Sqlcmd および bcp、SQL Server コマンド ライン ツールを Linux にインストールします。Install sqlcmd and bcp the SQL Server command-line tools on Linux

適用対象: ○SQL Server (Linux のみ) ×Azure SQL Database ×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server (Linux only) noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

次の手順では、コマンド ライン ツール、Microsoft ODBC ドライバー、およびその依存関係をインストールします。The following steps install the command-line tools, Microsoft ODBC drivers, and their dependencies. Mssql ツールパッケージが含まれています。The mssql-tools package contains:

  • sqlcmd:コマンド ライン クエリ ユーティリティです。sqlcmd: Command-line query utility.
  • bcp:一括インポート/エクスポート ユーティリティです。bcp: Bulk import-export utility.

お使いのプラットフォーム ツールをインストールします。Install the tools for your platform:

この記事では、コマンド ライン ツールをインストールする方法について説明します。This article describes how to install the command-line tools. 使用する方法の例を探しているかどうかはsqlcmdまたはbcpを参照してください、リンクこのトピックの最後にします。If you are looking for examples of how to use sqlcmd or bcp, see the links at the end of this topic.

RHEL 7 にツールをインストールします。Install tools on RHEL 7

次の手順を使用してインストールする、 mssql ツールRed Hat Enterprise linux。Use the following steps to install the mssql-tools on Red Hat Enterprise Linux.

  1. スーパー ユーザー モードに入ります。Enter superuser mode.

    sudo su
    
  2. Microsoft の Red Hat リポジトリの構成ファイルをダウンロードします。Download the Microsoft Red Hat repository configuration file.

    curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo > /etc/yum.repos.d/msprod.repo
    
  3. スーパー ユーザーのモードを終了します。Exit superuser mode.

    exit
    
  4. インストールされている mssql ツール の以前のバージョンがあれば、古い unixODBC パッケージを削除します。If you had a previous version of mssql-tools installed, remove any older unixODBC packages.

    sudo yum remove mssql-tools unixODBC-utf16-devel
    
  5. 次のコマンドを実行して mssql-tools を unixODBC 開発者パッケージとともにインストールします。Run the following commands to install mssql-tools with the unixODBC developer package.

    sudo yum install mssql-tools unixODBC-devel
    

    注意

    最新バージョンに更新するmssql ツール次のコマンドを実行します。To update to the latest version of mssql-tools run the following commands:

    sudo yum check-update
    sudo yum update mssql-tools
    
  6. 省略可能な:追加/opt/mssql-tools/bin/パスbash シェル内の環境変数。Optional: Add /opt/mssql-tools/bin/ to your PATH environment variable in a bash shell.

    させるsqlcmd と bcpログイン セッションでは、bash シェルからアクセス可能な変更、パスで、 ~/.bash_profile次のコマンドでファイル。To make sqlcmd/bcp accessible from the bash shell for login sessions, modify your PATH in the ~/.bash_profile file with the following command:

    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bash_profile
    

    させるsqlcmd と bcp対話型/非ログイン セッションでは、bash シェルからアクセス可能な変更、パスで、 ~/.bashrc次のコマンドでファイル。To make sqlcmd/bcp accessible from the bash shell for interactive/non-login sessions, modify the PATH in the ~/.bashrc file with the following command:

    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    

Ubuntu 16.04 にツールをインストールします。Install tools on Ubuntu 16.04

次の手順を使用してインストールする、 mssql ツールubuntu の場合。Use the following steps to install the mssql-tools on Ubuntu.

  1. パブリック リポジトリの GPG キーをインポートします。Import the public repository GPG keys.

    curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
    
  2. Ubuntu の Microsoft リポジトリを登録します。Register the Microsoft Ubuntu repository.

    curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/msprod.list
    
  3. ソースの一覧を更新して、unixODBC 開発者のパッケージをインストール コマンドを実行します。Update the sources list and run the installation command with the unixODBC developer package.

    sudo apt-get update 
    sudo apt-get install mssql-tools unixodbc-dev
    

    注意

    最新バージョンに更新するmssql ツール次のコマンドを実行します。To update to the latest version of mssql-tools run the following commands:

    sudo apt-get update 
    sudo apt-get install mssql-tools 
    
  4. 省略可能な:追加/opt/mssql-tools/bin/パスbash シェル内の環境変数。Optional: Add /opt/mssql-tools/bin/ to your PATH environment variable in a bash shell.

    させるsqlcmd と bcpログイン セッションでは、bash シェルからアクセス可能な変更、パスで、 ~/.bash_profile次のコマンドでファイル。To make sqlcmd/bcp accessible from the bash shell for login sessions, modify your PATH in the ~/.bash_profile file with the following command:

    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bash_profile
    

    させるsqlcmd と bcp対話型/非ログイン セッションでは、bash シェルからアクセス可能な変更、パスで、 ~/.bashrc次のコマンドでファイル。To make sqlcmd/bcp accessible from the bash shell for interactive/non-login sessions, modify the PATH in the ~/.bashrc file with the following command:

    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    

SLES 12 でツールをインストールします。Install tools on SLES 12

次の手順を使用してインストールする、 mssql ツールSUSE Linux Enterprise server。Use the following steps to install the mssql-tools on SUSE Linux Enterprise Server.

  1. Zypper を Microsoft SQL Server リポジトリを追加します。Add the Microsoft SQL Server repository to Zypper.

    sudo zypper addrepo -fc https://packages.microsoft.com/config/sles/12/prod.repo 
    sudo zypper --gpg-auto-import-keys refresh
    
  2. インストールmssql ツールunixODBC 開発者パッケージにします。Install mssql-tools with the unixODBC developer package.

    sudo zypper install mssql-tools unixODBC-devel
    

    注意

    最新バージョンに更新するmssql ツール次のコマンドを実行します。To update to the latest version of mssql-tools run the following commands:

    sudo zypper refresh
    sudo zypper update mssql-tools
    
  3. 省略可能な:追加/opt/mssql-tools/bin/パスbash シェル内の環境変数。Optional: Add /opt/mssql-tools/bin/ to your PATH environment variable in a bash shell.

    させるsqlcmd と bcpログイン セッションでは、bash シェルからアクセス可能な変更、パスで、 ~/.bash_profile次のコマンドでファイル。To make sqlcmd/bcp accessible from the bash shell for login sessions, modify your PATH in the ~/.bash_profile file with the following command:

    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bash_profile
    

    させるsqlcmd と bcp対話型/非ログイン セッションでは、bash シェルからアクセス可能な変更、パスで、 ~/.bashrc次のコマンドでファイル。To make sqlcmd/bcp accessible from the bash shell for interactive/non-login sessions, modify the PATH in the ~/.bashrc file with the following command:

    echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    

MacOS でのツールをインストールします。Install tools on macOS

プレビュー sqlcmdbcp macOS で公開されています。A preview of sqlcmd and bcp is now available on macOS. 詳細については、次を参照してください。、アナウンスします。For more information, see the announcement.

インストールHomebrewまだ持っていない場合。Install Homebrew if you don't have it already:

    /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Mac El Capitan と Sierra のツールをインストールするには、次のコマンドを使用します。To install the tools for Mac El Capitan and Sierra, use the following commands:

# brew untap microsoft/mssql-preview if you installed the preview version 
brew tap microsoft/mssql-release https://github.com/Microsoft/homebrew-mssql-release
brew update
brew install mssql-tools
#for silent install: 
#HOMEBREW_NO_ENV_FILTERING=1 ACCEPT_EULA=y brew install mssql-tools

DockerDocker

Docker イメージには、SQL Server コマンド ライン ツールが含まれます。The SQL Server command-line tools are included in the Docker image. 対話型コマンド プロンプトで、イメージをアタッチする場合は、ローカルのツールを実行できます。If you attach to the image with an interactive command-prompt, you can run the tools locally.

オフライン インストールOffline installation

Linux マシンが前のセクションで使われたオンライン リポジトリにアクセスできない場合は、パッケージ ファイルを直接ダウンロードできます。If your Linux machine does not have access to the online repositories used in the previous sections, you can download the package files directly. これらのパッケージが、Microsoft リポジトリにある https://packages.microsoft.comします。These packages are located in the Microsoft repository, https://packages.microsoft.com.

ヒント

前のセクションの手順で正常にインストールした場合は、次のパッケージをダウンロードしたり手動でインストールする必要はありません。If you successfully installed with the steps in the previous sections, you do not need to download or manually install the package(s) below. これは、オフライン シナリオのみです。This is only for the offline scenario.

  1. 最初に、検索して、コピー、 mssql ツールLinux ディストリビューションのパッケージ。First, locate and copy the mssql-tools package for your Linux distribution:

    Linux ディストリビューションLinux distribution mssql ツールパッケージの場所mssql-tools package location
    Red HatRed Hat https://packages.microsoft.com/rhel/7.3/prod
    SLESSLES https://packages.microsoft.com/sles/12/prod
    Ubuntu 16.04Ubuntu 16.04 https://packages.microsoft.com/ubuntu/16.04/prod/pool/main/m/mssql-tools
  2. 検索して、コピーも、移動パッケージは、依存関係。Also locate and copy the msodbcsql package, which is a dependency. 移動パッケージもいずれかに依存しているunixODBC devel (Red Hat および SLES) またはunixodbc dev (Ubuntu)。The msodbcsql package also has a dependency on either unixODBC-devel (Red Hat and SLES) or unixodbc-dev (Ubuntu). 場所、移動パッケージが次の表に一覧表示します。The location of the msodbcsql packages are listed in the following table:

    Linux ディストリビューションLinux distribution ODBC のパッケージの場所ODBC packages location
    Red HatRed Hat https://packages.microsoft.com/rhel/7.3/prod
    SLESSLES https://packages.microsoft.com/sles/12/prod
    Ubuntu 16.04Ubuntu 16.04 msodbcsqlmsodbcsql
    unixodbc 開発unixodbc-dev
  3. Linux コンピューターにダウンロードしたパッケージを移動します。Move the downloaded packages to your Linux machine. Linux コンピューターに、パッケージを移動する方法の 1 つは、パッケージをダウンロードする別のコンピューターを使用した場合、 scpコマンド。If you used a different machine to download the packages, one way to move the packages to your Linux machine is with the scp commmand.

  4. インストール、およびパッケージ:インストール、 mssql ツールmsodbcパッケージ。Install the and packages: Install the mssql-tools and msodbc packages. すべての依存関係エラーが発生した場合は、次の手順まで無視します。If you get any dependency errors, ignore them until the next step.

    プラットフォームPlatform パッケージのインストール コマンドPackage install commands
    Red HatRed Hat sudo yum localinstall msodbcsql-<version>.rpm
    sudo yum localinstall mssql-tools-<version>.rpm
    SLESSLES sudo zypper install msodbcsql-<version>.rpm
    sudo zypper install mssql-tools-<version>.rpm
    UbuntuUbuntu sudo dpkg -i msodbcsql_<version>.deb
    sudo dpkg -i mssql-tools_<version>.deb
  5. 解決するには依存関係がない:この時点での依存関係が不足しているがあります。Resolve missing dependencies: You might have missing dependencies at this point. それ以外の場合は、この手順をスキップすることができます。If not, you can skip this step. 場合によってでは、手動で検索して、これらの依存関係をインストールする必要があります。In some cases, you must manually locate and install these dependencies.

    RPM パッケージでは、次のコマンドで必要な依存関係を確認できます。For RPM packages, you can inspect the required dependencies with the following commands:

    rpm -qpR msodbcsql-<version>.rpm
    rpm -qpR mssql-tools-<version>.rpm
    

    Debian パッケージは、それらの依存関係を含む承認済みのリポジトリにアクセスする場合、最も簡単なソリューションを使用する、 apt-get とコマンド。For Debian packages, if you have access to approved repositories containing those dependencies, the easiest solution is to use the apt-get command:

    sudo apt-get -f install
    

    注意

    このコマンドは、SQL Server パッケージのインストールを完了します。This command completes the installation of the SQL Server packages as well.

    これが機能しない、Debian パッケージの場合は、次のコマンドで必要な依存関係を確認できます。If this does not work for your Debian package, you can inspect the required dependencies with the following commands:

    dpkg -I msodbcsql_<version>_amd64.deb | grep "Depends:"
    dpkg -I mssql-tools_<version>_amd64.deb | grep "Depends:"
    

次のステップNext steps

使用する方法の例についてはsqlcmdを SQL Server に接続し、データベースの作成には、次のクイック スタートのいずれかを表示します。For an example of how to use sqlcmd to connect to SQL Server and create a database, see one of the following quickstarts:

使用する方法の例についてはbcpデータを一括インポートおよびエクスポートを参照してください。 Linux 上の SQL Server にデータの一括コピーします。For an example of how to use bcp to bulk import and export data, see Bulk copy data to SQL Server on Linux.