マスター データ サービスのイントールと構成Master Data Services Installation and Configuration

この記事では、Windows Server 2012 R2 コンピューターへの マスター データ サービスMaster Data Services のインストール方法、MDS データベースと Web サイトの設定方法、およびサンプル モデルとデータの配置方法について説明します。This article covers how to install マスター データ サービスMaster Data Services on a Windows Server 2012 R2 machine, set up the MDS database and website, and deploy the sample models and data. マスター データ サービスMaster Data Services (MDS) では、組織が信頼されたバージョンのデータを管理できるようにします。 (MDS) enables your organization to manage a trusted version of data.

注意

マスター データ サービスMaster Data Services をサポートするようになった Developer Edition を使用しているときに Windows 10 マシン上に マスター データ サービスMaster Data Services をインストールすることができます。You can install マスター データ サービスMaster Data Services on a Windows 10 machine when you use the Developer edition that now supports マスター データ サービスMaster Data Services.

さまざまな SQL Server 2017SQL Server 2017 エディションのオペレーティング システムのサポートの詳細については、「SQL Server 2016 のインストールに必要なハードウェアおよびソフトウェア」を参照してください。For more information on operating system support for different SQL Server 2017SQL Server 2017 editions, see Hardware and Software Requirements for Installing SQL Server 2016.

マスター データ サービスMaster Data Servicesのデータを整理する方法の概要については、 マスター データ サービスの概要 (MDS)を参照してください。For an overview of how you organize data in マスター データ サービスMaster Data Services, see Master Data Services Overview (MDS).

SQL Server 2017SQL Server 2017 の新機能については、「マスター データ サービス (MDS) の新機能」を参照してください。For information about the new features in SQL Server 2017SQL Server 2017, see What's New in Master Data Services (MDS).

マスター データ サービスMaster Data Servicesを学習するためのビデオと他のトレーニング リソースへのリンクについては、「マスター データ サービスについて学習する」をご覧ください。For links to videos and other training resources to help you learn マスター データ サービスMaster Data Services, see Learn Master Data Services.

ダウンロードDownload

  • SQL Server 2017SQL Server 2017をダウンロードするには、 評価センターに移動してください。To download SQL Server 2017SQL Server 2017, go to Evaluation Center.
  • Azure アカウントをすでにお持ちですか?Have an Azure account? こちら にアクセスして、SQL Server がインストール済みの仮想マシンをすぐにご利用いただけます。Then go Here to spin up a Virtual Machine with SQL Server already installed.

MDS Web サイトを作成できませんか?Can't create an MDS web site?

この問題を解決する方法については、この Microsoft サポートの記事を参照してください。Check out this Microsoft support article for instructions on how to resolve this problem. SQL Server 2016 の低い特権のアカウントでは、MDS Web サイトを作成することはできません。Can't create an MDS website through a low-privilege account in SQL Server 2016

Internet Explorer と SilverlightInternet Explorer and Silverlight

  • Windows Server 2012 マシンに マスター データ サービスMaster Data Services をインストールするときに、Web アプリケーション サイトでスクリプトを許可するように Internet Explorer セキュリティ強化を構成しなければならない場合があります。When you install マスター データ サービスMaster Data Services on a Windows Server 2012 machine, you may have to configure Internet Explorer Enhanced Security to allow scripting for the Web application site. そうしないと、サーバー コンピューター上のサイトの参照が失敗します。Otherwise, browsing to the site on the server computer will fail.
  • Web アプリケーションで作業するには、Silverlight 5 をクライアント コンピューターにインストールする必要があります。To work in the Web application, Silverlight 5 must be installed on the client computer. Silverlight の必要なバージョンがない場合、Web アプリケーションで Silverlight を使用する部分に移動したときに、Silverlight をインストールするよう要求されます。If you do not have the required version of Silverlight, you will be prompted to install it when you navigate to an area of the Web application that requires it. Silverlight 5 は ここからインストールできます。You can install Silverlight 5 from here.

Azure 仮想マシン上の マスター データ サービスMaster Data Services マスター データ サービスMaster Data Services on an Azure Virtual Machine

既定では、 SQL Server 2017SQL Server 2017 が既にインストールされている Azure 仮想マシンを起動すると、 マスター データ サービスMaster Data Services もインストールされます。By default, when you spin up a Azure Virtual Machine with SQL Server 2017SQL Server 2017 already installed, マスター データ サービスMaster Data Services is also installed.

次の手順として、インターネット インフォメーション サービス (IIS) をインストールします。You're next step is to install Internet Information Services (IIS). IIS のインストールと構成」を参照してください。See the Installing and Configuring IIS section.

SQL Server 2017SQL Server 2017 のインストールを変更する場合は、既定の場所 (<drive>: \SQLServer_13.0_Full) にある setup.exe ファイルを見つけます。If you're interested in making changes to the installation of SQL Server 2017SQL Server 2017, you'll find the setup.exe file in the default location, <drive>:\SQLServer_13.0_Full.

Master Data Services のインストール Installing Master Data Services

SQL ServerSQL Server のセットアップ インストール ウィザードまたはコマンド プロンプトを使用して、 マスター データ サービスMaster Data Servicesをインストールします。You use the SQL ServerSQL Server setup installation wizard or a command prompt to install マスター データ サービスMaster Data Services.

Windows Server 2012 R2 コンピューター上で SQL ServerSQL Server セットアップを使用して マスター データ サービスMaster Data Services をインストールするにはTo install マスター データ サービスMaster Data Services using SQL ServerSQL Server Setup on a Windows Server 2012 R2 machine

  1. Setup.exe をダブルクリックして、インストール ウィザードの手順を実行します。Double-click Setup.exe, and follow the steps in the installation wizard.

  2. マスター データ サービスMaster Data Services [機能の選択] ページで、 [共有機能] の [] を選択します。Select マスター データ サービスMaster Data Services on the Feature Selection page under Shared Features.

    これは マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Manager、アセンブリ、Windows PowerShell スナップインのほか、Web アプリケーションおよび Web サービス用のフォルダーおよびファイルがインストールされます。This installs マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Manager, assemblies, a Windows PowerShell snap-in, and folders and files for Web applications and services.

    mds_SQLServer2016Setup_FeatureSelectionmds_SQLServer2016Setup_FeatureSelection

  3. ウィザードの指示に従って操作します。Complete the installation wizard.

IIS のインストールと構成 Installing and Configuring IIS

  1. Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2で、 デスクトップ のタスクバーにある [サーバー マネージャー]アイコンをクリックします。In Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2, click the Server Manager icon on the taskbar on the Desktop.

    Windows Server 2012 のタスク バーのサーバー マネージャーのアイコンIcon for the Server Manager in Windows Server 2012 taskbar

  2. サーバー マネージャーで、 [管理] メニューの [役割と機能の追加] をクリックします。In Server Manager, click, Add Roles and Features on the Manage menu.

    サーバーの管理の [役割と機能の追加] メニュー コマンドIn Server Manage, the Add Roles and Features menu command

  3. 役割と機能の追加ウィザード[インストールの種類]ページで、既定値 (役割ベースまたは機能ベースのインストール) を承諾して、 [次へ]をクリックします。On the Installation Type page of the Add Roles and Features Wizard, accept the default value (Role-based or feature-based installation) and click Next.

  4. [サーバー プールからサーバーを選択]をクリックして、 マスター データ サービスMaster Data Servicesをインストールしたサーバーをクリックします。Click Select a server from the server pool, and then click the server where you installed マスター データ サービスMaster Data Services.

    mds_AddRolesFeaturesWizard_ServerSelectionPage

  5. [サーバーの役割] ページで、[Web サーバー] をクリックし、[次へ] をクリックします。On the Server Roles page, click Web Server and then click Next.

    mds_AddRolesFeaturesWizard_ServerRolesPage

  6. [機能] ページで、次の機能が選択されていることを確認し、[次へ] をクリックします。On the Features page, confirm that the following features are selected, and then click Next. これらの機能は、 Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2マスター データ サービスMaster Data Services に必要です。These features are required for マスター データ サービスMaster Data Services on Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2.

    機能Features 機能Features
    mds_AddRolesFeaturesWizard_FeaturesPage mds_AddRolesFeaturesWizard_FeaturesPage_WindowsProcActive
  7. 左側のウィンドウで [Web サーバーの役割 (IIS)] をクリックし、[役割サービス] をクリックします。In the left-hand pane, click Web Server Role (IIS) and then click Role Services.

  8. [役割サービス] ページで、次の機能が選択されていることを確認し、[次へ] をクリックします。On the Role Services page, confirm that the following services are selected, and then click Next. これらのサービスは、 Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2マスター データ サービスMaster Data Services に必要です。These services are required for マスター データ サービスMaster Data Services on Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2.

    警告

    [WebDAV 発行] 役割サービスをインストールしないでください。Do not install the WebDAV Publishing role service. WebDAV 発行は、 マスター データ サービスMaster Data Servicesと互換性がありません。WebDAV Publishing is not compatible with マスター データ サービスMaster Data Services.

    役割サービスRole Services 役割サービスRole Services
    mds_AddRolesFeaturesWizard_RoleServicesPage mds_AddRolesFeaturesWizard_RoleServicesPage_PerformSecurity
    mds_AddRolesFeaturesWizard_RoleServicesPage_AppDevsection mds_AddRolesFeaturesWizard_RoleServicesPage_ManageToolssection

    他のオペレーティング システムで必須の機能と役割サービスの一覧は、「Web アプリケーションの要件 (マスター データ サービス)」を参照してください。For a list of the required features and roles services on other operating systems, see Web Application Requirements (Master Data Services) .

    セットアップを使用した SQL ServerSQL Server のインストールの詳細については、「インストール ウィザードからの SQL Server 2016 のインストール (セットアップ)」を参照してください。For more information about installing SQL ServerSQL Server using setup, see Install SQL Server 2016 from the Installation Wizard (Setup).

    コマンド プロンプトを使用した SQL ServerSQL Server のインストールの詳細については、「コマンド プロンプトから SQL Server 2016 をインストール」を参照してください。For more information about installing SQL ServerSQL Server using a command prompt, see Install SQL Server 2016 from the Command Prompt. コマンド プロンプトを使用する場合、 マスター データ サービスMaster Data Services は機能パラメーターとして使用できるようになります。When you use a command prompt, マスター データ サービスMaster Data Services is available as a feature parameter.

    インストール前のタスクに関する追加情報へのリンクの簡単な説明については、「 マスター データ サービスをインストールする」を参照してください。For a brief description with links to additional information about pre-installation tasks, see Install Master Data Services.

データベースと Web サイトを設定する Setting up the Database and Website

マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Manager を使って、データベースと Web サイトを設定するにはTo set up the database and website using the マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Manager

警告

マスター データ サービスMaster Data Services Configuration Manager を起動する前に IIS をインストールする必要があります。You must install IIS before launching the マスター データ サービスMaster Data Services Configuration Manager. それ以外の場合、Configuration Manager に情報サービス エラーが表示され、 マスター データ サービスMaster Data Services Web アプリケーションを作成できなくなります。Otherwise, the Configuration Manager will display an Information Information Services error and you will not be able to create the マスター データ サービスMaster Data Services web application.

ブラウザーの要件Browser Requirement

マスター データ サービスMaster Data Services Web アプリケーションは、Internet Explorer (IE) 9 以降でのみ動作します。The マスター データ サービスMaster Data Services web application works only in Internet Explorer (IE) 9 or later. IE 8 以前のバージョン、Microsoft Edge、Chrome はサポートされていません。IE 8 and earlier versions, Microsoft Edge and Chrome are not supported.

  1. マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Managerを起動して、 [データベース構成] をクリックします。Launch the マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Manager, and click Database Configuration in the left pane.

  2. [データベースの作成]をクリックして、 データベースの作成ウィザード[次へ]をクリックします。Click Create Database, and then click Next in the Create Database Wizard.

  3. [データベース サーバー] ページで、 [認証の種類] を選択して、 [接続のテスト] をクリックし、選択した認証の種類の資格情報を使用して、データベースに接続できることを確認します。On the Database Server page, select the Authentication type and then click Test Connection to confirm that you can connect to the database using the credentials for the authentication type you selected. [次へ]をクリックします。Click Next.

    注意

    認証の種類に [現在のユーザー - 統合セキュリティ] を選択すると、 [ユーザー名] ボックスは読み取り専用で、コンピューターにログオンした Windows ユーザー アカウント名が表示されます。When you select Current User – Integrated Security as the authentication type, User name box is read-only and displays the name of the Windows user account that is logged on to the computer. Azure 仮想マシン (VM) 上で SQL Server 2017SQL Server 2017 マスター データ サービスMaster Data Services が実行されている場合、[ユーザー名] ボックスに、VM の名前と、VM 上のローカル管理者アカウントのユーザー名が表示されます。If you are running SQL Server 2017SQL Server 2017 マスター データ サービスMaster Data Services on an Azure Virtual Machine (VM), the User name box displays the VM name and the user name for the local administrator account on the VM.

    mds_2016ConfigManager_CreateDatabaseWizard_ServerPage

  4. [データベース名] フィールドに名前を入力します。Type a name in the Database name field. 必要に応じて、Windows 照合順序を選択して、[SQL Server の既定の照合順序] チェック ボックスをオフにし、[大文字小文字を区別する] などの利用可能なオプションを 1 つ以上クリックします。Optionally, to select a Windows collation, clear the SQL Server default collation checkbox and click one or more of the available options such as Case-sensitive. [次へ]をクリックします。Click Next.

    mds_2016ConfigManager_CreateDatabaseWizard_DatabasePage

    Windows 照合順序の詳細については、「 Windows 照合順序名 (Transact-SQL)」を参照してください。For more information about Windows collation, see Windows Collation Name (Transact-SQL).

  5. [ユーザー名] フィールドで、マスター データ サービスの既定のスーパー ユーザーになるユーザーの Windows アカウントを指定します。In the User name field, specify the Windows account of the user that will be the default Super User for Master Data Services. スーパー ユーザーには、すべての機能領域へのアクセス権があり、すべてのモデルを追加、削除、および更新できます。A Super User has access to all functional areas and can add, delete, and update all models.

    mds_2016ConfigManager_CreateDatabaseWizard_AdminPage

  6. [次へ] をクリックして、 マスター データ サービスMaster Data Services データベースの設定の概要を表示し、 [次へ] をもう一度クリックしてデータベースを作成します。Click Next to view a summary of the settings for the マスター データ サービスMaster Data Services database, and then click Next again to create the database. [続行して完了する] ページが表示されます。The Progress and Finish page appears.

  7. データベースが作成され、構成されたら、[完了] をクリックします。When the database is created and configured, click Finish.

    データベースの作成ウィザードの設定の詳細については、「データベースの作成ウィザード (マスター データ サービス構成マネージャー)」を参照してください。For more information about the settings in the Create Database Wizard, see Create Database Wizard (Master Data Services Configuration Manager).

  8. マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Manager[データベース構成] ページで、[データベースの選択] をクリックします。On the Database Configuration page in the マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Manager, click Select Database.

  9. [接続] をクリックして、手順 7 で作成した マスター データ サービスMaster Data Services データベースを選択し、[OK] をクリックします。Click Connect, select the マスター データ サービスMaster Data Services database that you created in Step 7, and then click OK.

    mds_2016ConfigManager_SelectDatabaseButton_ConnectToDatabaseDialog

    データベースの設定が完了しました。You've finished setting up the database. [データベース構成] ページには、 SQL ServerSQL Server 用に接続している マスター データ サービスMaster Data Servicesインスタンス、作成したデータベース、および現在のデータベース バージョンが表示されます。The Database Configuration page now displays the SQL ServerSQL Server instance that you're connected to for マスター データ サービスMaster Data Services, the database you've created and the current database version.

    mds_2016ConfigManager_DatabaseConfig_Completed

  10. マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Managerの左ペインで、 [Web の構成] をクリックします。In マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Manager, and click Web Configuration in the left pane.

  11. [Web サイト] リスト ボックスで、[既定の Web サイト][作成] の順にクリックして、Web アプリケーションを作成します。In the Website list box, click Default Web Site, and then click Create to create a Web application.

    注意

    [既定の Web サイト] を選択した場合、Web アプリケーションを作成する必要があります。When you select Default Web Site, you must create a Web application. リスト ボックスで [新しい Web サイトの作成] を選択した場合、アプリケーションが自動的に作成されます。If you select Create new website in the list box, the application is automatically created.

    mds_2016ConfigManager_WebConfig

  12. [アプリケーション プール] セクションで、次のいずれかを実行します。In the Application Pool section, do one of the following.

    • 管理者アカウントデータベースに対して、手順 5 で入力したのと同じユーザー名を入力し、パスワードを入力して、 [OK]をクリックします。Enter the same user name that you entered in Step 5 for the database Administrator Account, enter the password, and then click OK.

      - または --OR-

    • 別のユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。Enter a different user name, enter the password, and then click OK.

      データベースと Web アプリケーションを作成する場合、同じアカウントを使用する必要はありません。You don't have to use the same account when you create the database and the web application.

      mds_2016ConfigManager_WebConfig_CreateWebApplication

      [Web アプリケーションの作成] ダイアログ ボックスの詳細については、「[Web アプリケーションの作成] ダイアログ ボックス (マスター データ サービス構成マネージャー)」を参照してください。For more information about the Create Web Application dialog box, see Create Web Application Dialog Box (Master Data Services Configuration Manager).

  13. [Web アプリケーション] ボックスの [Web 構成] ページで、作成したアプリケーションをクリックして、[アプリケーションとデータベースの関連付け] セクションで [選択] をクリックします。On the Web Configuration page in the Web application box, click the application you've created, and then click Select in the Associate Application with Database section.

  14. [接続]をクリックして、Web アプリケーションと関連付けする必要がある マスター データ サービスMaster Data Services データベースを選択し、 [OK]をクリックします。Click Connect, select the マスター データ サービスMaster Data Services database that you want to associate with the Web application, and then click OK.

    Web サイトの設定が完了しました。You've finished setting up the Website. [Web の構成] ページには、選択した Web サイト、作成した Web アプリケーション、およびアプリケーションに関連付けられた マスター データ サービスMaster Data Services データベースが表示されます。The Web Configuration page now displays the Website you selected, Web application you created, and the マスター データ サービスMaster Data Services database associated with the application.

    mds_2016ConfigManager_WebConfig_Completed

  15. [適用]をクリックします。Click Apply. [構成の完了] メッセージ ボックスが表示されます。The Configuration Complete message box displays. メッセージ ボックスで [OK] をクリックして、Web アプリケーションを起動します。Click OK in the message box to launch the web application. Web サイトのアドレスは、http://server name/web application/ です。The web site address is http://server name/web application/.

mds_2016ConfigurationComplete_MessageBox

 For more information about the settings on the Web Configuration page, see [Web Configuration Page &#40;Master Data Services Configuration Manager&#41;](../master-data-services/web-configuration-page-master-data-services-configuration-manager.md)  

また、 マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Manager を使って、 マスター データ サービスMaster Data Services データベースに関連付けられている Web アプリケーションとサービスのその他の設定値も指定できます。You can also use マスター データ サービス構成マネージャーMaster Data Services Configuration Manager to specify other settings for the Web applications and services associated with the マスター データ サービスMaster Data Services database. たとえば、データの読み込み頻度や検証メールの送信頻度を指定できます。For example, you can specify how frequently data is loaded or how often validation emails are sent. 詳細については、「システム設定 (マスター データ サービス)」を参照してください。For more information, see System Settings (Master Data Services).

サンプル モデルとデータを配置する Deploying Sample Models and Data

次の 3 つのサンプル モデル パッケージは、 マスター データ サービスMaster Data Servicesに付属しています。The following three sample model packages are included with マスター データ サービスMaster Data Services. これらのサンプル モデルには、データが含まれます。These sample models include data. サンプル モデル パッケージの既定の場所は、%programfiles%\Microsoft SQL Server\140\Master Data Services\Samples\Packages です。The default location for the sample model packages is %programfiles%\Microsoft SQL Server\140\Master Data Services\Samples\Packages.

  • chartofaccounts_en.pkgchartofaccounts_en.pkg

  • customer_en.pkgcustomer_en.pkg

  • product_en.pkgproduct_en.pkg

    このパッケージは、MDSModelDeploy ツールを使用して配置します。You deploy the packages using the MDSModelDeploy tool. MDSModelDeploy ツールの既定の場所は、 drive\Program Files\Microsoft SQL Server\ 140\Master Data Services\Configuration にあります。The default location for the MDSModelDeploy tool is drive\Program Files\Microsoft SQL Server\ 140\Master Data Services\Configuration.

    このツールを実行するための前提条件については、「 MDSModelDeploy を使用したモデルの配置パッケージの配置」を参照してください。For information about prerequisites for running this tool, see Deploy a Model Deployment Package by Using MDSModelDeploy.

    SQL Server 2017SQL Server 2017 マスター データ サービスMaster Data Services の新機能をサポートするためにデータに加えられた更新については、「SQL Server のサンプル: モデル配置パッケージ(MDS)」を参照してください。For information about updates made to the data to support new features in SQL Server 2017SQL Server 2017 マスター データ サービスMaster Data Services, see SQL Server Samples: Model Deployment Packages (MDS).

    サンプル モデルを配置するにはTo deploy the sample models

  1. サンプル モデル パッケージを drive\Program Files\Microsoft SQL Server\140\Master Data Services\Configuration にコピーします。Copy the sample model packages to drive\Program Files\Microsoft SQL Server\140\Master Data Services\Configuration.

  2. 管理者のコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行して、MDSModelDeploy.exe のある場所に移動します。Open an Administrator: Command Prompt and navigate to MDSModelDeploy.exe, by running the following command.

    cd c:\Program Files\Microsoft SQL Server\140\Master Data Services\Configuration  
    
  3. 次の各コマンドを実行して、各サンプル モデルを マスター データ サービスMaster Data Services に配置します。Deploy each of the sample models to マスター データ サービスMaster Data Services by running each of the following commands.

    重要

    次の例では、サービスの値に MDS1 が指定されます。In the examples below, the MDS1 service value is specified. Web サイトの設定時に、 [既定の Web サイト] マスター データ サービスMaster Data Services を選択した場合、この値を使用します。You use this value if you selected Default Web Site when you set up the マスター データ サービスMaster Data Services Web site. データベースと Web サイトを設定する 」セクションを参照してください。See the Setting up the Database and Website section.

    新しい Web サイトを作成したか、または別の既存の Web サイトを選択した場合、適切なサービス値を特定するために、まず次のコマンドを実行します。If you created a new web site or selected another existing web site, run the following command first to determine the correct service value.

    MDSModelDeploy listservices

    戻り値のリスト内の最初のサービス値は、モデルを配置するために指定する値です。The first service value in the list of values returned, is the one you specify to deploy a model.

    注意

    サンプル モデルのメタデータ情報に関する詳細については、"c:\Program Files\Microsoft SQL Server\140\Master Data Services\Configuration" の場所にある使用可能な readme ファイルを参照してください。In order to know more about the metadata information of the sample models, please refer to the readme file available at this location "c:\Program Files\Microsoft SQL Server\140\Master Data Services\Configuration"

    chartofaccounts_en.pkg サンプル モデルを配置するにはTo deploy the chartofaccounts_en.pkg sample model

    MDSModelDeploy deploynew -package chartofaccounts_en.pkg -model ChartofAccounts -service MDS1  
    

    customer_en.pkg サンプル モデルを配置するにはTo deploy the customer_en.pkg sample model

    MDSModelDeploy deploynew -package customer_en.pkg -model Customer -service MDS1  
    

    product_en.pkg サンプル モデルを配置するにはTo deploy the product_en.pkg sample model

    MDSModelDeploy deploynew -package product_en.pkg -model Product -service MDS1  
    

    モデルが正常に配置されると、" MDSModelDeploy 操作は完了しました " というメッセージが表示されます。When a model is successfully deployed, the MDSModelDeploy operation completed message is displayed.

    次の図は、product_en.pkg サンプル モデルを配置するためのコマンドを示します。The following image shows the command for deploying the product_en.pkg sample model.

    製品サンプル モデルを配置するためのコマンド ラインCommand line for deploying the Product sample model

  4. サンプル モデルを表示するには、次を実行します。To view the sample models, do the following.

    1. 設定する マスター データ サービスMaster Data Services Web サイトに移動します。Navigate to the マスター データ サービスMaster Data Services web site that you set up. データベースと Web サイトを設定する 」セクションを参照してください。See the Setting up the Database and Website section.

      Web サイトのアドレスは、http://server name/web application/ です。The web site address is http://server name/web application/.

    2. [モデル] リスト ボックスからモデルを選択して、 [エクスプローラー]をクリックします。Select a model from the Model list box, and click Explorer.

      MDS Web サイト、ホーム ページ。MDS Web site, home page.

次の手順Next Step

自分のデータ用に新しいモデルとエンティティを作成します。Create a new model and entities for your data. モデルを作成する (マスター データ サービス)」と「エンティティを作成する (マスター データ サービス)」を参照してください。See Create a Model (Master Data Services) and Create an Entity (Master Data Services).

マスター データ サービスMaster Data Services のデータの構造を構築するモデルとエンティティを使用する方法の概要については、「マスター データ サービスの概要 (MDS)」を参照してください。For an overview of how you use a model and entities to build a structure for your data in マスター データ サービスMaster Data Services, see Master Data Services Overview (MDS)

この記事は役に立ちましたか?Did this Article Help You? フィードバックをお待ちしております。We’re Listening

どのような情報をお探しでしたか? お探しの情報は見つかりましたか?What information are you looking for, and did you find it? コンテンツ改善のため、フィードバックをお待ちしています。We’re listening to your feedback to improve the content. sqlfeedback@microsoft.com にコメントをお送りくださいPlease submit your comments to sqlfeedback@microsoft.com

参照See Also

マスター データ サービス データベース Master Data Services Database
マスター データ マネージャー Web アプリケーション Master Data Manager Web Application
[データベース構成] ページ (マスター データ サービス構成マネージャー) Database Configuration Page (Master Data Services Configuration Manager)
マスター データ サービス (MDS) の新機能What's New in Master Data Services (MDS)