クイック スタート:SQL 機械学習を使用して Python で予測モデルを作成してスコア付けする

適用対象: はいSQL Server 2017 (14.x) 以降 はいAzure SQL Managed Instance

このクイックスタートでは、Python を使用して予測モデルを作成してトレーニングします。 モデルを SQL Server インスタンスのテーブルに保存し、そのモデルを使用し、SQL Server Machine Learning ServicesAzure SQL Managed Instance Machine Learning ServicesSQL Server ビッグ データ クラスターを使用して新しいデータから値を予測します。

SQL で実行されている 2 つのストアド プロシージャを作成して実行します。 最初の例では、クラシックなアヤメの花のデータセットを使用して、花の特性に基づいてアヤメの種を推測する Naïve Bayes モデルを生成します。 2 番目のプロシージャはスコアリング用で、最初のプロシージャで生成されたモデルを呼び出して、新しいデータに基づいて一連の予測を出力します。 SQL ストアド プロシージャに Python コードを配置することで、操作は SQL に格納され、再利用可能になり、他のストアド プロシージャやクライアント アプリケーションから呼び出すことができます。

このクイックスタートを完了すると、次のことを学習できます。

  • ストアド プロシージャに Python コードを埋め込む方法
  • ストアド プロシージャの入力を介してコードに入力を渡す方法
  • ストアド プロシージャを使用してモデルを運用化する方法

前提条件

このクイック スタートを実行するには、次の前提条件を用意しておく必要があります。

モデルを生成するストアド プロシージャを作成する

この手順では、結果を予測するためのモデルを生成するストアド プロシージャを作成します。

  1. Azure Data Studio を開き、SQL インスタンスに接続し、新しいクエリ ウィンドウを開きます。

  2. irissql データベースに接続するします。

    USE irissql
    GO
    
  3. 次のコードをコピーして、新しいストアド プロシージャを作成します。

    このプロシージャを実行すると sp_execute_external_script が呼び出され、Python セッションが開始されます。

    Python コードで必要な入力は、このストアド プロシージャの入力パラメーターとして渡されます。 機械学習アルゴリズムの Python scikit-learn ライブラリに基づいて、出力はトレーニング済みのモデルになります。

    このコードでは、pickle を使用して、モデルをシリアル化します。 モデルは、iris_data テーブルの列 0 から 4 のデータを使用してトレーニングされます。

    プロシージャの 2 番目の部分に表示されるパラメーターは、データ入力とモデル出力を明確にします。 可能な限り、ストアド プロシージャで実行されている Python コードでは、実行時に渡されたストアド プロシージャの入力と出力にマップされる入力と出力を明確に定義する必要があります。

    CREATE PROCEDURE generate_iris_model (@trained_model VARBINARY(max) OUTPUT)
    AS
    BEGIN
        EXECUTE sp_execute_external_script @language = N'Python'
            , @script = N'
    import pickle
    from sklearn.naive_bayes import GaussianNB
    GNB = GaussianNB()
    trained_model = pickle.dumps(GNB.fit(iris_data[["Sepal.Length", "Sepal.Width", "Petal.Length", "Petal.Width"]], iris_data[["SpeciesId"]].values.ravel()))
    '
            , @input_data_1 = N'select "Sepal.Length", "Sepal.Width", "Petal.Length", "Petal.Width", "SpeciesId" from iris_data'
            , @input_data_1_name = N'iris_data'
            , @params = N'@trained_model varbinary(max) OUTPUT'
            , @trained_model = @trained_model OUTPUT;
    END;
    GO
    
  4. ストアド プロシージャが存在することを確認します。

    前の手順の T-SQL スクリプトがエラーなしで実行された場合は、generate_iris_model という名前の新しいストアド プロシージャが作成され、irissql データベースに追加されます。 ストアド プロシージャは、 [プログラミング] の下にある Azure Data Studio [オブジェクト エクスプローラー] にあります。

手順を実行してモデルを作成およびトレーニングする

この手順では、埋め込みコードを実行するプロシージャを実行し、トレーニング済みのシリアル化されたモデルを出力として作成します。

データベースで再利用するために格納されているモデルは、バイト ストリームとしてシリアル化され、データベース テーブルの「VARBINARY (MAX)」列に格納されます。 モデルの作成、トレーニング、シリアル化、およびデータベースへの保存が完了すると、他のプロシージャ、またはスコアリング ワークロードの PREDICT T-SQL 関数から呼び出すことができます。

  1. プロシージャを実行するには、次のコードを実行します。 ストアド プロシージャを実行するための特定のステートメントは、4 行目の EXECUTE です。

    この特定のスクリプトは、同じ名前の既存のモデル ("Naive Bayes") を削除することで、同じプロシージャを再実行して作成された新しいモデルのスペースを確保します。 モデルを削除しないと、オブジェクトが既に存在することを示すエラーが発生します。 このモデルは、irissql データベースを作成したときにプロビジョニングされた iris_models という名前のテーブルに格納されます。

    DECLARE @model varbinary(max);
    DECLARE @new_model_name varchar(50)
    SET @new_model_name = 'Naive Bayes'
    EXECUTE generate_iris_model @model OUTPUT;
    DELETE iris_models WHERE model_name = @new_model_name;
    INSERT INTO iris_models (model_name, model) values(@new_model_name, @model);
    GO
    
  2. モデルが挿入されたことを確認します。

    SELECT * FROM dbo.iris_models
    

    結果

    model_name model
    Naive Bayes 0x800363736B6C6561726E2E6E616976655F62617965730A...

予測を生成するためのストアド プロシージャを作成および実行する

モデルの作成、トレーニング、保存が完了したので、予測を生成するストアド プロシージャを作成する次の手順に進みます。 これを行うには、sp_execute_external_script を呼び出してシリアル化されたモデルを読み込み、スコア付けする新しいデータ入力を提供する Python スクリプトを実行します。

  1. 次のコードを実行して、スコアリングを実行するストアド プロシージャを作成します。 このプロシージャを実行すると、バイナリ モデルを読み込み、列 [1,2,3,4] を入力として使用し、[0,5,6] 列を出力として指定します。

    CREATE PROCEDURE predict_species (@model VARCHAR(100))
    AS
    BEGIN
        DECLARE @nb_model VARBINARY(max) = (
                SELECT model
                FROM iris_models
                WHERE model_name = @model
                );
    
        EXECUTE sp_execute_external_script @language = N'Python'
            , @script = N'
    import pickle
    irismodel = pickle.loads(nb_model)
    species_pred = irismodel.predict(iris_data[["Sepal.Length", "Sepal.Width", "Petal.Length", "Petal.Width"]])
    iris_data["PredictedSpecies"] = species_pred
    OutputDataSet = iris_data[["id","SpeciesId","PredictedSpecies"]] 
    print(OutputDataSet)
    '
            , @input_data_1 = N'select id, "Sepal.Length", "Sepal.Width", "Petal.Length", "Petal.Width", "SpeciesId" from iris_data'
            , @input_data_1_name = N'iris_data'
            , @params = N'@nb_model varbinary(max)'
            , @nb_model = @nb_model
        WITH RESULT SETS((
                    "id" INT
                  , "SpeciesId" INT
                  , "SpeciesId.Predicted" INT
                    ));
    END;
    GO
    
  2. 使用するモデルをプロシージャが認識できるように、ストアド プロシージャを実行して、モデル名 "Naive Bayes" を指定します。

    EXECUTE predict_species 'Naive Bayes';
    GO
    

    ストアド プロシージャを実行すると、Python data.frame が返されます。 T-SQL の次の行は、返される結果のスキーマを指定します: WITH RESULT SETS ( ("id" int, "SpeciesId" int, "SpeciesId.Predicted" int));。 結果を新しいテーブルに挿入するか、アプリケーションに返すことができます。

    実行中のストアド プロシージャからの結果セット

    結果は、花の特性を入力として使用している種に関する 150 件の予測です。 観測の大部分では、予測された種は実際の条件に一致します。

    この例は、トレーニングとスコアリングの両方で Python のアヤメ データセットを使用することで単純化されています。 より一般的な方法では、SQL クエリを実行して新しいデータを取得し、それを InputDataSet として Python に渡します。

まとめ

この演習では、各ストアド プロシージャがシステム ストアド プロシージャ sp_execute_external_script を使用して Python プロセスを開始する、さまざまなタスク専用のストアド プロシージャを作成する方法について学習しました。 Python プロセスへの入力は、パラメーターとして sp_execute_external に渡されます。 データベースの Python スクリプト自体とデータ変数は両方とも入力として渡されます。

一般的に、Azure Data Studio は洗練された Python コードと共に使用するか、行ベースの出力を返す単純な Python コードでのみ使用すべきです。 ツールとして、Azure Data Studio は T-SQL などのクエリ言語をサポートし、フラット化された行セットを返します。 コードで散布図やヒストグラムなどの視覚的な出力を生成する場合は、ストアド プロシージャの外部でイメージをレンダリングできる別のツールまたはエンドユーザー向けアプリケーションが必要です。

さまざまな操作を処理する包括的なスクリプトを記述することに慣れた Python 開発者にとって、タスクを個別の手順で整理することに必要性を感じない場合もあります。 しかし、トレーニングとスコアリングには異なるユース ケースがあります。 これらのタスクを分離することにより、各タスクをそれぞれ異なるスケジュールで進め、各操作に異なるスコープのアクセス許可を設定できます。

最終的な利点は、パラメーターを使用してプロセスを変更できることです。 この演習では、モデルを作成した Python コード (この例では "Naive Bayes" という名前) が、スコアリング プロセスでモデルを呼び出す 2 番目のストアド プロシージャに入力として渡されました。 この演習では 1 つのモデルのみを使用しますが、スコアリング タスクでモデルをパラメーター化することによってスクリプトの有用性が向上することはお分かりいただけるかと思います。

次のステップ

SQL 機械学習を使用した Python のチュートリアルの詳細については、以下を参照してください。