntu 16.04 Debian package 14.0.3006.16-314.0.3006.16-3 エンジン Debian パッケージEngine Debian package
高可用性 Debian パッケージHigh Availability Debian package
フルテキスト検索の Debian パッケージFull-text Search Debian package
SQL Server エージェントの Debian パッケージSQL Server Agent Debian package
SSIS パッケージSSIS package

GA (2017 年 10 月)GA (October 2017)

これは、SQL Server 2017 の一般公開 (GA) リリースです。This is the General Availability (GA) release of SQL Server 2017. このリリースの SQL Server エンジンのバージョンは、14.0.1000.169 です。The SQL Server engine version for this release is 14.0.1000.169.

パッケージの詳細Package details

パッケージの詳細と、RPM パッケージと Debian パッケージのダウンロード場所は、次の表に一覧表示されます。Package details and download locations for the RPM and Debian packages are listed in the following table. 次のインストール ガイドの手順を使用する場合に、これらのパッケージを直接ダウンロードする必要はありませんに注意してください。Note that you do not need to download these packages directly if you use the steps in the following installation guides:

[パッケージ]Package パッケージ バージョンPackage version ダウンロードDownloads
Red Hat RPM パッケージRed Hat RPM package 14.0.1000.169-214.0.1000.169-2 エンジンは RPM パッケージEngine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SQL Server エージェント RPM パッケージSQL Server Agent RPM package
SSIS パッケージSSIS package
SLES RPM パッケージSLES RPM package 14.0.1000.169-214.0.1000.169-2 mssql server エンジン RPM パッケージmssql-server Engine RPM package
高可用性 RPM パッケージHigh Availability RPM package
フルテキスト検索の 15,000 RPM パッケージFull-text Search RPM package
SQL Server エージェント RPM パッケージSQL Server Agent RPM package
Ubuntu 16.04 Debian パッケージUbuntu 16.04 Debian package 14.0.1000.169-214.0.1000.169-2 エンジン Debian パッケージEngine Debian package
高可用性 Debian パッケージHigh Availability Debian package
フルテキスト検索の Debian パッケージFull-text Search Debian package
SQL Server エージェントの Debian パッケージSQL Server Agent Debian package
SSIS パッケージSSIS package

サポートされていない機能とサービスUnsupported features & services

次の機能とサービスは GA リリースの時点では Linux で使用できません。The following features and services are not available on Linux at the time of the GA release. 時間の経過と共に、これらの機能のサポートをしだいに有効なります。The support of these features will be increasingly enabled over time.

領域Area サポートされていない機能またはサービスUnsupported feature or service
データベース エンジンDatabase engine トランザクション レプリケーションTransactional replication
  マージ レプリケーションMerge replication
  Stretch DBStretch DB
  PolyBasePolybase
  サード パーティ製の接続で分散クエリDistributed query with 3rd-party connections
  システム拡張ストアド プロシージャ (XP_CMDSHELL など)System extended stored procedures (XP_CMDSHELL, etc.)
  Filetable は、FILESTREAMFiletable, FILESTREAM
  CLR アセンブリと EXTERNAL_ACCESS または UNSAFE 権限の設定します。CLR assemblies with the EXTERNAL_ACCESS or UNSAFE permission set
  バッファー プール拡張Buffer Pool Extension
SQL Server エージェントSQL Server Agent サブシステム: CmdExec、PowerShell、キュー リーダーは、SSIS、SSAS、SSRSSubsystems: CmdExec, PowerShell, Queue Reader, SSIS, SSAS, SSRS
  警告Alerts
  ログ リーダー エージェント (Log Reader Agent)Log Reader Agent
  変更データ キャプチャChange Data Capture
  管理対象のバックアップManaged Backup
高可用性High Availability データベース ミラーリングDatabase mirroring
セキュリティSecurity 拡張キー管理Extensible Key Management
  リンク サーバーの AD の認証AD Authentication for Linked Servers
  可用性グループ (Ag) に対して AD の認証AD Authentication for Availability Groups (AGs)
  サード パーティ AD ツール (Centrify、いる Vintela、Powerbroker)3rd party AD tools (Centrify, Vintela, Powerbroker)
サービスServices SQL Server BrowserSQL Server Browser
  SQL Server R servicesSQL Server R services
  StreamInsightStreamInsight
  Analysis ServicesAnalysis Services
  Reporting ServicesReporting Services
  [データベース エンジン サービス]Data Quality Services
  マスター データ サービスMaster Data Services
  分散トランザクション コーディネーター (DTC)Distributed Transaction Coordinator (DTC)

既知の問題Known issues

以降のセクションでは、Linux 上の SQL Server 2017 の一般公開 (GA) リリースの既知の問題を記述します。The following sections describe known issues with the General Availability (GA) release of SQL Server 2017 on Linux.

全般General

  • SQL Server 2017 の GA リリースにアップグレードするには、CTP 2.1 からのみまたはそれ以降はサポートされてます。Upgrades to the GA release of SQL Server 2017 are supported only from CTP 2.1 or higher.

  • SQL Server が 15 文字である要件がインストールされている以下のホスト名の長さ。The length of the hostname where SQL Server is installed needs to be 15 characters or less.

    • 解像度: 何か 15 文字以下にホスト名などの名前を変更します。Resolution: Change the name in /etc/hostname to something 15 characters long or less.
  • システム時刻を時刻で旧バージョンと手動で設定を SQL Server を SQL Server の内部のシステム時刻が更新を停止するとなります。Manually setting the system time backwards in time will cause SQL Server to stop updating the internal system time within SQL Server.

    • 解像度: SQL Server を再起動します。Resolution: Restart SQL Server.
  • 1 つのインスタンスのインストールのみがサポートされています。Only single instance installations are supported.

    • 解像度: 指定されたホスト上で複数のインスタンスがある場合は、Vm の使用を検討または Docker コンテナーです。Resolution: If you want to have more than one instance on a given host, consider using VMs or Docker containers.
  • SQL Server 構成マネージャーは、Linux 上の SQL Server に接続できません。SQL Server Configuration Manager can’t connect to SQL Server on Linux.

  • 既定の言語、 saログインは英語です。The default language of the sa login is English.

    • 解像度: の言語を変更、 saを使用してログイン、 ALTER LOGINステートメントです。Resolution: Change the language of the sa login with the ALTER LOGIN statement.

データベースDatabases

  • Mssql conf ユーティリティでは、master データベースを移動できません。The master database cannot be moved with the mssql-conf utility. Mssql 構成とその他のシステム データベースを移動することができます。Other system databases can be moved with mssql-conf.

  • SQL Server on Windows でバックアップされたデータベースを復元するときに行う必要があります、 WITH MOVE TRANSACT-SQL ステートメントの句。When restoring a database that was backed up on SQL Server on Windows, you must use the WITH MOVE clause in the Transact-SQL statement.

  • Linux で実行されている SQL Server では、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター サービスを必要とする分散トランザクションはサポートされていません。Distributed transactions requiring the Microsoft Distributed Transaction Coordinator service are not supported on SQL Server running on Linux. DTC が含まれる場合を除き、リンク サーバーがサポートされる SQL Server を SQL Server。SQL Server to SQL Server linked servers are supported unless they involve the DTC. 詳細については、次を参照してください。 Linux で実行されている SQL Server では、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター サービスを必要とする分散トランザクションはサポートされませんです。For more information, see Distributed transactions requiring the Microsoft Distributed Transaction Coordinator service are not supported on SQL Server running on Linux.

  • 特定のアルゴリズム (暗号スイート) トランスポート層セキュリティ (TLS) は、Linux に SQL Server では正しく機能しません。Certain algorithms (cipher suites) for Transport Layer Security (TLS) do not work properly with SQL Server on Linux. これは、結果、SQL Server に接続するときに問題と同様に高可用性グループ レプリカ間の接続を確立する接続が失敗します。This results in connection failures when attempting to connect to SQL Server, as well as problems establishing connections between replicas in high availability groups.

    • 解像度: 変更、 mssql.conf構成スクリプトを SQL Server on Linux は、次の手順を実行して問題のある暗号スイートを無効にします。Resolution: Modify the mssql.conf configuration script for SQL Server on Linux to disable problematic cipher suites, by doing the following:

      1. 次の/var/opt/mssql/mssql.conf に追加します。Add the following to /var/opt/mssql/mssql.conf.

        [network]
        tlsciphers= AES256-GCM-SHA384:AES128-GCM-SHA256:AES256-SHA256:AES128-SHA256:AES256-SHA:AES128-SHA:!ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:!ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:!ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:!ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:!ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:!ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256:!ECDHE-ECDSA-AES256-SHA:!ECDHE-ECDSA-AES128-SHA:!ECDHE-RSA-AES256-SHA384:!ECDHE-RSA-AES128-SHA256:!ECDHE-RSA-AES256-SHA:!ECDHE-RSA-AES128-SHA:!DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:!DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:!DHE-RSA-AES256-SHA:!DHE-RSA-AES128-SHA:!DHE-DSS-AES256-SHA256:!DHE-DSS-AES128-SHA256:!DHE-DSS-AES256-SHA:!DHE-DSS-AES128-SHA:!DHE-DSS-DES-CBC3-SHA:!NULL-SHA256:!NULL-SHA
        

        注意

        In the preceding code, ! negates the expression. This tells OpenSSL to not use the following cipher suite.

      2. 次のコマンドでは、SQL Server を再起動します。Restart SQL Server with the following command.

        sudo systemctl restart mssql-server
        
  • インメモリ OLTP を使用して Windows 上の SQL Server 2014 データベースは、Linux 上の SQL Server 2017 に復元することはできません。SQL Server 2014 databases on Windows that use In-memory OLTP cannot be restored on SQL Server 2017 on Linux. インメモリ OLTP を使用する SQL Server 2014 データベースを復元するに最初にデータベースをアップグレードを SQL Server 2016 または Windows 上の SQL Server 2017 移動の前に SQL server on Linux のバックアップ/復元またはデタッチとアタッチを使用して。To restore a SQL Server 2014 database that uses in-memory OLTP, first upgrade the databases to SQL Server 2016 or SQL Server 2017 on Windows before moving them to SQL Server on Linux via backup/restore or detach/attach.

  • ユーザーのアクセス許可ADMINISTER BULK OPERATIONSこの時点で Linux でサポートされていません。User permission ADMINISTER BULK OPERATIONS is not supported on Linux at this time.

ネットワークNetworking

次の両方の条件が満たされた場合、リンク サーバーまたは可用性グループなど、sqlservr プロセスからの発信 TCP 接続が関係する機能は機能しません可能性があります。Features that involve outbound TCP connections from the sqlservr process, such as linked servers or Availability Groups, might not work if both the following conditions are met:

  1. 対象サーバーは、ホスト名と IP アドレスではなくとして指定されます。The target server is specified as a hostname and not an IP address.

  2. ソース インスタンスには、カーネルで無効になっている IPv6 があります。The source instance has IPv6 disabled in the kernel. かどうか、システムはをカーネル内で有効になっている IPv6 ことを確認するには、次のすべてのテストに合格する必要があります。To verify if your system has IPv6 enabled in the kernel, all the following tests must pass:

    • cat /proc/cmdline 現在のカーネルのブート cmdline が印刷されます。cat /proc/cmdline will print the boot cmdline of the current kernel. 出力にはする必要がありますが含まれていないipv6.disable=1です。The output must not contain ipv6.disable=1.
    • Proc/sys/net ipv6/ディレクトリが存在する必要があります。The /proc/sys/net/ipv6/ directory must exist.
    • C プログラムを呼び出すsocket(AF_INET6, SOCK_STREAM, IPPROTO_IP)成功すべき - syscall、fd を返す必要があります! =-1 と EAFNOSUPPORT で異常終了しません。A C program that calls socket(AF_INET6, SOCK_STREAM, IPPROTO_IP) should succeed - the syscall must return an fd != -1 and not fail with EAFNOSUPPORT.

正確なエラーは、この機能によって異なります。The exact error depends on the feature. リンク サーバーでは、ログイン タイムアウト エラーとして明らかにします。For linked servers, this manifests as a login timeout error. 可用性グループの場合、ALTER AVAILABILITY GROUP JOINダウンロード構成タイムアウト エラーで 5 分後に、セカンダリで DDL は失敗します。For Availability Groups, the ALTER AVAILABILITY GROUP JOIN DDL on the secondary will fail after 5 minutes with a download configuration timeout error.

この問題を回避するには、次のいずれかの操作を行います。To work around this issue, do one of the following:

  1. ホスト名ではなく ip アドレスを使用すると、TCP 接続のターゲットを指定します。Use IPs instead of hostnames to specify the target of the TCP connection.

  2. 削除することで、カーネルで IPv6 を有効にするipv6.disable=1ブート cmdline からです。Enable IPv6 in the kernel by removing ipv6.disable=1 from the boot cmdline. これを行う方法は、Linux ディストリビューションとブートローダー、grub などによって異なります。The way to do this depends on the Linux distribution and the bootloader, such as grub. IPv6 を無効にする場合、ことができますも無効にする設定してnet.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1で、sysctl構成 (たとえば/etc/sysctl.conf)。If you do want IPv6 to be disabled, you can still disable it by setting net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1 in the sysctl configuration (eg /etc/sysctl.conf). これもこのメッセージは、システムのネットワーク アダプターが、IPv6 アドレスを取得しないようにするが、sqlservr 機能が動作しましょう。This will still prevent the system's network adapter from getting an IPv6 address, but allow the sqlservr features to work.

Network File System (NFS)Network File System (NFS)

使用する場合Network File System (NFS) 、実稼働環境でのリモートの共有は、次のサポート要件を注意してください。If you use Network File System (NFS) remote shares in production, note the following support requirements:

  • 使用して NFS version 4.2 以上です。Use NFS version 4.2 or higher. NFS の古いバージョンでは、スパース ファイルの作成、最新のファイル システムに共通 fallocate など、必要な機能はできません。Older versions of NFS do not support required features, such as fallocate and sparse file creation, common to modern file systems.
  • のみを検索、 /var/opt/mssql NFS マウント上のディレクトリ。Locate only the /var/opt/mssql directories on the NFS mount. SQL Server システム バイナリなどその他のファイルはサポートされていません。Other files, such as the SQL Server system binaries, are not supported.
  • NFS クライアントが、そのリモート共有をマウントするときに、'nolock' オプションを使用することを確認します。Ensure that NFS clients use the 'nolock' option when mounting the remote share.

ローカライズLocalization

  • ロケールが英語 (en_us) のセットアップ中にでない場合は、bash セッションとターミナルで utf-8 のエンコードを使用する必要があります。If your locale is not English (en_us) during setup, you must use UTF-8 encoding in your bash session/terminal. ASCII エンコーディングを使用する場合は、次のようなエラーを参照してください可能性があります。If you use ASCII encoding, you might see an error similar to the following:

    UnicodeEncodeError: 'ascii' codec can't encode character u'\xf1' in position 8: ordinal not in range(128)
    

    Utf-8 エンコードを使用できない場合は、MSSQL_LCID 環境変数を使用して、選択された言語を指定するセットアップを実行します。If you cannot use UTF-8 encoding, run setup using the MSSQL_LCID environment variable to specify your language choice.

    sudo MSSQL_LCID=<LcidValue> /opt/mssql/bin/mssql-conf setup
    
  • ときに mssql conf セットアップを実行して、拡張文字が、不適切な SQL Server の英語以外のインストールを実行するは、[SQL Server の構成]、ローカライズされたテキストの後に表示されます。When running mssql-conf setup, and performing a non-English installation of SQL Server, incorrect extended characters are displayed after the localized text, "Configuring SQL Server...". ラテン文字以外のベース インストールの場合、文が見つからないこと、または、完全にします。Or, for non-Latin based installations, the sentence might be missing completely. 不足している文は、次のローカライズされた文字列を表示する必要があります:"ライセンスの PID が正常に処理します。The missing sentence should display the following localized string: "The licensing PID was successfully processed. 新しいエディションは、[<名前>edition]"です。The new edition is [<Name> edition]”. 情報用にのみ、この文字列を出力し、すべての言語に対処する次の SQL Server の累積的な更新します。This string is output for information purposes only, and the next SQL Server Cumulative Update will address this for all languages. これは、任意の方法で SQL Server が正常にインストールには影響ありません。This does not affect the successful installation of SQL Server in any way.

SQL Server Integration Services (SSIS)SQL Server Integration Services (SSIS)

  • Mssql サーバーがパッケージがこのリリースで SUSE でサポートされていません。The mssql-server-is package is not supported on SUSE in this release. Ubuntu と Red Hat Enterprise Linux (RHEL) でサポートされています。It is currently supported on Ubuntu and on Red Hat Enterprise Linux (RHEL).

  • Linux CTP 2.1 の更新以降、SSIS で SSIS パッケージは、Linux の ODBC 接続を使用できます。With SSIS on Linux CTP 2.1 Refresh and later, SSIS packages can use ODBC connections on Linux. この機能は、SQL Server および MySQL の ODBC ドライバーでテスト済みですはまた、ODBC 仕様に従うすべての Unicode ODBC ドライバーを使用する必要があります。This functionality has been tested with the SQL Server and the MySQL ODBC drivers, but is also expected to work with any Unicode ODBC driver that observes the ODBC specification. 、デザイン時に、ODBC データに接続する DSN または接続文字列を指定できますWindows 認証を使用することもできます。At design time, you can provide either a DSN or a connection string to connect to the ODBC data; you can also use Windows authentication. 詳細については、次を参照してください。、 Linux 上のブログの投稿 announcing ODBC サポートです。For more info, see the blog post announcing ODBC support on Linux.

  • Linux で SSIS パッケージを実行すると、このリリースでは、次の機能はサポートされていません。The following features are not supported in this release when you run SSIS packages on Linux:

    • SSIS カタログ データベースSSIS Catalog database
    • SQL エージェントがスケジュールされているパッケージの実行Scheduled package execution by SQL Agent
    • [Windows 認証]Windows Authentication
    • サード パーティのコンポーネントThird-party components
    • 変更データ キャプチャ (CDC)Change Data Capture (CDC)
    • SSIS のスケール アウトSSIS Scale Out
    • SSIS 用 azure Feature PackAzure Feature Pack for SSIS
    • Hadoop と HDFS のサポートHadoop and HDFS support
    • Microsoft Connector for SAP BWMicrosoft Connector for SAP BW

現在サポートされていない、または制限付きサポートされている組み込みの SSIS コンポーネントの一覧は、次を参照してください。制限事項と既知の問題 Linux 上の SSISです。For a list of built-in SSIS components that are not currently supported, or that are supported with limitations, see Limitations and known issues for SSIS on Linux.

Linux 上の SSIS の詳細については、次の記事を参照してください。For more info about SSIS on Linux, see the following articles:

SQL Server Management Studio (SSMS)SQL Server Management Studio (SSMS)

次の制限事項は、Linux 上の SQL Server に接続されている Windows の SSMS に適用されます。The following limitations apply to SSMS on Windows connected to SQL Server on Linux.

  • メンテナンス プランはサポートされていません。Maintenance plans are not supported.

  • 管理データ ウェアハウス (MDW) と SSMS で、データ コレクターはサポートされていません。Management Data Warehouse (MDW) and the data collector in SSMS are not supported.

  • Windows 認証または Windows イベント ログのオプションを持つ SSMS UI コンポーネントは、Linux では機能しません。SSMS UI components that have Windows Authentication or Windows event log options do not work with Linux. SQL ログインなど、他のオプションと、これらの機能を引き続き使用できます。You can still use these features with other options, such as SQL logins.

  • 保持するログ ファイルの数を変更できません。Number of log files to retain cannot be modified.

次の手順Next steps

開始するには、次のクイック スタートを参照してください。To get started, see the following quickstarts:

よく寄せられる質問に対する回答については、次を参照してください。、 SQL Server on Linux に関する FAQです。For answers to frequently asked questions, see the SQL Server on Linux FAQ.