制限事項と Linux での SSIS の既知の問題Limitations and known issues for SSIS on Linux

適用対象: はいSQL サーバー (Linux のみ)ありませんAzure SQL DatabaseありませんAzure SQL Data Warehouseありません並列データ ウェアハウス APPLIES TO: yesSQL Server (Linux only) noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

この記事について説明します制限事項と既知の問題の SQL Server Integration Services (SSIS) Linux 上。This article describes limitations and known issues for SQL Server Integration Services (SSIS) on Linux.

一般的な制限事項と既知の問題General limitations and known issues

Linux 上の SSIS のこのリリースでは、次の機能はサポートされていません。The following features are not supported in this release of SSIS on Linux:

  • SSIS カタログ データベースSSIS Catalog database
  • SQL エージェントでスケジュールされたパッケージの実行Scheduled package execution by SQL Agent
  • [Windows 認証]Windows Authentication
  • サード パーティのコンポーネントThird-party components
  • 変更データ キャプチャ (CDC)Change Data Capture (CDC)
  • SSIS スケール アウトSSIS Scale Out
  • Azure Feature Pack for SSISAzure Feature Pack for SSIS
  • Hadoop と HDFS のサポートHadoop and HDFS support
  • Microsoft Connector for SAP BWMicrosoft Connector for SAP BW

その他の制限事項と Linux での SSIS に関する既知の問題では、次を参照してください。、リリース ノートします。For other limitations and known issues with SSIS on Linux, see the Release Notes.

サポートされているとサポート非対象のコンポーネントSupported and unsupported components

次の組み込みの Integration Services コンポーネントは、Linux でサポートされます。The following built-in Integration Services components are supported on Linux. Linux プラットフォームでそれらの一部には制限があります。Some of them have limitations on the Linux platform. ここに記載されていない組み込みのコンポーネントは Linux ではサポートされていません。Built-in components that are not listed here are not supported on Linux.

制御フロー タスクのサポートSupported control flow tasks

  • 一括挿入タスクBulk Insert Task
  • [データ フロー タスク]Data Flow Task
  • データ プロファイル タスクData Profiling Task
  • SQL 実行タスクExecute SQL Task
  • T-SQL ステートメントの実行タスクExecute T-SQL Statement Task
  • 式タスクExpression Task
  • FTP タスクFTP Task
  • Web サービス タスクWeb Service Task
  • XML タスクXML Task

制御フローのタスクの制限付きサポートControl flow tasks supported with limitations

タスクTask 制限事項Limitations
プロセス実行タスクExecute Process task インプロセス モードのみをサポートします。Only supports in-process mode.
ファイル システム タスクFile System task 移動ディレクトリファイル属性を設定操作がサポートされていません。The Move directory and Set file attributes actions are not supported.
スクリプト タスクScript task 標準の .NET Framework Api のみをサポートします。Only supports standard .NET Framework APIs.
メール送信タスクSend Mail task 匿名ユーザー モードのみをサポートします。Only supports anonymous user mode.
データベース転送タスクTransfer Database task UNC パスはサポートされません。UNC paths are not supported.

サポートされているとサポートされていないメンテナンス プランのタスクSupported and unsupported maintenance plan tasks

SQL Server メンテナンス プランでは、通常のさまざまな SSIS タスクを使用できます。In a SQL Server maintenance plan, you can typically use a variety of SSIS tasks.

次のメンテナンス プランのタスクは、Linux ではサポートされません。The following maintenance plan tasks are not supported on Linux:

  • オペレーターに通知します。Notify Operator
  • SQL Server エージェント ジョブを実行します。Execute SQL Server Agent Job

Linux では、次のメンテナンス プランのタスクがサポートされています。The following maintenance plan tasks are supported on Linux:

  • データベースの整合性を確認してください。Check Database Integrity
  • データベースを圧縮します。Shrink Database
  • [インデックスの再構成]Reorganize Index
  • インデックスを再構築します。Rebuild Index
  • 統計の更新Update Statistics
  • 履歴をクリーンアップします。Clean Up History
  • データベースをバックアップします。Back Up Database
  • T-SQL ステートメントT-SQL Statement

制御フロー コンテナーのサポートSupported control flow containers

  • シーケンス コンテナーSequence Container
  • For ループ コンテナーFor Loop Container
  • Foreach ループ コンテナーForeach Loop Container

サポートされているデータ フローの変換元および変換先Supported data flow sources and destinations

  • Raw ファイル ソースと変換先Raw File source and destination
  • XML ソースXML Source

データ フローの変換元および変換先の制限付きでサポートData flow sources and destinations supported with limitations

コンポーネントComponent 制限事項Limitations
ADO.NET ソースと変換先ADO.NET source and destination のみ、SQLClient データ プロバイダーをサポートします。Only support the SQLClient data provider.
フラット ファイル ソースと変換先Flat File source and destination 既定のパス マッピング規則が適用される、Windows スタイルのファイル パスがのみサポートします。Only support Windows-style file paths, to which the default path mapping rule is applied. たとえばD:\home\ssis\travel.csvなります/home/ssis/travel.csvします。For example D:\home\ssis\travel.csv becomes /home/ssis/travel.csv.
OData ソースOData source 基本認証のみをサポートします。Only supports Basic authentication.
ODBC のソースとターゲットODBC source and destination Linux 上の 64 ビットの Unicode ODBC ドライバーをサポートしています。Supports 64-bit Unicode ODBC drivers on Linux. Linux 上の UnixODBC ドライバー マネージャーによって異なります。Depends on the UnixODBC driver manager on Linux.
OLE DB ソースと変換先OLE DB source and destination のみ SQL Server の SQL Server Native Client 11.0、Microsoft OLE DB プロバイダーをサポートします。Only support SQL Server Native Client 11.0 and Microsoft OLE DB Provider for SQL Server.

サポートされているデータ フローの変換Supported data flow transformations

  • AggregateAggregate
  • 監査Audit
  • Balanced Data DistributorBalanced Data Distributor
  • 文字マップCharacter Map
  • 条件分割Conditional Split
  • 列コピーCopy Column
  • データ変換Data Conversion
  • [派生列]Derived Column
  • 列エクスポートExport Column
  • あいまいグループ化Fuzzy Grouping
  • あいまい参照Fuzzy Lookup
  • 列インポートImport Column
  • LookupLookup
  • MergeMerge
  • マージ結合Merge Join
  • マルチキャストMulticast
  • ピボットPivot
  • 行数Row Count
  • 緩やかに変化するディメンションSlowly Changing Dimension
  • 並べ替えSort
  • 用語参照Term Lookup
  • Union AllUnion All
  • ピボット解除Unpivot

データ フローの変換の制限付きサポートData flow transformations supported with limitations

コンポーネントComponent 制限事項Limitations
OLE DB コマンド変換OLE DB Command transformation OLE DB ソースおよびターゲットとして同じ制限します。Same limitations as the OLE DB source and destination.
スクリプト コンポーネントScript component 標準の .NET Framework Api のみをサポートします。Only supports standard .NET Framework APIs.

サポートされているとサポート非対象のログ プロバイダーSupported and unsupported log providers

組み込みの SSIS ログ プロバイダーが Linux でサポートされているすべては、Windows イベント ログ プロバイダーを除きます。All the built-in SSIS log providers are supported on Linux except the Windows Event Log provider.

SQL Server ログ プロバイダーは、SQL 認証のみをサポートしています。Windows 認証をサポートしていません。The SQL Server log provider supports only SQL Authentication; it does not support Windows Authentication.

テキスト ファイル、XML ファイル、および SQL Server Profiler の SSIS ログ プロバイダーは、その出力を指定したファイルに書き込みます。The SSIS log providers for Text files, for XML files, and for SQL Server Profiler write their output to a file that you specify. ファイルのパスに次の考慮事項が適用されます。The following considerations apply to the file path:

  • パスを指定しなかった場合、ログ プロバイダーは、ホストの現在のディレクトリに書き込みます。If you don't provide a path, the log provider writes to the current directory of the host. 現在のユーザーには、ホストの現在のディレクトリに対する書き込みアクセス許可を持っていない、ログ プロバイダーは、エラーが発生します。If the current user doesn't have permission to write to the current directory of the host, the log provider raises an error.
  • ファイル パスで環境変数を使用することはできません。You can't use an environment variable in a file path. 環境変数を指定する場合、ファイル パスで指定したリテラル テキストが表示されます。If you specify an environment variable, the literal text that you specify appears in the file path. たとえば、指定した場合%TMP%/log.txt、ログ プロバイダーは、リテラル テキストを追加します。/%TMP%/log.txtホストの現在のディレクトリにします。For example, if you specify %TMP%/log.txt, the log provider appends the literal text /%TMP%/log.txt to the current host directory.