Covariance (MDX)

バイアスをかけた母集団の公式 (X と Y のペアの数で除算) を使用して、セットに対して評価された X と Y の値のペアの母共分散を返します。

構文

  
Covariance(Set_Expression,Numeric_Expression_y [ ,Numeric_Expression_x ] )  

引数

Set_Expression
セットを返す有効な多次元式 (MDX) 式です。

Numeric_Expression_y
有効な数値式です。通常は、Y 軸の値を表す数値を返すセル座標の多次元式 (MDX) 式です。

Numeric_Expression_x
有効な数値式です。通常は、X 軸の値を表す数値を返すセル座標の多次元式 (MDX) 式です。

解説

共変性関数は、指定されたセットを最初の数値式に対して評価し、y 軸の値を取得します。 次に、関数は、指定されたセットを2番目の数値式に対して評価し、x 軸の値のセットを取得します。 2番目の数値式が指定されていない場合、関数は、指定されたセット内のセルの現在のコンテキストを x 軸の値として使用します。

共変性関数は、バイアスをかける母集団の公式を使用します。 これは、バイアスをかける母集団の公式 (x と y のペアの数を除算した後、1を引く) を使用する Coバリエーション の関数とは対照的です。

注意

共変性関数は、空のセル、またはテキストや論理値を含むセルを無視します。 ただし、この関数には0の値を持つセルが含まれています。

次の例は、共変性関数の使用方法を示しています。

WITH   
MEMBER [Measures].[CovarianceDemo] AS  
COVARIANCE([Date].[Date].[Date].Members, [Measures].[Internet Sales Amount], [Measures].[Internet Order Count])   
SELECT {[Measures].[CovarianceDemo]} ON 0   
FROM  
[Adventure Works]  

参照

MDX 関数リファレンス (MDX)