Wtd (MDX)

時間ディメンションの週 (Week) レベルという制約の中で、指定されたメンバーと同じレベルにある兄弟メンバーのセットを返します。先頭は最初の兄弟、末尾は指定されたメンバーになります。

構文

  
Wtd( [ Member_Expression ] )  

引数

Member_Expression
メンバーを 1 つ返す有効な多次元式 (MDX) 式です。

解説

メンバー式が指定されていない場合、既定値は、メジャー グループ内の Time (Time.CurrentMember) 型の最初のディメンションに Weeks 型のレベルを持つ最初の階層の現在のメンバーです。

Wtd 関数は、レベルが Weeks に設定されている PeriodsToDate関数のショートカット 関数です。 つまり、 Wtd(Member_Expression) は と同じです PeriodsToDate(Week_Level_Expression,Member_Expression)

参照

Qtd (MDX)
Mtd (MDX)
Ytd (MDX)
MDX 関数リファレンス (MDX)