DELETE - SQL コマンド

レコードの削除をマークします。

Visual FoxPro ODBC ドライバーは、このコマンドのネイティブな Visual FoxPro 言語構文をサポートしています。 ドライバー固有の情報については、「解説」を参照してください。

構文

  
DELETE FROM [DatabaseName!]TableName  
   [WHERE FilterCondition1 [AND | OR FilterCondition2 ...]]  

引数

FROM [ DatabaseName!] TableName
レコードが削除用にマークされているテーブルを指定します。

Databasename! は、そのデータベースがデータ ソースで指定されたデータベースではない場合、テーブルを含むデータベースの名前を指定します。 データベースがデータ ソースで指定されたデータベースではない場合は、テーブルを含むデータベースの名前を含める必要があります。 データベース名の後とテーブル名の前に感嘆符 (!) 区切り記号を含める。

WHERE FilterCondition1[AND |OR FilterCondition2...]
Visual FoxPro で特定のレコードのみを削除用にマークします。

FilterCondition は 、レコードが削除のマークを付けするために満たす必要がある条件を指定します。 フィルター条件は、必要な数まで含め、AND または OR 演算子で接続できます。 NOT 演算子を使用して論理式の値を逆にしたり、 EMPTY( ) を使用して空のフィールドを確認したりすることもできます。

注釈

SET DELETED が ON に設定されている場合、削除対象としてマークされたレコードは、スコープを含むすべてのコマンドによって無視されます。

DELETE - 共有SQL開いているテーブルで複数のレコードを削除するためにマークするときに、レコード ロックを使用します。 これにより、マルチユーザーの状況でのレコードの取り合いは減少しますが、パフォーマンスが低下する可能性があります。 パフォーマンスを最大限に高め、排他的に使用するためにテーブルを開きます。

ドライバーの解説

アプリケーションが ODBC SQL ステートメント DELETE をデータ ソースに送信すると、Visual FoxPro ODBC Driver はコマンドを変換せずに Visual FoxPro DELETE コマンドに変換します。

参照

SET DELETED コマンド