統合メンバーを作成する (マスター データ サービス)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) - Windows のみ はいAzure SQL Managed Instance

マスター データ マネージャーで明示的階層の親ノードが必要な場合、統合メンバーを作成します。 データを一括で追加する場合は、ステージング テーブルを使用します。 詳細については、「テーブルからのデータのインポート (マスター データ サービス)」を参照してください。

前提条件

この手順を実行するには

  • [エクスプローラー] 機能領域にアクセスする権限が必要です。

  • メンバーを追加するエンティティの統合モデル オブジェクトに対する 更新 権限が最低限必要です。さらに、エンティティ下の統合型に対する 作成権限 も必要です。

統合メンバーを作成するには

  1. マスター データ マネージャー のホーム ページで、 [モデル] ボックスの一覧からモデルを選択します。

  2. [バージョン] ボックスの一覧からバージョンを選択します。

  3. [エクスプローラー] をクリックします。

  4. メニュー バーの [階層] をポイントして、統合メンバーを追加する階層の名前をクリックします。

  5. グリッドの上にある [統合メンバー] または [階層内のすべての統合メンバー] をクリックします。

  6. 左側のウィンドウで、統合メンバーの作成先として、ルート ノードまたは統合メンバーのいずれかを選択します。

  7. [追加] をクリックします。

  8. 右側のペインのフィールドに入力します。

  9. 省略可能。 [注釈] ボックスに、メンバーを追加した理由についてのコメントを入力します。 そのメンバーにアクセスできるすべてのユーザーが、その注釈を表示できます。

  10. [OK] をクリックします。

参照

明示的階層の作成(マスター データ サービス)
リーフ メンバー の作成(マスター データ サービス)
メンバー(マスター データ サービス)
明示的階層 (マスター データ サービス)